医療の進歩とインプラントの登場によって可能になったこと

May 27 [Mon], 2013, 14:52
医療技術の進歩は目覚しいものであると感じます。


それを感じるものの一つがインプラントです。


インプラントは人口の歯根を顎の骨に埋め込み、失われた歯を自然に近い状態へよみがえらせる治療法です。


医療技術が進歩したことによって、インプラント治療は歯科医療として定着してきました。


インプラント治療の特徴であり最大のメリットは、歯根の機能を再生できるという点です。


インプラント治療以外の歯科治療法と比較してみると、このメリットの重要性を知ることができます。



歯根が失われてしまった場合の治療法として、入れ歯やブリッジなどの歯科治療があります。


これらは歯根をよみがえらせる治療法ではないため、違和感や不快感が短所であります。


しかし、インプラントは歯根の機能を再生することができるため、歯の快適性をもよみがえらせることができるのです。


このように、歯根の機能を再生するというインプラントの技術が登場したことによって、噛みごたえといった感覚をも取り戻すことができるようになったのです。




一般社団法人 日本慢性期医療協会
http://jamcf.jp/
慢性期医療に関するサイト。各種学会等の情報はこちら。

日本医療福祉生活協同組合連合会
http://www.hew.coop/
この協会がどのような活動をしているかこのサイトを見れば分かります。