「旅するジーンズと16歳の夏」 〜一本のジーンズがもたらした4つの奇跡〜 

2005年10月23日(日) 13時05分
今月1日から公開中の映画です。
「チャーリーとチョコレート工場」の試写会に
行った時に前売りを買ったので、お友達と
15日に観に行ってきました。

この映画のことはそれまで知らなかったの
ですが、原作の「トラベリング・パンツ」のことは
知っていて本屋で見かけて気になって
いた本のうちの1つです。


生まれる前から一緒だった4人の少女たちと、体型も性格も違う4人に
なぜかぴったりな不思議な一本のジーンズのお話です

リーナ、カルメン、ブリジット、ティビーの4人は生まれる前から一緒。
しかし、そんな4人が16歳の夏に、初めて別々に過ごすことになる。
リーナは祖父母が暮らすギリシャへ。
カルメンは別れて暮らす父のもとへ。
ブリジットはサッカーの合宿のためにメキシコへ。
ティビーは地元のスーパーで働きながら、ドキュメンタリー映画を撮る。
出発前日に古着屋で出会った不思議なジーンズを、4人は順番にはくことに
決める。1週間ごとにはき、はいているうちに起こった出来事を書き留めて、
次の人にまわすという決まりをつくり、4人はそれぞれの夏へと旅立つ…。

という感じです。
予想以上にストーリーに引き込まれ、面白かったです
原作をやっぱり読みたいと思いました。
友達っていいな、と思える作品です。最初は、うまくいかないこともあるんだけど、
それぞれの成長が描かれていて、観た後には感動、観て良かったなという
気持ちになりました。
4人それぞれストーリーが違って、4つのストーリーがあるわけですが、
どのストーリーも良かったです。1つでも映画1作品作れちゃいそう
特に、ティビーのストーリーは感動しました。
カルメンのストーリーは、自分の容姿に対してや父に対して等、どこか
「みんな誰かの愛しい人」を彷彿させるものでした。

「JSA」 〜朝鮮半島の南北問題を描いた話題作〜 

2005年10月22日(土) 19時10分
B00006F1VGJSA
ソン・ガンホ パク・サンヨン パク・チャヌク
アミューズソフトエンタテインメント 2004-09-10

by G-Tools
韓国映画好きの両親に薦められて観ました。
また、この映画に出ているイ・ヨンエ主演で、この映画を手がけた
パク・チャヌク監督の作品「親切なクムジャさん」がもうすぐ公開されますが、
その映画が面白そうなので、興味を持ち、「JSA」も観ることにしました。
「JSA」もかなり話題になっていたように思いますが、観逃していました…

イ・ヨンエ演じるスイス軍女性将校ソフィア。
彼女は、朝鮮半島を南北に隔てる共同警備区域=JSAの北朝鮮側歩哨所内で
起きた殺人事件の捜査を担当することになった。この事件は、韓国側に
よるものだった。北と南の意見を聞いていくが、双方の意見は異なり…
やがて悲しい真実が明らかになる…。

韓国の映画はあまり観たことがないのですが、この映画は本当に素晴らしく、
これを機会に韓国映画をいろいろ観てみたいなぁと思いました。
今、韓流ブームだとか言われていますが、そういうブームを越えて、
本当に質の高い映画だと思います。この映画には、日本でも人気の
イ・ビョンホンも出演していますが、ファンならずとも必見の映画と言えるでしょう

「下妻物語」 〜ヤンキーちゃんとロリータちゃん〜 

2005年10月22日(土) 18時12分
B0001M3XHO下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉
深田恭子 嶽本野ばら 中島哲也
東宝 2004-11-26

by G-Tools
映画館にも観に行った作品です。
観に行った理由は、実は結構昔から深キョンが好きだからっていうのと、
ロリータが好きだからっていうのと、原作の小説を読んだら面白かったから、
といったところです。

舞台は茨城県下妻。深キョン演じるロリータの桃子とアンナちゃん演じる
ヤンキーのイチゴという、ファッションも考え方も全てが対照的な2人が
友情を育んでいくという物語です。

見どころは、やはり深キョンが可愛い…
というのは、すごく個人的な意見なのですが…
それだけではありません。この映画は撮り方がすごく独特で、魅力的だと
思います。文字が入るとか、アニメが入るとか。飽きさせません。
新しいタイプの日本の映画が誕生した、と言ってもいいくらいの出来なのでは
また、登場人物は全て個性的です。出演者も豪華配役はぴったりだと
思います。脇役の人たちにも味があります。
ちなみに私はジャスコのシーンがなにげにツボで気に入っています(笑)
また、小学生の桃子を演じた福田麻由子ちゃんの冷めた感じも好きです

映画を観る前に原作を読んだことがあったのですが、小説の良さを損なうことなく、
映画化することに成功したと思います。むしろ、映像にしたことで更に面白みが
増した気がします。

「ネバーランド」 〜ピーター・パン誕生秘話〜 

2005年10月22日(土) 16時49分
B00067HCY4ネバーランド
ジョニー・デップ マーク・フォースター ケイト・ウィンスレット
アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-03

by G-Tools
なぜ、アマゾンで表示される画像がジャケ写ではないのか不思議に思いつつ、
感想を書きます。初めてだなぁ。でも、この写真良いし、OKですね

ジョニー・デップ好きな私ですが、この映画を観たのは、彼が主演だからとか
そういう理由からではなく、私は実はピーター・パン好き
だから、ストーリーがとても気になるものだったのです。
もちろん、ジョニー・デップが出ているからというのも観たかった理由の一つでは
ありますが…(笑)

この作品は、ピーター・パンの誕生にまつわる秘話を描いていて、ジョニー・デップ
は生みの親である劇作家ジェームズ・バリを演じています。
今まで、ピーター・パンの映画はディズニーのアニメとか数年前の実写版で
観たことがありますが、こういうふうに生みの親のことを描いた作品を観たのは
初めてでした。ちなみに、共演はケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマンなど。

ピーター役のフレディ・ハイモアがとっても可愛くて良かったと思います
彼との再共演を熱望していたジョニーが、現在公開中の「チャーリーと
チョコレート工場」
のチャーリー役にと、ティム・バートン監督に彼を推薦したと
いうのも納得です顔が可愛いだけではなく、演技も大変素晴らしいです

「何がなんでも首ッたけ」 〜BB主演の60年代ラブコメディ〜 

2005年10月16日(日) 14時58分
B00007B93J何がなんでも首ッたけ
ブリジット・バルドー ミシェル・シュボル ロジェ・ヴァディム
ジェネオン エンタテインメント 2002-12-21

by G-Tools
BBことブリジット・バルドー主演のラブコメディです。

恋人の写真家が富豪のアメリカ娘と浮気していることを知ったモデル(BB)は、
彼を嫉妬させるために医学生と芝居を打つ。

1961年の映画なのですが、古さは気になりませんでした。
ストーリーも面白いし、それに何よりBBが可愛いさすがです。
全く飽きることなく観れました。
ジャケットがこれまたオシャレなのに、アマゾンでは表示されず、残念です

BBの作品は観たいって前々から思っていたのに、近くの某レンタルショップでは、
見つけられず…。でも偶然見つけることができました。他の作品もちゃんと
探してみようと思います。

「ターミナル」 〜空港から出られなくなった男〜 

2005年10月16日(日) 14時32分
B0002U8NPMターミナル DTSスペシャル・エディション
トム・ハンクス スティーブン・スピルバーグ キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
角川エンタテインメント 2005-04-28

by G-Tools
以前、CMで観て興味を持った作品です。
空港が舞台になっていて、人々の心の交流を描いた作品ということで
観たいなぁと思いました

トム・ハンクス演じる主人公ビクターは、ニューヨークを訪れるが、その途端、
母国では革命が起こる。無国籍になった彼はアメリカへの入国許可が下りず、
かといって帰ることもできず、行き場をなくし、空港で過ごすことになる…。

驚いたことに、舞台となった空港は全てセットだそうです。
まるで本物のようハリウッドだなぁ〜と思います。

ストーリーに関しては感動。トム・ハンクスの演技が良いです
ろくに英語も話せず、しどろもどろしている感じを見事に演じていたように
思います。

また、ビクターが空港で出会う様々な人たちはとても味があります。
次第にビクターと彼らとの間に芽生えていくものを感じることができ、
感動しました。ハリウッド映画にしては地味なのかもしれないですが、
良い作品だなと思います。心が温まります。

「パリ空港の人々」も観たいです。
トム・ハンクスに関しては、「ポーラー・エクスプレス」をまだ観ていないので、
観たいなぁと思っています。それから「ダ・ヴィンチ・コード」が楽しみです

「パスポート to パリ」〜パリを舞台にオルセン姉妹が繰り広げるラブコメディ〜 

2005年10月16日(日) 13時43分
B0006NKDL2パスポート to パリ
メアリー=ケイトアンドアシュレー アラン・メッター メアリー=ケイト・オルセン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-01-21

by G-Tools
オルセン姉妹そして舞台がパリということで借りてきました。
2人は13歳、男の子に夢中なお年頃。小さすぎる世界で育つことを心配した
母が、パリにいる祖父を訪ねさせます。フランス人の男の子たちとの恋あり
また2人が周囲の人間に影響を与えていく、そんなストーリーです。
オルセン姉妹にとって初のキスシーンもあります

ストーリーは気軽に楽しめるような軽いラブコメディです。
パリが舞台というのと、やはりオルセン姉妹がキュートだという点で楽しめました。
あどけなくて、とっても可愛いです。
アメリカから見たフランスを映し出しているという点では興味深いかもしれません。

オルセン姉妹が好きな人なら楽しめる作品でしょう。

ニューヨーク・ミニット←オルセン姉妹に興味がある方はこちらも

「ゴスフォード・パーク」 〜英国貴族社会の裏側〜 

2005年10月12日(水) 22時32分
B0006HBMCWゴスフォード・パーク
マギー・スミス ロバート・アルトマン マイケル・ガンボン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-01-01

by G-Tools
「ルパン」でカリオストロ伯爵夫人を演じたクリスティン・スコット・トーマスが
気になって借りてきました

パーティーに集まった貴族たち。そして、彼らのメイドや従者たち。
大勢が集まったその家で、突然、殺人事件が起こる…。

私が借りたDVDがたまたまおかしいものだったのかもしれませんが、
最初のほうは字幕が遅かったり早かったりして、大変観づらく、それが
気になって、ストーリーに入り込めませんでした
また、登場人物が多く、全ての人をなかなか把握できず、やっと
わかってきた時に事件が発生、という感じ。ごちゃごちゃしていて、
1回観ただけじゃよくわからない映画かもしれません。

とは言え、貴族社会について知らなかったこともいろいろとわかって、
そういう点では興味深い作品でした

クリスティン・スコット・トーマスは、「ルパン」とは違った印象。
やっぱりきれいな人です
また、他の出演者もとても豪華です。
「ハリー・ポッター」でお馴染みのマギー・スミス。
「スリーピー・ホロウ」のマイケル・ガンボン。
「カレンダー・ガールズ」のヘレン・ミレン。など。

もう一度観てみたいと思います。

まとめ作業 

2005年10月12日(水) 2時34分
俳優別の記事を書いてみたり…

してみたのですが、そんなことをできるほど、記事が多くないことに
気付きました

昔観た映画の感想も時間があればどんどん載せていきたいと思います。
とりあえず寝て…今日中には何本か感想をアップしたいと思います。

ロマン・デュリス関連記事 

2005年10月12日(水) 2時24分
ロマン・デュリス私が最も好きなフランスの俳優さんです

【感想】
猫が行方不明
パリの確率
ルパン関連記事

【その他】
ロマンとの出会い
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cinephile
読者になる
Yapme!一覧
読者になる