塚っちゃんが一輝(いっき)

February 09 [Tue], 2016, 12:01
今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。看護師の中には、向学心から転職を考え始める人もいるようです。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、大変に積極的な仕事の選び方です。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち現場でよく使われています。このエッセンという言葉自体には、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、そんな時代の名残ですが、とにかく現在に至っても普通に使用されているようです。給料についてですが、看護師の場合はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。では、退職金についてはどうなっているかといえば、公的医療機関であれば、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。個人病院はどうなっているかというと、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。一般的に見るとキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師という仕事がハードだと思われやすい理由になっていると思います。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。そんな職場の人間関係がわかってくるとあまり良い気分もしないでしょうが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと達観しておくのが良いでしょう。少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死に至った看護師もいました。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、ますます看護師の需要は高まり、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。このイベントに参加する看護師の方は少なくありません。女性の多い職場であるため男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。街コンの場面でも、看護師は人気があります。けれども、もし、恋人同士になれたとしても、お互いの休みが合わなかったりと結果として、破局、ということもままあるようです。他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、育児と仕事の両立を図りつつ、大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、詳しく見てみると純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼ぎが多くなるという現実があります。ですから「いいお給料で看護師をしたい」というのならば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。この夜勤があるかどうかによって給料の差は大きくなります。看護師の勤務先は、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の働けるところは十分にあります。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症患者の方であるため、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。特に介護関連に興味があるという場合は、勤務先にグループホームを選択することも視野に入れてみてください。皆さんご存知のように、看護師は離職者が多い職業ですので、転職率も高いですね。このような傾向から、転職サイトの中でも看護師専用のものが存在しているのです。専用の転職サイトなら、もっと簡単に自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって誰もが夜勤を経験します。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、また、夜中になって容態が急変した重体患者が出たりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は日勤よりも多くなる場合がほとんどです。意外に思うかもしれませんが、看護師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?実際に保育園で働くとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は理想的な職場だと思います。ちなみに、どういった仕事かというと園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で書いてみると二通りで表すことができます。過去には看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。それが、2001年に法律が改正され、女性にも男性にも使うことができる「看護師」を使うことで一本化されました。24時間交代の勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、経験が浅いとほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。実際に、私の妻も看護師としてシフトに入っていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変だった思い出があります。数年ほど、看護師として働いているのですが、気付いたことは、看護師はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンを組むことを考えている際、比較的審査が通りやすいと言えます。とは言え、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師についてはそう簡単にはいかないかもしれません。簡単にローンを組めるのは正職員という形で勤務中の安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は看護師にも同じことが言えます。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。こういった事を考えても、一般的な看護師の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。看護師は、患者と接する機会が多いため、印象の良いヘアスタイルにも配慮しなくてはなりません。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。勤務先によって、髪形への規則の厳しさが変わるということを知っておいた方が良いでしょう。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。Wワークに向いた仕事も様々で、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ですが、本業で勤めている病院でWワークを禁じていることがあったり、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。看護師として患者から信頼してもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが必要になります。女性の看護師の場合、派手なお化粧は控えて、病院に適したナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。すっぴんとは異なり、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がガラッと変わると思います。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、看護師として役に立ちたいという考えを持った看護師の方が増えています。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。当たり前の事ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英語が必要になります。海外で看護師として活躍したいのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。看護師として働く人は女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多くその結果、離職率が高い割合を示しています。さらに、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。働いた分の休みはちゃんとありますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大変多いようです。特に子供ができると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。とは言え、近年においてはもう一度看護師として働くことを希望する人も少しずつ増え始めています。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、ここ最近においては徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く常に神経を使うことになりますし、そのために大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを探し出せるかどうかというのは、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。それと、患者さんの家族や関係者の人に感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、辞めてしまおうと考えるだろうと思います。看護師資格の最大の利点は、何てったって、もしも離職している期間があっても、また看護師に戻れるという点です。これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、人手不足であるということが深く関与しています。転職先も雇用形態も特に希望しなければ上手くいけば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。看護師の勉強をするための学校には広く知られているとは思いますが、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。対する看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。働く看護師の休日に関してですが、職場によってそれぞれ異なるようです。3交代勤務の場合、シフトを組んで働きますので、休日勤務や平日休みになることがよくあります。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ckeseohtvih9gh/index1_0.rdf