原子力発電と地球環境について

September 19 [Fri], 2014, 16:46
こんにちは^^

私は、太陽光発電の会社のスタッフです。

これから、こちらで太陽光や電気について

いろいろな話題を提供していきたいと思います。

楽しい場所にしてゆきたいと思っていますので、

皆さん、よろしくお願いします^^





今回は、原子力発電についてお話してみようと思います。

資源の乏しいわが国で、新たな電力として期待を集め続けていた原子力発電でしたが、

2011年3月11日に発生した東日本大震災と福島原発事故は、その流れに一石を投じるものでした。


これまでにも原子力発電では、大小さまざまなトラブルが起こってきましたが、

大規模な放射能汚染が生じたのは、東日本大震災が初めてでした。


それまで、原子力発電は温室効果ガスを排出せず、地球環境面ですぐれた技術として注目され続けてきました。

そして全国各地に設置された原発は50ヶ所以上にものぼっています。


それが揺らぐような事態となったのは、

地震国であるわが国特有の事情を軽視しすぎていたからではないでしょうか。

福島第一原発事故では、原発の設計や海岸沿いという設置箇所にも問題があったと言われています。


また、発電時の電気代は火力発電より安いということがメリットとされていますが、

使用済み燃料の処理方法については、今でも解決できない事項が多くあり、

その処理代を考えると火力発電の燃料代をはるかに上回ります。

原子力を使う場合、使用済み燃料の処理代のトータル費用の提示がされていません。


また、放射能の人類への影響も十分考えなければなりません。


これから人類が考えなければならない大きなエネルギー問題は、地球を破壊しないことが最重要になります。



そこで近年、地球環境にも大変優しい太陽光発電が注目を浴びています。



かく言う私も、13年前に太陽光発電パネルを屋根にのせ、電気代の軽減を図ってきました。


わずかですが、老後の生活費を減らすためにと思い、導入しました。


国として、太陽光発電を推進してきたはずなのに、最近の買取金額は僅少になっており、

本気で太陽光発電の普及推進を考えているのか、疑問に感じます。


各電力会社の決算の中で、人件費をみると非常に高額です。

国民のライフラインを支える会社が自社の利益のためだけに、

原子力発電の再稼動を進めているようにも思えます。



もっと国家挙げて、太陽光発電への移行を進めて欲しいと思います。


環境を汚さないクリーンなエネルギーはこれから世界で普及させてゆくべきものだと考えています。






お家の見直ししま専科/
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:クリンテック
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる