『文系教務主任の独り言』 

June 22 [Wed], 2005, 18:12
ここでは、受験・浪人期・キャンパスライフなどに関する見解を、我が中央アカデミーのチューター陣が、あくまで独り言として、掲載していくつもりです。

“独り言”であっても受験生にとって“他人事”ではない。そんなことがいえたら・・・

現在浪人中のみなさん、もし君たちに離れて暮らすおじいちゃん、おばあちゃんがいるなら、半年くらいそこいって受験勉強しておいで。(今からだと3ヶ月くらいがいいかな。)特に田舎なんてラッキーだな。だって図書館や予備校の自習室よりリラックスして勉強できるし、親のようにはなかなかあまえれないでしょ?なんとな〜くかっこ悪いとこ見せられないって言うか。
浪人生はよく友達付き合いを気にしながら勉強しなくてはならない、これがなかなか難しい。
一歩間違えれば、付き合い悪いと思われてしまうんじゃないかとびくびくしている。もちろん気持ちはわからなくもないが、冷静に考え、そんなことはあまり重要ではない。(友達のことではないよ。)だって勉強しすぎて友達いなくなった人いないし、じぶんも人に対してそんな感情抱くだろうか?そもそも友達との信頼関係はそんなことでは崩れないはず。それが友情でしょ。

受験期における一種の缶詰め生活、これは一見不健康にみえるが、実は、桃の缶詰めなんかと同じで、受験というふたを開けるその瞬間まで、自分をフレッシュに保つことができる。しかし、一旦誘惑にまけ、途中でふたを開けてしまえば、たちまち鮮度を失う。

勉強の仕方は人それぞれだが、やらなくてはいけないことはみなひとつ、“自分に勝つこと”
言い忘れましたが、残りの半年くらいは塾に行ったほうがいいよ!自分でできる勉強には限界があるから。そして、ここに塾の本来のありかたを見出せるかもしれない。
塾はただ勉強する場所ではなく、わからないとこを質問し、それをまた自分で解いてみることによって、解かるから出来るに変える場所だと思ってます。

まあ、あまり具体的なことは言えなかったけど、あくまで独り言ですから。
十人十色の独り言を、これからも更新していくので、どーぞよろしく☆

P R
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chuo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる