鬼塚でみーちゃん

January 31 [Tue], 2017, 18:00
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。
なぜかと言うと、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。
この話は当然、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。
実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から葉酸を摂るように注意してください。
いまの不妊状態から脱出するのに、食事を見直すことも一つの手かもしれません。
卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が乱れていては活発な卵子・精子は望めません。
妊娠しやすさのためには夫妻そろって健康的な食生活を大事にしていくといいでしょう。
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、適切な摂取が必要です。
これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含有していますから、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。
どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。
また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血に必須の栄養素です。
この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠確率が上がるというわけです。
また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kanon
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる