山形鋳物の歴史

山形鋳物は、いわずと知れた山形の伝統的工芸です。
鋳鉄鋳物から軽合金鋳物・銅合金鋳物と種々の業種があり、古くは日用品から、
今日では機械部品や工芸品にまでその技術が使われています。

その歴史は900年と古く、岩手の鋳鉄鋳物として有名な南部鉄器と並ぶほどです。
平安時代の中頃、前九年の役を治めるため、源頼義が山形を訪れた際に従軍した
鋳物職人が、馬見ヶ崎川の砂と周辺の土質が鋳物に適することから、一部がこの地に
留まって鋳物を作ったのが始まりといわれています。

江戸時代にはいり、最上義光の治世が行われると、城下町再編によって、鋳物職人が
職人町に集まるようになりました。
山形が出羽三山の参拝客で賑わうと、山形鋳物の仏具や日用品が土産として用いられ、
山形鋳物の知名度があがっていきました。

この頃に足踏み式たたらという製法が導入され、梵鐘や灯籠など大型の鋳物が
作られるようになったそうです。
明治期以降には時代の流れとともに、機械鋳物も生産されるようになりました。

第二次大戦後は戦後軍需産業から平和産業への転換が進み、伝統工芸からミシン、
自動車部品への進出も始まって幅広い業種で利用されるようになりました。

山形鋳物の特徴

山形鋳物の中でも鋳鉄鋳物の特徴は、その薄さと鋳肌のきめの細かい美しさと
小物作りの技巧にあります。

現在も、紋様押し、肌打、金気止などの様々な伝統的手法が受け継がれ、
「薄肉で繊細な肌合い」が世界中で評価されています。
小さな雑貨類から鉄瓶など、どれをとっても細部まで行き届いた滑らかな質感が
見られ、その技術に感動を覚えるほどです。

中でも茶の湯釜などは原料に砂鉄を使う(和鉄仕上げ)高級品のため、家元からの
引き合いも多く、まさに日本を代表する伝統工芸のひとつといえます。

鋳物の長所

山形鋳物は鉄鋳物なので、他の地域で作られる鋳物と同じように大きな利点を
持っています。

◎山形鋳物の良いところ◎

鉄鋳物は炭素を多く含みます。
含まれる炭素は細かい粒になって鉄の表面に出て、これが油とよくなじむので
油が表面に均一に広がり、肉や野菜などの焦げつきが少なくなります。

山形鋳物の適度な厚みは、普通の薄い鉄板と違い局部的な過熱がなく、均一に熱を
伝えてくれます。
そのため、肉や野菜等をのせても温度が下がりにくく、コンスタントに熱を伝えて
くれるので、料理やお茶などのキッチンアイテムとして最適です。

鉄器の効用鉄分は(特に)現代女性に不可欠とされていますが、食品からの補給は
もちろん鉄器からの鉄分補給も見のがせません。
そのため鋳物を使うことで、貧血防止にもなるのです。

モダンでスタイリッシュな鋳物 「鋳心ノ工房」

山形鋳物で最近気になっているのが「鋳心ノ工房」というところが出している作品。

「鋳心ノ工房」は、1997年に日本に伝わる山型鋳物の伝統美を今日の生活様式
に提案する目的で設立されれた工房です。
フランスを中心にしたヨーロッパ、アメリカなど、世界中で高名なデザイナー
増田尚紀氏を中心に、機能的でスタイリッシュな鋳物製品を世に送り出しています。

鉄瓶の取っ手にステンレスを使うなど、本来の古風なイメージを一新させながら、
使いやすさも実現させるなどその斬新なアイデアは素晴らしいの一言につきます。

増田氏の作品は国内外で数々の賞に輝き、ニューヨーク近代美術館をはじめとする
海外の美術館に所蔵されるほどなんですよ。

これから、そのうちのいくつかを紹介したいと思います。


鉄瓶 「挽目宝珠」








鋳心ノ工房送り出した代表的な鉄瓶です。

鋳物は砂型から作りますが山形の物は砂が大変細かいため、
滑らかな表情をしていますが、この挽目宝珠はその上に
漆を焼き付けて仕上げており独特の味わいがあります。

この方法は日本独自のもので、使い続けるうちに、何ともいえない
艶が出てくるそうです。永く使うにはぴったり。

取っ手をステンレス製にすることで使いやすさもアップしています。

くわしくは・・・山形鋳物の鉄瓶 挽目宝珠



ティーポット 丸玉S(銀)








和モダンのテイストあふれた、ティーポットです。

渋い鋳物のカラーもこのデザインによりこんなにスタイリッシュ
になるんですね♪

鋳物の風合いをそのままに、日本茶や紅茶を楽しむのにとても
使いやすいサイズ。
内側をホーロー仕上げにして、錆びにくくしているという心遣いも
素晴らしいです!

くわしくは・・・山形鋳物のティーポット 丸玉S(銀)


鍋敷き 「UZU」








その名のとおり、渦巻状のフォルムが面白い鍋敷きです。

脚には滑り止めのラバーキャップ付きという心憎い
こだわりがあります。

鋳心ノ工房の鉄瓶に似合いますね!


くわしくは・・・山形鋳物の鍋敷き 鍋敷き 「UZU」


箸置き 「折り紙」









折紙型の鋳物の箸置き。

箸置きはあらゆる伝統素材でつくられていますが、鋳鉄は少ない
とおもいます。
シンプルなデザインが非常にクールで、鋳鉄の黒色が非常にあいますね。

幅もあるので箸置に限らずフォークやナイフ、スプーン等を置くことも
できます。
鉄鋳物ならではの箸置きの可能性を追求した一品です!


くわしくは・・・山形鋳物の箸置き 「折り紙」



お香立て 「笹舟」








笹舟のような形をした香たて。
シンプルな美しさに品格を感じる一品。

ちょこんと置ける小鉢のお香立は、コンパクトで邪魔にならずに
使えます。
棒状のものもコーンタイプのものにも使えるようにデザインされています。

使いやすさと、美しさが両立できる良い例でしょう!


くわしくは・・・山形鋳物のお香立て 「笹舟」

Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chushinblog
読者になる