ふたご座流星群 

December 14 [Tue], 2004, 2:21


(´ー`*)。・:*:・ポワァァンただいまぁ
今日は「ふたご座流星群」 大阪でも良く見えます♪と
ニュースでやっていたので、早速お友達と一緒に
ドライヴがてら 山の上まで行ってきました

たまたま行ったところが、夕日がとてもきれいに見える
場所らしく、そして同じく星を見に来ている方が
すでに沢山いました

前回見たのが 数年前のしし座流星群
朝の2時ごろから5時までw次の日仕事だと言うのに
頑張って見に行って、なんとかみれて
大喜びした経験があります。

だけど・・・
今日の流星群は、何もしなくても 普通に流れ星
キラキラ流れていくのが見えました

...ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

もぅ流れるたびに キャーキャーうるさいのなんの(´▽`*)アハハ
星空だけでも十分に綺麗だったけど
流れ星 あんな簡単に それも車の中からでも
沢山見れましたよ;.+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+.

あーぁ(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
美しいものを見るだけで こんな幸せ気分になれるなんて
本当に幸せ

今からでも十分普通に流れ星見えるはず
良かったら空を見上げてみてくださぁいヽ(´ー`)ノ

帰りは久々に運転して帰ってきた
これまた楽しい夜でした

おまけカワイイタヌキさん3匹みました

おはようヽ(´∀`)/ 

November 22 [Mon], 2004, 18:14
今朝も元気だよぉ♪
テレビ観ながら
未だベットの中♪
ヌクヌクで気持ちいい(^ー^)

あ、写真の黒いものは(笑)
爆睡中、甘えたの愛犬です♪
そして…アタシ、寝起きです(笑)
朝からお見苦しいものを…失礼しましたm(._.*)m


So in Vain 

October 18 [Mon], 2004, 1:25

So in Vain

独りでいる夜 想う君がいる
この部屋で 違う時間過ごしてた
君が残した 染みと嘘の跡
僕に残された 哀れな闇

憂鬱さとか 煩わしさ
"とりあえず"と 置いたり
"今だったら"と 悔やむのなら
傷つけても…

嘘つくこと教えてくれたのが
最後の優しさだったから
傷ついたフリ見せて 黙っていた
最後のズルさを僕は 今も 憶えてる

独りきりの夜 探すものがある
いつもこの部屋で 聴こえてた歌
君が残した ささやかな声
僕に残された 静かな闇

愛おしさと 大切さを
"あの時は"と 醒めたり
"もう一度"と 宥めるなら
傷ついても…

変わったのは自分だけ
そう思っていたけど 自分だけがまだ
そのままだと気づいた虚しさを
引きずる寂しさだけが 今も 残ってる

わざと不機嫌な態度許す君の
嘘に甘えた 臆病な僕の 寂しい束縛

嘘つくことが 君の残していった
最後の優しさだったなら
傷ついたフリ見せて 許していた
最後のズルさを僕は 今も 忘れない

傷ついたフリ見せて 逃げていた
偽りの涙の跡は 今も 残ってる

I feel like I miss you
Your song remains the same
I can't be without you

Jupiter 

October 17 [Sun], 2004, 1:21


Jupiter
Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を越えて 輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙の御胸に 抱かれて

私のこの両手で 何ができるの?
痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは
自分を信じてあげられないこと

愛を学ぶために 孤独があるなら
意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ
あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて
命のぬくもり 感じて

私たちは誰も ひとりじゃない
ありのままでずっと 愛されてる
望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために

花水木 

October 16 [Sat], 2004, 0:05


花水木

最後のデートも
同じ場所で 待ち合わせよう
花水木の通りの終り
線路沿いの空地でハザード出してるよ
何かを見つけた
子供のよに指をさして
こいのぼりのようだと言ってた
ペインターをぼくは選んではいた

5月でまた1つ年をとり
大人になった気分でいたけど
愛してる人に愛してることを
伝えきれないようじゃ
まだまだだめかもしれない

君の幸せを
はかれるものがもしあったなら
世界中のどこでも
僕はまだきっと探しに行く

2人でどこかへ
行くことに慣れてきても
すぐに車に乗りこまないで
運転席の僕を確かめにきていた
気がつけば今も
窓をあけてずっと待ってる
しばらくはまだ君がのこした
小さなくせで思いだすかも

うれしそうに笑う君の顔が
いつでも僕の自慢だったけど
さよなら言うことに迷いつづけて
つかれてるのに笑ってくれた
君は僕の誇り

最後のデートも
同じ場所で 待ち合わせよう
新しい地図を君にあげるよ
今日が最後のナビゲイター

花水木の通りの終り
線路沿いの空地でハザード出してるよ

甘えんぼ 

October 15 [Fri], 2004, 0:07


甘えんぼ

季節の変わり目がきて 少し 肌寒くなって
ぶかぶかの あなたのシャツ着て
ケンカするたび 1人で大丈夫と
強がるあたしは なんだか かわいそう

どんな上着よりも あなたが 1番あったかいよ

ずっと探してた おっきくて安らげる
愛に包まれてる あなたの腕の中
もっと強く抱きしめて もう離さないで
素直じゃないあたしは どうしようもなく
今 甘えんぼ

いつもそばにいれるわけじゃないから
会えた時は ほお 赤らめる
ドキッとする あなたのしぐさに なんだか
舞い上がってしまう... ずるいよ。

幸せだなぁってこと 忘れないよ、 忘れない

ずっと憧れてた かわいくなりたくて
あなたの前でもっと かわいいあたしになりたい
不器用だけど あたしがしたかったコト
ぎゅっとしがみついて
あたし あなたに甘えんぼ

Forever Friends 

October 14 [Thu], 2004, 0:01


どんなに長く ごぶさたをしてても
電話ひとつかけるだけ 学生に戻れる
懐かしい場所で 待ち合わせをしたら
思いきりはしゃぎながら ドライブに出かけよう
それぞれに抱えてる悩み 打ち明けなくたって
瞳を見ればすぐにわかる 恋のゆくえぐらいは
だって 彼よりもっと心許している
そんな仲間 永遠の友達 いつまでも友達

気まぐれだけで 生きていた頃には
同じ人好きになって 泣いた日もあるけど
落ち込んだ時に 誰よりもやさしく
励ましてくれるみんな 変わらないでそのまま
仕事がまだ楽しいうちは 独り身の気軽さを
守りとおす約束をして 夜明けまで語り合った
だって 彼よりうんと弱味つかまれてる
女同士 永遠の友達 いつまでも友達 永遠の友達

張り合う気持ちもちょっぴりは 大切にしたいねと
ウィンクでさよならしたあと 別々の道を歩く
だって 彼よりずっと古いつき合いなの
そんな仲間 永遠の友達 いつまでも友達
永遠の友達 いつまでも友達

I get help from my friends
Try to help from my friends

Brotherhood 

October 13 [Wed], 2004, 23:54


朝帰りで疲れ果てた体を 床に投げ出して

今日あった最悪なNEWS ハッピーなNEWS
思い浮かべていけば また目がさえて眠れない

BROTHER 生きていくだけだよ
ためらうことなど何もないよ 今更
どうか教えてほしいんだ
苦しい時は苦しいって言ってくれていいんだよ
baby, We'll be alright We'll be alright

うまくいってるかい なかなか大変だよな 全く
こっちだって毎日クタクタになってる

たまにはしょーもないハナシで盛り上がろう
言いたいこと言えるから いつも最後は笑顔で別れられる

BROTHER 生きていくだけだよ
ためらうことなど何もないよ 今更
同じ道をゆくわけじゃない
それぞれの前にそれぞれの道しかないんだ
baby, We'll be alright We'll be alright
We'll be alright

どこかであいつがベソかいて
どこかでおまえがブッ倒れて
どこかでボクがヤケになってる
味方がいないと叫んでいる
みんな生まれも育ちも違ってるし
ベッタリくっつくのは好きじゃない
いざという時手をさしのべられるかどうかなんだ
だからなんとかここまでやってこれたんだ
You know what I mean

BROTHER 生きていくだけだよ
ためらうことなど何もないよ 今更
走れなきゃ 歩けばいいんだよ
道は違っても ひとりきりじゃないんだ
baby, We'll be alright....

くるみ 

October 12 [Tue], 2004, 23:50


ねぇ くるみ
この街の景色は君の目にどう映るの?
今の僕はどう見えるの?


ねぇ くるみ
誰かの優しさも皮肉に聞こえてしまうんだそんな時はどうしたらいい?

良かった事だけ思い出して
やけに年老いた気持ちになる
とはいえ暮らしの中で
今 動き出そうとしている
歯車のひとつにならなくてはなぁ
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみるんだよ

ねぇ くるみ
時間が何もかも洗い連れ去ってくれれば
生きる事は実に容易い

ねぇ くるみ
あれからは一度も涙は流してないよ
でも 本気で笑う事も少ない

どこかで掛け違えてきて
気が付けば一つ余ったボタン
同じようにして誰かが 持て余したボタンホールに
出会う事で意味が出来たならいい
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
十字路に出くわすたび
迷いもするだろうけど

今以上をいつも欲しがるくせに
変わらない愛を求め歌う
そうして歯車は回る
この必要以上の負担に
ギシギシ鈍い音をたてながら
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみよう
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
引き返しちゃいけないよね
進もう 君のいない道の上へ

ハピネス 

October 11 [Mon], 2004, 23:46


もっと きみにあえたら いいのになあ
ずっと その手に触れたい

だれもが 時間に追われて こわれて
だれかを 愛するひまもない

そばにいてほしい あともう少し 
君だけが僕を癒してくれる
迷いのないスマイル よどみのないヴォイス 
そういうのがハピネス

いつも うまくやろうと すればするほど
ひとを 傷つけてるよ

君が流した涙の粒に はっきりうつる
荒れはてた 僕の心

まっすぐ見つめよう ちゃかすのもやめよう 
君だけが僕に勇気をくれる
大切なことを 易しい言葉で ささやいてくれる

そばにいてほしい あともう少し 
君だけが僕を癒してくれる
だれのためじゃない だけど歪んでない 
そんなフツーの力で

今日も日は暮れ 絶えぬ人の群れ 
ふらつきながら がんばっているよ
楽しい歌だけ 歌いながらね 歩いてゆこう

(シャラララ ハピネス)
(シャラララ ハピネス)
(君こそがハピネス)
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
http://yaplog.jp/ciro/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ciro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる