【 更新情報 】

スポンサード リンク

クリーンディーゼル車の販売状況

日産自動車が2008年にエクストレイルのクリーンディーゼル車を発表しました。
その後、クリーンディーゼル車の目立った発売が出てきませんね。
次世代自動車の一つとして注目されていて、日本ではこれから普及させていこうという動きがある中で、
最近ではクリーンディーゼル車普及への逆風が吹いているそうです。
ディーゼル乗用車の新車販売比率が約0.1%と限りなくゼロに近い日本において、普及にむけての
大きなチャンスでしたが、なぜこのような状況になってしまったのでしょうか。
一つの原因として、軽油の値段が上がって、ガソリンとの価格が近くなったことにより
クリーンディーゼル車のメリットが薄れてしまったこと。
二つ目は、ガソリン車と比べ、製造コストがかかるらしく、販売価格がそれだけ割高になる。
今の経済状況で、ガソリン車自体を売るのが難しい時に、クリーンディーゼル車などの割高な車を
欲しがるユーザーは少ないのではないか。他にも要因はいろいろとあると思いますが、
地球温暖化対策の切り札の一つとして、また経済活性化の起爆剤として、ハイブリッド車や
燃料電池車とともに開発が進み、世に出てほしいと思います。

ホンダのクリーンディーゼル技術

ホンダのクリーンディーゼルの技術で注目は、i‐DTECというエンジンです。
ディーゼルエンジンの特徴であるガソリン車より約2〜3割燃費がいいという長所は
そのままにクリーンで走りの良いディーゼルエンジンの開発を続けてきた結果、
新世代ディーゼルエンジン用NOx触媒を新開発。
圧倒的に有害物質を減らし、ガソリン並みにクリーンで、走りも楽しいクリーンディーゼルが売りです。
ガソリン車と同等のNOx排出レベルが求められる米国の排出ガス規制「TierII Bin5」
排出ガスレベル(社内値)を達成しました。
つまり、ガソリンエンジンに匹敵するクリーン性能を実現したことになります。
これは、ヨーロッパや日本の排出ガス規制だけでなく、“世界一厳しい”とされるアメリカの規制も
クリアする能力を持っているそうです。
2009年はアメリカに次いで日本への導入も予定されています。
F1ファンの一人としてF1からの撤退というショックがありますが、ホンダにはクリーンディーゼルを
はじめとした新技術で活躍してもらいたいです。景気も回復し余裕が出てきたら、またいつかは
F1復帰を願っています。

クリーンディーゼル搭載のエクストレイル発売

日産自動車から次世代クリーンディーゼル搭載のエクストレイルが発売されました。
注目は、日本の厳しい排ガス規制「ポスト新長期規制」に適合していることです。
ポスト新長期規制は、世界一厳しい規制と言われているものです。
ディーゼルエンジンというと、うるさい、黒煙が出て汚い、パワー不足など
イメージがよくなかったと思いますが、エクストレイルに搭載のクリーンディーゼルエンジンは、
従来のディーゼルで抱えていた騒音や振動を軽減、ガソリン車並の静粛性を確保したそうです。
気になるクリーンディーゼル搭載のエクストレイルのパフォーマンスですが、2リッター4気筒の
ターボ付きで、150馬力の「ノーマル」と173馬力を発生する「ハイアウトプット」の2タイプです。
出力こそ150馬力と173馬力ですが、トルクに関しては3リッターガソリンエンジン以上のスペックです。
クリーンディーゼルの実用燃費においてもガソリンエンジンよりいいので、経済性を考えても
メリットはありますね。
ガソリンエンジンのエクストレイルもいいと思いますが、クリーンディーゼル搭載の
エクストレイルも大変魅力的でこれから買うのであれば、検討したい車ですね。

最先端を行くメルセデス・ベンツのクリーンディーゼル

日本において、クリーンディーゼル車は少しずつ浸透しつつありますが、
ヨーロッパでは、普及が進んでいて、新車市場では、約半数をディーゼル車が占めているそうです。
日本では、マイナスイメージの先行するディーゼルエンジンですが、ヨーロッパでは違います。
メルセデス・ベンツは長年にわたる開発でクリーンディーゼルの最先端を走ってきました。
特に3リッターV6ターボディーゼルエンジンは、最大トルクは5.5リッターV8を上回るほどです。
最高出力も211psを発揮し、最高速も250km/hと驚きの高性能。しかもパワーだけでな
くディーゼルとは思えないハイレスポンスということです。クリーンディーゼル車の進化はすごいですね。
また、静粛性もガソリン車並のパフォーマンスを発揮するクリーンディーゼル車は、
普通のユーザーが何も知らされずに乗せられたら、ディーゼル車であることもあるそうです。
燃費がよく、環境を汚さずに速い車。車好きならたまらないです。
今のところ、デメリットがほとんど見つかりません。お金があればメルセデス・ベンツの
クリーンディーゼル車を是非とも購入したいです。

クリーンディーゼル購入者に補助金支給へ

経済産業省は2009年春から、クリーンディーゼル車を購入した企業や個人に補助金を
出す方針を固めました。見込みでは、1台あたり最大15万〜20万円の補助金を支給する方向です。
また、政府は20年までに新車販売の2台に1台を「次世代自動車」とする目標を掲げているそうです。
ガソリン以降の次世代自動車というと、電気自動車やハイブリッドぐらいしか
想像できませんでしたが、クリーンディーゼルも次世代自動車に該当するんですね。
ヨーロッパでは人気のディーゼル車ですが、今回の補助金がきっかけに日本でも普及していくんでしょうか。
クリーンディーゼル車は、ガソリン車に比べて燃費が良く、クリーンな低公害のエンジンを搭載しています。
昨今の不景気で、高い維持費がかかる自家用車を手放す方が多いのはニュースでよく見ます。
政府からの補助金も導入されれば、クリーンディーゼル車の低公害、低燃費というメリットについて関心が
高まれば、購買意欲も多少なりとも出てくるでしょうし、自動車産業において明るい材料になります。
そして、雇用にもつながってほしいと思います。
クリーンディーゼル車が増え、その事によって幸せになることができる人が増えれば最高ですね。
P R
カテゴリアーカイブ