別れの曲 

April 16 [Mon], 2007, 21:33
ショパン別れの曲。


ショパンの曲の中でも最もよく知られている中のひとつである、この「別れの曲」は旋律を美しく弾くための練習曲としてウィーンから帰国した1829年〜1832年に書かれました。
フランツ・リストに「これほど美しい旋律を書いた事がない」と言ったと言われています。
「別れの曲」という題名は、作曲者自身によるものではなく、これは昭和10年頃に日本でつけられた邦題です。当時、ショパンの伝記を元にしたフランス映画が封切られ、その邦題が「別れの曲」となっていたのです。その映画でこの曲が流れていたため、旋律とタイトルがむすびついてしまったようです。
曲自体は3部に別れていて、最初と最後に流れる旋律は優雅で美しく、その部分だけ取り出され、歌やオーケストラ等で演奏される事もしばしばです。



今生の別れじゃありませんが。
でも、さよならの意をこめて。

今日は歌 

April 06 [Fri], 2007, 17:28
コメントに困るかもしれません。
リクエストには次回きちんと答えさせてもらいたいと願います。どうか自分勝手な私を許してください。
ふいに聞いて。聞き入った曲です。

忘れかけた夢を 思い出したら
ふいに君の笑顔が 浮かんできたよ
明日さえ まだ知らない
ねぇ、遊んでばかり居たあの日
急な坂道でも
ねぇ、平気なふりして走ってた

いそいで、いそいで
耳元でささやく イタズラ影法師
スカートのゆらめき 涼香が膝をたたいた  あのね
キミハ イマ  ドコニイマスカ?

約束と呼べない  些細なことは
あの頃なら特別  大切な事

返し忘れた教科書も
ああ どこかにしまいこんだまま
忙しい毎日
ああ、誰もが失っていくもの

わらって  わらって
その場所へ   心が勝手に忍び込む
前髪揺らして  楽しげにほほを染めた  そして
キミハイマ  ナニ  シテマスカ?

いそいで、いそいで
耳元でささやく イタズラ影法師
スカートのゆらめき 涼香が膝をたたいた  あのね
マタ ココデ  アイタイ・・・・・。



私は生まれつき。いえ、普通の生まれ方ではなくて。だから、どうしても体が弱かった。
普通に遊べない。少しの興奮で心臓が発作を起こす、、、私の家、お父さんの家はお金持ちで。
私たちは幼馴染でしか会えなくて。どれだけ好きでも消して結ばれなくて・・・。彼は普通のこと一緒になった方がいいって気付いた。今ならまだそんなに悲しまずにすむだろう。
そんな気持ちで、でも、どんな別れでも悲しかった。

ショパン 

April 04 [Wed], 2007, 19:41
カンパネラさんのリクエストでフレデリク・フランチシェク・ショパン(1810 〜 1849)ポーランド
Fryderyk Franciszek Chopin

この曲が作曲された1842年前後はショパンの名曲が次々と生み出されており、「英雄」はショパン円熟期の最高傑作のひとつです。
この時期ショパンは、ジョルジュ・サンドに庇護され、作曲に専念できました。
既に結核におかされていたものの、力強くダイナミックな曲調で、ショパンの祖国、ポーランドへの強い愛国心を高らかに歌い上げています。


弾むような曲です。
馬が走るよう??とでも言うんでしょうか?行進曲のようです(違うがね。。
勝手な思い込みでスミマセン。
なんか、曲が英雄が現れた時の市民のような。。。。嬉しさ、などetc・・・つまっているようで、だいすきですww

きらきら光る〜〜 

April 02 [Mon], 2007, 15:42
今日の曲は(1756 〜 1791)オーストリアウォルフガンク・アマデウス・モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart
のきらきら星です

「きらきら星」あるいは「ABCの歌」など、童謡として知られているこの曲のテーマは、 1770 年ごろにパリでたいへん流行したシャンソンが原曲となっています。
これは“ああ、お母さん、あなたに申しましょう”と想いをよせる人のことを、母親にうちあけようとする娘の心情をうたった恋の歌でした。
モーツァルトがこの旋律を主題に変奏曲を書いたのは、弟子の教育のためと考えられていますが、単なる教材にとどまらず、対位法の技巧をこらした佳曲となっているのはモーツァルトの天才によるものといえます。


きらきら星は、七夕の定番ですよねッ★
ドドソソから始まって小学生でも簡単なものなら弾けるとってもいい曲ですよネww
とってもすきなんですよww
でわ、今度の曲は。。。。他のクラシック以外にしましょぉ!
ですので何か、よろしくですww

リストです 

April 01 [Sun], 2007, 19:21
今日の曲は、ばななさんのリクエストフランツ・リスト(1811 〜 1886)ハンガリーFranz Liszt
愛の夢第3番
全 3 曲からなるピアノ曲集「愛の夢」には、“3つの夜想曲”という副題がついています。おそらくこれは、リストがショパンのノクターンを意識していたことのあらわれと思われます。
難曲ばかりのリストのピアノ曲のなかにあって、アマチュアのピアニストにも手の届く程度で、しかもピアニスティックな華やかさをもっているのが、この「第 3 番」です。


リクエストありがとう!またちょうだいねww
愛の夢・・・。ステキデス。

今日は、バッハー 

March 30 [Fri], 2007, 21:45
今日の曲は、ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685 〜 1750)ドイツJohann Sebastian BachG線上のアリアAir on G-stringです

この曲の原曲は、バッハの管弦楽組曲の中の、第3番(BWV1068)の第2曲目「エア(アリア)」として、弦楽で演奏されます。
後にヴァイオリニストであるウィルヘルミ(1845-1908)によってヴァイオリン独奏用に編曲され、ヴァイオリンの4本の弦の中で一番低い音がする弦(G線)1本で弾けるようになってから、世の中に「G線上のアリア」として、親しまれる曲となったようです。
このアリアはあまりにも美しく有名なので、様々な楽器、様々なパターンで編曲されたものが数多く存在します。


この曲は、母の一番好きな曲です★
ゆったりと、流れていて、何か優しさにあふれている様な曲ですよね♪
知らない人は、ゼヒおススメです〜
今度はロック行ってみマスかね〜ブルーハーツ、うーん、いいかもですね〜
では、次回もお楽しみにイ〜
リクエストもまっております〜〜〜ww

むきゃーー 

March 28 [Wed], 2007, 9:21
今日の音楽わ、トロイメライ
「子供の情景」の第7曲目にあたるこの曲は、ピアノ曲のみならず、シューマンの全作品中でも最も親しまれている傑作といっても過言ではないでしょう。
“トロイメライ”とはドイツ語のトラウム(夢)から派生した語で、「夢みごこち」といった意味です。

CMとかでも良く使われてる曲ですよね〜子供たちの和やかな風景が出ててだいすきなんだよ〜
一様音楽サイトなんで音楽のお話します★
こんなかんじです。
皆さん感想宜しく〜後は曲リクエストもよろしくチャンABC♪

こんばんわ 

March 25 [Sun], 2007, 21:41
今日から音楽生活つづります!!
テストですが以後ヨロシク!!
月咲夕にみんなご協力のほどオネガイします!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ciassic654
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ユーフォ
» 今日は歌 (2007年04月10日)
アイコン画像ばなな
» 今日は歌 (2007年04月07日)
アイコン画像カンパネラ
» 今日は歌 (2007年04月07日)
アイコン画像ばなな
» ショパン (2007年04月05日)
アイコン画像ばなな
» ショパン (2007年04月05日)
アイコン画像ユーフォ
» ショパン (2007年04月05日)
アイコン画像カンパネラ
» ショパン (2007年04月04日)
アイコン画像カンパネラ
» むきゃーー (2007年04月04日)
アイコン画像カンパネラ
» むきゃーー (2007年04月04日)
アイコン画像カンパネラ
» きらきら光る〜〜 (2007年04月04日)
Yapme!一覧
読者になる