ィトン傘下の共有

June 09 [Sun], 2013, 16:36
ングループ「インサイダー取引」と「内外癒着」などの非通常手段エルメス株式保有。ルイ?ヴィトングループでも同日声明によると、同集団の関係を出資しエルメスの操作に規範を反訴、非難エルメス「ぼっ、不実疑惑や不正競争」。

事実上、世界最大のぜいたく品のグループは、ルイ?ヴィトン傘下の共有60以上の大きさ贅沢品のブランドが、その半分以上から家族企業の買収。これらの家族企業をなぜ甘んじ家族何代の営みのブランド、甘んじて加入大型贅沢品グループ?そしてエルメスはもがいて何ですか?18世紀から20世紀初期に、贅沢品市場は主に家族工房主導、消費層も集中して当時の貴族階層。しかし、少数派、ハイエンドと限定中心のルートは、贅沢品の企業にとって、経営コストは非常に高く、加えて販売人少ない、制品の分析、改善など難しくに大きな進歩して、企業の将来の発展に革新きっと1種の障害。

そこで、第二次世界大戦後、日本は、の需要が増え、いくつかの企業が自主「家族化」と買収その他のブランドで、競争の激化さルイヴィトンのような大型グループが生まれて。特に近年、世界の資本化の強い影響を受け、多くの贅沢品企業重い資本圧力を背負って、独立の贅沢品のブランドがますます少なくなって、彼らの希望を運用して強力な資本力推進市場操作。「今多くの贅沢品のブランドが中国市場に進出してから、中国の市場が本当にあま
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cjkldaie
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cjkldaie/index1_0.rdf