アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザ

July 25 [Mon], 2016, 21:25

オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分としてクローズアップされています。







オリゴ糖を摂取した乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、お腹、環境を良好にしてくれます。







乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の機能改善や健康増進には非常に重要な成分ということができます。







母は深刻なアトピーです。







どうやら遺伝していたみたいで。







私もアトピーを発症してしまいました。







いつも肌がカサカサになって、日々の保湿が欠かせません。







スキンケアをしっかりしないと、何もままならないです。







別に母を責めるつもりはないのですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、恐ろしくなってしまいます。







ツボで便秘に効果があると有名な、へそから左右に指2本分くらい離れたところに天枢(てんすう)が有名です。







また、おへその下5cmくらいのところに存在するふっけつというツボも良いと思います。







手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。







色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボは違うので、自分に合ったツボを押すことで改善が見られやすいでしょう。







私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。







子供の頃から市販されていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹を守ってくれていました。







「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなります。







便秘に効く食料品は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食品等です。







大変な便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態になっております。







この状態を消えさせて、お通じを出やすく柔らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、まずは腸内を改善するのが良いでしょう。







元来、乳酸菌が身体に優しいことは事実でよく知られていますが、一方で効き目のない説もあります。







この説も事実かもしれません。







それは、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでもただの菌なので、すぐに効く薬ではないからです。







自分に合うものかどうか試してから考えてください。







夜中に高熱になって、40℃ほどまで上がって健康を害したので、次の日に病院に行きました。







結果、インフルエンザの検査が受けられますよと確認なさいました。







万が一、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、検診したいと感じました。







私は先天性のアトピーを持っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛々しい姿でした。







ありとあらゆる治療法を試しても、効果を全く感じなかったのに、住む場所を変えたところ、いきなり肌が綺麗になり、痒みも消えました。







思い切って住環境を変えるのも、アトピーに効くかもしれません。







最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤をお試しで頂きました。







あらゆるものがそうですが、少しだけ使ってみないと判断できないものです。







その入浴剤はよく肌に馴染んで、自分に合う感じでした。







刺激も感じませんし、肌がつっぱるような感覚もなくて、水分をよく保持します。







娘がアトピーだと発覚したのは、2歳を迎えた頃です。







かゆみがしょっちゅうあり、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。







そうしてステロイドを2年と少し続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、一向に具合が良くなってくれません。







結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。







通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも少なくて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が下がっています。







これを補足して健康に近づけるには、保湿がかなり大事です。







そのためには、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使用が必要なのです。







私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、やはりビオフェルミンです。







子供の頃から存在していたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、いつも私のお腹を守ってくれていました。







「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなるのです。







屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。







屁による臭いの元は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。







ですから、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を防ぐ力のある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭いを和らげることができます。







運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体調不良も引き起こします。







中でも女性に多く症状が見られるのは便秘状態です。







運動不足を解消しようと、会社へ行く時にエレベーターの代わりに階段を使ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが提案します。







更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2回は歩いたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。







乳酸菌を選ぶ方法としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試してみると良いでしょう。







最近では、おいしい乳酸菌飲料もありますし、サプリメントも出回っています。







腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、次の日、トイレから出られなくなったので、お休みの日の前に試すことがいいかもしれません。







この前、インフルエンザになってクリニックに受診しに行ってきました。







どのくらいの潜伏期間なのか判然としませんが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染してしまったのだろうと思われます。







3日間発熱し続け苦しい思いをしました。







高い熱が続くインフルエンザは、いつもの風邪より大変ですね。







インフルエンザは風邪とは違うもの知られています。







大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、その状態が3日から7日続きます。







型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。







場合によっては、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、油断できない感染症です。







夜更けに高熱が出て、40℃近くまで上がって健康状態が悪かったので、翌日通院しました。







先生はインフルエンザが検査できますよとおっしゃいました。







もし、インフルエンザに感染していたら、それにあったお薬を選んでもらえるので、確認したいと希望しました。







結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと様々な良い結果がもたらされます。







内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。







その結果として、免疫の力がアップし、多くの健康効果を実感することが出来ます。







アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。







乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いんです。







最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、とりわけ、整腸作用に良く効くというふうにいわれています。







腸の中の善玉菌を増殖させることで腸の活動が活発になり体の中に停滞していた便が出やすくなります。







ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。







乳酸菌を常用することで整腸効果が高くなると考えられています。








http://b39.chip.jp/rz71cxy/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chz62pu
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chz62pu/index1_0.rdf