ブログお引っ越しします〜

February 17 [Wed], 2010, 22:45
このブログを覗きに来てくださった方へ

予告しておりました通り、このブログは別のURLに移転しました。
引き続きお読みくださる皆様、新しいURLとパスワードをお知らせしますので、
大変お手数ですが、わたしのPCもしくは携帯アドレスまでご連絡くださいませ♪

わたしの太陽

February 25 [Wed], 2009, 22:41
こんばんは〜
帰宅してから寝るまでが早いし、寝てから朝になるまではもっと早いですねぇ
買い物してから帰宅して、夕御飯をつくって、母の入浴介助をして、茶碗を洗って…で22時前です。妹は手荒れと腰痛があるので、家事もあまりできず…が、両親の服薬介助など、メンタルケアを頑張ってくれてます(こっちのほうがしんどいと思う…)。
22時から1時までの3時間が自分たちの時間、という暮らしを送ってます。

きょうは、妹のリクエストによりシーフードカレー。

すてきなところで撮ったすてきな写真が溜まってますが、取り急ぎ、きのうのことを。
きのうは、麗しのコーダ・ヨーコさんのところに取材に行ってきました〜
写真をまとまった枚数撮らないといけなかったのですが、何と!



目の前で画材道具一式を広げて、お絵描きをしてくださいました〜 ファン冥利に尽きましたよ〜
当たり前なんだけど、クレヨンやら色えんぴつやらアクリル絵具やらを丁寧に丁寧に重ねて、ひとつひとつ心をこめて作品を創り出されてるんだなぁ、って感激しました。

まぁるく切った段ボールの切れ端がアートに変身
「これはchoriさんにプレゼントします(←コーダさんのこのセリフはいつも、わたしにとっては魔法の呪文ですわ〜)。上の方に穴をあけて、ひもを通してどこかに吊るしてください」って言われたけど、絶対に穴なんて空けるもんか! これを入れる可愛い額縁を買いに行くのだ♪

きのうは30分ぐらいで帰る予定が2時間以上お邪魔してしまいました(お忙しいのに、ありがとうございました)。
コーダさんからは何だかすごくいいタイミングのときに何回か、ものすごくハートに響くメールなどいただいていまして(ファン冥利に尽きます〜)、ここ数年、近しい人やわんちゃんを続けて亡くされていることもあるけど、どんな経験をしたらあんな言葉が紡げるのかしらん、と思って、コーダさんの介護のお話なども聞かせていただきました。普段は、相手方が言い出さない限り、家族やら身辺状況を詮索するようなことは絶対にしないんですけど…

同年代で介護を経験したひとにお話を聞いていただいたのは初めてだったのですが、あんなにも癒されるものだとは思いませんでした。今のわたしよりもっと若いとき、あんな細っこいからだで、あんなに繊細な感性をもって家族を支えていたコーダさんは、どんなに不安だったかと。
乗り越えてあんなにすてきなひとになって、ひとことでわたしを楽にしてくれるようなことばを伝えられるんだなぁ。

コーダさんをご紹介する記事を書かねばならないのですが、思い入れが強すぎてストップしたまんまです コーダさんをご紹介する機会をつくってもらったことを単純に喜んでいましたが、思っていた以上に書けないっす。
もう「とにかく絵を見に行ってください。それが一番早いです」の一行で終了させたほうが余程伝わるのではないかと思いつつ、貴重なお時間をたくさんいただいたので、きのうきょうのファンでは書けないような記事を書きたいものです(←ナニサマ?)。

そんな新プロジェクトのブログをこそっとご紹介します。
 http://kumamotosmooth.blogspot.com/
このブログはわたしが管理するので、このブログから飛んでも、女社長にアクセス解析されることはなかろうと…
っていうか、諸事情(画像アップが優秀)によりgoogleで書いてるんですが、Helpが全部英語なので、アクセスカウンタ、サイドバーの表示方法など全くわからんです。
本体サイトは、早くて来週末にオープン予定。オープンしたら、上記ブログから飛べるようにリンク貼ります。
なお、上記ブログの更新頻度は非常にゆるいと思いますので、思いだしたときに見てください。
(この記事も10日ぐらいで非表示にしますので、ご興味を持ってくださった方はぜひ、ブックマークしてください)

ということで、また中途半端ですがきょうはこの辺で。
明後日いよいよ父を病院に連れて行くので、いろいろシミュレーションせねばならんのですよ。もう絶対に失敗できないので〜

そらの写真

November 29 [Sat], 2008, 23:31

早春の空。熊本市内で撮影。

初夏の夕暮れ。熊本市内で撮影。

冬のやまなみハイウェイ。

杖立のこいのぼりまつり。

夏の南阿蘇。

秋の天草。

晩秋の人吉。

夏の夕暮れ。熊本港に向かう陸橋で撮影。お気に入り♪

確か、熊本市の花火大会の夕方の空。下通で撮影。

春の空。水道町ヴィラージュビルの中庭より撮影。

空はええですね。。。

ねこばすに遭遇

March 22 [Sat], 2008, 21:10
トロッコ列車で高森駅に着き、ふらふらしていたら、週あたまから高森に泊り込んでがんばっていたイイ男が目ざとく発見してくれ、パンフレットをもってやってきてくれました。びしっとスーツ着て、きょうもステキでした オレンジジュース、キャラメルなど、栄養がつくものを差し入れ
「モニター、外れてごめんね~」と、10回目ぐらいの謝罪を受けながら、どうすればねこばすに遭遇できるかを綿密にアドバイスされました。結果、立野駅に戻って車で草千里方面に向かうと、どっかで会えるだろうとの結論に。

帰りの汽車まで40分ぐらい時間があったのですが、駅周辺には何もなく…
イイ男に「風を見ろ」というアドバイスを受けつつ、駅の隣の公園のベンチにすわってぼんやり。妹と「こんな外でぼんやりするのも、たまにはいいよね」と話。
帰りの汽車に乗り込むと、イイ男が走ってきて(南阿蘇鉄道は、駅のホーム内は行き来自由です。バスと同じで、乗るときに切符が必要)、「今ねこばす高森駅に帰ってきたから、帰りに見えるよ」と教えてくれました。何て親切なのかしら… っていうか、わたしは彼の仕事を邪魔してるんじゃ?と思いつつ、丁重にお礼を述べて高森駅を出発

立野駅に戻り、車で草千里へ
草千里の有料駐車場に入り、ねこばすの到着を待っていました。
そして遂に…!!

ご対面~ 超かわいい!!
ねこばすについては、この前の記事にリンクを貼っていますが、JR北海道が開発した、鉄道の軌道敷と道路と両方走れる乗り物です。JR北海道から3日間だけ借りてきたもので、イイ男も何度も北海道に通っておられました

車輪部分です。
左側に上がっているのが、軌道敷を走るときの車輪です。軌道敷を走るときは、タイヤの方が収納される形になるそうです。

後ろ姿です。箱がついています。何が入ってるのか、イイ男に聞いておかなくちゃ。

正面です。公道を走るので、ナンバープレート(札幌ナンバー)がついています。
名前は「ダーウィン」。由来は こちら。生き残りが厳しいローカル鉄道が、道路も走れるようにすることで活路を見出したという意味での「進化」を表すための命名の模様です。なるほど~

それにしても。
わたしがマジでねこばすを追っかけてるサマをみて、イイ男がドン引きしたのではないかと心配です。
イイ男は進行管理のため、高森駅から草千里までねこばすをおっかけてきており、草千里でも再会。乗客の案内、ねこばすの誘導などすんごい忙しそうだったのに「あと3分しかないよ」とか「こっちから撮るといいよ」とか、きめ細かにアドバイスしてくれたのですが(ほんとに偉いなぁ わたしならそんな余裕はもてないよ…)、わたしは写真撮るのに夢中だし。上の車輪の写真とか、しゃがみ込んでマジ撮りだったし。
一応、終わったら打ち上げしようと話していたんだけど(わたしは関係ないけど)、お誘いは来ないかもしれないなぁ。。。
あ、ねこばす、実際の導入時期は未定ですが、少なくとも4~5年はかかるそうです。

っていうか、きょう桜の開花宣言がされたっていうし また見逃したし
明日、気象台に行って来ます~
P R
プロフィール
カテゴリアーカイブ