【 更新情報 】

スポンサード リンク

超妊娠初期症状について

超妊娠初期症状として特に0〜2週間目くらいでは、これといった自覚症状がないので本人も気づかないケースが多いようです。3週目くらいになると基礎体温が高温に保たれるので、寒気や悪寒がする、体がだるいなどの症状が徐々に現れてきます。しかしこれは風邪の症状ととても良く似ているので、風邪をひいたのかと勘違いすることも多いようです。

基礎体温を常日頃から測っていれば、温度差が超妊娠初期症状の目安になります。ここでいう基礎体温とは安静時の体温のことをいいます。成人男性の場合は基礎体温が1相性しかありません。しかし成人女性は女性ホルモンの関係で基礎体温が低温と高温の2相性になっているので、基礎体温をチェックすることで超妊娠初期症状や体の変化がわかるのです。

また基礎体温を測ることで、ある程度排卵日の推定なども可能なので、不妊治療や妊娠しやすくさせる方法として基礎体温を測ることが利用されています。基礎体温表などは、インターネット上でも公開している産婦人科やクリニックがあるようです。月経予定日を過ぎてから1週間以上のあいだ高温期が続くようなら妊娠している可能性があると判断されるのが一般的です。普段から基礎体温を測ることで超妊娠初期症状に気づくことができるので、チェックするよう習慣づけるといいでしょう。


妊娠の正しい知識を身につける

教えて!はじめての妊娠・出産

P R
カテゴリアーカイブ