【統一選2011】福岡は民自公の“相乗り”決裂西日本の知事選情勢14ページ

January 07 [Fri], 2011, 18:59
【奈良】遷都祭の実績強調現職の荒井正吾知事(65)が昨年10月、「2期目で仕事を仕上げたい」と再選出馬を表明。大盛況となった平城遷都1300年祭など1期4年の実績を強調する。荒井氏は前回知事選で、自民、公明両党の推薦を受けたが、今回は政党の推薦や支持を求めることは控え、一定の距離を置く意向を表明した。ただ、自民は「中央とのパイプも太く、知事として適任」と評価、支援に回るとみられ、公明も好意的なスタンスを示す。一方、民主は荒井氏の政治手腕を「トップダウン」と批判し、対抗馬の擁立を検討したが、和歌山県知事選や茨城県議選などの敗退、苦戦に加え、出馬を打診した人物に固辞され擁立を断念。県議選に専念する方針を確認した。共産も急ピッチで候補者擁立を進めているが、出遅れ感は否めない。◇【鳥取】町村長が続投要請現職の平井伸治知事(49)が昨年11月に再選出馬を表明。他には共産が候補擁立の動きを見せる。平井氏に対しては、自民県連が昨年10月末「自民の推薦や公認を求めなくても全面支援する」として出馬要請。県内の町村長で構成する「県自治同志会」も「県民党として応援する。県民の期待に応えてほしい」と続投を求めた。出馬表明後、前回推薦した公明県本部も支援する姿勢を示した。特に自民県連の要請は県政界で最大勢力の自民と政権党の民主との間で立ち位置に苦慮していた平井氏に配慮したものとなり、決断を後押しした。一方、民主県連は11月末、対抗馬を擁立しない方針を決定。組織としての支援はしないものの、所属する地方議員が応援するのは自由として、「平井氏寄り」の立場を示した。
アイオン RMTアラド RMT信長の野望 RMTFF14 RMTrom gold
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:clbzjswvkr
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/clbzjswvkr/index1_0.rdf