なんだか忙しい。 

December 05 [Tue], 2006, 23:14
師走だからか?

ほとんど家にいるのになんだか忙しい。





まず、りうぼうの風邪。
ず〜っと引きこもりになって暖かくしていたらやっとりうぼうは治りかけてきた。
でも咳と鼻は相変わらず。
本当長いな。


しかしその風邪、旦那氏にもうつった。
というか、旦那氏も一週間前くらいに引いていて、治ってたのにぶり返した?
前回お医者さんに処方してもらった薬を捨てた途端にぶり返したらしい。
なんで捨てるかな。

でも旦那氏は職業柄、40度の熱があってもとりあえず職場には行かないといけないらしい。
なんだそりゃ。
幸いまだ熱は出てないけど、普段あまり風邪を引かない人が風邪を引くと重症化するよね。
気をつけないと。


そして今一番悲しい出来事。
まだ一ヵ月半のまなちんまで風邪を引いてしまった。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

ちっちゃい体でゴホゴホいってるのは見てるだけで涙ちょちょぎれます…(ノ_・、)シクシク

風邪がまだ鼻出るくらいだったとき、医療センターで心臓を診てもらうついでに風邪のことを聞いたら
「こんだけ小さくても風邪はうつらないことはないよ。
ただ、まだ小さいからむやみに薬を使うのもかわいそうだから
咳や鼻のせいで母乳飲むのに支障が出るくらいになったら病院で診てもらったほうがいいかもね」とのこと。

なので、引きこもってずっと様子を見ておりました。


しかし、引きこもってると感染源(=りうぼう)がいる。
しかも、寝かしつけのとき、あたしが寝てるすぐ横にはまなちん(添い乳)、さらにその横にはりうぼうが寝てて
あたしがりうぼうの手を握ってないと寝てくれないのだ。
添い乳しながら手を握る…全く身動きできなくて結構つらいよw

まぁそれはいいんだが、その体勢でりうぼうは咳をする。
ものっすごいウィルス入ってそうなやつw
そしてもちろん、口を押さえたりしない=まなちんに降りかかる…(≡д≡) ガーン

本当、わざとまなちんに咳降りかけてるんじゃないかと思うくらい、咳かけてる(;`O´)oコラー!
仕方ないんだが、これでまなちん風邪引かないわけないよな…(ノ_・、)シクシク


で、今日見かねて小児科行ってきた。
まなちんを診てもらいに、ついでにりうぼうも。

りうぼうは普通に風邪、薬もらった。

まなちんも普通に風邪だと思われるのだが、
「こんだけ小さいと、熱は出てないのにものすごい重症になるときがあります。
様子を見て、呼吸が苦しそう、母乳の飲みがよくない、ということがあったら医療センターにかかったほうがいいですね」
って…(=TェT=) ゥワーン
怖いなぁ。

まなちんにかかりっきりになりたいんだけど、そうするとりうぼうが怒る怒る。
これが精神的につらいな…
まなちんゴホゴホ言ってるのになぜかりうぼう抱っこ…

あたしをもう一人ちょ〜〜だい!!!!!




まだまだすることがなんだか盛りだくさん。

@まなちんのお宮参り
 まずは風邪治さないと行けないな。

A引越し業者決める
 明日見積もりにきてもらうんだ。
 業者頼むの実は初めて。
 結構高いのね…どこがいいのかしらん?
 旦那氏は5万以内!っていうんだけど、
 あたしはできれば梱包&開梱もやってもらいたい…
 やる暇ないんだもん。
 でもそうすると軽く10万は行くのね(;-_-) =3 フゥ
 今年中に引っ越しちゃいたいのに年末は高いとかで
 もしかしたら1月になるかも…
 なんかやること残して年越すの嫌だな…

B年賀状作る
 なかなかいい写真が撮れない。。。

C引越し準備
 荷造り…子どもが寝てからじゃないといろいろできない…
 ってか着れない服が大量に出てきた。
 フリマに出店したいが…一人じゃ嫌だww

D電気・水道・ガス・市役所・アパート管理会社・ネット・コープ…もろもろ引越し連絡
 嗚呼面倒くさい。
 しかも引越し先、内覧ができないらしく(みんなど〜してるんだ?)間取りだけでいろいろ決めなくちゃならない。
 それにネットができるかどうかも問い合わせたんだが、「わからない」と…なんじゃそりゃ(╬◣д◢)
 ネットの連絡って早めにしないと新居で長いこと使えないんだよね。
 ネットが使えないと手続き方法もわからんし…困る。



あぁ〜結局何も片付かないまま日だけが過ぎていく…
神…降りてこないかなw

楽あれば苦あり 

November 30 [Thu], 2006, 23:12
苦あれば楽あり。


とはよくいうが、今のあたしは
「楽あれば苦あり」だな。



「楽」は、こないだの日記にも書いた県営住宅当選。

入居審査にも行ってきたし、ちゃんと通りそう。



で、「苦」。


月曜夜からりうぼうがまた発熱。。。
月曜夜は38度くらいだった。
鼻とひどい咳も。

火曜の朝の占いで、めざましの星座占い、
獅子座最下位。
特ダネの血液型占い、
B型最下位。

…なんか嫌な予感はした。


で、朝一でおかんにもついてきてもらって耳鼻科に行ってきた。
りうぼうと、ついでにあたしも。
りうぼうの熱はこのときも38度くらい。


で午後はまなちんの心臓の検診で医療センターへ。

まなちんの心臓の穴はふさがってた♪\(^O^)/
これで安心だぁ。

…でも安心する暇もなく、かなりりうぼうが熱くなってきた。
熱を計ったら39、9度!!
また耳鼻科にトンボ帰りして座薬をもらって帰る。

夜、何やっても粉薬を飲まないりうぼうに
ヨーグルトに混ぜて、旦那氏と二人でやや力ずくで飲ませた。

ら、吐かれたΣ( ̄□ ̄;)


で、ちょっと無理矢理すぎたかな、と、1時間くらい経ってから今度はポカリに入れて飲ませた。

ら、また吐かれた(´□`)


親になると不思議なもんで、子どものゲロなら手で受け止められるもんだね(^^;)

…すっげぇ手ぇ臭かったけど(+_+)



翌日、県営住宅の入居審査。
りうぼうの熱はまだ38度くらいあるけど、この予定はずらせない。
旦那氏実家に行ってりうぼうだけ預かってもらう。

結局熱は上がったり下がったり。
鼻はガビガビで息苦しそう。


で困ったのが今日。
月曜は旦那氏いたし、
火曜はおかんいたし、
水曜は旦那氏実家にお世話になってたのでなんとかなった。

でも今日は一人だ。

りうぼうは熱で弱ってるからほとんど抱っこ。
まなちんはバウンサーに乗せて足で揺らしてる状態(-_-;)


りうぼうが昼寝したつかの間、ゆっくりしてたら
今度はなぜか今朝から止まってたあたしの咳が急に止まらなくなった。
あまりにひどい咳込みでまなちん抱いたまま二回も吐いてしまった。

…なんだかどん底(^^;)


今もりうぼう抱いてるので、お腹空いて泣いてるまなちんにおっぱいやれず、ヤキモキ中。。。
もうすぐ旦那氏が帰ってくるのでそれまで我慢してくれ、まなちん…(ToT)
あたしの精神的にもまなちんの泣き声はキツいです(;_;)


でも今のあたしには「楽」があるからがんばるぞ〜。
お〜…

とととととととととととととと!!! 

November 24 [Fri], 2006, 18:42
ととと当選したぁ〜〜〜!!!!!!






何にって?


県営住宅に。
たった今ハガキに気付いたのさ。







毎月の家賃がもったいないから、県営住宅応募してみる?
って応募し始めたのが今年4月。

今回で3回目。


1回目は募集2戸に対して148の応募。
落選。
2回目は募集1戸に対して22戸の応募。
補欠(順位2位)。
↑これ、繰り上がるかなぁってかなり期待してたんだけど、だめだった。
いつも2LDKの募集が多いんだけど、
この回は3LDKだから本当に当たってほしかったんだよなぁ。


で、今回。
募集1戸に対して62の応募。
で、当選だって。
ヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー!
臨月の腹抱えて役所までとりに行った甲斐があったよ。
2LDKなのがちょっとひっかかかるけど、そんなこといってられません。


だって、今払ってる家賃8万5千(暴露w駐車場込ね)が
2,3万?4万くらい?になるんだよ??
飛びつかない手はないね★

しかし、ついこの間今のアパートの契約更新したばっか…
((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!
でも更新料ナシだからまぁ許すか。
家財保険の2万だけ。


今回あたしが応募した県営団地は、建物も築10年で結構キレイ。
敷地内にちっちゃい公園もあるし。
1階じゃないことを願うばかりだよ…
あと駐車場の空きもあってほしいな。
あ、あとプロパンじゃないといいなww
たけぇんだもん。



まだ資格審査とかあるけど、大丈夫…なはず。
うまくいけば、12月25日が入居予定日だって。
うわ〜忙しい時期真っ只中じゃないか。
しかも乳児いるしΣ(´□`;)ハゥ


ちなみに場所は、越谷です。
実は旦那氏実家に非常に近いのだ |皿 ̄)q゙ウシシシシ
駅からは遠いけど、最寄は東武線の大袋か、埼玉高速鉄道の浦和美園かなぁ。





…って引っ越す気満々になってるが、
まず資格審査とやらがあるんだよな…
嫌だな、書類関係苦手なんだよ、あたし…。

ドタバタ毎日。 

November 22 [Wed], 2006, 18:39
やっとPCが開けましたw
なんだか日中はまだ余裕がないからPCどころじゃないなぁ。

今のところなんとかやってます。




まず帰ってきた、月曜日のこと。
あ、帰ったのは日曜の夜だ。
足立まで旦那氏に迎えに来てもらって
旦那氏とあたしとまなちんと荷物で帰ってきた。

ご飯食べたり、荷物運び入れたり、荷物ときをしてたら3時くらいになっちゃって
しかもそのくらいからまなちんずっと起きてて8時まで寝られず、
朝8時から12時までなんとか寝た。

で、旦那氏とまなちんと3人で旦那氏実家へりうぼうを迎えに行った。
前みたいに拒否られなくて、とりあえず、(´▽`) ホッ
にこにこしてなんだか普通に接してくれました。
こないだは突然の妹が受け入れられなかったのかな。

丁重にお礼を言う。

まなちんとのゆっくりとした時間を過ごせたし、
それになんだかあたしの風邪は一向に治らなくて
夜中咳き込んであたしは寝られないし、咳でまなちん起こしちゃうくらいだし助かりました。

ところが旦那氏実家、りうぼうの看病に加え、りうぼうの生活に振り回されてお義母さんと義妹さんがダウン。
熱で寝込んでました(゚o゚;



そんで、まなちんの一ヶ月健診へ。

体重 2970g→4080g
身長 50,0cm→52,7cm

ちゃんとでかくなってました(´▽`) ホッ


んで、美園イオン行って遊んで帰ってきました。



何よりお風呂と寝かしつけが不安だったんだけど、
旦那氏がいたのでお風呂は問題なし。
りうぼうの寝かしつけも旦那氏が半分くらいやってくれたので
楽チンC=(^◇^ ; ホッ!
夜中も何回か起きたけど、ちょっとあやせば寝てくれた。

退院して、足立に帰った最初の夜はあやすどころじゃなくて、
抱っこもさせてくんなくて泣きながら飛び跳ねてたの。
本当、まさに釣りあがったばかりの魚みたい。
ビチビチビチビチ跳ねてて、途方にくれたよ。

だからなんだか拍子抜けw




で、翌日火曜日。
この日からがあたしの勝負だぁ〜と思ってた。
あたしが手を離せないときのりうぼうの相手役がいないわけだし、
旦那氏は朝早いし夜遅いからお風呂からなにから全部やらなきゃ。

りうぼうはとってもわがまま&あたしにべったり。
でもなるべく付き合う。
ど〜にもなんなくて二人抱っこもしたよ。
片手にまなちん、片手にりうぼう。
10秒持ちませんw

で、食料がないのでお昼にジャスコに行く。
まなちんはスリングに入ってるとほとんど寝てるのでラクw

なんだか買い込みすぎてしまい、パン屋で昼ごはん。
面倒くさいのでりうぼうをカートに乗せたまま食べていたんだが
りうぼうも座りたいと主張し始めたので椅子に座らせた。
したら、まなちんが泣き出した。
そろそろおっぱいの時間だったので周りに人がいないのを確かめ、隠して授乳w
うまいもんよww

でも授乳中りうぼうが脱走しようとしはじめた!Σ(▼□▼メ)
脱走しても追いかけられないのでひっつかまえてカートに。
そしたら抱っこしてぇ〜〜〜!!!と大泣き。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!
注目を浴びながら帰ってきました。。。。(( T_T)トボトボ


お風呂は、なんとかなった。
あたしとりうぼうが先に入ってる間、近くにバウンサー
でまなちん置いとくんだけど、まなちん泣かせっぱなし( -.-) =зフウー
コレは仕方ないかな。


寝かしつけは、時間がかかった〜。
20時に寝室行って、結局寝たの23時。
まなちんにおっぱいあげてるとき上に乗られたりしてかなり苦しいんだけど、
笑顔で対応したり、手が空けばりうぼうの相手をしてたら安心したようだw
でも寝かしつけって言ってもとりあえず寝っ転がってるだけだから
あたしの休息にもなるしいいわ。

なんだかドタバタはしてるけど、なんとか生活のリズムはできてきたかな?
困難はこれからかな?

今から帰ります。 

November 19 [Sun], 2006, 18:38
4週間弱滞在した実家から、川口に帰りま〜す。



あぁ、どんな日々が待ち受けてるのか・・・想像できません。

だって、お風呂の順序もなんだかなんとなくしか想像できないよ。
どうなるかしら〜。
当分バタバタ頑張ってみます☆

10月20日お産日記。後編。 

November 11 [Sat], 2006, 17:30
コレで最後で〜す☆^∇゚) ニパッ!!

*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:




救急車に乗ってから、陣痛の間隔が少しだけ開くようになった。
それでも2分くらい?
担架の上で横向きにうずくまってるんだが、変に動くと落ちそうで、痛みの間もあまり動けなくてつらい。

またまた陣痛が来るたび、目の前にいる救急隊員さんの手をひっかきまくった。


全く周りが見えていないあたしに旦那氏が
「あと5分で着くよ!頑張って!!」
・・・あと5分もあるのかよ〜il||li _| ̄|○ il||li

2、3分後・・・
旦那「あと5分だよ!!!」

あたし「さっきあと5分って言ったじゃぁぁぁ〜ん・・・ヽ(TдT)ノアーウ…」(←陣痛の合間だったのでツッコめた)

救急隊員「(゚m゚)プッ」



そして赤ちゃんが出てこようとする感覚はさっきにも増して強くなってくる。
ずっと自分で強く押さえていたのだが、担架の上で、アソコを押さえてる姿勢って結構しんどい。
ので、横にいる旦那氏に押さえといてもらうことにした(よく考えると旦那氏からすりゃすごいことお願いされたな、って感じだよね)。

でもやっぱ人に押さえてもらうんじゃ、足りない!!
出てきちゃう〜〜〜!!!
「もっと強く〜!!強く押さえて〜〜!!!」
と叫ばれて、旦那氏も必死。


でも、救急隊員さんに
「あんまり強く押さえちゃいけないよ〜。
出てこようとするもの無理に押さえ込んじゃいけないんだよ」
とか言われて
旦那氏は「なるほど〜」とか言ってたけど、
あたしは、「そんなはずはない!!!!」と変な自信を持ち、
結局、また自分で思いっきり押さえ続けていました。

すっごい力で押さえてないと、本当出てきちゃうと思うくらいだったんだもん。

あとから助産師さんに聞いたら、やっぱり強く押さえててよかったそうです。( ̄▽ ̄)V イエーイ!
産院に運ばれてきて、担架に乗ったまま押さえてるあたしを見て
「この人・・・エライわ・・・」と思ったらしいw


そんなこんなでなんとか産院に到着。
担架のまま分娩室へ直行。
分娩台の上へ。

フリースタイル出産(好きな格好でお産する)がしてみたくてココ選んだのに、分娩台〜?(/TДT)/・・・・

分娩台に乗って、両足を開いて仰向けでいきむ体勢は、
会陰に無駄な力がかかって切れやすい、とか、
重力に逆らって生み上げる形になるから(超便秘のときに足広げて寝て出すなんて考えたらおかしいでしょ?)いきみにくいとか、
何より前回のお産でつらかった姿勢だったので、
分娩台で仰向け、足を開くのは嫌!!と思って
分娩台の上で横向きに寝かせてもらった(快くOKしてくれたよ)。


どうやらまだ頭は出ていなかった様子。

ヴ〜〜〜〜ッていきみたくなるのを、
助産師さんのリードでファ〜〜〜に。

力を抜かないと、会陰付近の筋肉に力が入って固くなってしまい、
頭が出てこれないそうだ。
目からうろこ☆
それまであたしは「赤ちゃんはいきんで出すもの」だと思ってたよ。



陣痛の波のたびに何度か頭が出たり入ったり(排臨)。
これを何度か繰り返すことで会陰が自然にキレイに伸びるそうだ。
でももう早く出しちゃいたくなってるけどねw
我慢。


実はまだ破水してない。
救急車内で破水してたら、救急車一台まるまるクリーニングしなきゃいけないそうで、面倒だったらしい。
(産院がなにやら指導を受けるそうw)
よかった、車内で破水しなくてw

でもここまできてもなかなか破水しない(丈夫な膜ね〜と言われたw)。
ので破膜(膜をつっついて切る)してもらった。
温かい羊水がばぁっと出る。


そして何度か出たり入ったりを繰り返したあと、
頭がはさまって戻らない状態に(発露)。
なんか変な感じw
助産師さんに
「頭でてるよ〜、もうすぐだよ〜。頭触ってみ」と言われて
触ってみる。



・・・頭だ。
意外と小さい。
めちゃしんどい最中なのに泣きそうになった。

この子が、今(はさまりながらw)頑張って出ようとしてるんだ。
あたしが痛いだの、助けてだの叫んでる場合じゃないな・・・



そのあと、2回の陣痛で頭が出きって、あとは肩と身体。

普通は赤ちゃんの顔はあたしの背中側を向いて出てくるのだが
この子はお腹側向いて出てきたw
助産師さんが
「あら、回旋しすぎちゃってこっちむいてるわw」と・・・。

赤ちゃんは産道を通り抜ける際、ママの骨盤の形に添って
横になったり縦になったり回りながら出てくる。
そうじゃないと、どっかの骨にぶつかって出てこられなくなったりもする。

だから・・・本当だったらこの状態、なかなか出てこなくて難産になったり、
帝王切開になる場合もあることなんじゃ・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・
どうやらあたしは骨盤が広いらしい。
ケツがでかいってことか!!
まぁ、そのおかげで出てこれたんだし、でかいケツに感謝するかw


「次の陣痛で全部出るからね〜。ファ〜〜で頑張って!」
と言われたものの、つい、いきんでしまった。



4:07am
分娩室入ってから30分弱。

真愛誕生。
元気な産声をあげてくれました。


へその緒がつながったまま、カンガルーケア。
ママの胸の上に乗せるの。
それまではうにゃ〜うにゃ〜泣いてたのに、
あたしの胸の上に乗ったら、泣き止んだ。
やっと会えたね、よく頑張ったね、お疲れ様。

出てきてすぐだから、身体を拭いたりもしていないのに
全く血もついてなくてきれいな真愛。

旦那氏がへその緒を切る。



注目は旦那氏の腕!!引っかき傷だらけ(^-^;かわいそうw


10月20日お産日記。前編。 

November 05 [Sun], 2006, 21:53
今回の分が、一番恐怖を感じるところだと思うのでw
やめといたほうがいいな・・・と思う人は自主回避で!!w
えへへ、気になるでしょw


*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:

10月20日金曜。
予定日3日前。




横になってると、突然の陣痛に対応しきれなくなってきたので
どーせ寝れないし、あぐらをかいてウトウト・・・
しては痛みに耐える!!の繰り返し。

あまりに弱っていたので凹み日記書いたくらい( -.-) =зフウー


そしてやることがないのでまた陣痛の間隔をメモし始めた。

0:57
1:08
1:12
1:16
1:21
1:28
1:36
1:45
1:54
2:03
2:08
2:11
2:17
2:25
2:29

・・・よくよく見てみると、かなり間隔狭いなw
でも、長いときもあるし・・・バラバラ。
痛みは少し強くなってきたようにも思えたけど、
精神的に弱っていたのでそう感じただけかな、と思っていた。





そして、運命のときが来た。


2:36

この陣痛が終わった後、あまりの眠さにあぐらをやめて、クッションにもたれかかってちょっと寝た。



うとうと…
・・・

チリチリ・・・(←陣痛の前触れ)
あ、そろそろ来るぞ・・・と起きる。
いつものように時計を見る。
あれ?11分開いちゃった・・・またかよ・・・



2:47

どか〜ん!!!!!




なななんだこの痛みっ?!
ちょっとさっきまでのとはレベル違いになってるぞ?!

「いったぁああい!!ひいいいいい」


さすがに旦那氏起きた。
「どうした?陣痛か?産院行くか?」
「いくぅ・・・」




すぐに産院へ向かう準備をした。
旦那氏がコンタクト入れたり、洋服持ってきてもらったり、ほんの5分くらい。
その間にも陣痛は来る。
2:51
2:56

痛みがハンパないので、陣痛が終わった後も動けるようになるまで少し休憩が必要なくらい。
でもそうすると、陣痛の間隔が狭いのですぐ次の陣痛が来ちゃう。
なので、ズボンは着替えられないまま(穴開いたジャージのままだよ・・・)、上着だけとりあえず着た。


その次の陣痛(もうメモどころじゃない)。


どっかあああああん!!!!!!

!!
!!!
!!!!
!!!!!
さっきのから少しずつ強くなってはいたけど、ケタ違いにまた強くなった。



「!!!!!!」


それに加え、股に赤ちゃんの頭を感じた!!!!




もう立っていられない。
玄関で崩れるように倒れて、痛みをこらえる。
旦那氏が抱き起こしてくれようとするが、無理。
旦那氏に爪をたて、二の腕を思いっきり噛んだ(あとですごい痣になってた(´ロ`;))。


陣痛が去って、少し休憩(しないと動けない)したあと、とりあえず、玄関を出た。

ら、陣痛!
今度は玄関の階段のところに倒れた。


あ、赤ちゃんが、赤ちゃんの頭が押してくる!!!

「いやだぁあああああああ、赤ちゃん出ちゃうううううううううううううヴヴヴヴヴヴ!!!!!!」


・・・夜中の3時。
近所迷惑だということは頭の中にちらっと浮かんだが、もう、あまりの痛みのため、叫ばざるを得ない(家の中のときから叫んでたけどね)。



次の陣痛までの間に階段を下りる(ウチは二階)。
あともう少しで下りきるところでまた次の陣痛!!

「赤ちゃんがああああああぁぁぁ、赤ちゃんでちゃうよぉぉぉおおおおおおお!!
だめぇぇぇぇええええええここじゃだめえぇぇぇぇえええぇぇぇぇぇえええええええ!!!!」

・・・叫ぶ叫ぶ。
(ご近所さん、本当にごめんなさい)
そして階段に崩れるように倒れて、頭を打つw(←なんとなく覚えてる。あとでコブあったしw)


旦那氏が
「救急車呼ぶか?」
って聞いてくれたんだけど、
お産に救急車は使っちゃダメ、って知ってたから
「いい〜車で行く〜ふぅ〜」(←陣痛の合間)
とは言ったものの、その場から全く動けない。

「痛いのわかるけど、車まで行かなくちゃ!頑張って!とりあえずあそこまで行かないと産院着かないよ!」
・・・って言われてもぜんぜん動けないんだよぉ!!!!

このとき、陣痛の間隔、1分半。極期。
・・・動けるはずがない。


そしたら、倒れてる目の前のおうち(その人の玄関の前で叫んでたw)の住人、Oさん(ウチの下の部屋の人、♂)が出てきて
「救急車呼びましょうか?」と・・・。

旦那氏に断ったあと、あまりに動けないんで断ったことをちょっと後悔し始めてた(そんな余裕ないが)ので
神様のように思えた。


Oさんと旦那氏が電話にかわるがわる出て、救急車を要請。
その間も叫ぶ叫ぶ。

意味不明なこと叫んでりゃいいのに、
「赤ちゃん出ちゃう」だの、
「ここじゃだめぇ」だの、
「助けて〜」だの言葉にして叫んでるもんだから、本当迷惑だったろうなぁ。。。
お詫びの挨拶回りが今から怖いです・・・。

そしてあたしは気付いてなかったんだけど、Oさんの彼女(奥さん?)も出てきてたらしい。
そしてOさんのところはまだお子さんがいない。
結婚してるのか否かも不明だけど。

まだ出産してない女の人の目の前でこんな苦しんだ姿見せちゃって・・・
Oさんの彼女さんが「私もう出産怖くてできない!」とか言い出さないか不安です・・・。

10月19日お産日記。 

November 02 [Thu], 2006, 21:46
ずっと、今回のお産をしたら記念にそのレポートを書こう♪と思っていました。

ちょっと長くなるから、なかなか書く気にならなくてようやく重い腰を上げました(^-^;



今回は前回と真逆の「自然なお産」をしたいと、
麻酔も、促進剤も、会陰切開も、浣腸も、剃毛も、極力しない方針の産院を選びました。

そして、「自然なお産」について、
「素敵だったよ〜」とかいろいろ語りたいと思っていたのですが。

・・・なんだかそういうわけにもいかなそうです(ーー;)
嘘を書くわけにもいかないし。
コレ読んで、お産怖くなっちゃったら嫌だなぁ。
不安な人は読まないほうが・・・いいかも。
でもただひとついえることは、今はもうあの痛みは忘れたよ(^ー^)ノ



*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.

10月19日木曜。
予定日4日前。

日付が変わって深夜2時頃、弱い陣痛が始まる。
間隔こそ10分間隔だけど、痛みが弱いので旦那氏は起こさずそのまま横になる。

5時頃、痛みが少し強くなってきたので産院に電話をするが、
まだ我慢できる痛みなので、まだ家で待機。

7時頃、気持ち間隔が狭くなってきたのでもう一度産院に電話をして、出発★
途中コンビニへ寄って朝ご飯を買う。
まだ余裕。

産院について、内診をすると、子宮口はまだ3〜4センチ。
こないだの健診と変わってないじゃん(;´д`)ゞ
でも子宮口は柔らかくなってきてるから、お産今日かもしれないね、とのこと。
ただ、赤ちゃんはまだちょっと上にいるらしい。

とりあえず、入院準備をして陣痛室に通してもらう。
NST(陣痛の間隔や、赤ちゃんの様子を調べるテスト。30分くらいお腹に機械を巻きつけてる)をやったら
なぜか陣痛が間延びしてきてしまい、15分こないことも。

「10分間隔の陣痛」ってのがひとつの基準らしくて、
一回でも10分を越えて伸びてしまったら、今までの陣痛はノーカウントになるんだそう。
今までのは「前駆陣痛」ってことになる。
母子手帳に書かれる「分娩所要時間」ってのも、陣痛が10分間隔になってからの時間をさすんだって。

ってなわけで、NSTが終わった後も陣痛室で旦那氏(今日生まれるとヤマを張って今日会社休みにした)と
スポーツ新聞読んだり、話したりしてたんだけど、
陣痛はどんどん軽くなっていくばかりなので、11時前、一旦家に帰ることに。
家に帰ってリラックスしたり、お風呂入ったりしてるほうが陣痛が進むことが多いらしい。


家に帰って、美園イオンへ行ってお昼ごはん。
そば屋さんで天丼セットをがっつり喰う。

そのあと、イオン内を散歩。
階段を昇ったり降りたりするあたしに旦那氏は降参。
あたし一人で散歩('A`)
陣痛強くなってくれ〜と思いながらあちこち歩き回ったんだけど、
あんまり効果は感じられず、帰宅。

旦那氏が休みの今日に何が何でも生まなくちゃ!と思っていたので
助産師さんの言ってた「熱いお風呂に半身浴が陣痛をすすめるわよ〜」の言葉を信じ、42度で半身浴w

しかし!

半身浴しながら「こち亀」読んでたらw
陣痛が30分来なくて(爆)慌てる。
赤ちゃん、両さん嫌いなのかな?w

なので、おっぱいマッサージをしてみる。
すると、弱めながらも5分間隔の陣痛がw( ̄Д ̄;)wワオッ!!
でも、おっぱいマッサージやめるとしばらくしてその陣痛もなくなっちゃう・・・(ノ_-;)ハア…

そんなこんなを繰り返し、夜に。

陣痛にあまり変化は見られなかったけど、いろいろやったし、
もしかして子宮口も開いてきてるかも?!と最後の願いを胸に
19時頃再び産院へ。

しかし、内診をしてもまぁ4センチくらい、
陣痛もまだまだ弱いので、また帰る・・・(/_;)


旦那氏は今日お仕事をお休みしたので、
明日からは休めない。
次の休みは月曜日。
っていうと・・・金・土・日と三日間、旦那氏は夜しかいないわけだ。

立ち会いを何より望んでいたので、すごく凹んだ。
じゃあ、生むなら月曜日!もう陣痛おさまっちゃえ!と思い、今まで一日やってた陣痛すすめる努力を全部やめて、もう寝ることにした。


・・・とは言っても弱いながらも陣痛はおさまってくれない。
ちょっと寝ては痛みで起きる、の繰り返し。
しかも、寝てるときに突然来る痛みって心構えができてないから耐え難い。
夢の中で夜ご飯に食べた旦那氏が作った焼きそばがお化けになって痛みとして襲い掛かってきたw
起きたらそれは陣痛だった、みたいな。

それに加え、昨日から寝てないことと、一日努力したのに報われなかったことがダブルパンチで
あたしの心も身体も疲れていて、凹みそうになった。
旦那氏は隣でグーグー寝ている。

*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.

ひと安心。 

October 27 [Fri], 2006, 21:30
まなちんのことです。
(本名あかしちゃったけど、こっから「まなちん」でいきます)

実は、ちょっといろいろありました。



退院の日、日記を書いて、退院診察をした後に言われました。


「まなちん、心臓に雑音が聞こえるからまた明日診察に来れる?
明日の診察の結果次第でまた翌々日とか医療センターで詳しく調べてもらうことになるかもしれない」



( ̄△ ̄;)エッ・・?



「心臓」に「雑音」、「医療センター」とな?!


いやはや、心中穏やかでない単語が。。。
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル



退院の日、義父母に送ってもらってそのまま足立に帰る予定だったんだけど
翌日も来なきゃならないってんで、イサム(愛車イプサムのことw)を連れてあたしが運転して大荷物を持って足立に帰りました。

助産師さんには「産後の運転ダメ!」って言われてたんだけど
電車乗り継いでいくよりいいっしょ。。。
実家車ないし、自営で仕事忙しい義父母に明日また足立〜川口の産院〜足立に送迎してくれなんて言えないし。



そして翌日、産院に心臓の音を聴いてもらいに行く。
雑音の大きさは変わってないそうで、
紹介状を書いてもらって、翌日の14時に医療センターの
小児科の心臓専門のDr.に診てもらうことになった。




普段、まったく健康で、よく飲み、よく眠るまなちん。
どこかに異常があるかもしれないなんて思いもしなかった。

正直、ショックは受けたけれど、まだ詳しく診察してもらわなきゃわからないわけだし、
ショックうけて凹んでてもまなちんは良くなるわけじゃないし。

なるべく、気にしないようにしてた。



なのに、報告を聞いた旦那氏は言う。
「心配だなぁ」


そりゃ心配さ!!
でもママのあたしが気にしないように気にしないようにしてんのにあおらないでくれ!!!
と(心の中で)思いつつ、翌日を迎えた。



産後の身体で一人じゃ手続きとかあって大変だと(助産師さんが)言うのでおかんに仕事を無理矢理休んでもらい、一緒に行く。



写真は、医療センターの待合室のベンチでのまなちん。
おっぱい飲んで満足気に眠ってます。


まず、身体測定。
前日産院で測ったときよりも85gも増えててあたしは大満足♪
(今回は完全母乳なので体重の変化に敏感なのだ)

そして専門のDr.に診てもらう。
心臓の音を聴き、エコーで心臓の動きを診る。




「・・・やっぱり少し雑音はあるね。
この雑音っていうのは、心臓の壁に小さな穴が開いてるから聞こえるんです。
でも、まなちんの穴は無視できるくらい小さなもの(1,3mm)なので
このまま経過を診ていきましょう。

この穴は自然に閉じることが多いので
このくらいだったら多分一歳のお誕生日迎える前には閉じると思いますよ。
早い子だと一ヶ月検診でもう閉じている子もいるし。

普段の生活で特に気をつけなくてはいけないこともないし、
本人が苦しいとかそういうこともないので大丈夫です。
良かったね」







\(*T▽T*)/
嗚呼、よかったぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



気にしないようにはしていたけど、やっぱりとても気になっていたので
胸のつかえが取れたような、ようやくほっとできました。

次回は一ヶ月頃にまた経過を診にいくそうです。



正式な病名は「心室中隔欠損」。
心臓には上から左心房・右心房・左心室・右心室と4つのお部屋があるのですが
下の二つ、左心室と右心室の間にある壁に1,3mmの小さな穴があいていて
血の流れの一部が堂々巡りをしているそうです。
でも心配のない程度だそうですが。


終わってどっと疲れてしまった。

あたしのほうはようやく悪露が(産後の出血ね)少なく、茶色くなってきてたのに
また赤い鮮血が出てきてしまった…
ちょっと動きすぎたんだな。反省。
っても仕方ないけどねぇ。
今日からはゆっくり過ごさせてもらいますε=(。・д・。)フー

退院です 

October 24 [Tue], 2006, 9:47
いよいよ今日退院です。
長かったような、短かったような…
ご飯がおいしいからもっといたいな。



昨日旦那氏がりうぼうを連れて面会にきてくれました。
りうぼうこんなかわいかったっけ?!と(親バカ)思った。

でもりうぼう固まったまま…
旦那氏がトイレに行ったりしてあたしと二人きりになると、
大泣きで抱っこもさせないように体ねじったりされました…

まぁ、予想はついてたんだけど、ちとショックでした(;_;)

でも真愛に興味はあるみたいで、足触ったり、抱っこしようとしてみたり、顔いじったり(怖い)してました。

これから退院で、琉真とも合流して里帰りするんだけど、大丈夫かなぁ。
何日かは不安定な日が続くのかなぁ。




最新コメント
アイコン画像ちゅらはちゅ
» ひと安心。 (2006年11月09日)
アイコン画像はなうさぎ
» ひと安心。 (2006年11月07日)
アイコン画像まー
» どーすんのよ、コレ・・・ (2006年08月27日)
アイコン画像ちゅらはちゅ
» どーすんのよ、コレ・・・ (2006年08月27日)
アイコン画像まー
» どーすんのよ、コレ・・・ (2006年08月27日)
アイコン画像はなうさぎ
» 妊婦の体重管理 (2006年07月12日)
アイコン画像ぐっさん
» 宿りました☆★☆ (2006年03月03日)
アイコン画像sayaka
» ヴィーナスフォート (2006年01月04日)
アイコン画像ちゅらはちゅ
» ヴィーナスフォート (2005年12月30日)
アイコン画像sayaka
» ヴィーナスフォート (2005年12月28日)
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/churachurara/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:churachurara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる