栗田智仁の果物の甘さに注意

May 20 [Fri], 2011, 13:57
どうも!栗田智仁です。

果物の甘さに注意

果物には中性脂肪に変わりやすい単純糖質が多く含まれるので食べすぎには注意が必要です。

しかし、果物にはビタミンCが多く含まれ、コレステロール値を下げる成分が豊富に含まれています。

糖質は3大栄養素の一つで体を維持するのに必要です。

糖質は、砂糖や果物の甘味と考えてしまいますが、お米や小麦、いも類に含まれるデンプンも糖質です。

糖質は体の中で単糖類に分解され肝臓に送られてエネルギーになります。また中性脂肪の材料にもなります。

糖質は中性脂肪の原料にもなるので取りすぎには注意が必要です。


果物に含まれる糖質は象徴で吸収されやすいので、血糖値を上げやすくインスリンの分泌を促進します。

インスリンの分泌を促進するので中性脂肪だけではなくコレステロールも増やす事になります。


■ 1日の果物のめやす
1日に食べる果物のめやすは100キロカロリー以下に抑えると良いとされています。

バナナは1本、イチゴは10個、りんご半分、きゅうい2個、
少ないように感じますが、デザートとして食べるには丁度良い量だと思います。

朝食代わりの生ジュースの材料としてもピッタリの量になると思います。

果物とダイエットの関係

May 18 [Wed], 2011, 14:34

果物の食物繊維について


体重の増加の意味ってわかりますか??
人間はなんで太ってしまうのか?!
栗田智仁も最近ダイエットを始めたのですが・・・・。
やっぱり今までの食欲には勝てないです。
なので、ダイエットに関して勉強・調査をしてみたので今日はその関係性について話をしようと思います。
まず、太る原因として普通、人間の血中の糖はエネルギーとして使われます。
しかし、摂取した糖が血液中でいっぱいになってしまうと血糖値っていうもがあがって余分だと判断します。
これによって糖は肝臓で脂肪に変化してしまうんです。
なので、必要のないのにたくさん糖を摂取することでエネルギーとして排出されず脂肪がズンズンたまっていきます。
これが太るっていう原理になります。
他にも原因はたくさんあると思いますが・・・・・。
栗田智仁は糖に注目してみました。
果物には食物繊維が含まれています。
この果物の糖を摂取することによって、脂肪蓄積を抑えることができるのです。
なぜなら、糖自体が食物繊維で包まれているので吸収がゆるやかになるそうです!!
そして効率よくエネルギーとして使われるので、血糖値もあがりにくくなるんだって!!
栗田智仁はこの話しを聞いてから、果物はなるべく摂取するようにしています。
バナナとかだとちょっとお腹がいっぱいになるので・・・・・
過剰摂取しないように、果物の食物繊維に力を少し借りてダイエットしようと思います!

ダイエット効果について


通常、血液中の糖がエネルギーとして消費され、少なくなってくると脳に信号が送られ人は空腹を感じます。
ところが、果物の糖はゆっくり吸収されるため、果物の糖は血液中に滞在する時間が長く、空腹を感じにくいのです。
空腹を感じると人は物を食べたくなりますから、果物の糖を摂った方が食事の量が減りダイエットに効果的なのです。
果物のダイエットパワーはこれだけでなく、果物の中でもりんごとみかんには更なるダイエット効果があります。
りんごとみかんには、それぞれダイエットに効果のある成分が含まれているのです。
そして、少し食べ方を工夫すればダイエット効果が期待できます。
りんごを食べるとよりダイエット効果のある人と、みかんを食べた方がよりダイエット効果がある人に分けられます。
ただ、りんごとみかんを普段通りにただ食べるだけでは痩せません。
りんごとみかんの有効成分を生かし、ダイエット効果を得るにはりんごとみかんの食べ方に秘密があるのです。
高いお金を払ってダイエットをする前に、簡単にできるのでりんごとみかんでダイエットを試しては如何でしょうか?
みんなで始めれば大丈夫!
栗田智仁も負けませんよ!

栗田智仁のシークワーサーで健康に

January 08 [Sat], 2011, 16:43
栗田智仁の果物世界
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についての話です。

今回は、シークワーサーについてです。
シークワーサーは、沖縄を代表するフルーツとして知られています。沖縄はもともと、長寿王国としても知られていますが、このシークワーサーも、健康によいとされています。その理由は、シークワーサーには、体にいい、さまざまな成分が豊富に含まれているからです。

まず、最も特徴的なシークワーサーの成分は、ノビレチンです。シークワーサーの皮に多く含まれていて、他のかんきつ類に比べて、2倍から最大12倍も含まれているとのことです。このノビレチンは、血糖値や血圧の上昇を抑える効果があるといわれています。また、抗がん作用や中性脂肪の減少などにも効果的とのことです。

一方、糖尿病の改善に役立つ作用のあるヘスペリジン、ペクチンも含まれています。ヘスペリジンはさらに、ビタミンCの吸収をサポートしたり、抗酸化の作用があったり、ペクチンには、コレステロールの値を下げる効果があったりするとされています。

さらに、抗がん作用のあるβクリプトキサンチン、そして、コラーゲンの生成や抗酸化の作用を補助するビタミンCも含まれています。シークワーサーを食べることによって、体のためになる栄養がたくさんあるのです。

シークワーサーは、沖縄の代表的なフルーツです。特に、沖縄本島の北部、ヤンバルと呼ばれる地域で栽培されているのがほとんどだといわれています。シークワーサーが自生する地域は、厳密に言うと、もう少し広いエリアになります。沖縄本島を含む琉球諸島、そして台湾です。

シークワーサーの樹は、高さが約5メートルです。花期は4月で、直径3センチ程度の白い花が咲きます。そして、7月頃に収穫します。一般的に、皮の色がまだ緑の時期、青切りで収穫が行われます。

収穫した果実は、小さくて丸く、皮が薄いのが特徴です。小さめの黄色い温州みかんに形が似ています。そして、未熟な果実の皮は、最初、濃い緑色ですが、だんだん熟してくると、黄色くなってきます。シークワーサーの味は、とても酸味が多く、糖分は少なめです。

シークワーサーには、ガンを抑制したり、血圧や血糖値の上昇を抑えたり、動脈硬化を防いだり、さらに、美肌の効果もあるとされています。そのため、シークワーサーの効能が、日本全国にメディアを通じて広まったため、一時、大きな注目を浴びました。現在、ブームがひと段落し、シークワーサーの価格も落ち着いてきたといえます。

シークワーサーにはまるなら今ですね!栗田智仁ははまっています!

栗田智仁のグァバの力

January 07 [Fri], 2011, 12:47
栗田智仁の果物世界
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についての話です。

今回は、グァバです。

熱帯アメリカでは紀元前から先住民族に食されていました。16〜17世紀に東南アジアに伝わると、葉はお茶として利用されていたようです。現在はおもに東南アジア、ハワイ、地中海沿岸で栽培されていて、日本で栽培され始めたのは大正時代初期といわれています。

主な栄養成分(可食部100g中)

ビタミンC(220mg)、カリウム(240mg)、βカロテン当量(580mcg:赤肉種)

注目成分

タンニン(葉)、ケルセチン(葉)

主な効能

風邪予防、美肌効果、がん予防、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防

風邪予防や美肌効果のあるビタミンCが多く、またカリウムも豊富に含まれるので高血圧や動脈硬化、糖尿病の予防効果が期待できるでしょう。赤肉種は抗酸化作用があるとされる「βカロテン」を含むので、老化予防やがん予防に効果が期待できます。

グアバの葉には「タンニン」や「ケルセチン」などのポリフェノールが含まれていて、血糖値の上昇を防ぐ効果があるといわれています。

香りがよくゼリーやジュース、お菓子、お茶(葉)などに利用されることの多いグアバですが、熟した果肉はそのまま食べることができます。ただ、小さい種がたくさん入っているので食べにくいと感じる人も多いようです。そんなときは裏ごしして種を除き、ゼリーやジュース、シャーベットなどにするとよいでしょう。

栗田智仁はジュースが一番好きです♪

栗田智仁のアセロラの産地

January 06 [Thu], 2011, 13:20
栗田智仁の果物世界
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についての話です。

今回の話は、アセロラです。

アセロラはどんな所で育つのか。
南米ブラジルがアセロラの世界最大の産地と言われています。
他には、カリブ海、ハワイ、グアム、ベトナム、そして日本でも沖縄県や鹿児島県などで栽培されています。
熱帯気候や亜熱帯気候、気候で言えば25〜32℃ぐらいの地域を好んで育生。太陽の恵みをたっぷり受け、暖かい気候で育成する果実は、一般に寒帯や温帯の果実よりもビタミンやミネラルを高い割合で含んでいると評価されています。
また、温度とともに重要なのは乾燥。一定量の土壌水分さえあればよく育ちます。湿度が高いと樹全体に病害が発生しやすくなってしまいます。

そして、その産地にによってもビタミンCの量も変わるといわれています。

「赤道に近くなるほど、果実に含まれるビタミンC量が増える」。そんな傾向があるアセロラ。ただ、そう単純でもなく、系統や地域によってさまざまな変化が見られます。
その好例が、ベトナムとブラジルのケース。
ベトナム産は甘味種が多く、ビタミンCの量は若干少なめ。
その中でも、さらに甘めとすっぱめの2品種があります。

一方、ブラジル産は酸味種が多く、ビタミンCの量は豊富な品種が多いです。

国内では甘味系の品種を、沖縄県の本部町や名護市、鹿児島の指宿市などの地域で栽培しています。
いずれも温暖な場所で太陽の恵みをいっぱいに受けて育ちます。

産地によっても随分と異なるみたいです。
栗田智仁は、酸味が強くてビタミンCが豊富なブラジル産がいいかなぁ。

栗田智仁のパイナップルの基礎知識

December 29 [Wed], 2010, 13:19
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についてのお話です。

今回のお話は、パイナップルです。

○パイナップルの名前の由来
「パイナップル」、「パインアップル」と日本では二通りの呼び名がありますが、英語では“Pineapple”「松(パイン)の実の形をしたりんご(アップル)」の意味に由来する果実です。
ヨーロッパには大航海時代に中南米から持ち込まれ観賞用として育てられていた記録が残っています。

○パイナップルの成分
生のパイナップルには「ブロメライン」というたんぱく質分解酵素が存在します。
パイナップルをたくさん食べ過ぎると舌がぴりぴりすることがありますが、これは舌の表面に存在しているたんぱく質が「ブロメライン」により酵素分解されるために感じることです。

○パイナップルの栽培
近隣のスーパーマーケット等で手軽に買えるパイナップルですが、パイナップルという果実は最初の一個の実が収穫できるまでに植え付けから1年半から2年の歳月がかかり、2個目、3個目の果実は収穫までにそれぞれ更に1年の歳月が必要となります。
ハワイ・オアフ島にはパイナップル畑が広がり、その一角には野生種・栽培種合わせて約20種以上のパイナップル品種が育っており、観光客の目を楽しませています。
世界のパイナップル生産地としてはハワイ、フィリピン、タイ、コスタリカ、ケニアなどがあり、日本では沖縄で栽培されています。

栗田智仁は、パイナップルジュースを使ったソースにお肉を漬けておき、肉質を柔らかくおいしくして頂いています。
ご家庭でパイナップルの調理効果をぜひ楽しんでみてください。

栗田智仁のスイカは野菜?果物?

December 22 [Wed], 2010, 13:10
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についてのお話です。

今回のお話は、スイカです。

○野菜?果物?
スーパーの果物コーナーにあるスイカは果物なのでしょうか?それとも野菜なのでしょうか?
私たちは無意識のうちに、果物といえば「デザート」、野菜といえば「食事」というイメージを持っています。
農林水産省の定義では、スイカは 『果実的野菜』 と分類されていて、スイカの他にメロンや苺も 『果実的野菜』 に分類されます。
農林水産省での分類の仕方は、1年で終る草本類から収穫されるものは野菜、長い間に渡り、木に実をつけるものは果物と定義しています。
それらを考えるとやはりスイカは野菜なのでしょうが、甘くてジューシーなスイカは私たちの感覚でいえば、果物以外のなにものでもないと思えます。

○スイカで夏バテ予防
スイカには疲労回復の効果があるので、夏バテで食欲のないときのおやつ代わりにもってこいです。
ビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウムなどのミネラルやアルギニンなどが疲れを癒やしてくれ、エネルギーに変わりやすいスイカの糖分も疲れには効果があります。
夏の疲労回復には、冷たく冷やして食べやすいスイカが一番なのです。
実だけではなく、皮や種にもカリウムが含まれていて利尿作用が高く、腎炎、高血圧、膀胱炎などに効果があります。
豊富なβカロチンとリコピンには、活性酸素を抑制する作用があり、ガンや高血圧に期待が持たれます。
種にはグロブリンタンパクやリノール酸が含まれていて、動脈硬化に期待が持てますし、解熱作用もあります。
漢方ではのどの痛みや止血、強壮の薬として使われています。
スイカには体を冷やす作用もありますので、食べ過ぎには要注意です。

スイカに塩をかけるとスイカが甘く感じます。
味の対比効果といい、違う味を合わせたときに、片方がもう片方の味を強調させることをいいます。
甘いあんこに塩を入れることで、さらに甘さを感じるのと一緒です。
元々甘いスイカに少量の塩をかけることにより、より一層と甘みを感じるようになるのです。

スイカの食べ方はいつも「志村食い」の栗田智仁でした。

栗田智仁のメロンの品種

December 21 [Tue], 2010, 17:16
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についてのお話です。

今回のお話は、メロンです。

○メロンって?
メロンという名前は、ギリシャ語の”melopepon”(りんごのようなうり)が語源です。
メロンの原産地は東アフリカといわれ、古代エジプトではすでに栽培、東西に伝わったといわれています。
メロンの王様は、ヨーロッパで発達した網目のあるネットメロンで、マスクメロンとも呼ばれ、”芳香のあるメロン”を意味してします。
日本ではこの香りをもつアールス系の品種を呼ぶ名です。

○アールス系とは?
アールス系は、大正末期にイギリスから導入された温室メロン「アールス・フェボリット」をもとに育成。
温度や湿度、水などの管理を徹底しなければならず、しかも1株に1個しか実を結ばないよう、残りの果実は小さいうちに摘みとってしまいます。
栽培日数は苗を植えてから3ヶ月あまりで、最後は何度も玉ふきをして美しい果面に仕上げるのです。
まさに芸術品といった感じですから、高価なはずです。

現在の大衆メロンはほとんどが一代雑種です。
アールスに近い、はっきりした網目をもつ、味や香りのよいメロンが品種改良の目標です。

カリウムなどの成分が高血圧の予防などに効果があり、糖質が即効性の高いエネルギー源になるので、病中のお見舞い品として定番にしている栗田智仁でした。

栗田智仁のレモンの皮の利用法

December 17 [Fri], 2010, 13:45
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についてのお話です。

今回のお話は、レモンです。

○皮の利用方法
レモンは料理などによく使用されていて、一見、果汁や果肉が注目されがちだと思われています。
しかし実は、皮にもいろいろな利用方法がありますので、それをいくつかご紹介させて頂きます。

〔リモンチェッロ〕
これは、南イタリアの伝統的食後酒で、レモンの果皮を利用したリキュールになります。
レモンの果皮を純度の高いアルコールに、だいたい1週間ぐらい漬け込み、その後、果皮を取り出して砂糖水加えて、また1週間ほど放置して、リモンチェッロが出来上がります。
特徴としては、アルコール度数が基本30度以上で、味は甘く、レモンの良い香りを楽しむことができるものとなっています。

〔レモンピール〕
レモンピールとは、レモンの皮を砂糖で煮て、グラニュー糖をかけたもので、ケーキなどの洋菓子に利用される材料です。
また、カクテルに風味付けするために、レモンの皮を折り曲げて飛ばされる果皮のしずくもレモンピールと呼ばれています。

ちなみに、輸入されたレモンには、発がん性のある農薬やワックスが使用させている場合がありますので、もし皮を利用した飲食物を作る時などには、なるべく農薬、ワックス、防腐剤などが使われていないものを使用することが望ましいと思われます。

○レモンの栄養価
レモンの栄養成分といえば、やはりビタミンCで、この摂取には、皮ごと食べるようにすると効果的です。
ビタミンCは、コラーゲンの生成に必要な栄養素で、皮膚や骨、血管などを丈夫にする働きがあります。
また、シミのもとになるメラニン色素の生成を防いだり、免疫力を高める作用や、がんを抑制する効果なども期待されます。
他にも、ビタミンE、B群などのビタミンや、カルシウムなどのミネラルも含まれています。
また、クエン酸も多く含まれています。クエン酸は、疲労回復効果や自然治癒力を高める効果などが期待されます。

ビタミンCは壊れやすいという性質があり、香りもすぐ失われてしまうので、出来るかぎり食べる直前にレモンを切り絞りする
栗田智仁でした。

栗田智仁のみかんの栄養価

December 13 [Mon], 2010, 15:25
こんにちは!栗田智仁です。
私がお届けする、果物についてのお話です。

今回のお話は、みかんです。

○ダイエット食としてのみかん
食物繊維として含まれるペクチンには整腸作用の他、消化酵素のひとつである膵リパーゼの働きを阻害する作用があるとされる。
これを食前に摂取することにより食物中に含まれる脂肪の吸収を抑制することができる。
またシネフリンにはβ3アドレナリン受容体に働きかけて脂肪分解と熱生産を促進する効果があり、体脂肪を減らす効果が高い。
特に熟していない青い果実に多く含まれている。
しかし、これらは即座にウンシュウミカンが優れたダイエット効果を持つことを意味するものではない。
ミカンからシネフリンを抽出しダイエット効果を謳ったサプリメントも市販されているが、シネフリンと刺激性物質(カフェインやカテキン等)を同時摂取した際の危険性も指摘されている。

○みかんの栄養価
昔から「風邪の予防に良い」と言われるが、これはビタミンCやシネフリンといった風邪の予防に有効な成分が多く含まれているためである。
その他にもビタミンAやクエン酸、食物繊維などが多く含まれる。
白い筋にはヘスペリジンが含まれ、動脈硬化やコレステロール血症に効果があるとされている。
また、果肉にはプロビタミンA化合物の一種であるβ-クリプトキサンチンが他の柑橘に比べて非常に多く含まれている。
これには強力な発ガン抑制効果があるとの報告が果樹試験場(現・果樹研究所)・京都府医大などの共同研究グループによってなされ、近年注目されている。
オレンジ色の色素であるカロテノイドは脂肪につくため、ミカンを大量に食べると皮膚が黄色くなる。
これを柑皮症という。柑皮症の症状は一時的なもので、健康に悪影響はない。

みかんは、「へそからむく派」の栗田智仁でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:classplussecto
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/classplussecto/index1_0.rdf