甚平(じんぺい)の赤川

September 22 [Thu], 2016, 16:48
医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は常に神経を使うことになりますし、これが続くとどうしても自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知り、実行しているかということも、この仕事を続けていくのであれば見逃すことのできない点になるでしょう。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。こうして、病院に限らず看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という一点では明らかに看護師の方が多いです。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという専門職らしい長所もあるのでした。収入が良いのは事実ですが、その一方で、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。大方の場合、看護師の職はハードワークだと言われますが労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、一般的に、看護師の勤務というものが大変だと思われる一因だと思います。常日頃、看護師とて奮闘していて、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。どこが一番楽のできる診療科か、ということを考えるようになってもおかしくありません。全体的に見て、比較的忙しくないと考えられている病棟は、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。とはいっても、病院にもよりますし、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、ハードさの度合いは違ってくるはずです。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。看護師の資格を持っていれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。しかし、メインの方の職場で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。働いた分の休みはちゃんとありますが、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとそもそも夜勤などはできないものです。とは言え、近年においては復職を希望する人の例が増えてきており、大きな戦力となっています。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。一方、個人経営の病院になると、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、男性から人気が高い看護師が、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は早婚と晩婚の差が開いている事が指摘できるのです。結婚が遅い人に共通していることは、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、自分の出世を考えて結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、考慮され、それを活かせる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。看護師に階級があるのをご存知ですか?階級のトップからいえば、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。実際に階級を上げるためには、その病院での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。階級が上がれば上がるほど、収入も増えます。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子供がいる看護師にしてみれば大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。なので、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。シフトを組んだ交代制勤務などで大変な仕事を抱える看護師ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、責任を持って次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。伝言程度で終わるケースもありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。国家資格を有した正看になるためには、看護の専門学校や大学等を卒業することが絶対条件です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、こうした専門学校に合格するための予備校に通って勉強する人もいます。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。患者という立場から見ると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。覚える必要のある仕事や繰り返しのチェックなど実は常に緊張状態という事もあるのです。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も今では珍しくありません。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。免許が必要な専門職である看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、少し念入りに求職活動を試みれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもかなりの数があるのです。なので、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、何てったって、もしも離職している期間があっても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そのうちに体調を崩すこともあるのです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲れは身体から抜けることなく、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、つくづく、身体に負担がかかっていることを思い巡らすようなことになるのです。看護師という仕事をしているのは女の人が多いので、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、その結果、離職率が高い割合を示しています。加えて、働く時間が規則的でないこととか、ハードな仕事内容であることが原因で最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。医師の仕事と看護師の仕事の間の、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。大きく言うと、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防するためにはどうしたらいいか忠告したりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。それに対して、看護師は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者の看護を行います。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、この何年か特に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。なので、病院で勤務する看護師についてもさらに多く必要とされていますが、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。けれども、それほど人手が足りない状況だと、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。数年ほど、看護師として働いているのですが、気付いたことは、看護師はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。なのですが、多忙を極める仕事です。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最高でしょう。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師の活躍が期待されています。グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、特別な配慮が必要となってきます。介護関係に携わりたいという看護師の方は、グループホームに就職するという選択肢も前向きに考えていいのではないでしょうか。いま日本においては、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。しかしながら、看護師国家試験の勉強をしてもしも、3年以内に看護師になれなければ母国へ帰国することになります。就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。看護師は好んで煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、やはり看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。病院で勤める以上、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、意識している看護師が多い職業であるということが理解できると思います。総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。ちなみに、どういった仕事かというと子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。看護師になるための手段として、広く知られているとは思いますが、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。そして、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこれに参加を申し込む看護師は多数います。女の職場なので、男性との出会いというものが少なくて、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。しかし、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結果として、破局、ということもままあるようです。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。そんな風に、職場復帰が可能かどうかについては、当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってきて、働く人も増加中です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cjelyolgrowueu/index1_0.rdf