◇◆ご案内◆◇ 

May 21 [Wed], 2008, 22:37
このブログは、大学生のきのが、2007年3月10日〜12月25日までのおよそ10ヶ月間、留学した際の記録です。

行き先は、カナダ東部、オンタリオ湖畔の街・トロント。

湖畔に立つCNタワーを中心に広がる、カナダ最大の都市で、経済の中心地。

(実際行ってみるとそんなに大きな街じゃないけどね)

西側・バンクーバーに比べると日本人が少ない(らしい)、世界で最も他民族の都市です。


この街で私は、ワーホリ留学してました。

10ヶ月のうち、最初の6ヶ月は語学学校+ホームステイ、

残り4ヶ月は飲食店でのアルバイト+ハウスシェア。

自分が考えたこととか、ぼやきとか、かなり多いブログだけど、

もしこれからトロントに留学したいと思ったひとにも参考になるよう、

年中行事とかエスニックタウンのこととかも、ちょこちょこ書かせていただきました。

それから旅行で行った、

・ナイアガラの滝→7月

・フレンチカナダ(オタワ・ケベック・モントリオール)→6月

・プリンスエドワード・アイランド(赤毛のアンの島)→10月

・ニューヨーク(US)→12月

などなど、掘れば出てきます。

多少なりとも参考になれば、喜びます☆

帰国して今は半年くらい。

今は大学に復学して、ブログもお引越しして、自分の将来のこととか、考えたりしています。

一方であまりにもブログを放置していたので、少し体裁を整えました。

メールフォームをつけておいたので、

私でなにかお手伝いできることがあれば、

(保証はできませんが)お気軽にご相談くださいっ(^ヮ^)

それから 

January 01 [Tue], 2008, 1:36
年明けましたねー。
おめでとございます♪
さて、帰国してからもうまぁ一週間経ちます。
年末は、駆け足で過ぎていく。
あれからいろんなことがあって、書きたいことを新しいブログにつけてこうとか思うんだけど、ここがちゃんと終わってないからどうも手がつかない。。。
タイトルすら浮かばない。。。
ということで、今日は最後に、まじめに書いてみます。
ホントは年内にきれいに済ませたかったんだけど、終わらなかったからさ。





帰ってくる前は、正直不安でしょうがなかった。
10ヶ月もあれば、みんな変わってしまうと思ってた。
帰ったとき自分の居場所はほんとに残っているのかとか、結局周りに気を使わせてしまうだけじゃないのかとか、いろいろ考えて。
住み慣れて居心地のよかったカナダから帰らないといけないのは、そういう意味でもきついと思った。
帰った後の未来が見えないから、日本に着くまでの間は、現実感もなかった。

関空に着陸した瞬間、そんなんが一気にリアルになった。
空港のアナウンスも、張り紙や掲示板も、当たり前だけど全部日本語。
あっちじゃ自販機やコンビニなんて滅多になんて見ないから、伊右衛門とかローソンとか見たときはちょっと興奮した。
「帰ってきた」と思ったと同時に、腹もくくった。
お迎えに来てくれたマザーや、リアルタイムで友だちから届いたメールが、ちょっと呆けた自分を現実に引き戻した。
残してきたものは、たくさんある。
でも、それをいつまでも思っていたら、前には進めない。
自分の中に残ってるものも、たくさんある。
最近そういうふうに、考えられるようになった。

留学で学べたことは、自分なりにたくさんある。
書いたら軽くなるから書かないけどね。
ひとつだけ書くとしたらそれは、思っていた以上にいろんなひとがこのブログを見てくれていたことや、時々家族や友だちから届くメール、筆まめな祖母からの手紙、出発前に友だちがくれた寄せ書きなんかが、すごく自分の力になったように思うってこと。
帰り、駅まで朝も早いのに出迎えにサークルの友だちが何人か来てくれたことも、帰国直後でチーンってなってる自分を奮い立たせてくれたんだよ。
本当に、感謝してます。

それからこの前、学科の友だちとみんなで鍋を食べに行ったら、なんだかみんな相変わらずで、その変わらなさに素直にほっとした。
一人一人、就活や卒論、院試とか大変みたいで、少しずつ、社会に出る準備が出来てきてるんだなって思ったけど、でもみんなで顔を合わせてお酒でも飲んでってしてると、やっぱりずっと、変わらない気がした。
嬉しかったから、ムダにへらへらしてた気がする(笑)

これから、4月の復学に向けて卒論の準備やら就活やらがぼちぼち始まるけど、1年休学したことがムダにならないように、きのは日々精進していきます。
このブログは前も書いたけど、これで終わり。
引越しを考えてるけど、今のところはまだ白紙です。
帰国後、ちゃんとした休みもなくバイトが始まってしまって(^^;)
就活とか資格の勉強とか、やるこたいっぱいあるのだが……
この生活スタイルも、いいかげん何とか変えないとなー。。。
ともあれみなさん、よいお年を。
またどこかで、お会いしましょう(^ヮ^)

帰りまス。 

December 25 [Tue], 2007, 2:02
なんかねー、ホント現実感ないんよね。

さっきも同じような内容のメールをブラザーに送ったとこなんだけども。

あと2時間でお家を出て、空港に向かいます。

寝たら絶対起きないので、寝ません。

さっきまでバイト先でパーティをやってたんだけど、シェフとボスがはっちゃけて何だかすごいことになってた。

ライトちょっと薄暗くして、音楽ガンガンにかけて、ダンスクラブ状態、みたいな(笑)

あっけにとられすぎて写真もろくに撮れなかったけど、楽しかったのでいっか。

最後だからまとめ的なものを書こうとずっと思ってたんだけど、なんか最後のような気がしないというか。

だからまとめ的なものは、帰ってから書けそうだったら書きます。たぶんね。

とりあえずこのブログは留学期間中の記録的なもので、まぁつってもほとんどぼやきだけど、帰国後はここは続けません。

ちょこちょこ見てくれた友だち、後輩、家族、その他もろもろの方々、どうもありがとうございました。

きのは日本に帰ります。

不安。 

December 22 [Sat], 2007, 22:44
頭が痛い。声が変。
……どうも風邪をひきはじめている気がする。

そういやぁこないだ友だちが家に来たときに風邪ひいてたな。
別の友だちからうつされたって言ってたっけな。。
「うつったらごめんね」って言われたので、「うん、もう日本帰るから大丈夫ー☆」とか、思い返せば意味がよく分からん返答をしたのだけども。

……帰る前に、地元までの36時間の旅が待ってるんでした。。。
不安。。。

気のせいでありますように。

日に日に 

December 19 [Wed], 2007, 23:28
今日、ボスのロンが。

「トロントに帰ってくることがあったら、またここで働くといい」って。

……そんないいひとみたいなこと言うから、不覚にもちょっと泣きそうになったじゃんか。
いいひとみたいな、っていうか、ロンはホントにいいひとなんだけどね。
素直に嬉しかったから、笑ってお礼を言っておいた。
トロントに帰ってくる、かー。いつの日のことだろう(苦笑)
でもいつか。
空気はまずいしホームレスはいっぱいいるし公共交通機関は遅れて当たり前の可愛くもない街だけど。
いつか、また来たいな。

家に引きこもってみると時間が経つのがホントにゆっくりなのに、外に出て仕事したり友達と会ったりしていると一日があっという間。
逆だったら、どんなにかいいことだろう。
それだから外から帰って1人になると、またしゅんってなるん。
あぁ、また一日が終わっちゃった、みたいな。

ていうかあたし、来週の今頃は地元にいるんよなー。
正直ホントかよと思う。信じれん。
でも日に日に寂しさがこたえる。
帰ってもしばらくは、例えば目が覚めても自分がどこにいるか一瞬分からなかったりすんのかな。
それともそんなヒマもないぐらい、年末年始年度末と、駆け足で過ぎていくのかな。

外は吹雪。 

December 16 [Sun], 2007, 23:45
今朝は積雪推定30センチ
これでもかってぐらい、まだ降ってる
こんな日は誰も外に出たくないに違いない。
てことは今日はバイト休み……??と思ってジェイソンに電話してみた。

き:「ジェイソン!今日レストラン開けるん?!」
ジェ:「……うん」
き:「おぉぅ、、、オーケー
ちょっとは迷ってよ、ジェイソン

……こんな日はあたしが外に出たくない

夜、イネから電話がかかってきたので、客が引けた頃に掛け直し。
「今バイト中なんよ」って言ったら、「え、こんな日に客が来るの?!」

ごもっとも。

こんな日はみんな外に出たがらないので夕方からデリバリーのオーダーがいっぱいこと入って、しかも肝心のドライバーとキッチンヘルプが2人してドタキャンしたため人手も足りず、なんだか大変だった。

お腹の空いた怒れる客たちから、デリバリーはまだかデリバリーはまだか、って電話がかかってくんの

あげく、「店から2分なのになんで2時間もかかるんだ」とか言われるし。

気持ちは分かるけどね。
店から2分のとこに住んでんだったら、最初っからデリバリー頼まずに取りに来いって話ですよ。

まぁ一番大変なのは、大量の料理を急いで作らないといけないシェフと、急遽代理でドライバーに駆り出された上に「遅い」と客から罵倒されるサブシェフであって、あたしではないんだけどさ


帰りにバスを待っていたら、たまたま1人だったからか、例のひとが。。。

「財布をなくして家に帰れないから電車代にコインくれ」のあのひとですよ。

さすがに2回目だし、「見てよこの手、凍えてるだろ」とかニヤニヤしながら言うあたり、もう明らかに嘘だって分かってるから、「前もあげたよな?!」って言ってやろうかと思ったけど、逆上させて殴りかかられたらヤだから、募金しといた。
お金をもらったら電車乗り場の方へ行くでもなく、さっさとどっかに消えやがるし
気分悪いからもう会いたくない
募金とか寄付とかが嫌って言ってるんじゃないの。
別にそれは厚意の問題であって、本当に困っているひとがいたら、それは助けたいと思うよ。
でも、大の大人がなんの努力もしないで、嘘ついてまで他人の同情を誘ってお金を取ってくってのが気にくわん
働かざるもの食うべからず。

大雪の日曜に外に出るとロクなことない。
そんなちょっと荒んだ日曜日。

つぶやいてみたり。 

December 15 [Sat], 2007, 0:53
日本に送る荷物やらその他荷物やらで部屋がごった返してまス

帰国まで、あと10日。

数字で見ても、部屋を見てもリアルなのに、なんかここにきて心理的にまったく現実感がない。

ケータイの解約手続きは済ませたし、ウェンディとアルが新しいテナントを探してるし、レストランのマネージャーも「アジア人の知り合いで働ける人いたら紹介して」とか言ってたし、チューターのレッスンも、あと1回ずつで終わり。

頭では、自分はもうすぐここからいなくなるんだなーって分かってはいるんだろうけど、難しいとこだ。

こっちに来る前も、そういやぁそんな感じだったかな。定演前で、あんまし考える暇もなかったけど。

イネが最近よく「どんな心境?」って聞いてくるもののうまく答えられず、「分かんない」とか「複雑」とか答えてる。


帰ったら写真をいくつか現像にまわそうと思って選んでいたら、こっちに来た頃の自分が写ってるのとかも出てくるんだけど、……若い

もうやだ


10ヶ月前の自分がどんなだったかとか、写真を見てももうあんまり思い出せないし、例えばまた前みたいに髪とか染めてみても、たぶんもぅしっくりこないんだろうな。

自分では前と違うと思っていても、周りからすれば大して変わってないのかもしれないけど、帰ってから時間が経つにつれて、いい意味で少しでも実りを感じられれば、たぶんそれが、英語云々以上に、お金じゃ買えない自分なりの財産になっていくんだろう。

なんてことを思う今日この頃。


っていうか温泉行きたい

いや、この際実家のお風呂でもいい

なんで北米って、湯船に浸かる習慣がないのかな。。考え方の違いは分かるけど。。。

クリスマスイブの夜は 

December 13 [Thu], 2007, 0:16
バイト先のレストランのみんなでクリスマスパーティだそうです
あたし、不運なことにクリスマスに出発だから、たまたまでも前夜にパーティはとっても嬉しい
バイトのシフトの日によって会えるひとと会えないひとが毎回いるから、みんなが集まると絶対ステキなはず

ところでレストランのボスのロンは、会話しててもなかなか笑わないひとです。
ゆえ、一緒に話す時ちょっと緊張する。。。
今日、閉店前に店閉めにやってきたロンが、
「もうすぐ帰るんだって?」と聞いてきたので、
「うん、クリスマスにねー」って言ったら、
「クリスマスに日本に着くってことか?」ってさらに聞いてきたので、
「ううん、クリスマスはねぇ、空の上にいる(笑)」
って言ったら笑ってくれた。ちょっと自己満足(笑)

WTC 

December 11 [Tue], 2007, 1:25
ちょっとずつ、帰国準備を進めてます
資格試験の予約や、土産、たまった荷物を船便で送る用意、帰国後のカットの予約をマザーに頼んどく、とかも(笑)
土産のリクエストある人、今のうちでスよ。
まぁ既に買ってしまったものもあるけどね
ちまたにはスモークサーモンキャンディとかサーモンジャーキーとかあるらしく、かなり気になってるんだけど、一体どこで売ってるんだろう??

帰りました。 

December 07 [Fri], 2007, 11:46
なんとかNYから無事トロントに戻りました。

無事帰ってこれてほっとしてるところです。

マザー、ご所望の品、買えなかった。ごめんね


気分は元気なのかもしれんけど、夜行バス片道10時間+連日の歩き回りで体がガタピシいってる

今日は午後にSandraのレッスンだけ受けて、冷蔵庫が空っぽなので何か買って、寝ます

NY旅行記は、書くかもしれないし、書かないかもしれない。

でも、いろんな意味でいい旅行になったんじゃないかと。

なんか今テンションがとにかく低いので、こういう日はおとなしくしてます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きの
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年3月31日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:愛媛県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE