森藤のチェン

August 04 [Fri], 2017, 17:38
水分補給にダイエット中は炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味を飲むように心掛けています。



できるだけ食事は野菜中心にして、たんぱく質の肉や魚も取りながら買い出しに行き、手作りの料理をするようにしています。
ダイエットに効く乳酸菌ドリンクやヨーグルトを摂取し、便秘予防するようにしています。
ウォーキングもしながら、できるだけ自分の足を使って体重が減るように工夫しています。
毎日体重測定をし、ノートに記載することでダイエットを成功させるようにもしています。ダイエットするには、食事のバランスを考え、効果的な運動をすることが大切です。

運動しなくても食事を大きく制限するダイエットは一時的な効果は出ますが、リバウンドしやすくなります。甘いものや脂っこいものは控え、カロリーが低くて高たんぱくなものや繊維を多く含むものを食べて習慣的に運動する生活をするのがよいです。
筋肉は脂肪より密度が高いので、運動を始めても最初は体重の変化が出にくいことがありますが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を消費しやすくなり、体が引き締まり、太りにくくなっていきます。

ダイエットに興味を持たない女性はまずいないと思います。

私自身、思春期以降はずっと体重を気にしていました。テレビやネットでは連日のようにダイエットに関する情報を目にしますが、あまりに多く、何を読めばいいかわかりません。
何を選んでも、とにかく健康を保てない方法だと、生理が止まったり、骨がスカスカになってりするので、無理なく取り組むことが第一です。

ダイエットに必要なのは、腸内環境を整えることではないでしょうか。



即ち、腸内に食べ物が留まる時間が長いほどそれを分解、吸収使用とする作用が人間にはあるように思います。

食事をしなければ当然体重も減りますが、排泄もなくなります。



食べることで摂れない栄養を腸内のものから摂取しようとするからだと思われます。

ですので、腸内環境を整えスムーズな排泄が欠かさず行われれば、自ずとダイエットになっていくのではと思います。今話題になっているダイエットというと糖質抜きダイエットですが、急に食生活を変えると空腹感とそこからくるストレスで長続きせず、一時的にダイエットできてもリバウンドしがちになります。
最初は食事から変化させましょう。ちゃんと噛むことや食べる前に水を飲むことが満腹感を感じやすくするポイントです。



あとは野菜からたべることで糖質の吸収を抑えることも効果的です。



理想の体重となるには食事の仕方からはじめていきましょう。


ダイエットの継続のためには無理をしないことです。食事と運動のバランスにも気を使いましょう。気をつけたいのは特に食事でしょう。



極端に偏った食事をすると、その反動によって、逆に好物に手を出してしまうことが起きるので、リバウンドすることになって逆効果になりやすくなります。美容にも悪影響が出ます。

炭水化物を少なくするとか、肉を魚に変えるとか。

高タンパク低カロリーはダイエットの必須条件です。女の子なら一回くらいはダイエットをしてみることでしょう。



自分も最近また頑張りたいと思って、軽い朝ごはんと昼に大きなサラダを作るようにしています。
いつも同じサラダではなく、たまにお肉も入れ、野菜を変えたりして飽きないように作ります。



そうすれば毎日の摂取カロリーがよくわかり、夕飯では自分が食べたいと思うものを食べられます。厳しい食事制限ダイエットよりやりやすいのではないでしょうか。夕ご飯の時間に気を付け、週末はカロリーが高いものを食べられれば、そんなにつらいこともないでしょう。ダイエットで一番効果がでたのはウォーキングでした。地道に歩いて代謝をよくし、汗をながすことが体重がみるみる減り効率の良いダイエットができました。一番多い時よりも体重が5キロ落ちました。
食事制限はストレスが溜まるので私はできませんでした。

歩きながら身体を動かすという取り組みやすいダイエットだと思います。

試してみてください。昨年末くらいから、不健全な生活がたたりお腹周りに贅肉がしっかりついてしまいました。
今まで着ていたたいとなシャツがとても着れたものではなくなりました。ですので、なるべく炭水化物を食べないようにし、帰宅するときにはあえて一つ手前の駅で降り、歩くようにしています。


休日であっても欠かさず散歩するようにしました。少しずつ体重は減ってきていますが、痩せるときは頑張りが必要で太るのは一瞬。

ダイエットの難しさをよく感じています。


ダイエットイコール食事制限、運動といった成功できないイメージがありますが、3つのことを実践するだけで私は痩せることができます。
1.毎日同じ時間に体重計に乗ること2点目は、毎日鏡で体の線を確認すること三つ目は正しい姿勢を保って過ごすことこの3つを守るだけで簡単に痩せます。



姿勢を正す際に注意すべきなのは背骨をS字に曲げずに、ピシッと真っ直ぐに伸ばすことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokone
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ci0stinds60us0/index1_0.rdf