デスノート the Last name

November 03 [Fri], 2006, 23:47
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆

公開日:2006年11月3日
配給:ワーナー・ブラザース
監督:金子修介
出演:藤原竜也,松山ケンイチ,戸田恵梨香

鑑賞日:2006年11月3日
MOVIX三郷 シアター11(座席数518)

【ストーリー】
死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。人々の間でささやかれ始めた救世主「キラ」の存在。一方、一連の「キラ事件」を解明するためにICPO(インターポール)が送りこんできたもうひとりの天才、通称L。神がかり的な推理力でキラの正体に迫ろうとするLに対し、知略を尽くして捜査網から逃れようとする月。そして、2冊目のノートが舞い降りる…。

【レビュー】
前編の公開から5ヶ月、待ちに待った後編「デスノート the Last name」がいよいよ公開となりました。勿論、試写会に当たらなかったデポは公開初日の初回上映にて鑑賞したんですが、今日のMOVIX三郷は本当に込んでました。本日公開の作品が多かったのと祝日だからということもあるんでしょうが、座席数が518席あるシアターで満席になるなんていうことはMOVIX三郷では滅多にないことなので“デスノート現象”は本物なんでしょう。そして、もうひとつ驚いたのは小学生らしき子供たちが異常に多かったことです。いわゆる“子供向け”の作品ではないこの「デスノート the Last name」にこんなに多くのお子ちゃまファンがいるなんて週刊少年ジャンプ復権もそう遠くないかも…。

前編では夜神月の精神力と覚悟の大きさがポイントといったデポですが、この後編「デスノート the Last name」では月のライバルであるLの覚悟の大きさと緻密な戦略、そして意外な一面がポイントです。前編でも月=キラと熾烈な頭脳合戦を展開したLですが、完結編となる今作では新たな“デスノート”を手にした第2のキラ=死神の目を持つ弥海砂や第3のキラの登場により前作以上の頭脳合戦が展開されます。常に顔を合わせながらお互いの腹の中を探り合い、どこまでが本音でどこからがフェイクなのかが読めない展開は観るものをグイグイ引き込んでいきます。そして、自らの理想の世界創造のために恋人をも犠牲にした月の覚悟の大きさ、クールさに対してLが見せる覚悟の大きさとクールさ、そしてキラ事件に対する執念は月のそれをも凌ぐものとなっています。一方で、そんなLが時折見せるユニークなキャラクターも今回のポイントです。えっ!!あのLがこんなことを…というシーンが何度か出てきますのでちょっと可愛いLの姿にも注目してください。

対する夜神月はと言いますとこちらはもう完全にイッちゃってますね。前編でも犯罪者以外の人間を殺し始め目的達成のためなら手段を選ばない冷徹振りを披露していたんですが、今回はこれに拍車が掛かりありとあらゆるものを利用してLとの頭脳戦、そして、理想の世界の創造に挑んでいきます。ここでのポイントはズバリ“デスノートのルール”。オープニングにも解説が登場しますが、月はこのデスノートのルールを巧みに利用して自らに掛けられたキラの疑いをすり抜けていきます。そして、月はある理由から彼を神のように崇拝し愛してしまう第2のキラ弥海砂をも自分の手駒として利用、さらにはリュークやレムといった死神たちをも利用していきます。いゃ〜、前編でも月の精神力とクールさ、相手の先をいく緻密な戦略には感心させられましたが、今回はもう何かに憑かれちゃってますね。リュークじゃないけど「死神以上に死神らしい」という褒め言葉を彼には贈りたいですね。

夜神月とLの駆け引きは本当に最後の最後まで目が離せませんでしたね。互いに天才的な頭脳の持ち主だけに張り巡らせた罠にどちらがはまっているのか?どちらが罠をしかけているのか?観ているこちらも判らなくなるぐらいで一瞬たりとも気が抜けない。特にキラが“どうやって人を殺していたのか”という謎をLが理解してからのデスノートをも交えたふたりの天才の駆け引きは、何かひとつの不確定要素が変わっただけでも違う結果が出たであろうギリギリの凌ぎ合いでしたね。ふたりの天才対決の結末と映画のサブタイトルにもなっている“the Last name”、最後にデスノートに名前を書かれるのは誰なのか?は是非とも皆さんにも劇場で確認していただきたいですね。

最後に、現在の警察制度と法律に限界を感じ、“デスノート”によって犯罪者を粛清、犯罪のない理想的な世界を創りあげようとした夜神月は善だったのでしょうか?悪だったのでしょうか?映画の中でキラの粛清によって犯罪率は7割も低下したと言っています。これは現実的な数字ではないのかも知れませんが、もし、本当に犯罪を70%もなくすことが出来たならばあなたはキラの行う“犯罪者たちへの粛清”を悪だと言い切ることが出来ますか?月の父夜神総一郎は「確かに現在の法律は完璧ではないが、人類が進歩する中で築き上げた英知の結集である。法律が完璧でないのは人間が完璧でないからだ」と言っていますが、そもそも完璧でない人間が完璧でない法律を使って人を裁くことなどできるのか?そして、この完璧でない法律がデスノートがわすが数ヶ月で達成した成果と同じ成果を挙げるためには何年の月日が掛かり、何人の犠牲者が必要なのか?こんなことも考えてみたりするデポだったりもします。

余談ですが、この「デスノート」は海外での評判もすこぶる高く既に数10社からのリメイクのオファーが来ているらしいです。近い将来、ハリウッド版の「デスノート」が観られるなんてことがあるかも知れませんね。また、パンフレットには幾つかの気になる記述もあり、もしかすると更なる続編やスピンオフが出来るかも……。

「デスノート 前編」のレビューはこちらです

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香

バップ 2007-03-14
売り上げランキング : 1337
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DEATH NOTE デスノート the Last name
DEATH NOTE デスノート the Last name藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香

バップ 2007-03-14
売り上げランキング : 15049
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DEATH NOTE dead or alive ~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~
DEATH NOTE dead or alive ~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香

バップ 2006-11-22
売り上げランキング : 10368
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • URL:http://yaplog.jp/cinemadepot/archive/578
Trackback
Trackback URL
▼状況
ライブラリより拝借
▼動機
前編を見たら続けて後編が見たくなった
▼感想
この緊迫感!
▼満足度
★★★★★★☆ いいかも

▼あらすじ
死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。恋人が死んだ事件をきっかけに、キラ事件の捜査本部に入り込んだ彼は、キラ事件を解明するためにインターポールが送り込んできた天才青年L(松山ケンイチ)と壮絶な頭脳戦を繰り広げることになる。
▼コメント
前編だけを見て「L change the WorLd」を見ようと思っていたのだが、前編が意外なほど面白かったのでついつい後...
新!やさぐれ日記  May 29 [Fri], 2009, 23:46
天才VS天才の心理戦、140分と長めの映画ですが最後までスリルがありました。
映画を見終わった後に、原作本を全て読みました。前・後編に分けたとはいえ
原作のほうライトとLの心理状態が詳細に把握でき面白かったかな。
映画を先に見て正解でした。
気ままな映画生活  June 03 [Sun], 2007, 21:30
前編
が面白かったので
周りからも早く観るようにと勧められていたのですが
やっとDVDで観ました。

キラ対策本部に加入することに成功した夜神月と
月をキラと疑うL。
2人の天才の壮絶な頭脳戦が始まる中
死神レムからデスノートを手に入れた弥海砂は、
相手...
映画、言いたい放題!  May 01 [Tue], 2007, 1:01
「DEATH NOTE the Last name」をレンタル。
映画なりの展開。なかなか良かったですぞ?。
「前編」「後編」公開は、だんじて反対。だったんすが、2時間で、これをまとめるには無理。結果的に、この形式で正解だったんかも。
漫画原作映画が、イマイチ続きの中、これは...








監督:金子修介
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、鹿賀丈史

評価:85点

公式サイト

(ネタバレあります)
今頃ではありますが、デスノ後編です。

Lの異様なメイクと不自然な立居振る舞い(異常な甘味摂取)と、突然...
デコ親父はいつも減量中  January 14 [Sun], 2007, 20:35
「DEATH NOTE the Last name」ついに完結です!さすがに映画館はかなり混みあっていました。後編はまさに天才VS天才、Lとキラの戦いが見れます。裏の裏をかく駆け引きの連続は、一見勝利したように見えてもそれがワナであったり…と、結局最後までどっちが勝つのかが分かり...
Tokyo Sea Side  December 23 [Sat], 2006, 9:29
原作:大場つぐみ 、小畑健 脚本:大石哲也 音楽:川井憲次 出演:藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、中村獅童 、池畑慎之介 、青山草太 、中村育二 、清水伸 、小松みゆき 、前田愛 、板尾創路 、満島ひかり 、五大路子 、津...
どうせ誰も見てませんからっ☆★  December 13 [Wed], 2006, 3:54
「プラダを着た悪魔」のあと、続いて「DEATH NOTE」(デス・ノート)も観てしまった。
なんだか、エルを演じる松山ケンイチが気になっている。あの独特の風貌。メイクでかなり変わるんだろうなと思うが、前編を見てから気になって仕方がない。
日本映画はコミックのリメ...
Nobody knows  November 30 [Thu], 2006, 23:48
DEAT NOTE デスノート the Last name
2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介
日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、、、オー...
猫姫じゃ  November 28 [Tue], 2006, 11:51
今日は『デスノート the Last name』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 話
しましまシネマライフ!  November 26 [Sun], 2006, 22:23
客入りがいいのか、ずっと混んでいたため敬遠していたのですが、やっと観てきました。
はらやんの映画徒然草  November 26 [Sun], 2006, 17:45
待ちに待ってた『デスノートthe Last name』、公開から1週間遅れで観てきました?\(^O^)/

松山ケンイチ演じるL(エル)は、今回も素晴らしかった!!
月(ライト)との頭脳戦を前回同様、飄々と繰り広げつつ、キュートさも更にアップで魅せてくれた(^-^)
特に、ひょ...
honu☆のつぶやき ?映画に恋して?  November 23 [Thu], 2006, 15:13
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






デスノート入荷しましたので



ご希望の方はコメント欄に



フルネームご記入お願いします。






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
好き好き大好き!  November 20 [Mon], 2006, 3:36
本日は絶賛公開中の『デスノート後編 the Last name』を観て来た。前作の『デスノート』が「まあまあ」の面白さだったので、大した期待もしてなかったんだけど・・・不覚ッ!想定外に面白いじゃないかッ!確かに、所々整合性に欠ける部分もあるし、演出的に突っ込みを入...
Γデスノート the Last name」★★★★オススメ/劇場にて
藤原竜也、松山ケンイチ主演
金子修介 監督、2006年

原作は相当面白いんだろうなと
映画の展開を見ながら思った。

デスノーとの規則がもっと頭に
入っていれば、よりスリルを感じることが
出来たようだ...
soramove  November 19 [Sun], 2006, 20:16







 死神がこの世に落としたデスノートをめぐる攻防戦は前後編に分けられて公開された。そのラストまでのパートを描いた作品である。

 殺人鬼キラとして、凶悪犯を殺害してきた夜神月(藤原竜也)は恋人が死んだ事をきっかけとして捜査本部に入り込む。
...
とにかく、映画好きなもので。  November 19 [Sun], 2006, 1:02
映画DEATH NOTEの後編「DEATH NOTE デスノート the Last name」を見て来ました(前編の感想はこちら)

好きな漫画、小説の映画化ってガッカリする事が多いんだけど(期待し過ぎたり、イメージがあまりにも違ってたり)
此処ではない何処か  November 18 [Sat], 2006, 21:15














映画「デスノート the Last name」見てきました。



前編は散々な出来だったのですが、この後編は邦画最高となる公開直後の動員を記録したそうです。

その数およそ100万人。

後編の上映前にテレビで前編を公開したのが成功したのでしょうか?

自分...
Not Diary But Blog !!  November 18 [Sat], 2006, 17:26
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!!

いや?予想通り、かなり面白かったですよ!

前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンですね。

...
Thanksgiving Day  November 18 [Sat], 2006, 1:51

  公式サイトへ↓


  最後に名前を書かれるのは誰だ?! 

DETE NOTE 後編感想は↓からどうぞ?♪




shaberiba  November 16 [Thu], 2006, 23:24
DEATH NOTE デスノート the Last name ジャパン・スペシャルプレビュー@国際フォーラムA

「僕が新世界の神だ」

■舞台挨拶
国際フォーラムに18時過ぎに到着。いつもの試写会よりも試写会慣れしてない人が多いカンジです。原作ファンのコスプレイヤーにミサミサ...
駒吉の日記  November 16 [Thu], 2006, 15:55
監督: 金子修介原作: 大場つぐみ、小畑健脚本: 大石哲也出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 etc...
type C  November 16 [Thu], 2006, 11:59
1900万部超の売り上げを誇る人気コミックを、藤原竜也主演で実写映画化したミステリー・ホラーの続編。片瀬那奈を初めとする新キャストを加え、原作とは違う結末を迎える
なんちゃかんちゃ  November 16 [Thu], 2006, 0:27
11/3から公開のデスノート the Last nameの舞台挨拶を見て来ました。(急遽、券を差し入れて頂いたのです。感謝!)登場したのは藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、金子修介監督の4名。私は舞台挨拶って初めて見たのですけど、劇場が思いの他小さかったせいか、アット...
ぴよ吉の日々  November 15 [Wed], 2006, 22:42
待ちに待った後編「DEATH NOTE デスノート the Last Name」
犬も歩けばBohにあたる!  November 15 [Wed], 2006, 17:04
とりあえず、ネタバレがイヤな人のために言っておく。
『DEATH NOTE the Last name』は本年度最高の商品である。
あなたの期待が裏切られることは恐らくないだろう。
憔悴報告  November 15 [Wed], 2006, 14:04
デスノート the Last nameを観てきました。とても面白かったです。原作とは違いますが、原作の第一部と第二部を凝縮して仕上げたというか、詳しく書くとこれから見る人に悪いので語りませんが、映画前編でちょっと物足りなく感じた人もきっと今回の後編は満足するのでは...
京ポンで今日もゆく?  November 15 [Wed], 2006, 7:46
今回のこの作品は、絶妙なテクニックで原作を切り張りしてあります。 実は、僕は今作品の予告編を観た頃から、ある程度のストーリーは予想していました。 四菱の話をアレンジして短くし、ニア編はなかった事にして物語の終わり方のみ原作をアレンジした形で取り込むのでは...
Day After Day  November 15 [Wed], 2006, 7:17
さて続きは・・・と・・・ デスノート the Last name を観てきました。

前編は7月1日に観ています。後編は11月に公開!
それまで待てない??!!と、弟にコミックを借りて全巻一気読み。
ものすごく面白かった。{/nezumi/}
ノートのルールは沢山あるし、天才たちの頭脳戦に付い...
To be continued.  November 14 [Tue], 2006, 23:21
後編早速観ましたよ。あれ?前編録画失敗って言ってなかったっけ?ってそーなんです、そのままテレビ放映の翌日映画館に行って前編観たのだ(笑)。なので新鮮な記憶のまま後編突入。


まず冒頭部分で、さらっとノートのルールのおさらいがあります。親切。前編観たけ...
LOVELY TELLY*TVな毎日  November 14 [Tue], 2006, 22:47
この映画で泣くとは思わなかった?ぁぁぁっ(笑)
sigh.  November 14 [Tue], 2006, 22:01
『デスノート 前編』は、言わばプロローグ。
死神が落としたデスノートとは何なのか。それを操る主人公でありキラでもある夜神月は、どんな人物なのか。
キラとして一切表に出ず、犯罪者達を粛清し続ける裏で、最後の切り札としてキラを探し出す名探偵・L。その動きを...
Diary of Cyber  November 14 [Tue], 2006, 21:51

2006年11月03日(金・祝)公開の映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を見ました。

原作コミックのグダグダな第二部を大胆にカットし(ニア、メロ、ヨツバグループ)、第一部と第二部のラストをうまく融合さ?
映画★特典付き前売り券情報局  November 14 [Tue], 2006, 21:42
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30?)で鑑賞。
今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。
そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。
ひらりん的映画ブログ  November 14 [Tue], 2006, 12:41
デスノート the Last name公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆
シネマ de ぽん!  November 14 [Tue], 2006, 10:15
「デス・ノート the last neme」を観てきました?♪

恋人、詩織の死により、夜神月(藤原竜也)は捜査のメンバーに加わる。捜査内部から、L(松山ケンイチ)の捜査を攪乱しようとする。そんな中、第2のキラと名乗る人物からのメッセージが届く・・・

人気Blog...
観たよ?ん?  November 14 [Tue], 2006, 7:14

                    おすすめ度:★★★★★
【STORY】
前編が終わってすぐ、月はキラ対策本部に加入する。
そして、月とL、2人の天才が対峙し壮絶な頭脳戦が始まった。
一方死神レムによりデ
日々エンタメざんまい!  November 13 [Mon], 2006, 23:37
夜神 月に扮する藤原竜也くんももちろん良いのですが、



愛のある死神レム(声=池畑慎之介さん)も気になる存在ではありましたが、




でも、
やはり、
私の『デスノート』の一番は彼です!
【L】になりきっ?
映画館で観ましょ♪  November 13 [Mon], 2006, 21:27
映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を観に行っ
いもロックフェスティバル  November 13 [Mon], 2006, 18:14
行ってきました~初日朝一番~ 瑠璃姫と一緒に見てきました。 この映画館では初めて見る満席の張り紙。。。すごい列が出来てました。 予約してて良かったわ~ いや~よかったよ~。 原作も知らないけど、最後まで誰が生き残るのか・・・ 帰ってからまだ見てな...
ちわわぱらだいす  November 13 [Mon], 2006, 14:59
 The last name is… 最後に名前を書かれるのは誰だ? そして、L甘味処(?/笑)の行く末は――!? ■あらすじ 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。 刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを...
Crescent Moon  November 13 [Mon], 2006, 11:04
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。
製作年:2006年
製作国:日本
監 督:生野慈朗
出演者:山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ
時 間:121分

[感想]
『泣ける映画』って紹介されると絶対泣くもんか!!っと思ってしまうあまのじゃくなワタシ。

この映画もそ...
ひるめし。  November 12 [Sun], 2006, 17:02
DEATH NOTE(後編)を観てきました。TVで前編をやってくれてよかった お陰で観に行けました。微妙にネタばれありです。
 
ライトとエルの息詰まる心理戦に、第2、第3のキラも絡んできて、もう凄く興奮した原作読んでないから先の展開が分からない分、面白かった...
落とし穴には気をつけろ!  November 12 [Sun], 2006, 15:18
大画面で観てきました。
<丸の内ピカデリー1>

監督:金子修介
原作:大場つぐみ 小畑健 (作画)
脚本:大石哲也
音楽:川井憲次
主題歌:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

このノートに名前を書かれた人間は、死ぬ。
映画デスノート完結編。

前編が...
お萌えば遠くに来たもんだ!  November 12 [Sun], 2006, 0:26
「デスノート後編」のスペシャルプレビューに行ってきたよ!
残念ながら、ライト役の藤原竜也は来てなかったけど、主要人物が勢揃い。
後には、機動隊のみなさんもずら〜り。
なんでもキラの襲撃にそなえているらしい(!)
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン  November 11 [Sat], 2006, 20:29
  もう少し空いてから見に行こうかと思っていたのですが、犬を散歩していたら小学生が「デスノートのあの砂になっちゃう死に神の子供名前なんだっけ?」って話をしていて、えっ?リュークやもう1人の死神の他に、子供の死神もいるの?えっ?!?!って思って、デスノー...
よしなしごと  November 11 [Sat], 2006, 16:55
いや~、これをネタバレしないで どうやって書けって言うんですかと。 あ~~~~しゃべりたいしゃべりたい。(笑) 前編のレビューの時にグッズにノートがないって話を 延々と書いたんですが、 今回のパンフレットってミサミサのノートをデザインしたもんに なってました...
ペパーミントの魔術師  November 11 [Sat], 2006, 13:15
●Lの成長と、父子の愛と、究極の愛・自己犠牲の物語●コンソメ味のポテトチップには意味が2つある。重要なのは2つめの意味。ヒントは甘〜いお菓子にアリ。変化したLの目的とは? 原作はいいのだろう。だが監督は単に「萌え」なシーンが撮りたかっただけと思われてもい...
わかりやすさとストーリー  November 10 [Fri], 2006, 11:42
 
本日見てまいりました。
 
「デスノート the Last name 」
 

 
――誰も知らない結末へ。――
 
原作ファン向けの宣伝文句でしたが、
コアなファンの方々にはどう映ったのでしょうね?
 
私は高いレベルで満足できました。
 
「前編の感想はこち...
しんのすけの イッツマイライフ  November 09 [Thu], 2006, 21:51

【監督】金子修介
【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さくら/中村獅童/池畑慎之介/藤村俊二/鹿賀丈史/他
【公開日】2006/11.3
【製作】日本

【ストーリー】
『そのノートに名前を書か
シネマをぶった斬りっ!!  November 09 [Thu], 2006, 19:26
すでに完結した原作コミックとは異なる、
衝撃の結末が用意された映画版の続編。
“死のノート”を操る天才殺人者・キラこと夜神月と、
圧倒的な推理力で彼を追いつめるL。
ついに対面した2人の天才の頭脳戦が始まる!

STORY:死神が地上に落とした“デスノート...
映画とはずがたり  November 09 [Thu], 2006, 19:24
満 足 度:★★★★★★★★ 
      (★×10=満点) 
監  督:金子修介
キャスト:藤原竜也
      松山ケンイチ
      戸田恵梨香
      片瀬那奈
      マギー
      上原さくら 、他

■ストーリー■

...
★試写会中毒★  November 09 [Thu], 2006, 14:40







『デスノート 後編』(2006年公開)*試写会





監督:
出演:藤原竜也 松山ケンイチ

映画「デスノート」公式HP
漫画デスノート公式HP

残念ながら、原作未読?。読みたい?。
でも先に『のだめ』を読み始めたので我慢・・・。

映画...
Cold in Summer  November 09 [Thu], 2006, 10:55


「キラは正義なんだ!わかってくれよ父さん!」

『デスノート 前編』を観て、是非『後編』もと待っていた映画でした。

先日はさっそくテレビで『前編』の放映もしちゃって、この映画に賭ける「日テレ」の気合の入り方がかなりのもと想像できました。
あのTV...
UkiUkiれいんぼーデイ  November 09 [Thu], 2006, 9:33
楽しみにしておりました。
他の映画も見たくなくなるほどに。
誰も知らない結末・・・・・。
いやぁー、面白かった!!
いやぁ〜、おもろかったです!!
前作の時は、実はチョット、、、と思っていた部分もあったのですが、今作品は私的には面白かったです♪

罠を仕掛けたり、仕掛けられたり、展開も速くて観ていて本当に飽きることなく2時間20分という長さも全く感じられませんでした...
☆ 163の映画の感想 ☆  November 09 [Thu], 2006, 0:55
月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)。犯罪のない世界を望むという点では一致しているはずなのに、犯罪者と探偵という立場で対決することになる。もちろん、決定的に異なるのは、犯罪を抑止する手段としてデスノートを使うこと?
Kinetic Vision  November 09 [Thu], 2006, 0:05

前編を観て、その後コミック全12巻を読破、こうなれば当然この「後編」は観ずにはいられない。
気になるのは、この後編を一体どこで終わらせるのか・・・どう考えてもやっぱりアソコ?怒涛の7巻目あたりか・・・時間的にもきっと奴らは出てこないだろうし。。。
ど...
future world  November 08 [Wed], 2006, 23:20
映画公開から3日間で観客動員数約97万5000人を突破したという「デスノート the Last name」を観てきました。

ライト(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の天才対決を充分堪能しました。
サクサク話は進むし、予想もできない展開で、素晴らしいストーリーでした...
まぁず、なにやってんだか  November 08 [Wed], 2006, 23:07
The human whose name is written in this note shall die.
このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。




誰が死に、誰が生き残るのか。


月(ライト)は〔新世紀〕を照らすことができたのか?


■感想など
ネタバレは極力したくないけど、書きたい内容がネタバレばっかり...。
※この先はネタバレしてます。未見の人はご注意!

誰も知らない結末へ、という言葉に非常に期待していました。
映画のラストでは、原作にはまったくない意外な展開がありましたが、
ク...
思いつくままに  November 08 [Wed], 2006, 1:00
本日、ワーナーマイカル板橋にて観賞。
関東では、初日に500人以上入る部屋で満杯。
驚きました(ネット予約してヨカッタ)。

前篇でも書きましたが、監督は金子修介氏。
個人的に好きな監督。
ラストは、原作を読んでいることと、サブタイトルから、予測通りだったが...
うぞきあ の場  November 07 [Tue], 2006, 23:51
2006年度 日本作品 140分 ワーナー・ブラザース配給
STAFF
監督:金子修介
原作:大場つぐみ、小畑健 『DEATH NOTE』
脚本:大石哲也
CAST
藤原竜也、松山ケンイチ、藤村俊二、鹿賀丈史、戸田恵梨香、片瀬那奈

■STORY
死神リュークが落とした“デスノート”を拾...
pure's movie review  November 07 [Tue], 2006, 22:13
金子修介監督作品、藤原竜也主演の、

映画 「デスノート the Last name」を観た。


名前を書くとその者は死ぬ、という死神のノートを巡る話、遂に完結!

(「映画前編」「原作漫画(1?11巻)」「原作漫画(12巻・完結)」批評はこちら)


感想。

?何が一番驚いたか...
サナダ虫 ?解体中?  November 07 [Tue], 2006, 21:52
俳優陣の演技と,仕掛けられた巧みなトリックが,
時間の長さを打ち消し,映画として満足の完成度。
Akira's VOICE  November 07 [Tue], 2006, 16:02
先日のTV{/tv/}放映で興味を持ち、原作{/book/}を一気読みして益々公開が楽しみになっていた『デスノートthe Last name』行って来ました。

いやぁ?140分と長い作品、短くは感じなかったけど{/face_tehe/}
飽きる事無く観れました{/face_en/}{/choki/}

ただ、主役の...
NAO?C☆シネマ日記  November 07 [Tue], 2006, 12:21
もともとのストーリーが面白いからね?{/hearts_red/}
「誰も知らない結末」とは何なのか??
一体、どう原作と変えているのか??
というのがやっぱり気になって、、、、。

「名前を書かれた人は死ぬ」ノートを巡ってLと月(ライト)、正義はどちらなのか。
コミックは全12...
我想一個人映画美的女人blog  November 07 [Tue], 2006, 12:17
*ネタバレ・・・してます。* ★まず、よくあそこまで、まとめることが出来たなと
空の「一期一会」  November 07 [Tue], 2006, 1:24
六月に公開された「デスノート 前編」の続き。
前編は、原作の面白さに頼りきりの展開で、正直あまり芳しい印象ではなかった。
この後編もあまり期待はしていなかったが、結論から言うと、前編よりも数段面白い。
野?
ノラネコの呑んで観るシネマ  November 07 [Tue], 2006, 0:12

最後に名前を書かれるのは、誰だ??・・・リューク「これからもっと面白いものを見せてやるよ!」と、本当の衝撃はここから始める・・・・・。原作にはない、予測不能の結末!!。
死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  November 06 [Mon], 2006, 23:59
 映画ではどういった終わり方がするかが、メチャ興味があったんだけど・・・って、この原作の読者はみんなそうだよね(笑)
極私的映画論+α  November 06 [Mon], 2006, 23:52
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆涙は流れませんが、パーラー状態のLの部屋を見ていると危うくヨダレが流れそうになります。          パーラーLへようこそ今回は和菓子もたっくさん出てきます。...
カフェ☆小悪魔  November 06 [Mon], 2006, 23:27
映画 デスノート 後編前回の感想はこちら見てきました。さすがに金曜ロードショー効果ってところでしょうか?17:40の回を見たのですがそれなりの人の入りでした。高校生がいっぱいなのが印象的。前編より人が多かったよ
勝弘ブログ  November 06 [Mon], 2006, 22:39









監督 : 金子修介


出演 : 藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さく?
MoonDreamWorks★Fc2  November 06 [Mon], 2006, 22:37
デスノートってページ数無制限だっけ。
なんでもreview  November 06 [Mon], 2006, 22:01
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆   正義が裁く正偽・・・その審判の行方  
カリスマ映画論  November 06 [Mon], 2006, 21:54
週末は久々の温泉旅行のためにDVD鑑賞をしなかったので、今日は映画館まで足を運んだ
まんまと【日テレ】の策略にハマってこの作品を選んだ
前編を観てまだ日が浅いので最初からテンションは上がってた( ̄m ̄〃)
Cinemermaid  November 06 [Mon], 2006, 15:50
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Bohさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

リメイクのオファーは沢山の映画会社から来ているようなんですが、日本での配給を邦画なのにワーナーが行ったんですからハリウッド・リメイクならばワーナーが一番の有力候補なのかも…。
November 18 [Sat], 2006, 22:37
アイリスさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

前編の終わり方が何とも気を持たせる終わり方だっただけに本当にこの5ヵ月は長かったですね。デポは原作は未だに読んでいませんが、映画「デスノート」は完成度の高い作品だったと思います。そして、その中心にいたのは、月よりもLだったのではないかという気がするほどLの存在感は圧倒的でしたね。

Lの生い立ちからを描くスピンオフ、何で彼が甘党になったのかが最大の見所か!?
November 18 [Sat], 2006, 22:30
Cyberさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

本当に「デスノート」人気は凄かったです。いや、凄まじかったです。デポが良く行くMOVIXでは満席をおろか、座席が半分埋まることも稀なんですが、この「デスノート the Last name」に関しては各回とも初日は満席だったようでグッズに至っては初回の上映開始前にはすべて売切れになっていました。

原作は未だに読んでいないので、映画との相違点などは判らないのですが、ラストシーンに関しては映画ならではのひと工夫があったとのこと。上手く完結していたとは思いますが、出来れば続編も…。
November 18 [Sat], 2006, 22:12
へーゼル☆ナッツさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

前編の時からかなりハマっていたデポですが、後編となる今作は月とLの対決も白熱し本当に満足できるものとなっていました。
ハリウッドを含む様々な会社からリメイクの話が来ているようですが、世界観を損なうことなくパワーアップした作品が作られるならば観てみたい気もします。
November 18 [Sat], 2006, 21:52
こんにちわ、TBさせていただきました。
もうハリウッドでリメイクの話しが出てるんですか。ハリウッド版のリュークはスゴそうだなぁ。
November 15 [Wed], 2006, 17:06
初めまして!
TBありがとうございました。

前編を観て、11月まで待ちきれないと原作を一気読み。
ラストは原作よりも納得の出来るものでした。
特にLは、より魅力的なキャラになっていたような♪
Lの生い立ちからを描くスピンオフなら観てみたいです。
November 14 [Tue], 2006, 23:19
はじめまして。TB有難うございます。

やはり、デスノートの人気は日本中どこかしこ至る所凄いですね! 少年ジャンプでの連載は終了し、コミックスも全巻出し切ったと言うのに、それでもこれだけの人気を誇るというのも珍しいのではないのでしょうか。

映画版は、個人的には映画ならではのオリジナルトリックを使用してほしかったな(秋野詩織死亡シーンみたいな)と思いましたが、それでもラストのシーンは、コミックス読者でも釘付けだったのでは、と思います。

そういえば、確かにパンフレットではスピンオフをほのめかすような内容がありましたね。
それこそ、『ロサンゼルスBB事件』のような作品が映画として登場するのかも……!
November 14 [Tue], 2006, 22:00
デポさん、はじめまして。TBありがとうございました
かなり期待を上回るできで、とても満足度が高いです(^^)上映時間も長かったので、
少々不安でしたがそんなことなかたですね!
ハリウッドでのリメイクができるなら、それも楽しみですね!もう今から観る気いっぱいです。
TBいただきますね☆
November 13 [Mon], 2006, 11:16
にゃんこさん、こちらもコメントありがとうございます。

本当に小・中学生らしきお子ちゃまの多さにはびっくりしましたね。しかも、各回満席なんて状況もデポの行く劇場ではまずないことなのでダブルびっくりです。
月とLの頭脳戦は本当に最後の最後まで目が離せませんでしたね。藤原さんと松山さんの演技も凄く良かったと思います。リューク自体は死んでいませんし、死神が3人だけとは限らないので今後もちょっと期待したいですね。
November 12 [Sun], 2006, 16:30
空さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

これで完結になってしまうのが勿体ないぐらい「デスノート」人気は凄いですね。デポが鑑賞した劇場でもパンフレットは初回だったので上映後でも買えましたが、グッズ関係は上映開始前にすべて売り切れとなっていましたよ。
Lの活躍を描くスピンオフにも興味津々なんですが、個人的にはやっぱり正当な続編が観たいですね。
November 12 [Sun], 2006, 15:45
続けてコメントで(爆)
小学生、ほんっと多かったですね〜
ある意味びっくりでした(笑)結構大人受けする漫画だったし
原作とは違って月vsLの対決で終始終わったのが
好感度高いなって感じでした。
実は、原作Lが死んでからは猫的にはいまいちだったので(笑)
TBありがとうございました。
November 11 [Sat], 2006, 7:55
TBありがとうございました(^^)
充分見応えのある出来に、ただただ驚きました!
原作より、あの映画の終わり方は、好きです。
パンフには、そんな記述があるんですね!
私は、買えなかったので・・・(涙)
スピンオフ、見てみたいです!
November 07 [Tue], 2006, 1:23
あむろさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かに上映時間結構長かったんですよね。後編はLvs月の頭脳戦が本格化し、二転三転する展開から本当に目が離せませんでした。

パンフレットのコメントではLのスピンオフが有力のような感じなんですが、「デスノート」シリーズも続編をオリジナルで作って欲しいですね。死神が3人だけとは限らないんだから…
November 06 [Mon], 2006, 21:38
カオリさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

どんどん加速していく頭脳戦は本当に見応えがありましたね。Lはキラ事件解決にすべてを賭けたのに対し、月は理想の社会を作るために未来を考えた。ここに勝敗がわかれたんですかね。

邦画をリメイクしたハリウッド作品は結構期待はずれだったりするので微妙ですね。
November 06 [Mon], 2006, 21:23
こんばんは♪
TBありがとうございます。

スピンオフ…Lのお話なんかだったら面白そうですね♪

前編よりもずっと面白い脚本になっていたように思いました。
結構長い上映時間だったのに、それを感じませんでしたw
November 05 [Sun], 2006, 20:29
TBどうもでした〜
本当に面白かったです!途中からは映画と気宇ことを忘れてしまうくらい引き込まれてしまいました。

ハリウッドからもオファーが・・・
リメイクではなくこのまんまで英訳つけて渡してやりたいですね。
もったいない。
November 05 [Sun], 2006, 13:59
たいむさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。恐らくはたいむさんもTBが出来なかったのでコメントだけ書いて頂いたんだと思いますが、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

月は死神たちさえも自分の“駒”として使ってましたからね。本当に凄いヤツです。でも、寿命を半分にして死神の目を手にする覚悟がなかったのとミサミサが賢くないのを見抜けなかったのが彼の致命的な失敗ですね。
November 05 [Sun], 2006, 0:05
TBどうもです。
ライトは死神以上に死神だったかもしれないけれど、死神は超えられませんでしたね(笑)
やっぱり、リュークが諸悪の根源だよなぁ〜と思うのでした。
November 04 [Sat], 2006, 23:48
ミチさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。というか、TB出来ないようですいません。承認制度などは使用していないのですが、どうもヤプログの調子が悪いようでTBが行えなくなってるみたいです。ご迷惑をおかけします。

原作は読んだことがないので何とも言えないのですが、映画としてしっかりと楽しめる作品だったと思います。特に女性陣のアンヨが…。
月とLの駆け引きは見応えがありましたが、月が死神の目を手にしていたら…、海砂がもう少し賢かったら…結末は変わってたんでしょうね。
November 04 [Sat], 2006, 23:44
デポさん、こんばんは♪
(TBは承認制でしたっけ?)
原作ファンにも結構満足できる実写化でした。
多分松山君によるエルの造りこみが適格だったからだと思います。
月(ライト)の狂気も見所でしたね〜。
おまけに男性ファンへのサービスか、女優さんたちのアンヨをたくさん見ることができました(笑)
November 04 [Sat], 2006, 23:12




映画、音楽、Blu-rayの最新情報ならHYPER DEPOT

最新コメント
アイコン画像Toko Tas Branded Kw Murah Surabaya
» プライミーバル 恐竜復活 (2013年11月06日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年12月25日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年08月13日)
アイコン画像大島優子
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年07月23日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第8話「それぞれの答え」 (2011年06月08日)
アイコン画像まき
» プライミーバル 恐竜復活 (2010年08月05日)
アイコン画像スワロフスキー大好き
» 蛯原友里、押切もえ (2009年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/cinemadepot/index1_0.rdf
Pagerank/ページランク
ヤプログ!PR




2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新作発売情報



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販

DMM.com CD&DVDレンタル