爆笑チョッパーランド!! 

2005年08月01日(月) 22時14分
チョッパーランドオーナーチョッパーですこのブログですが、とにかく面白い話ちょっとお得な話を主にしていますちなみに只今、実際にあった怖い話公開中是非見て下さいね

第1回   チョッパー記事!!   

2005年08月02日(火) 0時37分
いやはや、チョッパーですそんなこんなで、ブログを始めたのですが、何を書いていいのやら、分からなくなってしまいましたっという事で、こんなのを書いてみましたどうでしょうか チョッパー的には、かわいいと思うのですがちなみに、名前はピケと言います何故、頭にトサカをとけているかと言いますと、まだ幼いヒヨコニワトリさんに憧れて、頭にトサカの帽子をかぶったという設定です少し長い設定ですがこのチョッパーランド!!のイメージキャラクターの候補の一人であります

夏といえば!?(1ページ) 

2005年08月04日(木) 1時05分
1ページ目夏といえば・・・怖い話が定番ですよね夜中に友達を集めて、よくしたものですよねっという事で今回は怖い話をしようと思います。あまり怖くないので気楽に見て下さいね               この話はチョッパーの知り合いのA子さんの、実際にあった本当の本ーーー当の話です。大体今の季節頃だったそうです。A子さんは結婚して、10頃ある家に引っ越したそうです。その家は、2DKとロフト付きの新築で、駅から徒歩5分。家賃もお手ごろで、すぐに引っ越す事を決めました。「良い家が見つかって良かったね。」「これからは、もっと頑張らないと駄目だなぁ。」っと、A子さん夫婦は幸せそうに話していました。人あたりの良いA子さんは、ご近所付き合いも良くでき、その家での生活は充実していたそうです。そして、数ヶ月が過ぎ、今の季節ぐらいになった夜。A子さん旦那さんの帰りを待っていました。旦那さんは、ある会社の営業マンで帰りはいつも遅かったそうです。「今日の晩御飯は、あの人が好きなすき焼きだから、早く帰ってこないかなあぁ」っと呟いていると、A子さんすぐ後ろを何かがすーっと、通りました。「何っ誰かいるの恐る恐る後ろを振り返ってみると、そこには、ペットの子猫でした。「なぁーんだ、トラだったんだぁ。でもたしかに、人の気配がしたんだけどなぁ。気のせいだったのかしら」っとA子さんは、その時はあまり気にしなかったのです。2ページにつづく

夏といえば!?(2ページ) 

2005年08月05日(金) 2時51分
そして、その事があってから30分が経ち、「ただいまー今日は疲れたなぁ。こういう日は早く食べて、寝るが一番っと旦那さんが帰ってきました。「おかえりなさーい今日は、あなたが好きな、すき焼きなのよっとA子さん夫婦は、楽しそうに会話を始めました。A子さんは、先程あった事はすっかり忘れて、食事を終え、床に就き、A子さん夫婦二人とも疲れていて、すぐに熟睡しました。何時間か経ち、突然A子さんが目を覚ましました。「えっ何体が動かない声も出せない。」 A子さんは金縛りにあっているのです「もぉ、今日はいろいろあったから、疲れてるせいなのね。」A子さんは霊感が強く、よく金縛りにあっていたので、全然動じなかったのです。すると、どこか遠くの方から、水滴が落ちる音がしました。(ピチャ・・・ピチャ・・・)(ピチャ・・・ピチャ・・・)「水道の蛇口からかしら」A子さん夫婦が寝ている場所がロフトの上だったので、起き上がろうとしましたが、体が動きません。(ピチャ・・・ピチャ・・・)耳を澄ましていると、かすかに音が自分の方に近づいているのです。A子さんは段々と怖くなっていきました。(ピチャ・・・ピチャ・・・)(ピチャ・・・ピチャ・・・・・ズズゥー・・・)「えっ今の音は水滴が落ちる音に混ざって、布が擦れる音がしているのです。(ピチャ・・・ピチャ・・・ズズゥー)(ピチャ・・・ズズゥー・・・)

夏といえば!?(3ページ) 

2005年08月05日(金) 3時41分
3ページ目(ピチャ・・・ズズゥー)どんどん近づいています。A子さんは横で寝ている旦那さんを起こそうとしましたが、まだ声が出ません。体を一生懸命動かそうとしましたが、ピクリともしません。「どうしようどうしよう何で動かないのあまりの怖さにパニックに陥っているのです。(ピチャ・・・ピチャ・・・ズズゥー)(ピチャ・・・ズズゥー)(ピチャ・・・ピチャ・・・)っと布が擦れる音は止みましたが、水滴の音はロフトに上がる階段の下まで来ています。「帰って帰ってー」「来るなー消えろーもう何が何だか分からなくなってしまっているのです。しかし、A子さんの願いも虚しく音は、階段を上がってきているのです(ピチャ・・・ガタン)(ピチャ・・・ガタンッもうA子さんのすぐ側まで来ています。「お願い帰ってお願いします帰って下さいそう何度も心の中で念じていると、願いが通じたのか、音も、上って来る気配もなくなりました。しかし、まだ金縛りは解けません。なんとか頭だけでもと、必死に動かしました。すると、少しずつですが動くようになりました。「やったーと思い、頭を階段の方へと傾けてみると、そこには、ずぶ濡れの男が階段から頭だけを出して、こっちを見ているのですA子さんは恐怖で呆然としています。10秒ぐらいでしょうか、ずっと、こっちを見ているのです。A子さんには、何十分にも感じたそうです。我に返ったA子さん「お願いします帰ってくださいお願いします帰って下さい・・・」っとお経のように何度も願いました。そると次の瞬間4ページにつづく
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chopper-y
読者になる
Yapme!一覧
読者になる