都市と非都市でのゲリラ豪雨被害の違い(1)

September 19 [Sat], 2015, 5:32
ゲリラ豪雨の被害を学ぶ際に、覚えておきたいことがあります。
それは都市と非都市でのゲリラ豪雨被害の違いについてです。
都市とはいわゆる都会ですね。
高層ビルや電車の路線が何本も交差しているところをここでは都市と呼びましょう。
対して非都市とは自然環境が比較的守られている、いわゆる田舎を指します。
町の中に川が流れていたり、付近に山などがあったりする場所をここでは非都市としましょう。
それでは早速都市と非都市でのゲリラ豪雨被害の違いをみていきましょう。

まず都市でゲリラ豪雨が起きるとき、大体においてヒートアイランド現象が大きく関わってきます。
ヒートアイランド現象とは都市に見られる、非都市と比べ気温が高いことを指した現象です。
気温が高いということはそれだけ水が蒸発しやすくなり、雨が降りやすくなります。
結果ゲリラ豪雨に至ることが多いというのが多くの方々が指摘している点です。
それでは都市でゲリラ豪雨が発生するとどのような被害がおきるのでしょうか?
まず地下鉄などの交通機関が麻痺してしまいます。
他にも地下街などが水浸しになり、都市として機能しなくなってしまうのです。
そのため強力なゲリラ豪雨が発生すると都市機能が失われ、多くの帰宅難民が発生してしまいます。
都市においてゲリラ豪雨でもっとも警戒すべきなのは、交通手段の麻痺でしょう。
もし貴方が都市で働いており、通勤に電車を利用しているのなら、ゲリラ豪雨の被害にあっても家に帰れるよう他の交通手段を探しておくことが賢明です。

ココで一番の言葉
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひろあきcjm9kq22
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cjm9kq22/index1_0.rdf