TOEICと人事

May 07 [Tue], 2013, 22:32
“TOEIC”のスコア点数について、企業の人事側では、
次の様に考えていると云われています。

toeicと企業はきってもきれない時代です。


英語は、“一つのツールでしかない”ので、最低限のコミュニケーションが
取れるレベルとして、TOEICの600点くらいは持っている必要があります。


これは、以後、仕事上の英語を学んで行く為の“潜在能力”としての目安で、
英語力は、面接をすると、すぐに分かってしまうと云います。


人事では、TOEICは、英語の能力を測る物差しとはしている様ですが、
実際は、職歴や経験の方が重要と考えられているようです。


つまり、英語が、“どのくらいできるか”と云う事より、
英語で“何が出来るのか”と云う事の方が重要とされている様です。


TOEICについて、外資系では、
実務がこなせるかどうかを測るツールと考えています。


日本企業では、TOEICを、受験すると云う積極性や、
単なるスコアアップを評価していると云う程度です。


TOEICの、700点台では、日常会話は問題無くても、
ビジネスシーンでは無理がある場合が多いと云えるようです。


TOEICのスコアは、海外経験の有無に左右される場合もあります。


一般に、半年から1年以上の留学経験がある場合は、
最低でも700点は取れるものと云われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:そうたytm6
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ciez8jt7/index1_0.rdf