晴れやかに

February 25 [Thu], 2010, 22:40
夫(元夫)と久しぶりに顔を合わす機会があった。

大好きで信頼して愛した人だったけど、大きな裏切りがあった。
結婚詐欺に匹敵するほどの事態だった。
彼が一人の人を愛する喜び、愛される喜びを感じられない限り、
同じことを繰り返すだろう・・・。

この期に及んでも嘘八百並べ立てる夫。
人として、男として、本当に哀れに思う。
調停員さんや、弁護士たちも、
みんな彼がおかしい!と重々分かってくれた。

彼が私に慰謝料を払うことになり、
久々に見た彼の姿は、皆が言うように
穏やかな人間が放つオーラではないと思った。
さようなら、私が愛した人。
短い間だったけど、養ってくれてありがとう。
一度は、一生を添い遂げる契りを交わした人だったから、
もう2度と会わないかもしれない終わり方を迎えた この結果に対して、
少し悲しく感じる。

これからの私は、私自身を大切にする。
おかしなことは“おかしい!”
間違っていることに対して“間違ってる!”
ちゃんと意見を言う。頭ごなしに私を否定するのではなく、
お互いに意見をいいあって、より良い方向性を出していけるパートナーを見つけたい。
これが当たり前のことだけど、当たり前のことができなかったから。
より良い答えを出したくて、意見をぶつけると、
精神的にダメージを与えられることが多かったのだ。

どちらかが我慢したり、犠牲になったりすることなく、
夫・妻だから立場が上・下なんて関係なく、
人として、個人として、対等な人間関係を築くこと。

こんなに辛い思いをしたのだから、
今後どんな男性と一緒になっても、
ありがたさを感じられるんじゃない・・・?とすら思えてしまう(笑)。

とても美しかったので撮った、ある日の朝日

さぁ、新たな出発だ!
すごく大きなダメージを受けたけど、
今 私は健康で何でもチャレンジできる
これは幸せなことだ。

そして、私にはとても温かい家族がいる。
いつも私の幸せを願ってくれる両親、兄弟たち・・・本当に幸せだ。
私、絶対幸せになるぞ!
前向きに前向きに、とにかくがんばっていこう

心を伝えた

February 21 [Sun], 2010, 11:31
「好きです!」とは言ってないけど、
好意を持っていることを伝えた。
やはり、恋は楽しいと思う

送られてきたメールの文面から、相手の表情、心・・・
いろいろ想像する。
ワクワクすることって人間には必要だ。

それなりの経験をしている相手だからか、
私のペースを乱そうとせず、ほどよい距離感を保ってくれる。
好意を表したからといって、けして強引に来ないところがオトナだと思う。

男を見る目がない・・・といわれることが多い私。
ゆっくり相手の心を観察し、
ずっと過ごせる相手かどうかを見ていこう。

ときめき

February 11 [Thu], 2010, 13:44
取引先で、少し気になる人がいる。
初めてお会いしたときから、とても印象の良かった人だ。
その時は私、結婚していたけど。
今も、戸籍上 まだ離婚はできていないけど、
すっかり気持ちは片付いている。

「恋」・・・
してもいいよね
もうすぐ仕事を辞める。
気になる彼にも、お世話になったご挨拶をしなきゃ。
その時に、私の気持ちを表現してみようかな。
いろんなことがあって、
「素敵だな・・・」って思う男性は滅多にいないから、
その彼はとても貴重な存在だと思う。

後々、やっぱりあの時 気持ちを伝えればよかった・・・
なんて後悔するのはいやだ。
ちょっとドキドキするけど、
勇気をだして、メールしちゃおぅかな・・・
うんうん!そぅしよう!!

夫との出来事で、辛い思いをしたけど、
こんな風に新しいトキメキを感じ、
誰に気兼ねなく新たな恋愛をできることって、幸せだ

上を目指して

February 09 [Tue], 2010, 17:55
上を向いて歩いていこう。
この先どんなことがあっても。
今までにも、思わぬ出来事があったから、
きっとこれからも辛いことは絶対ある。


でも 心に1本筋を通して、守るべきものは守り、
自分を信じよう。

神様は、自分自身の心の中にあるのですよね。
嘘をつかず、心に無理せず、正直に生きていこう。

新しい道へ・・・

February 09 [Tue], 2010, 8:45
進むことに決めた!
1ヶ月足らずだけど、海外で勉強してきます。夫と離婚を決意したときもそうだったけど、
また さらにステップアップを目指して、
今まで“行きたい・・・”と思ってたけど行けなかった語学留学へ
行くことに決めた


この不況の時期に、留学に行くなんて
サッサと仕事を探すべきじゃないの
って気持ちも少しあったけど、
これまでに、いろんなしがらみがあって行けなかったことだから。せっかく自由な身になったし、このチャンスに行かなくちゃ!!
という気持ちになった。
「あの時、行っておけばよかった・・・」なんて後悔は、
もうしたくない。


両親も、「リフレッシュと勉強を兼ねて、がんばっておいで!」
と言ってくれた。
本当に、本当にありがたいことだ。
仕事を始めたら、当分 海外に行けないもの。。。
だから、帰ってきたらしっかり働くぞ!!
心配かけまくった両親に孝行するためにも!
そして、私自身が納得できる人生にするために・・・。
自分の力を信じよう!

朝日が昇る前に・・・

February 08 [Mon], 2010, 13:52
朝日が昇る準備をしている。
朝焼け、キレイだな。
自然ってすばらしい

私の心もこんなカンジ

うたがい

February 05 [Fri], 2010, 21:39
ボスは素晴らしい方だけど、理解できないことがある。
ボスには信念があるようだが、明らかに違法なことをしている。
社員みんな かよわい女の子。
親に甘えられる年齢だったら このまま働けるけど、
私はそうはいかない。

ボスのお嬢さんが経理担当をしていて、
私はお金の流れを知らなかったが、
たまたま経理のデスクを見て、“知能犯だ!”と分かった。

どう考えても、おかしい!と、前から思っていて、
私は先月、ボスに退職の意向を伝えた。
やりたいことがあったから・・・というのもあるが、
ここで働けない!!と確信したからだ。

ここで働くのはあと少し。
扱っているのは素晴らしい商品で、
社会に広めるべき商品かもしれない。
今後、商品が世に浸透して利益が出たら、本当に皆に配分するのだろうか?

まだ小さな会社だからね・・・と言ってたけど、
小さな会社だからこそ、リスクは大きい。
最低限の法律は守るべきではないか。

社員みんなが、人生の大切な時間を費やしている職場。
被害妄想かもしれないけど、
普段からお客様に対してもお話上手なボス。
だから社員もみんな、前向きで頑張り屋さんが残ってる。
でも、みんな、騙されているのかもしれない・・・
このままでいいの?

退職することが決まった私だが、どうすべきか少々考えてしまう。。。

美しい色合い

January 27 [Wed], 2010, 21:10
美しい空の色どんなに絵が上手な人にも、
こんな色は出せまい。


心をほぐす色・・・

なぜ、夕日が沈むときに夕焼けができるんだろ?
今日の空はなぜこんなに美しい色なんだろ?


光の角度やら、その日の湿度など、
いろんなことが関連して、今日だけしか見れない空が広がってる。

空って偉大だな。
それに比べたら、人間は本当に小さな存在。
宇宙規模で見たら、人間が思い悩むことは、
本当に小さな小さなことだよね。


こんなに美しい空を見れたことに感謝。
そして、毎日を清い心で過ごそう。



お父さん、お母さん、心からありがとう。

January 09 [Sat], 2010, 22:56
私が出演するイベントを父が見に来てくれた。
この年になっても、わざわざ見に来てくれる親がいてくれること、
そして、ペットの面倒を見てくれる両親のおかげで、
安心して泊りがけの仕事ができることが、
とてもありがたいことだと思った


私の写真を撮っている父の様子が、とても年を取って見えた。
昔から、よく写真を撮りに来てもらっていたころに比べると・・・
そりゃあそうだよね。私も年をとったもの。。。


早く親孝行したい・・・
というか、早く両親を安心させてあげたい!!
そんな気持ちになった。


私の離婚が成立するまでに、まだ時間がかかりそうだけど。。。
夫が、こちらの希望に応じなくても、
私が早く幸せになるために一歩踏み出すための時間のことを考えると、
悔しくてたまらないけど、早くキリをつけたほうがいいのだろうか・・・?


優しい両親は、私の気持ちが治まるように、
やれるだけやればいいよと、どんな方法を選ぶにしても、応援してくれるけれど。


両親の存在は、本当に本当にありがたいーある朝の日の出の空―
とても美しくて、思わず写真に収めた。

お父さん、お母さん、本当にありがとう。
たくさん心配をかけて、ごめんなさい。
早く、安心してもらえるよう 私、がんばります

ゆっくり歩んでいるからこそ見えるもの

January 04 [Mon], 2010, 14:15
昨日 見に行った藤城清治さんの作品展で、
もう1つ心に留めておきたい言葉があった。
藤城氏は、たくさんの作品を仕上げるにあたり、
いろいろな場所に出かけてスケッチをする。
以前は、スポーツカーをぶっ飛ばすのが好きだったが、
今は、ウォーキングを好むそうだ。

それは、スピードを出していれば気がつかない発見があるから・・・と。


私は、人生の選択を見誤り、長い停滞をしてしまった。
そして、抜け出した今もまだ本調子が出ず、ゆっくりスピードだ。
でも、藤城氏のこの言葉で、あせる気持ちが心が少し落ち着いた。


順調に進んでいたら、気づかなかったことがある。
・家族のありがたさ。
・私の周りの方々(家族・友達)がいかに素晴らしい人たちであるか。
・自己を確立し、強引さに振り回されないようにすること。


“経験に無駄はない”と信じている。
だから、夫との結婚期間で考えたことも、無駄にしたくない。
早く昇華していこう。
きっと「あの時期があったから良かったのだ!」と思える日が来るのを信じて。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:月のしずく
読者になる
お月様のように、優しい光を放つ人でありたい。
最新コメント
アイコン画像中山牝馬ステークス
» 晴れやかに (2011年09月08日)
アイコン画像ビーチ案内
» 晴れやかに (2011年09月03日)
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/churasky/index1_0.rdf