糖尿病で人生だいなし

December 05 [Thu], 2013, 18:11
まず患者さんの標準体重を計算式によって求めます。
2型糖尿病は1型糖尿病と比べて自覚症状が乏しいこと、症状がゆっくりと進むため気が付きにくいということが特徴的です。
このような症状が長く続くと、細小血管障害、動脈硬化へと進行してしまいます。
そういった運動をする機会が無い場合は、近い距離ならタクシーなどを使わずに歩くようにするなど日常生活で工夫をすることが大切です。
身体活動量は大まかに3種類に分けられます。
医師、看護師、栄養士、薬剤師などがそれぞれの役割を果たし、チームを組んで指導にあたります。
運動をする時間をとれない場合は、なるべく階段を使うとか、一駅の区間を歩いてみるなどの工夫をしましょう。
人間の体は栄養を摂らないとうまく動きません。
それほど大きな違いはないのですが、糖尿病の看護をする時に一つの目安となるでしょう。
緑内障、白内障、角膜障害、横斑症などがあり、中でも網膜症は発症率30パーセントから60パーセントという高さから糖尿病の看護で気を付けないといけません。
こうしたリスクがあることを前提に、糖尿病を発症したら定期的に脳ドックを受診して、脳に異常が起きていないか確認しましょう。
糖尿病の看護info
糖尿病の看護デイズ
糖尿病の看護ウェブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cjkmygqi
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cjkmygqi/index1_0.rdf