レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

April 10 [Fri], 2009, 16:17
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆

公開日:2009年4月10日
配給:東宝東和,エイベックス・エンタテインメント
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン,金城武,チャン・フォンイー

鑑賞日:2009年4月10日
MOVIX三郷 シアター11(座席数518)

【ストーリー】
ついに歴史的な大戦“赤壁の戦い”の火蓋が切って落とされるが、兵士や村民が疫病に襲われているのを目の当たりにした劉備は戦意を喪失。連合軍の絆は綻び結束は揺らぐが、それでも連合軍の司令官・周瑜は戦いをあきらめず、軍師の孔明も劉備の復帰を信じて打倒曹操の秘策を練る。そして、男たちの陰で、連合軍の窮地を救おうと女たちも立ち上がる。孫権の妹・尚香は男装して曹操軍に潜入し、周瑜の妻・小喬は自らの危険をかえりみず、ある行動に出る。それぞれの未来は、赤壁で決まろうとしていた……。

【レビュー】
本日の鑑賞は、昨年11月のPart I公開から約半年。待望の続編にして完結編「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」です。歴史的な大ヒットを記録した前作Part Iも面白かったんですが、今回は何と言ってもメインとなる赤壁の戦いが描かれる完結編ですから「DRAGONBALL EVOLUTION」同様、有給休暇を取って公開初日に鑑賞です。前回のレビューでも書いたんですが、中国はおろか日本の歴史にも疎いデポは、三国志について全くと言っていい程知識がないのでどんな結末が待っているのか本当に楽しみです。

予告編が終わり、タイトルが映し出されると何故か日本語での解説が…。劇場のスタッフが間違えて“日本語吹替版”を上映してるんじゃないかと思い「スタッフ〜、スタッフ〜」と狩野英孝さんのように叫ぶのはお止め下さい。この書き出しも前作Part Iと全く一緒なんですが、今回もオープニングに日本語による解説(前説)が入っているので、万が一にも前作を観ていないという人が鑑賞しても理解出来るようになっています。でも、本当は前作を観てからの鑑賞が理想的なのでまだ観ていない人は、12日のテレビ朝日系日曜洋画劇場「レッドクリフ Part I」でチェックして下さい。尚、こんなこと書いてますが、別にデポはテレ朝の回し者でもなければ裏金も貰っていません。

冗談はこの辺にして、今回の「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」、前作以上に壮大なスケールと圧倒的な迫力になっています。メインとなるのはやはり“赤壁の戦い”なんですが、その最終決戦の幕開けとなる曹操軍2,000隻への連合軍の火を使っての突撃が凄いんです。船の先端に火を放ち、そのままの状態で敵の戦艦に突進、衝撃と共に燃え移った火は追い風に乗って次々と2,000隻の船へと燃え広がっていく。このシーンは本当に凄いですよ。圧倒的に優位だった曹操の軍勢があっという間に炎に包まれていき、奇跡が起こる瞬間ですからね。更に上陸してからの曹操陣営内での戦いでは、中村獅童さん演じる甘興が城壁からの攻撃に苦戦する自軍の突破口を開くため、自らの命を犠牲にして城壁を破るという壮絶な死に様を見せてくれます。そう、ちょっとネタバレになってしまうんですが、今回の「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」で中村獅童さん演じる甘興は数少ないメインキャスト勢での犠牲者のひとりとなってしまうのです。天才軍師孔明の戦略と優秀な指揮官周瑜の武勇、そして、多くの仲間たちの犠牲によってむかえる曹操軍と連合軍の頂上決戦の行方は是非とも大スクリーンにご覧になって下さい。

ただ、ちょっと物足りなかったのが劉備軍の3武将、趙雲、関羽、張飛の活躍するシーンが前作に比べて極端に減ってしまっていることです。正直デポはこの3人のワイヤーアクションを駆使した戦闘シーンを期待して公開初日に劇場へと足を運んだんですが、双方が総力を挙げての戦闘になっているだけに派手な爆破や陣形を組んでの団体戦、入り乱れた乱闘のような戦いが多く3武将が前作のように大活躍をするシーンがほとんどないんです。特にデポのお気に入りだった張飛なんか、ほとんど戦闘シーンでも役に立ってないし、矢を何本も喰らって逃げ出しちゃうしといいとこなし。これには本当がっかりです。逆に大活躍だったのが女性陣。戦の原因とも言われている絶世の美女小喬は、単身曹操軍に乗り込み丞相曹操の注意を引くことで連合軍の奇襲に貢献しましたし、孫権の妹尚香は男装して敵軍に潜入しスパイ活動を行うと共に敵兵と友情を育むというか、恋に落ちちゃうという活躍ぶり(なのか?)。戦乱の世に戦っているのは何も男たちばかりではない。そんな、メッセージもこの「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」には込められているようですね。

また、今回の作品では曹操に対するイメージもちょっと変わりましたね。これまで彼に対するイメージは、皇帝を脅して大軍を率いたり、横恋慕で侵略を始めたりとあまり良いイメージがなかったのですが(今作でも味方の兵が疫病で死んだ死体を敵陣に船で流して感染させるという極悪非道な戦法を使ってます)、Part IIの中で曹操は、疫病に倒れた兵士に自ら食事を与えたり、自分の病気がちな息子の話をして兵士を励ましたりと人間味溢れる一面を覗かせています。戦いに関しては冷酷な面もある曹操ですが、それだけで80万もの兵を束ねることは出来ない。その証拠に連合軍の総攻撃により窮地に追い込まれた曹操軍ですが、逃げ出していく兵の姿はひとりも描かれておらず、皆曹操のために最後まで戦っています。曹操には曹操の魅力があり、人徳があり義がある。この映画ではそんな印象も強く受けました。出会いが変われば、孔明や3武将も曹操に惹きつけられたかも知れませんね。

さて、今回で完結となった「レッドクリフ」ですが、今後の楽しみといえばやっぱりDVDそしてBlu-rayでの発売なんですが、Part Iの時にはBlu-rayに特典ディスクなどが付かずがっかりした人も多かったと思います。そこで、Part IIが発売される時にはPart IとのセットによるBOX化と特典豊富なBlu-rayを是非とも希望させていただきたい。これはきっと全国の「「レッドクリフ」ファンの声なんじゃないでしょうかね。エイベックスさん、本当お願いしますよ。

「レッドクリフ Part I」のレビューはこちら

「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 Blu-ray


「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 DVD


「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 Books


「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 Music
  • URL:http://yaplog.jp/cinemadepot/archive/820
Trackback
Trackback URL


監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン

評価:86点

とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。
前作の最後で、今回はスケールのどでかい戦いが繰り広げられることはわかってはいた....
デコ親父はいつも減量中  September 13 [Sun], 2009, 0:31


監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン

評価:86点

とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。
前作の最後で、今回はスケールのどでかい戦いが繰り広げられることはわかってはいた....
デコ親父はいつも減量中  September 13 [Sun], 2009, 0:31
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々エイベックスが仕掛けたこの作品。 業界のルールを無視し、レンタルにおいても、TVにおいても従来の殻を破ってしまった。 とある大手居酒屋チェーンのメニューにまで仕掛けていたのはほんとビックリ(笑) しかしながら、それはこの Part?があってこそで、Part Iはそれこそほんの序章に過ぎなかったと言っていいぐらい、実に興味深く面白かった タイトルにもある“レッド・クリフ”、Part Iのラストで本来の赤壁の戦い、しかも本番の戦いに備え、その前哨戦というか、弓回収大作戦を予測させていたが、そこには孔明(金城武)の素晴らしい奇策ながら、正当な戦いにおける準備が繰り広げられていた。 孫権軍と劉備軍との連合軍が曹操の大軍に立ち...
京の昼寝?♪  May 22 [Fri], 2009, 12:17




 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−を観てきました。
よしなしごと  May 05 [Tue], 2009, 3:18
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり)映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道  April 27 [Mon], 2009, 17:29
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。




映画、音楽、Blu-rayの最新情報ならHYPER DEPOT

最新コメント
アイコン画像Toko Tas Branded Kw Murah Surabaya
» プライミーバル 恐竜復活 (2013年11月06日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年12月25日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年08月13日)
アイコン画像大島優子
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年07月23日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第8話「それぞれの答え」 (2011年06月08日)
アイコン画像まき
» プライミーバル 恐竜復活 (2010年08月05日)
アイコン画像スワロフスキー大好き
» 蛯原友里、押切もえ (2009年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/cinemadepot/index1_0.rdf
Pagerank/ページランク
ヤプログ!PR




2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新作発売情報



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販

DMM.com CD&DVDレンタル