縦の移動

June 12 [Mon], 2017, 16:24
ど〜もiです。
すっかり、ご無沙汰しています。
^_^;

さて、2020年に東京で開催されるオリパラに向けて、競技場の建設や整備などが急ピッチで進められているのは、みなさんもご存じかと思います。
同様、観客輸送を担う公共交通機関においても、どなたであっても利用しやすいようにバリアフリー化がすすめられ、車いすユーザーである私も利用しやすくなったと感じる一方で、いつも疑問に感じるのは「縦の移動」についてです。

先日、私用で西武線の高田馬場駅を利用した時の事。
エレベーター待ちをしている、ベビーカーが5台ほど列をつくっていました。

利用した方はわかると思いますが、JRの高田馬場駅と並行するようにホームがあり、乗り換えするにも通常であれば跨線橋でつながっているので簡単です。
しかし、このルートはバリアフリールートではありません。
JR側に、この跨線橋から下るエレベーターがないので、乗り換えするにはいったん外に出るしかないのです。



こうしたバリアフリールートは、大概の駅でワンルートしかありません。
しかもエレベーターに一度に乗れるのは、だいたい手動車いすであれば2台、大型の電動車いすなら1台といったところ。
利用が重なれば、先ほどのように待ちの列が出来てしまう。

まだベビーカーであれば大変だけど、かかえて階段を降りることが出来ますが、車いすだとそういうわけにもいかない。
なかにはエスカレーターを使う、強者の車いすユーザーもいますけど。
^_^;

こうした光景は何も高田馬場駅ではなく、他の駅等でも見かけます。
素人考えでありますが、こうしたバリアフリールートがせめて、もう一つあれば利便性も向上するはず。
先の高田馬場駅であれば、西武側にスロープを設置するとか、JR側にも跨線橋にエレベーターを設置するとかね。

もちろん、コストの問題や構造上の問題もあり、簡単にはいかないことだと思います。
ただ、設計や施工に関わる方には、「縦の移動」はエレベーターを設置すれば、それでよしとは思わないでほしい。

極端な話、階段をスロープに置き換えてもいいかなと。
そうなれば上りは大変かも知れないけど、下るなら何もエレベーターを待たずに済む。
物理的な平面の段差解消だけどなく「縦の移動」ということにも、もっと配慮をいただけたらなと思う。

  • URL:http://yaplog.jp/cilymt/archive/404
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ショウタ
» さらなる進化 (2016年12月20日)
アイコン画像ショウタ
» 2016.11.13(日) 福祉祭開催 (2016年11月15日)
アイコン画像ショウタ
» 山あり谷あり (2016年07月06日)
アイコン画像ショウタ
» CIL東大和通信 第31号 発行!! (2016年06月03日)
アイコン画像ショウタ
» 劇場公開決定! (2016年05月03日)
アイコン画像ショウタ
» 育て、育てられ (2016年04月07日)
アイコン画像e
» 海を渡って (2016年03月04日)
アイコン画像ショウタ
» 海を渡って (2016年02月22日)
アイコン画像e
» 新年・・・ (2016年01月20日)
アイコン画像ショウタ
» 新年・・・ (2016年01月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cilymt
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
Yapme!一覧