Religion (宗教) 

2006年04月22日(土) 0時19分


English:

I’ve been brought up to believe that having a strong faith in religion would save my life. So, I lived my life having a strong faith in Catholic traditions. But now, I already lose that faith. But don’t get me wrong. It's not that I hate it. I just don’t believe in it anymore. I don’t believe that having a religion would make me a better person. And I don’t believe that religion would save my life. Religions around the world have only one purpose. That is to preach the goodness of God and that we should live our lives by his example. But because there were different names affixed on it, religion became a problem. People are fighting too much for their faith. And we should know - that’s the cause of the war here and there.

In fact, there's no need for a religion. What we need is to believe that God is in our hearts and that we should live our lives without causing problems to the people around us. Don’t you think that would be better? Well, God is in me and I think that’s fine.


日本語:

宗教に対する強い信頼を持つことが自分の人生を救うと思うように育てられた僕は、カトリックに強い信頼を持ちながら、人生を歩んできた。しかし、今その信頼をついに失った。でも、誤解しないで。それは、自分の宗教が嫌いになったわけじゃない。ただ、もう信じてないだけ。宗教を持つことが自分を良い人間にするっていうことのと、宗教は自分の人生が救えるっていうことを信じてない。世界中の宗教の目的は一つだけ。それは、神様の優しさを説くこと。それで、神様の例によって私たちの人生を送らなければならない。でも、宗教はそれぞれ違う名前が付いてるから、問題になってる。熱心すぎて、人々はその宗教に対する信頼のために戦ってる。知るべきだと思う〜それはあちこちの戦争の原因であること。

宗教なんかいらないんじゃない。何が必要かというと、神様が私たちの心にいること。それと、周りの人々に問題を引き起こすことなく、生けて行くこと。それでいいんじゃないか。僕の中に神様がいる、俺には、それでいいんだ。

I felt relief! (ほっとしたよ!) 

2006年04月02日(日) 23時51分


English:

When my parents sent me to study in Japan, they didn’t allow me to do part time job. I think they were so worried that I might take my job in Hong Kong for granted and I might abandon my study if I start working, as most foreign students do. Though I opposed, as a son, I obeyed them... But not for long. Besides the desire to earn money on my own, I felt the importance of having an experience to work. So, without my parents knowing, I took several part time jobs. And perhaps, teaching private lessons in English as my part time job right now, which I started a year ago is I think the most worthwhile.

However, not letting my parents know was so uncomfortable. The feeling was so heavy every day. Every time I go back to Hong Kong, I planned of telling them, but I was too afraid of the consequences. But this spring holiday, I was able to tell mom. I expected her to be mad at me as I saw dismay on her face. But as I explained the nature of my job, she was all smile. I really felt relief. Having all the worries gone is such a nice feeling.


日本語:

勉強のため両親が僕を日本に来させたとき、バイトするのが禁止された。留学生の大部分がやってるように、僕が香港での仕事を気にしないのと、勉強に集中しないのは両親が心配してたのかも知れない。反対だったけど、息子として、両親に従った。。。長くはないけど。自分でお金をかせぎたいという願望の他に、仕事する経験の重要さを感じていた。だから、両親が知ることなしで、いくつかのバイトを引き受けた。おそらく、一年前始めた今のバイトが、プライベートの英語教師として、最も価値があると思ってる。

しかし、両親に知らせないことはすごく不安だった。気持ちが重くて、毎日落ち着かない。毎回、毎回、香港に帰って、言おうと思ってたけど、結果を怖がっていた。でも、この春休み、母に言えた。母の顔に狼狽を見たように、すぐ怒ると思ったけど、どのようなバイトをやってるかを説明したら、笑顔が浮かんだので、本当に安心した。悩みが去っていて、気持ちいいよ!

In fact, I'm fortunate (実は幸せだった) 

2006年03月21日(火) 23時58分


English:

In fact, I'm fortunate. But I have never thought about it until now. As a child, I lived my life through hardships. Parents got divorced after being born. Have not seen my father, even once. Poverty made my mother work for survival in other countries. Being away from parents is a very difficult situation. No one would listen and no one would try to understand. I don’t know what it takes to be happy. But I tried. Though I was happy, I wasn’t really comfortable and I couldn’t help being scared. I won’t be able to stay happy for long. It easily breaks after all. And even I, myself doesn’t understand it well. I had a mysterious feeling.

Now that I had grown up, got a vision of life, I finally understand the meaning of being happy, naturally. Yeah, like the small things in our normal existence. Like “Oh, the weather is so nice!” “The breeze feels so comfortable!” “Oh, that was beautiful!” If we could just feel those simple things, I think we can say that we are fortunate! And with that, I know I’m happy since the day I was born!


日本語:

実は僕幸せだった。でも、今まで全然考えたこともなかった。子供の頃だいぶ苦労して生きてきた。生まれてから親が離婚。父も一度も見たことない。貧乏で母がほかの国で一か八か。親と一緒に住めなくて、困難な状況。誰も聞いてくれない、誰も分かってくれない。あの頃の僕は幸せっていうことは何なのか、分からなかった。でも、幸せになろうって頑張っていた。幸せなのに、居心地が悪くて、怖くて怖くて仕方がなかった。自分がずっと幸せでいれるはずがない、すぐに壊れるんだ、どうせ。そして、自分でもよく分からない。不思議な感じを抱いていた。

今大人になって、人生の先を読めて、やっと幸せの意味が自然と分かってきた。うん、そういうのさ、普通の暮らしの中の小さなこと。「いい天気だな〜」とか、「風が気持ちいいね」とか「それがきれいだな〜」とか。そういうのは、感じていられれば、幸せなんだよって、僕は思うな、今。だから、生まれてから僕は幸せだと思うな!

I'm back, Japan! (戻って来たぞ〜ニッポン!) 

2006年01月15日(日) 21時05分


English:

There are two things I hate about traveling by plane nowadays. First is the annoying inspection from check-in until boarding. I know that it’s for everyone’s safety, but it’s really annoying especially when they ask you to take off your belt or shoes! Second is the harsh number of hours you sit inside the plane. And I really hate it especially when the entertainment doesn’t entertain me at all!

But anyway, Japan, oh Japan! Listen up! Coz I’m back! My holiday was great! But for just 3 weeks I really missed Japan a lot! With a lot of celebration during my 2 weeks stay in Philippines and with the 1 week stress of Hong Kong Visa extension, I still feel the hung-over from everything. So all I want right now is a time to have a good rest. Unfortunately, since I was absent from the class for 1 week, school works are being accumulated! So, no holiday extension! Coz, in order for me to catch-up for the final project, all the school work last week must be done this week! Tough one huh!


日本語:

飛行機で旅することについて、2つの不満がある。1つ、チェックインからボーディングまでのうるさい検査だ!皆の安全のためって分かってるけど、「ベルトを外せ」とか「靴を脱いで」とかまで言われるんだったら本当に面倒くさいよね!2つ、飛行機の中での辛い数の時間に座ること。特にエンターテインメントが全然面白くない時は、本当に大嫌いですよ!

まぁ、ちなみに、ニッポン、ニッポン!聞いとけ!俺戻って来たぞ〜!休暇は最高だったけど、3週間だけで日本にいなくなると、かなり寂しかったぜ〜!フィリピンにいた2週間はお祝いばかりやってて、そして、1週間の香港ビザ延長のストレスで、すべての疲れはまだ感じてる。だから、今欲しいのは、ゆっくり休める時間だけです。不幸なほどに、1週間学校を休んでたから、課題が溜まってる〜!だから、進級作品の流れに間に合うように、先週の課題を今週いっぱいに終わらなければならないので、休暇を延長することができないんだよ〜!辛いよね!

New Year (お正月) 

2006年01月02日(月) 23時35分




English:

Goodbye 2005, Welcome 2006! It’s a new year and a new beginning! Most of the people usually make promises of a change to oneself, the so-called New Year's resolution to start the year. Well, do you have a New Year’s resolution? Well, I don’t. Coz I believe that if you really want a change in yourself, any day is the best day to do that! You don’t have to wait for a new year, right?! I am just being practical. However, we have different beliefs. So I guess there is nothing wrong following what you believe. Anyway, how did I spend my New Year? Well, guess what! I had a Filipino traditional way of celebrating it, with my family, cousins, relatives and a good friend of mine! By exactly 24:00 hours, we made noise through our stereos, coins in a can, kitchen utensils, etc. and of course with a lot of firecrackers! Then after that, we ate, dance and drink till we get drunk! Damn, it was real fun! Filipino traditional way of celebrating New Year is really great!


日本語:

さようなら2005、よこそう2006!新しい年、新しい始まりだ!だいたいの人って、新年が始まるため、自分に変化を約束、いわゆる新年の決意を作るよね。さぁ、あなたも新年の決意がありますか?僕はない。だってさ、もし本当に自分に変化を欲しければ、いつでもできるっていうことを信じてるから!新年を待つことなんて、いらないでしょう?!まっ、現実的な表現だけです。しかし、それぞれ考えが違うよね。信じてることに従うってことは悪くないと思う!ちなみに、僕、お正月をどうやって過ごしたのか?さぁ〜!フィリピン人の習慣的な過ごし方で、家族、いとこ達、親戚、僕のいい友達と一緒です!24:00時になったら、ステレオ、カンの中コイン玉、キッチン用具など、もちろん花火も使って、皆でうるさくはしゃいでた!その後、食べたり、踊ったり、酔っ払うまで飲んだり、したのだよ!マジ楽しいお正月でした!フィリピン人の習慣的なお正月は本当に最高だよ〜!



Christmas (クリスマス) 

2005年12月28日(水) 11時46分


English:

As we all know, Christmas is a tradition of Christians to remember the birth of a saviour named Jesus. But it is interesting to know that it is being accepted around the world. However, different people have different cultures that have different style of how to spend a Christmas holiday. Some people want to have fun with their friends. Some have a date with their lovers. But busy people just spend the day at work. Well, Christmas for us is a time to be with our family. And I guess there are also other families who do the same thing every year. For us, since my family is being spread internationally, Christmas is one opportunity for us to stay together at least until New Years day. And this year is nothing different. I had a peaceful Christmas Eve together with my mom and dad with my grandma and my cousins.


日本語:

皆は知ってると思うけど、クリスマスっていうのは、イエスという救世主の誕生日を祝うっていうクリスト教の習慣だよね。でも、面白いことに、世界中に認められてるんだ〜!しかし、様々な人がいて、様々な習慣で、クリスマスの過ごし方は、それぞれ違うんですよね。過ごし方によって、ある人は友達と出かけたい。恋人のある方はデート。けど、忙しい方々は普通に仕事。僕の家族にとって、クリスマスっていう時は家族と一緒にいることだ。それで、僕の家族のように、毎年同じことやってる家族もあると思うけどね。僕の家族は国際的にばらばらになってるから、すぐに会えることは、なかなか難しいので、せめてクリスマスからお正月までの間は一つにチャンスだ。今年も違ってない。毎年のように、お母さん、お父さん、おばあちゃん、従姉たちと、穏やかなクリスマスイブを過ごしたのだ。

Winter Holidays (冬休み) 

2005年12月20日(火) 23時58分


English:

Winter holidays are coming! Other people might already been thinking things about Christmas, but not me. Since there are lots of things to do in school and work from Hong Kong came suddenly, the spirit of Christmas can’t be felt. I can’t even post a new article here due to this very busy period. Anyway, this article might be the last one for this year! I’ll be back to Hong Kong tomorrow! I’ll be spending my Christmas and New Year with my family in Cebu, Philippines, so it’s going to be fun! Plus, I am really happy coz I’ll be able to meet my favorite cousin! That cousin of mine is still a kid but the way she talks and the way she thinks is like an adult. That’s an interesting part of her that makes her really cute! It’s really fun to be with her. That cousin of mine is the one in the picture. Even in a photo, her cuteness and interesting side can be seen, right?

So, I still have to prepare for tomorrow, I guess I’ll end up here for now! Merry Christmas and a Happy New Year! See you all next year!


日本語:

冬休みもうすぐ来る!他の人の頭の中ではクリスマスのことを考えてると思うけど、僕は、最近、学校の課題が多く、香港から仕事も急に来て、気分はなかなかクリスマスの雰囲気になれないよな〜!ここにも、なかなか新しい記事を載せられなくて、冬休み前は本当に忙しい時期だよね!ちなみに、この記事は今年最後になると思います!明日から香港に帰る!クリスマスとお正月は家族とフィリピンのセブ島で過ごす予定だから、楽しみ!それと、大好きな従妹に会えるから、本当に嬉しい!その従妹は、まだ子供なのに喋り方や考え方は大人みたいっていう面白さが持っていて、本当に可愛いよ〜!一緒にいるとすごく楽しいよ〜!ここに載ってる写真はその従妹だよ。写真でも可愛さや面白さが見えるでしょう?

では、明日の準備をこれからするので、これで終わりたいと思います。メリークリスマス&ハッピーニューイェアー!また来年!

  

I want to be a stronger person (強い人間になりたい) 

2005年12月10日(土) 23時34分


English:

Yesterday, I went out with my friend for fun and we stayed till morning. After a quick shower, I dive into bed. I woke up around 1pm, but due to hang over with a headache and a dull feeling, just after lunch, I went back to bed until 6pm.

Last night was fun but today, I’m disappointed with myself. I saw a lady being beaten by her boyfriend near Akabane station. The lady shouted, fell into the ground, but the guy has no sign of stopping. I wanted to do something but I did nothing. Eventually, I feel at ease when a man came to stop the guy. But, I am already upset. Other people always say that I'm a strong person, but at that moment I saw a weakness in me and I'm completely down. I want to be a stronger person! Right now, there’s a lot of question left inside my head. Why that guy could simply beat his girlfriend like that? He think that it makes him looks strong? Isn’t it disgraceful? It’s none of my business, but why I felt so down like this? And then, are the other people who saw the incident also thinking about it the way I do?


日本語:

昨日友達と遊びに行って朝帰り。シャワー浴びてからベッドに向かった。午後1時頃に起きたけど頭痛くて体がだるい二日酔いでご飯食べてから、また寝ちゃった。そのまま夜6時まで。

昨日楽しかったけど、今日自分にがっかりしました。赤羽駅の近くに一人の女性が彼氏に殴られるのを見ちゃった。彼女は叫んでて倒れても彼氏がやめる気がなかった。何とかしたかったけど、何もできなかった。一人のおじさんに止められて、安心したけど、自分はもうおろおろしてた。CJは強い人だねって他人によく言われるけど、あの瞬間に自分の弱さが見られて、今完全に凹んでる。もっと強い人になりたいな〜!今、頭の中に色んな疑いが残ってる。何故あの男が平気に彼女を殴ったんだろう?自分が強い人間に見られるって思うのかな?逆にみっともないじゃないか?僕は関係ない人なのに、何故こんなに凹んでるのだろう?そして今、あのことを見てた他人は、僕と同じように考えてるのだろう?

Failures (失敗) 

2005年12月07日(水) 23時49分


English:

Is there a person that doesn’t have a single failure in life? It’s impossible, right? We'll surely experience failures as life goes on. I also experienced a lot. Problems come and go. I’m still young but I already had lots of failures that could have ruin my life. Failure is one of my greatest fears, but I need to fight. Big or small, it's a very essential part of life. Some people might lose confidence after failing, but that’s too negative. It’s natural to be depressed when we fail, but if we focus on the problem, we’ll miss an important lesson in life. You see, whenever we fail, we always learn something new and that helps us grow. My high school teacher said; “there’s a lot of failure in one’s perception but it’s better to move on that to regret.” Probably she is right. Of course, I don’t want to fail! Who does? But it’s always been a part of life. From here, there's a possibility that we might fail. But there’s nothing we can do about it. Just always be ready to face whatever might come.

日本語:

一度も失敗したことない人っているのかな〜?あり得ないよね?生きてるうちに失敗することがきっとある。僕もいろいろあった。悩みは来たり行ったり。まだ若いけど自分の人生を台無しにしたくらい色々失敗あった。失敗するのが怖くて大嫌いなんだけど戦わなきゃ!大きさ関係なく失敗は人生に必要なものだ。ある方は失敗したら自信が完全になくなるけど、それはネガティブすぎる。失敗して当然落ち込むけど、ずっと問題に集中すると人生に大事な教順が知ることができない。ほら、失敗する度に何か新しいことが学べるんじゃない?それを分かって自分きっと伸びるでしょう。高校の先生の言葉で「自分の思い込みで失敗することは多い。でも、後悔するよりも先に進みたい。」確かにその通りだ。もちろん、僕も失敗したくない。誰がしたい?だけど、失敗っていうのは人生につきものだよね。これから失敗する可能性もあるかも知れない。それは仕方ない。ただ、どんなことが来ても戦う用意は忘れないようにね。

Mysterious (不思議) 

2005年12月03日(土) 13時42分


English:

Love is such a mystery. And because of its mysterious ways, makes it so interesting. Love can make your life complete, but in the contrary, it can possibly ruin our lives. I think that’s the interesting part of love. Sharing happiness with the person we love is the best time of our lives. We want to hold on to that forever. But then, being fooled and losing the person we love is so miserable. We feel like don’t wanna live anymore. Based on our personality, we make a decision for tomorrow. Should I love again or should I stop falling in love? Well, I prefer to fall in love again! Coz in my opinion, if I choose not to fall in love again, I will not be able to see the interesting part of love. I believe love is there for us to be broken-hearted. So we love, we break our heart, fall in love again and so on. I think that’s the path that we have to walk until we find our destiny. It’s such a mystery, but that’s just the way it goes. So, let’s keep on loving.


日本語:

恋愛って、本当に不思議。その不思議さで、恋愛っていうのは面白くなるよね。恋愛って自分の人生を充実させることができるけど、逆に、自分の人生を破壊する可能性もあるよね。それは恋愛の面白さだと僕は思う。愛している人と一緒に過ごした幸せな日々は人生最高だ!一生そのまま生きて行きたい。しかし、騙されて、その大好きな人を失ったら、惨めな人生だ!その時は、人生を終わりたい、もう生きたくない。それで、僕たちは個性によって行き先を決める。もう一度愛するか、もう恋愛なんて、二度としないか?僕だったら、もう一度恋に落ちたいな〜!何故かと言うと、もう二度と恋に落ちないって決めたら、恋愛の面白さが一生理解できないっていう意見を持ってるから。だってさ、恋愛っていうのは失恋する為にあるものだと僕は信じてるよ。だから、愛して、失恋して、また恋に落ちて。それを繰り返し、運命の人を見つかるまでの道じゃないかな〜って思う。本当に不思議なんだけど、それは、恋愛ってことだよね!だから、恋愛し続けようぜ!
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像CJ
» In fact, I'm fortunate (実は幸せだった) (2006年03月30日)
アイコン画像ayako
» In fact, I'm fortunate (実は幸せだった) (2006年03月24日)
アイコン画像さっちょん
» I'm back, Japan! (戻って来たぞ〜ニッポン!) (2006年02月07日)
アイコン画像アリス
» I'm back, Japan! (戻って来たぞ〜ニッポン!) (2006年01月30日)
アイコン画像アリス
» It’s not Easy (簡単じゃない) (2005年12月12日)
アイコン画像アリス
» Sushi (寿司) (2005年12月09日)
アイコン画像CJ
» Sushi (寿司) (2005年12月02日)
アイコン画像ck
» Sushi (寿司) (2005年12月02日)
アイコン画像O-muchan
» Common Sense (常識) (2005年11月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cj-cortes
読者になる
Yapme!一覧
読者になる