日本史19 

August 20 [Mon], 2007, 17:20
メール遅れて本当にごめんなさぃ;;昨日は、東大OP・講習の予習・ 飲み会(ぇ、、)で気がつぃたらこんな時間に…

みどりんのから遡るけど、テーマは「享保の改革」「田沼時代」「寛政の改革」!!

★享保の改革★…米重視
〔改革者〕
元紀伊藩主の徳川吉宗(8代)
〔重用した人〕
大岡忠相、田中丘隅『民間省要』、荻生徂徠『政談』、室鳩巣
〔内容〕とりぁぇず11個
・側用人廃止
・新田開発奨励
・上げ米の制(一万石につき100石の献米命令。見返りに参勤の在府期間半減。
ただし8年間で終了した。
→理由:幕府財政が好転したから(私大用)。将軍と大名との間の主従関係が動揺するから(東大用)。)
・定免法導入(年貢率を一定期間にわたり固定化する徴租法。それまでは検見法)
・堂島米市場の公認、株仲間の公認(センター向け)
・相対済し令(FOR旗本・御家人?)
・目安箱の設置(→小石川養生所の設置実現)
・足高の制(財政負担を抑えて有能な人材の登用を目指す)
・公事方御定書
・キリスト教系以外の漢訳洋書の輸入許可
・懐徳堂を準官学化(センター向き)
〔結果〕→失敗
幕府財政再建には成功。しかし農民層で貧富の差が進行。質地騒動(質流し禁令を出した幕府を支持して(!!)騒動を起こした)。享保の大飢饉(江戸で初めての打ちこわし)

★田沼時代★…流通重視
〔主要人物〕
田沼意次
〔内容〕
・9代将軍家重が病弱なため側用人政治復活
・株仲間の積極的公認(運上・冥加)
・南鐐二朱金
・長崎貿易拡大(俵物:いりこ・ほしわらび・ふかのひれ→中華料理の材料)
・蝦夷地開発計画(工藤平助『赤蝦夷風説考…』、最上徳内→千島派遣)
・印旛沼・手賀沼の干拓(→失敗)
・天明の大飢饉(浅間山噴火によりやませが起こる)
〔結果?〕
本百姓体制の崩壊

★寛政の改革★…米重視
〔改革者〕
元白河藩主松平定信(吉宗の孫)
〔内容〕
・旧里帰農令(旅費支給)
・囲米(1万石につき50石を貯蔵させる。民間にも社倉・義倉などで金・米を貯蔵させる)
・人足寄場(石川島に設置→離れ小島に閉じ込めちゃえwってぃぅ)
・七分金積立(町入用の節約分の7割を積み立て)←コレ重要!
・風俗粛正(衣服や出版、混浴など。観劇は禁止されていなぃ)
・寛政異学の禁(聖堂学問所における異学の講義を禁止、朱子学を正学とする)
・この頃、林子平処罰『海国兵談』『三国通覧図説』(←三国とは朝鮮・琉球・蝦夷)
・昌平坂学問所(聖堂学問所の官立化に際し名前が変わった)
・棄捐令(FOR旗本・御家人)
・尊号一件(大事!!これも吉宗Childrenを発端としたどろどろした家庭の事情が原因かと。家治の死はおそらく田沼によるものだし、田沼の突然の賄賂疑惑&死は定信によるものでは?これに関わる女性の存在、そして定信の失脚を図ったのは……!!)


はぃ、尊号一件は無難に覚えましょうね笑。論述問題として出される可能性もあるし昼ドラ部分は余計だろ笑。他は羅列だけどセンター頻出分野だからどれがいつかしっかり覚えよう↑↑♪



日本史18 

August 20 [Mon], 2007, 17:09
◎農業の発達
A.新田開発
・背景→農民からの安定した年貢確保が必要、米の生産高を増やして財政安定をはかる。
・代官見立新田→代官が開発した新田
・町人請負新田→都市商人が資本を出して開発した新田
B.農業技術の進歩
・農具
備中鍬(耕作用)
千歯扱(脱穀用)
踏車(灌漑用、竜骨車に代わって普及)
唐箕、千石どおし(選別具)
・農書
『農業全書』(宮崎安貞)
・肥料→下肥の他、干鰯、油粕などの金肥(購入肥料)
C.商品作物の栽培
・木綿、菜種、四木三草など
四木→桑、楮、漆、茶(山城、駿河)
三草→紅花(出羽)、藍(阿波)、麻(越後など)
※先生による覚え方
ぼくはこう茶、アベマリア

◎諸産業の発展
A.水産業
・漁法発達(網漁の普及)
・特産品
→鰊、昆布(蝦夷地、収獲後金肥に)
→九十九里浜の地曳網による鰯漁(採れた鰯は干鰯に)
B.製塩業
・塩の干満を利用した入浜式塩田(瀬戸内海沿岸)
C.鉱業
・金→佐渡、伊豆
・銀→生野(但馬)、大森(石見)、院内(出羽)
・銅→足尾(下野)、阿仁(出羽)、別子(伊予 民間請負)
・鉄→砂鉄を採集し、たたら精錬(出雲)
D.手工業
・問屋制家内工業(18世紀〜)
・木綿の普及
・名産品
→絹織物…京都の西陣織(高機の技術)、桐生絹(上野)、足利絹(下野)
→綿織物…久留米絣など
→麻織物…奈良晒など
→陶磁器…有田焼(肥前)、瀬戸焼(尾張)
→漆器…輪島塗(能登)
→製紙…流漉の技術普及、紙の普及で学問,文化発展、紙の生産地では専売制
→醸造酒…酒(伏見、灘)、醤油(野田、銚子)

◎交通整備
A.陸路
・五街道の整備(東海道、中山道、甲州道中、日光道中、奥州道中)←道中奉行によって管理
・一里塚、関所の整備
・その他、脇街道で全国網羅(各街道に宿駅を設ける)
・宿駅に問屋場設置…大名飛脚,継飛脚などの便。大名の宿泊施設(本陣)。伝馬役(町人,百姓負担の人足、馬)の手配。
・関所で厳しい取り締まり…「入り鉄砲に出女」
B.水上交通路
・整備の背景→多数の関所により、陸路での運搬困難…物資運搬には水路
・角倉了以による河川航路の整備
・南海路(江戸〜大坂)…菱垣廻船、樽廻船
・河村瑞賢による東廻り航路(陸奥〜江戸)、西廻り航路(出羽〜大坂)の整備

◎商業の展開
・問屋商人中心に仲間結成(江戸の十組問屋、大坂の二十四組問屋など)…独自の法(仲間掟)を定める
・幕府による仲間公認(18世紀〜)…運上、冥加の納入を条件
※公認された営業独占権=株、株を持つ仲間=株仲間

◎貨幣と金融
A.貨幣制度
・幕府が三貨(金、銀、銭)の鋳造発行独占
・金貨→金座にて発行…小判、一分金(計数貨幣)
・銀貨→銀座にて発行…丁銀、豆板銀(秤量貨幣)
・銭貨→銭座にて発行…寛永通宝(計数貨幣)
・藩札…藩が幕府の許可を得て発行する。領内のみで通用
・西日本は主に銀貨、東日本では主に金貨が流通
B.金融
・両替商により貨幣流通促進
・両替商の仕事…金貨,銀貨の両替(本両替)、預金、貸付、為替

◎三都(江戸・大坂・京都)の発達
A.蔵物(各地の年貢米、特産物)の流通
・江戸、大坂の蔵屋敷(各藩が設置)に回送
→→その後蔵元、掛屋などの商人を通して販売→→貨幣獲得
・札差が俸禄米を換金
B.民間流通物資
・生産地から直接商人が買い付け、流通,販売(→納屋物)

※江戸は武家、商人、職人が集中、大都市へ。大坂には多くの蔵屋敷が設置され、物資の集散地として繁栄。京都は西陣織や京染、京焼などの手工業関連が盛ん。権威のある都市でもあるため、幕府は重要視

◎元禄文化
A.特色
・上方中心←経済的繁栄を背景
・現世を「浮き世」とみる現実主義
B.文学
○俳諧
・松尾芭蕉
蕉風俳諧の確立…『奥の細道』『笈の小文』『猿蓑』
○浮世草子
・井原西鶴
→好色物…『好色一代男』『好色五人女』
→町人物…『日本永代蔵』『世間胸算用』
→武家物…『武家義理物語』
C.芸能
○人形浄瑠璃
・近松門左衛門
→世話物…『曽根崎心中』
→時代物…『国姓爺合戦』
・竹本義太夫(語り)…義太夫節、竹本座
○歌舞伎
・若衆歌舞伎の禁止→野郎歌舞伎へ
・常設の芝居小屋……江戸(勇壮な演技=荒事、市川団十郎)、上方(恋愛などの優美な演技=和事、坂田藤十郎,芳沢あやめなど)
D.儒学
○朱子学…大義名分論を基礎、封建社会を維持する教学
・南学…南村梅軒の門流。
→山崎闇斎…保科正之に仕える。垂加神道を説く
→野中兼山
・京学
→林信篤…徳川綱吉に仕える。大学頭になる
→木下順庵
→新井白石…徳川家宣,家継の侍講。自叙伝『折りたく柴の記』
→雨森芳洲
○陽明学…明の王陽明が始めた。知行合一の立場で現実を批判。朱子学と真逆
・中江藤樹…日本陽明学の祖
・熊沢蕃山…中江の門人。『大学或問』
○古学…朱子学と陽明学を批判。孔子、孟子の古典へ回帰
・山鹿素行…『聖教要録』、朱子学を批判して流罪
・伊藤仁斎…私塾の古義堂をひらく
・荻生徂徠…統治の具体策を説く経世論。けん園塾をひらく
・太宰春台…経世論発展させる。『経済録』
E.諸学問の発達
○歴史学
・新井白石『読史余論』
・水戸藩『大日本史』
・林羅山,鵞峰『本朝通鑑』
○自然科学
・本草学…貝原益軒『大和本草』
・農学…宮崎安貞『農業全書』・和算…関孝和(筆算代数式、円周率計算など)
・天文、暦学…渋川春海(安井算哲)『貞享暦』
○古典研究
・戸田茂睡…和歌における俗語使用の正当性
・北村季吟…『源氏物語湖月抄』
・契沖…万葉集研究。『万葉代匠記』
F.美術
○絵画
・狩野派
・土佐派…土佐光起
・住吉派…住吉如慶、具慶
・琳派…尾形光琳(装飾画)『紅白梅図屏風』『燕子花図屏風』
・菱川師宣(浮世絵)『見返り美人図』
○陶器
・野々村仁清…上絵付法をもとに色絵完成、京焼の祖
・尾形乾山
○染物
・宮崎友禅…友禅染

日本史17 

August 20 [Mon], 2007, 17:06
◎1651年
4代将軍:徳川家綱
補佐:会津藩、保科正之
ちょうど17世紀後半から文治政治がスタートします。由井正雪による慶安の変がきっかけです。これによって幕府は末期養子の禁を緩和しました(目的:浪人の増加を防ぎ、幕府に対する反抗を押さえる。)また成人した家綱は武家諸法度を発布して殉死の禁止を義務付けました(→主人の家は代々主人であり続け従者は主人個人ではなく主家に奉公する主従関係を明示した。この結果下剋上はありえなくなった)翌年にはすべての大名に領地宛行状を発給して将軍権威を確認、幕領の一斉検地を行なって幕府財政収入の安定を図っりました。
またこの頃、池田光政(岡山)徳川光圀(水戸)前田綱紀(加賀)などの諸藩において儒者を顧問にして藩政の刷新が図られました。
5代綱吉(元禄時代)補佐:大老 堀田正俊→側用人 柳沢吉保
綱吉の武家諸法度では武士に礼儀による秩序を第一にもとめ、また儒教を重視しました。(→天皇に対する政策を改めて朝廷儀式のいくつかを復興させ〈赤穂事件とも結びつけて〉、禁裏御料もふやした)
綱吉は仏教にも帰依し、生類憐みの令を発布(かぶき者の存在を戦国遺風ともども断った)
@幕府財政の転換
・佐渡鉱山の産出量減少
・明暦の大火の復興費用
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
財政破綻
対策:勘定吟味役、荻原重秀が貨幣の質を下げて大量の出目を産出。→インフレになり、失敗

6代将軍:家宣
7代将軍:家継
補佐:新井白石、間部あき房
短命・幼児の将軍が続くなか、白石は将軍の権威を高めるために、家継と皇女との婚約をまとめ、閑院宮家を創設して天皇家との結びつきをつよめた。
またインフレを抑制するため貨幣の質を慶長小判と同じ比率にまで高めましたが、これが逆効果。混乱が起こってしまいます。

◎寛永期の文化
◎建築 桃山文化の影響を受けて豪華な装飾
霊廟建築:日光東照宮
権現造:神社建築
数寄屋造:桂離宮

◎絵画
狩野探幽(幕府の御用絵師)
本阿弥光悦(多才な文化人)
◎有田の磁器
酒井田柿右衛門:赤絵







日本史15 

August 20 [Mon], 2007, 17:02
と思ったら入る前に私の担当終わります(笑)長いかもだけど!!スタート☆

時は戦国の世。。
隣国『明』が『海禁政策』の最中
世界ではイスラムvsキリストってことでヨーロッパでは『大航海時代』の幕開け!!

スペイン→フィリピンのマニラ
ポルトガル→インドのゴア・中国のマカオ

1540年頃
初ヨーロピアン In Japan @種子島→→中国人和寇船のポルトガル人
当時の種子島主は時尭(ときたか)
スペイン人は40年くらい遅れてるから注意!!信長とか死んでるから=з

こうなったら貿易は自然な流れだよね☆南蛮☆☆

南蛮=中国の生糸&鉄砲類↓↓
日本=銀↑↑

港=平戸・長崎・豊後府内(大分)人=京都・堺・博多の商人(お馴染みメンバー)

でザビエルは以後良く(1549)伝わるキリスト教ふきょ〜!!←ポルトガル人来日の約10年後☆
ザビエルは
《カ》トリック《カ》ゴシマだからね!!=鹿児島に漂着(笑)
vsプロテスタント
のためにアジアにきたんだってさ=з

施設=南蛮寺(教会)・コレジオ(宣教師学校)・セミナリオ(神学校)

キリシタンな大名たちもCheck&Check!!
若者たちをローマ教皇(グレゴリウス13世)のもとへ派遣◎それが噂の『天正遣欧使節』☆
イチゴぱんつ(1582)=信長が死んだ時Σヾ(゜Д゜)ノ-
ヴァリニャーニが大友義鎮(よししげ)・有馬晴信(はるのぶ)・大村純忠(すみただ)に言ったらしぃ。

他の宣教師→ルイス・フロイス、ガスパル・ヴィレラ
何した人か注意☆☆本とか=з

天正遣欧使節→伊東マンショ・千々和ミゲル・中浦ジュリアン・原マルチノ《1590年帰国》


信長は戦いばっかでつまんないから略!!
足利義昭(よしあき)だけ今知ろう(笑)

秀吉も尾張だよ(^.^)
山城の山崎の合戦で光秀を倒す!!戦いはつまんないから略!!

『惣無事令』を出して従わない大名たちを征討。
1588年(私が生まれる400年前)
京都に聚楽第(じゅらくのてい)を新築☆後陽成(ごようぜい)天皇をお迎え♪

《直轄地》佐渡・石見・大森・但馬生野の金山銀山など→→天正大判(1588)

京都・大坂・堺・伏見・長崎などの重要都市

太閤検地→→町・段・畝・歩
枡は『京枡』
1591年石高制が確立☆→『一地一作人』へ
石盛×面積=石高
国絵図と検地帳の提出義務

刀狩令(1588)1588に起こったこと大事かも??

人払令→全国的な戸口(ここう)調査(関白『豊臣秀次』)

年貢の『村請』も始まる。

秀吉の晩年には『五奉行』や『五大老』が組織される。


以後はなし(1587)『バテレン追放令』
一般人は『その者の心次第』
1588年に『海賊取締令』

朝鮮出兵!
1587→朝鮮にいろいろ要求(→拒否)
1592→文禄の役
『15万』余りの兵
『李舜臣』の水軍強し
部下たちの裏での『和平工作』も秀吉の横暴で決裂

1597→慶長の役
『14万』余りの兵
秀吉が死んだらすぐ降参した。

結局秀吉のひとりよがりだったんだね。。

この頃の文化もとばしちゃうよ〜またなんか気になったら続き作るね〜バイ☆

質問 

August 20 [Mon], 2007, 16:59
《鎌倉》と《室町》
☆仕事内容比較↓↓☆
(みどりんのコピって貼っただけ)

◎侍所◎
《鎌倉》御家人の統率、軍事・警察
《室町》『京都市中の警備』・『刑事裁判』→→裁判!!

◎政所◎
《鎌》一般『政務』→→政治!?
《室》『財務』の管理→→ぉ金!!

◎問注所◎
《鎌》訴訟・裁判『事務処理』
《室》記録・訴訟『文書の…
--
…保存』

◎評定衆◎
《鎌》『合議』(後で効率化を図るために引付衆になった)
《室》所領の『訴訟の審理』

同じ名前なのに違ぅねΣヾ(゜Д゜)ノ-覚ぇなきゃなんだょね=з

☆鎌倉の話なんだけど、評定衆って引付衆になったらなくなっちゃぅんだっけ????ぁるんだっけ??どぅ??

☆ぁとさ京都守護って京都の守護ってことなんかなぁ????で、六波羅探題になっちゃぅから、京都にゎ守護ぃなくなっちゃぅんじゃ…とか思ったりして(?_?)

なぁんか詳しぃ人ぃる????



日本史13 

August 20 [Mon], 2007, 16:54
やったぁっ今日は前回と違って朝刊配達も来なければ小鳥も鳴かずましてや蝉もまだ
鳴いてない!!ってか日付変更線超えないうちに内容完成♪♪テンションあがるわ〜
笑笑でゎっ中央機関職☆前回同様修正とかよろしくお願いします(>_<)

◎ヤマト政権〜もちろん大王トップ☆その下の支配制度は氏姓制度。
・中央政権
1大臣=蘇我氏(財政担当)
2大連=大伴氏&物部氏(いずれも軍事担当)

◎律令制度〜二官八省一台五衛府
・二官
1神祇官・・・祭祀を司る
2太政官・・・行政運営
太政官の中身〜
太政大臣・左大臣・右大臣の3役の下に大納言がいて、さらにその下に右弁官・左弁
官・少納言がいマス☆太政大臣は適任者がいないときには置きません。ってことは太
政大臣に任命されてる人はすごい優秀な人といえる・・・よね??(この時代の官僚
とかって元々えりぃと揃いだろうけど・・・)
・八省・・・右弁官と左弁官の下に四省ずつ
右弁官→兵部省・刑部省・大蔵省・宮内省
左弁官→民部省・治部省・式部省・中務省
・一台=弾正台・・・管理の監察(9世紀の初め嵯峨天皇の検非違使設置で実質的な
ないようを失う)
・五衛府・・・宮中の警備

◎鎌倉幕府〜公武二元支配(色々追加されたり変わったりしてるから一応全部書い
ちゃいます)
・公(朝廷)は国司・荘園領主を支配
・武(幕府)
将軍補佐として管領がいて、管領の補佐として連署が置かれてます。管領と連署の下
に細かい政務を行う中央の役所が5コ。
1侍所・・・御家人の統率、軍事・警察
2公文所(のち政所)・・・一般政務
3問注所・・・訴訟・裁判事務処理
4評定衆・・・合議(後で効率化を図るために引付衆になった)
5京都守護・・・京都の治安維持(承久の乱のあとに六波羅探題になった)
♪123の初代長官はすぅじぃのゴロ合わせで☆5は中央政務ではないけど京都の話
だから入れておきました。地方については明日だね〜

◎建武の新政(2年半)〜延喜の治をめざしたのでとにかく天皇中心にしようとしま
した
・中央組織
1記録所・・・行政・司法の重要政務
2雑訴決断所・・・所領関係の裁判
3恩賞方・・・恩賞の事務
4武者所・・・京都の治安維持、軍事・警察機関(長官は新田義貞)

◎室町幕府〜3代義満の頃に組織完成
・管領・・・将軍補佐。足利一門の細川・斯波・畠山の三氏から任命。三管領と呼ば
れた。ちなみに義満のときの管領は細川氏。管領の下の役所で中央の政務が行われ
た。
1侍所・・・京都市中の警備・刑事裁判。京極・山名・赤松・一色の四氏から任命。
四職と呼ばれた。
2政所・・・財務の管理
3問注所・・・記録・訴訟文書の保存
4評定衆・・・所領の訴訟の審理
♪侍所の四職は、「京都の山は赤一色」で☆先生が言ってたやつ〜笑
♪鎌倉幕府の役所と名前が一緒なのに働きが違うものがあるので注意っ









日本史12 

August 20 [Mon], 2007, 16:51
こんばんゎ〜日本史作るのすっかり忘れてて今慌てて作成中です。1週間って早ぃね笑。

★南北朝文化★
まずは歴史書3点セット!
・増鏡(公家の立場から鎌倉時代を記述)
・神皇正統記(南朝の正統性を記述、BY北畠親房)
・梅松論(こっちは北朝寄り)
軍記物語は、
・太平記(南北朝内乱を記述。センターでは応仁の乱と引っ掛けてくるので要注意)
あとは連歌、能楽、茶寄合など。新しいもの好きの気質は「バサラ」と呼ばれた。

NEXT→→北山文化と東山文化は両者を比較して覚ぇましょ〜
★北山文化★…寝殿造と禅宗様を折衷。
《庭園》天竜寺庭園BY夢窓疎石
《水墨画》明兆、如拙「瓢鮎図」、周文
《文学》世阿弥「風姿花伝」…能の芸術論。Not脚本
《芸能》猿楽能…観阿弥・世阿弥が大成

★東山文化★…簡素、幽玄、侘。
《庭園》慈照寺庭園BY善阿弥、竜安寺石庭(枯山水で有名)
《水墨画》雪舟「秋冬山水図」
《文学》一条兼良「樵談治要」
《大和絵》狩野派、土佐派
《茶道》村田珠光が侘び茶を創出
《華道》立花様式確立!BY池坊専慶。あぁ〜花活けたぃwww

NEXT→→神道と教育機関は鎌倉&室町の比較だぢょ。
★中世の神道★…両方とも反本地垂迹だぁよ♪
・鎌倉:伊勢神道BY度会家行
・室町:唯一神道BY吉田兼倶

★中世の教育機関★…往来物は教科書に。
・鎌倉:金沢文庫(私設図書館)BY北条実時
・室町:足利学校(坂東の大学)BY上杉憲実

庶民文化(山川138ページ)は各自で!!笑

★新仏教★
・日蓮宗(法華宗)…西日本で勢力拡大BY日親
法華一揆とぃぇば天文法華の乱!
・一向宗(浄土真宗)…北陸・東海・近畿で勢力拡大BY蓮如。cf講(信者組織)、御文(布教用の手紙)
一向一揆とぃぇば加賀の一向一揆!

NEXT→→いょぃょ戦国大名が登場。毎日日本史やると進むのも早ぃね〜でも明日・明後日は今までの見直しに充てられるからケータィなりブログなりで過去のもCHECK!CHECK!(ぁ、ブログ更新しなきゃ笑)
★戦国大名とは★
応仁の乱に始まった戦国の争乱の中で台頭してきた、諸地域の実力ある支配者↑↑自らの力で領国を作り上げ独自の支配を行ぅ地方権力。

★彼らの出自★…大事なのは守護大名出身者くらぃかなぁ。
守護大名:武田(甲斐)、今川(駿河)、大友(豊後)、島津(薩摩)
守護代:上杉、織田、朝倉
国人:伊達、浅井、毛利、長宗我部

★分国支配★
・指出検地
・寄親・寄子制
・貫高制
・城下町

★分国法★…喧嘩両成敗法は甲州法度之次第だょん。
・朝倉孝景条々:最も古ぃ家訓。家臣の一乗谷集住を定める。
・今川仮名目録:頻出。不入地の否定、私婚の禁止など。
他にも大事なのいっぱぃあるにょ!!

NEXT→→「堺」で「会」った「博多」の「ね」−ちゃん、「京都」の「町」でも「つき」あった。
★都市の発展と町衆★
・堺:36人の会合衆
・博多:12人の年行司
・京都:町衆を中心として月行事が運営(cf祇園祭)
上のゴロで覚ぇてみてねw

日本史11 

August 07 [Tue], 2007, 23:49
またも手抜き風味でごめんなさいm(_ _)m


◎農業の発達
・関東に二毛作普及、畿内では三毛作も(←灌漑・排水設備の整備)
・稲の品種改良……早稲、中稲、晩稲(←実る時期の違い)
・大唐米(東南アジア原産の多収穫米)普及
・肥料……刈敷、草木灰、下肥
・竜骨車伝来(from中国)
・手工業の原料作物の栽培

◎商工業の発達
特産品の生産(京都西陣の絹織物、美濃の美濃紙、播磨の杉原紙、備前の刀剣、美濃・尾張の陶器など)
※刀剣は日明貿易で輸出もした
・定期市……三斎市→六斎市(応仁の乱後)
・流通……問屋設置。陸上運送では馬借・車借などの運送業者、海上では廻船の往来。しかし各所に関所が設けられ、ことある毎に関銭・津料を徴収
・行商人……振売(=行商人一般)、連雀商人(背負い道具を持った行商人)、桂女(鮎売り)、大原女(炭・薪売り)
・見世棚(常設小売店?)の増加、専門市場(京都の米場、淀の魚市など)
・座(同業者組合)の成長
→本所(寺社など)の保護を受け、関銭免除、独占販売権を得る。見返り(?)として本所に座役(労働・銭など)を提供。
有名な座→石清水八幡宮を本所とする大山崎油座(荏胡麻油)

◎貨幣経済の浸透
・商品経済の発達(背景:農業・商工業の発達)と共に貨幣の流通量が増え、年貢も貨幣納が一般化
・遠隔地取引……為替の利用
・金融業者の活動……酒屋・土倉、寺院(祠堂銭)
・明銭輸入……永楽通宝など。従来の宋銭と共に使用
・貨幣需要増大→→粗悪な銭が出回る(私鋳銭など)→→取引のときは良質の貨幣を選り好み(撰銭)→→円滑な貨幣流通阻害→→撰銭を規制するため撰銭令を出す

◎東アジアとの交易(対外関係)
a.日元貿易
・建長寺船……建長寺の修築費用のため、鎌倉幕府が派遣
・天竜寺船……後醍醐天皇の冥福を祈るため天竜寺造営(←夢窓疎石の進言)。その造営費用のため、足利尊氏が派遣
※いずれも私貿易(not正式国交)b.海賊集団倭冦の活動→高麗困って日本に使者→日本内乱中で無理

◎日明貿易
・朱元璋、明を建国(1368年。同じ年、義満が征夷大将軍就任)
・冊封体制回復を目指して各国に通交を求める……日本には前期倭冦禁圧と朝貢を要求
・足利義満が日明貿易開始→『日本国王』に冊封
・倭冦と区別するため、明から交付された勘合使用(勘合貿易)
・滞在費などはすべて明が負担→日本側の莫大な利益
・主な輸入品(唐物)→銅銭(永楽通宝など)、生糸、絹
・主な輸入品(唐物)→銅銭(永楽通宝など)、生糸、絹織物、陶磁器
・主な輸出品→銅、硫黄、刀剣
・義持(4代)が中断し、義教(6代)が再開

◎その後の日明貿易
・応仁の乱後幕府衰退→貿易の実権は細川氏(with堺商人)と、大内氏(with博多商人)が握る
・寧波の乱勃発……細川VS大内、at寧波
・寧波の乱に大内氏勝利→貿易は大内氏が独占
・大内氏の滅亡(1551年、陶晴賢に殺られる)で貿易も断絶

◎日朝貿易
・李成桂、李氏朝鮮建国(1392年、同年南北朝合一)
・李成桂が倭冦禁圧を要求してきて国交樹立
・対馬の宗氏を通して貿易統制
・応永の外冦(1419年、朝鮮による対馬攻撃)により一時中断したが、すぐ復活
・主な輸入品→綿布(木綿?)、高麗版大蔵経
・主な輸出品→銅、硫黄、蘇木(染料)、香木(香料)

◎その後の日朝貿易
三浦の乱(1510)→三浦(塩浦、乃而浦、富山浦)に住む日本人の特権縮小で、日本人暴動を起こす
この後、貿易は衰退

◎琉球王国
・北山、中山、南山の三勢力(三山)による争い
→中山王の尚巴志が三山を統一して琉球王国成立(1429年)
・王府首里の外港である那覇を中心に東南アジアの中継貿易で繁栄

◎蝦夷地とアイヌ
・14世紀、津軽の十三湊と畿内で日本海交易(北海の海産物、京都へ)
・本州からも蝦夷ヶ島(渡島半島?)に進出、館を築く(道南十二館など)→津軽の豪族安藤(安東)氏の下で勢力拡大
・古くからの現地人アイヌを本州の和人が圧迫→アイヌは大首長コシャマインを中心に蜂起(コシャマインの蜂起:1457年)
・コシャマインの蜂起を蠣崎氏(後の松前氏)が鎮圧して、蝦夷地南部は蠣崎氏が支配権獲得








日本史10 

August 03 [Fri], 2007, 0:59
◎建武の新政
光厳天皇を廃した後醍醐天皇は、醍醐・村上天皇の延喜・天暦の治を理想として
天皇への権力集中をはかりました。その一環として
個別安堵法(全ての土地所有権の確認は天皇の綸旨を必要とする法律)を制定。

BUT!!
*実際には天皇のみで土地管理を行うことは不可能で、
記録所(重要政務)や雑所決断所(鎌倉幕府の引付を引き継ぐ)などを設置しました。

* 武士社会(20年年紀法)を無視した個別安堵法の制定や、
恩賞の不公平(貴族・公家の優遇)によって多くの武士の不満と反抗を引き起こし、
綸旨の乱発による政治の停滞や社会の混乱を招きました。

そんな中……中先代の乱(北条時行が信濃で挙兵)をきっかけに
足利尊氏が新政府に対して反旗を翻す!!
南朝側は湊川の戦いで楠木正成が敗れた後ガタ落!!
尊氏が光明天皇を京都に擁立して、建武式目を定めます。

室町幕府の成立です。

一方後醍醐天皇は吉野へ移り、以後やく60年間にわたる南朝の動乱が始まります。
[ここで有名な資料が北畠親房の『神皇正統記』南朝の正当性を主張したものです。]

◎ 室町幕府
当初室町幕府は、足利尊氏(兄)=軍事担当、直義(弟)=政治担当の
二頭政治を展開していましたが、徐々に争いも減り、

尊氏)「ひまだぜぇ〜。おれも政治やんべ!!」

ってことで直義にたいしてお兄ちゃんの突っ込みが入るようになりました。

直義)「うざいぜ…」

そんな時…..観応の擾乱(漸進派:足利直義v.s.急進派:(尊氏の執事)高師直)が起きます。
ここで、直義は高師直を倒しますが、お兄ちゃんにやられてしまいました。。。:_;
その後、尊氏派VS旧直義派VS南朝派の対立が長く続くことになります。

そして観応の擾乱をきっかけに半済令が出されます。
これは軍備調達のために守護に一国内の荘園や公領の年貢の半分を
徴収する権限を認めたものです。しゅごはこれらの権限を利用して荘園や公領を侵略して、
それを部下の武士達に分け与える事で彼らを自らの統制下にくみこんでいきました。
(→守護大名へと成長)

と荒れまくっている室町幕府ですが、3代義満の時代には安定期に入り、
1392年(イザクニまとめて)南北朝の合一も果たします。
そして義満は幕府安定のために有力な守護を次々と滅ぼしていきます。

以下参照
1) 土岐康行の乱(土岐康行は美濃・尾張・伊勢の守護)
2) 明徳の乱(西国11ヶ所の守護をかね、六分の一の衆とよばれた山名氏清を滅ぼした)
3) 応永の乱(大内義弘を討伐。このときの将軍は義持だが実権は義満)

しかしそんな努力の甲斐もむなしく(?)6代将軍義教の時代には、
彼の専制的な政治政策もあり、幕府の権力は揺らいでいきます。
彼も永享の乱などで、鎌倉公方足利持氏を滅ぼしましたが、
赤松満裕によって殺害されてしまいます。(嘉吉の変)将軍がやられるなんて前代未聞!!
将軍の権威は急激に低落しました。
彼の時代では、1428年正長の土一揆、1429年播磨の土一揆が起こりますが
何とか鎮圧してきました。

しかし、嘉吉の変の翌年、足利義勝の代始めにおきた嘉吉の徳政一揆では
幕府はついに土一揆の要求を受け入れて徳政令を発布してしまいます。
もはや一揆を抑える力もなくなってしまったんですねぇ↓↓
そしてその次の将軍義政の時代には1467年に応仁の乱がおきます。


義政の弟義視と、妻日野富子がおす、子よしひさとの家督争い
           +
畠山家・斯波家の家督争い+山名持豊と細川勝元の幕府実権あらいそいです。



これで京都の町は焼け野原になってしまいますねぇ〜あぁかなしいぃ;_;

日本史9 

August 03 [Fri], 2007, 0:53
やっと病床から復活!!明日からは塾もいけるの〜vv
また皆さんよろしゅぅしてください↓↓


★Topics★
?蒙古襲来
?鎌倉幕府の衰退と滅亡。
?鎌倉文化

★?蒙古襲来★

?)背景
・そもそも日本は10世紀後半(平安時代の摂関政治時代)
から外国とはどことも正式な国交はなかった。
でも民間貿易やおぼーさんの行き来により宋中心のinternationalworldに
ちゃんと参加していた(^^)b

・13世紀初め、チンギス=ハーンがモンゴル民族を統一!中央
アジアと南ロシアを統一☆

・孫のフビライ=ハーンが国号を元にして、高麗を全面服属さ
せて日本に朝貢を迫った!!

?)1回目の襲来 1274年 文永の役
・8代執権北条時宗が朝貢拒否したため、3万軍の元&高麗軍
日本襲来!!

・一騎打ち戦法の日本軍超苦戦(汗)でもカミカゼ(ほんとは毎
度の台風だょー)により元軍撃退v
→九州北部に異国警固番役や防塁(石塁)を設置して対応。

?)2回目の襲来 1281年 弘安の役
・特筆することはなし。

★?鎌倉幕府の衰退と滅亡★

?)幕府は西国支配に蒙古襲来を利用!!
・異国警固番役をさらに強化!!
・鎮西探題に北条氏一門を派遣(それで支配させた)
・全国の荘園・公領の武士の動員権を朝廷からget!
・ドサクサにまぎれて得宗勢力がどんどんpower up↑

?)得宗専制政治への闘争⇒霜月騒動 1285年
・★有力御家人 安達泰盛vs☆内管領 平頼綱

?)社会の変革↑↓↑↓
・二毛作や牛馬の導入
・定期市(三斎市とか)や行商人等経済が発達!!
・宋銭が利用されて為替も使われ、借上なども出没。
→そんな中幕府はぜんぜん対処できませぇん〜〜(><)
恩賞あげれないし。。。分割相続の普及した御家人たちは
どんどん財産がなくなってムカつき爆発寸前!!!
・1297 永仁の徳政令 発令っ!! あんまし意味ナイ。

?)鎌倉幕府の滅亡
・後醍醐天皇を中心に、
高氏が六波羅探題を、新田義貞が鎌倉を攻めて鎌倉幕府は滅亡
〜〜〜

★ゴロ?とか??ポイントとか!★
・チンギスがおじぃちゃんでフビライが孫!
私は日本に来るフビ来が後って覚えてる(笑)
・ひとりふなよい(1り274い)ぶえぇ〜(文永の役)
・こあらが(弘安の役)いっぱい(1281)

★?鎌倉文化★

*特徴*
公家、武家文化の二面性を持ち、京都と鎌倉がそれぞれ中心と
なった。
民衆文化も活性化。宋や元の影響もbig。

*仏教*
・念仏系(4人)
法然(浄土宗)→親鸞(浄土真宗)→一遍(時宗)→日蓮(法華
宗)
・禅系(2人)
栄西(臨済宗)→道元(曹洞宗)

・おのおのの主張

法然
「南無阿弥陀仏だけ何度も唱えろ!専修念仏だ!!唱えればみん
な助かるょ!!」

親鸞
「死ぬ間際に一回だけ南無阿弥陀仏を唱えろ!!阿弥陀仏様は悪
人すら助けてくださる!!悪人正機なんだよっ!」

一遍
「みな踊れぇ〜♪踊念仏で地方の武士も農民も仲間にいれたるぞぃ♪」

日蓮
「他の坊さんたちは馬鹿ばっか!唱えなきゃなんないのは題目
だっつーの。そう南無妙法蓮華経だょ!!」

栄西
「禅こそ全て!国も禅で守られる!!興禅護国論っすよ。ついで
に謎解きもしましょうや^^公案考えて禅やりましょう」

道元
「謎解きなんて馬鹿?ただひたすら禅やれぃ!只管打座っ」


このほかに伊勢神道もcheck check^^b反本地垂迹説が特徴。
つまり神がもともといて、仏の姿もたまにしてるだけってゅー説。

★文学や美術★
ひたすら覚えましょう(笑)
あいにくあたしは特別なゴロとか知るわけでもなく
テキストまとめるだけになっちゃうので、、、
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:chu-burarin
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年3月10日
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
趣味:勉強、おしゃべり、勉強、買ぃ物、勉強、食べること
暗ぃ生活に見ぇるけど、もちろん暗ぃ(笑)
でも毎日なんだかんだで楽しく生きてます★
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Ruri
» 更新遅れてごめんなさぃ↓ (2007年07月30日)
アイコン画像もぇゃま
» #今日の出来事#vol.3 (2007年07月30日)
アイコン画像なっつ〜☆
» 日本史3 (2007年07月25日)
アイコン画像もぇやま
» ☆今日の出来事☆初回版!! (2007年07月25日)
アイコン画像もぇゃま
» 日本史1 (2007年07月24日)
Yapme!一覧
読者になる