女性のひとり暮らしの家は安全な物件が第一条件! 

2013年06月19日(水) 9時45分
新聞やネットなどでよく見聞きする、「ひとり暮らしの女性」が被害にあう事件は本当に胸が痛みます。


そのような事件を見聞きするたびに、「女性のひとり暮らしには安全な物件が必要だ」と常日頃痛感している次第です。


以前に、知り合いの不動産屋さんから、女性の一人暮らしの家ならセキュリティがしっかりしている物件で、なるべく周囲が明るい場所で、アパートやマンションならば、庭などから入り込めないように上の方の階にすみ、洗濯物を外に出してはいけないような所に住んだ方がいい、という話を聞いたことがあります。


ついうっかり、外に洗濯物を出すと、女性の一人暮らしとばれてしまいますが、洗濯物を出さなかったら、案外わからないものですよね。


最近では男性だって1階の集合郵便受けに名前を表示するようなことはしていませんが、女性ならなおさら名前は出さないに限りますね。




また、一人暮らしの物件を探す際は、家の周辺の環境も大切です。


私の知人で、若い女性なのに、よからぬ雰囲気の方々が昼間からお酒を飲んでいるような地区にお住まいの方がいました。


彼女は「家賃が安いから」といっていましたが、会社の上司までもが心配し、「悪い事はいわないから、引越しなさい」といっていました。


今の世の中、安全はお金で買う時代です。


品物ならば泥棒されてもまた買う事ができますが、体を傷つけられたり、命をとられたりしたら元もこうもありません。


女性の一人暮らしならば、なおさら、安全で防犯設備の整った物件に住むことが、一人暮らしの第一歩です。


これから一人暮らしをお考えの女性の皆さん、どうか、悲しいニュースをこれ以上に増やさないためにも、どうぞ安全の確認と防犯に最新の注意を払った所にお住まいになってください。