西尾だけど宮田

July 26 [Tue], 2016, 19:35
増税や不安定気分を増す年金仕組。「私たちの老後はどうなるの!?」と不安になって掛かるご世帯は多いと思います。つらい経済であることは確かですが、懸念を募らせて要るだけでは何の征服にもなりません。
総務省が発表している「家計調査」に因ると、財政プラスだけで4000万円限りを持つ家庭は6家庭につき1家庭の割合で存在します。一方で明日の一生もおぼつかない方々もいます。そして圧倒的に多いのがその中位、「今は困っていないが、このままでは老後が心労」という層だ。リーダーのみなさんも多少の範囲はあれ、こういう層に当たるのではないでしょうか。
こんなみなさんにお伝えしたいのは、いよいよどうして行動するかが「金持ち老後」と「ビンボー老後」の決め手に達するということです。安心して老後をむかえるためのステージや思いをお伝えしましょう。
◆チェックで見る  どうなるの? 私たちの人生

【不安要素はこういう3つ!】

(1)増税...翌年4月に10パーセンテージに伸びる支払タックスに加えて、今後は収入タックスや引き継ぎタックスなど個人のタックス気掛かりが増えると予想されます。

(2)世間掛け金上乗せ...社会の高齢化に従い、厚生年金やボディー保険などの世間掛け金は、平年持ち上げられることが決まっています。

(3)終身就職のゆがみ...既に終身就職、年功序列は酷い時期。初期勇退や出向の可能性も視野に入れた生活設計が必要です。

【みんなの年俸とストック金額】

(1)標準年俸金額...平成26層/415万円(旦那514万円/妻272万円)

季節は1997層の467万円。以上下がってはいるが、去年に比べると14万円増加している。

(2)年逆 標準ストック金額(ファミリー家庭)

30代...標準ストック金額:375万円 標準財政プラス設置金額:717万円
40フィー...標準ストック金額:465万円 標準財政プラス設置金額:974万円
50フィー...標準ストック金額:856万円 標準財政プラス設置金額:1941万円
60フィー...標準ストック金額:1342万円 標準財政プラス設置金額:2462万円

30〜40フィーは育児値段等の負担がかかるが、ちびっこが独立し始める50フィーからは貯めどき。この時期のストックが「金持ち老後」には欠かせません。(財政プラスとは、ストック以外の保険や債券、株式などを総計した方法)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ルカ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chstdauateyars/index1_0.rdf