泊の笹田

September 09 [Sat], 2017, 15:00
投資のビギナーが株を始めたいと考えたときは、なるべく安全な資産管理の方法を選択する必要があります。最初から個別の株を売買するよりも、初めのうちは投資信託などから取引を開始した方がよいかもしれません。その後、ちょっと分かってきてから実際に株式の取引を行うとよいでしょう。
株を初めてやる人は売り払うときを外してしまうことがあります。

人間は皆、欲望がありますので、「もうちょっと高値になってから」と考えているうちに、株が値下がりしてしまいます。利益をきちんと確定しなければ利益とはならないことを忘れないようにして自分なりに株の売るタイミングを考えておくと上手く利益が出るタイミングになるかもしれません。株をやるのが初めての方が、では決算書を読んでみようと思っても、中の決算の情報がさっぱりわからないでしょう。
けれども、心配する必要はありません。
株式投資の手法を、短期売買に集中すれば決算書を気にせず損益をプラスにできるからです。皆さんそうだと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートの見方が、把握できませんでした。今でも、完璧にわかるというわけではないのですが、「なんとなくこうだろう」といった読み方があって、ちゃんと参考にしています。

ただ、今でも稀にやり損なってしまう時もあります。
株の売買の方法には、現物株以外にも多様な投資方法があります。

その中にはオプションがあります。オプションといったものには買う権利のコールとプットという売る権利とがあって、めいめいに売買でき、これら四つのパターンの組み合わせ方によって、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。
かなり魅力的な投資法ではありますが、十分な知識がいることでもあります。株を始めたばかりの方が株式投資をする狙い目とは、大多数の人が株式投資への興味が薄れて、株式市場が閑散となっている頃です。こういう時期では、どの銘柄もありえないくらい値が下がっていて株価が放置されているため、優良銘柄の購入には絶好の時期だと思うためです。


株のデイトレードの時短い期間に大もうけできる人は間違いなく存在します。デイトレードというものは、手に入れた株を持越さずに当日のうちに手仕舞いしてしまうやり方なので、予想外に株価が下がってしまうこともあまりなく、リスク管理がしやすいでしょう。株式を売ったことにより、利益となった時の税金は申告分離課税が原則ですが、証券会社にて開設した特定口座による取引の場合はその人の代わりに、その都度、20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告の手間がない便利な仕組みですが、損失繰越をする時などは確定申告は必要なのです。
ご存じだと思うのですが、株へ投資する方法には、現物取引と信用取引があります。


やっぱり初心者には大きく資金を失う可能性がある信用取引はまだ早いと思います。

自分の持金以内で投資ができる現物取引が間違いなくおすすめです。
入金した以上に損する可能性がないんですから。

また、優待を貰うことを目的とし、長期投資するのも良いと思います。株を所持している場合、自分の資金への利回りを意識すると思うのです。

銀行に預けるとしても利息が大してつかない現在では、国債や投資信託、定期預金や債券といったものに比べ、良い利回りでなくては投資の意味がありません。ちゃんと利回りを意識しながら投資を行うのが重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuto
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる