水越と平島

January 24 [Sun], 2016, 11:13
一度流産を経験しました。1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようと妊活について調べるようになりました。身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、苦手だった運動を始めました。結果は、意外とうまくいきました。新陳代謝が上がったため、基礎体温があがって、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。それが葉酸の摂取です。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、決してそうではないんですよね。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。ですから、夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居ます。ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りていないかもしれません。一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。料金は1回2800円で安価でしたが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。相乗効果なのか、早々に二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠3か月までだと言われていますが、母体の健康維持を考える上でもとても大事な栄養成分ですから、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。中でも特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は大変重要なポイントですよね。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸を十分に摂ることが良いと思います。ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。葉酸のサプリであれば計算や摂取も手軽に出来ますので、是非試してみてください。妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。実際に国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、いくつかの種類がありますし、殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて一錠にまとめて詰め込まれています。こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。管理も楽なので、おススメです。葉酸サプリは、それぞれ他に含有している成分によって特徴が分かれています。サプリを選ぶときは、ご自身に必要な栄養素を補給できるようなものにして下さい。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントを活用するのも問題ありません。葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。ですが、葉酸だけを摂っても不十分です。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを飲むときには、葉酸以外の栄養素が複数入ったサプリがお勧めです。具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も今から飲んでおくと安心です。今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。上の子が男の子でしたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジしました。その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。友達と話していたら、葉酸サプリの話題が出ました。使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番興味あるみたいです。私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと知っていたので、その友達に教えてあげました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思っているんです。妊娠期間中だけでなく、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくる方が多いです。このような場合、使ってみると良いのがサプリです。葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。ですから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も大丈夫なんですよね。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、代謝が落ちて、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血流のわだかまりを解消し、自然な代謝を促進し、ツボ刺激による癒し効果もあります。冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分はどちらも不足しがちなものです。一般的な生活で摂取できる分では摂取量が足りません。ですのでサプリで補給するのが簡単でしょう。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも見かけますから、このようなサプリを飲めば不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。妊娠を希望する方や計画している方が、気を付けてほしい事は、食事ですね。普段から妊活を頑張っている方は、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。出来るだけ早く十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが一番良いですね。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よく働かせるためにも、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸も効率よく働けるという訳です。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れるという報告もありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてください。葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意してください。具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱が必要な食材やメニューの場合、長時間の加熱は避けて、サッと熱を通す程度にした方が良いです。こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリによる葉酸摂取が一番簡単だと言えますね。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングを見計らって努力しても、出来ない時は出来ないのだと感じました。義妹や姉のところに子供ができると、焦ったり悲しかったりでした。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の処方を受けると、早々に妊娠が発覚しました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、造血作用を高める効果があります。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。造血作用で血液が増えることで、血行が良くなるだけでなくホルモンバランスが良くなり、不妊治療に役立つのです。スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に必須の栄養が多いので、毎日の食事でとっていきたいものです。全体的にはバランスよく多くの食材から栄養をとるのが妊娠にも産後にも有効です。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的な疲労も相当なものです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。実は私自身もすでにアラフォーですので、常に急かされているような気がして、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。ときには友人や家族の励ましや、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもしばしば見られ、相当悩んでいる人もいるのです。周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大事かもしれません。葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。ですが、それでかえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから大変便利だと思います。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。妊活中の女性以外にも、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。質の高い精子をつくることを助けてくれるのです。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみるのが良いと思います。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に十分な葉酸を摂取できない場合は、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂取するように、と雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。胎児が健やかに育つために大切な栄養素だそうです。野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、サプリを利用すれば良いそうですから、ちょっと安心しました。食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shuri
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ckiu5oea85aetr/index1_0.rdf