シリアのアサド政権の化学兵器はロシア製?

September 17 [Tue], 2013, 13:13




米ロシリア化学兵器廃棄で合意

シリアのアサド政権が化学兵器廃棄方針を打ち出
してからあっという間の出来事である。


オバマ政権はどうにかしてシリアに武力介入し、
アサド政権を終わらせたがっているようだが、
米国内世論やヨーロッパの国々が反対姿勢、
あの英国までもが武力攻撃を断念した。


さらに、シリア反政府勢力とアルカイダとの
つながりが露見して、シリア政府への武力攻撃
が一層難しくなっている。


とりあえず、米による武力介入は回避されたが、
内戦は終わらない。ロシアに資金も武器も供与
されている同盟国のアサド大統領はこれからも
一般市民を巻き込み殺戮を続けていくだろう。


ダマスカス市民にとっては内戦が長引き、死人
が増えるという最悪の合意となった。


即時停戦がシリア国民の願いだろうが、今となっ
ては米の武力介入でもなんでもいいから早くアサド
政権を倒してほしいというのが本音だろう。
P R