タッキーが塙

May 13 [Sat], 2017, 20:34
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
自費診療としてはじめるしかないのが負担が大聞くなる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。
抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。



インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療もオワリます。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。
定期検診をうける費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特質がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になります。年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行なうことが出来るのです。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がない訳ですから、使えないのです。一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、沿うして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を創れるのが、インプラントの利点なのです。



インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。



ほとんどのケースは保険適用外で、当然のようにすべて自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。また、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかると言うこともおぼえておきましょう。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聞くなります。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療をはじめる前に歯科医に話しておくと一番いいでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ann
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる