決勝4

November 20 [Thu], 2014, 15:57
苏里見て場内:“彼らは本当にてやって来た、どうして見に来たか。当初はしかし約束をした。」

そこでみんな静かに、静かに緑のコートを見て、彼らのように自分のサッカーの歳月を思い出。

「あなたは後悔しましたか?」王博いきなり。

「後悔しますか?後悔は何ですか?」苏里ちょっと分からない。

後悔しない自分に「なぜ一年浪人、多分今日あなたは場に立ってではなく、ここに座って観衆。」

苏里笑いました:“あなたは?あなたは後悔しますか?」

王博首を振りながら:「私の知らない。ある時私は後悔して、なぜ私は高校三年は昨年、高校二年。しかし時には、私は後悔しない、私達はいずれの行く、今日の成績は彼ら自身をつづり合わせて、私達とどんな関係があるのだろうか。私はうらやましいですか」

苏里王博の肩をかき集めている:"私はあなたと同じだね!」

「彼らが出た!」スピーカーから流れて来る興奮した声。

双方のメンバーは三人の審判の下に足を踏み入れグリーン、スタンドにすぐ暴大きな歓声が上がっ。

奏完国歌後、キャプテントス、そしてそれぞれ別の陣形を場に立っていい。

すべての人はすべて来ました、両親、友人、ファン、記者……これは決勝、注目の決勝で、すべての人はすべて来ました。

スタンドで急に静かに、風に揺れるだけ聞こえ旗の声。すべての人が待っている、待っている裁判が鳴り響いキックオフ歩哨の瞬間。

また、毎日の飲食はどうですか?人々の健康への関心、食べ物の栄養の高低が重視されて、しかし大部分人の関心はよくある単一の食品栄養、見落とした食べ方が健康かどうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seek123
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cialis123/index1_0.rdf