ふっとんだふとん 

2006年10月28日(土) 15時32分
日曜の夕方帰ってくると、私のマンションの通りに面した植木のところに不自然に布団が干してあった。
何でまたこんな変な所に、こんな時間に干してるんだろう、と不審に思いながら部屋に入った。
すると、何かがおかしい。
ベットの上にあるはずの布団がない。
もしかして‥。いや、まさか。
でももしかして‥。

そうだった。
通りの布団は私のものだった。
金曜日の朝に干した時、風でふっとんでいたらしい。
全く気にしてなかった。干したことすら忘れていた。
それを親切な誰かが拾ってくれ、落とし主が気付くように目立つところにかけていてくれたのだった。

3日間も目立つところにかかっていた。
ふっとんだふとん。
住人みんな不審に思っただろうなあ。はずかしい。

誰にも気付かれまい、とそそくさと取りに行ったのに、タイミング良く帰って来たメガネのお兄さんが「あ、それあなたのだったんですか。」と笑顔をくれた。

ビビンバを食べて思うこと 

2006年06月21日(水) 23時34分
ふと気付けば、 もうすぐパンツ組が結成されて1年。
滅びろ!パンツ組。 というキャッチではあるが、今滅びているのかいないのか。
よく分からない状態だ。そもそもなんの団体だろう。
でもそれでいいと思う。
昨日 久しぶりに石焼ビビンバを食べながら、去年の中国の夏を思い出した。
ビビンバばっかり食べてたなあ。
下痢になるくらい辛かった。
100円くらいで食べてたなあ。

今日は1人で1000円のイタリアンランチを食べた。
いつの間にか社会人になってたんだな。

ぐりんぐりん 

2006年05月30日(火) 0時03分
観葉植物がすぐ枯れる。
買ってきた翌日から、みるみる元気を失っていく。
「元気に生きろー」とエールを送りながら水をやってるのに。
水をあげすぎなのかも、としばらく放置していると
次に見た時には既に枯れている。
「光合成をさせよう」と日のあたる窓際においてやると
いつの間にかカピカピになっている。

ああーあ。
植物が育てられない人間って何かうつわ小さそう。
潤いのない人生を送りそう。
この間はサボテンも枯れた。

ハーブとかモリモリ育ててみたい。

チャリなんて 

2006年05月24日(水) 0時19分
1年前の今頃は、中国で毎日チャリをこいでいた。
しかし今、あの頃以上に毎日チャリをこいでいる。
朝から晩までこいでいる。
ただし、電動チャリ。
だけど、夕方になるとたいてい電池が空になり、単なる重いだけのチャリになる。
うっとおしいチャリめ。
錆びてしまえ

社会人になってまで、こんなにチャリをこぐとは。
チャリチャリチャリ

中国で私を乗せて走ってくれたチャリは 今もどこかで誰かを乗せてるだろうか。

ひどいんじゃないか。 

2006年02月23日(木) 1時22分
中日新聞夕刊のトップに載っていた荒川静香を見て目を疑った。
ものすごい形相の瞬間を撮られている。
信じられない。これはひどすぎる。
スピンか何かをしている最中なのだろうか。
全体の構図的にみれば、確かにかなりいいショットだろう。
しかし、顔はアニメのブス的キャラのようにひどい。

輝かしい成績をおさめた今、この場で一番大切にされるべきは本人の栄誉ではないか。
この顔じゃ、成績も栄誉も丸潰れだ。
むしろ、これは静香にとって結構な恥だろう。
私が静香なら、間違いなく新聞社に抗議している。

やはり新聞社は男社会で、写真選びをしているのも男性なのだろうか。
男性脳は全体的な雰囲気を重視して物を見るからか。
もしも女性が選んだのだとしたら、それこそ悪意としか思えない。

勝手ながら静香を哀れむ・・

くじら記念日 

2006年02月20日(月) 23時14分
一昨日、突然くじら博物館に行くことになりました。
別にくじらに興味はない。しかし車で6時間かけ、和歌山は大地という海辺の町まで行くことになりました。
食事も取らずひた走って、閉館1時間前に何とか到着。ようやくくじら!
入館料1050円は高い、けどくじら!ここまで来たらくじらを見なくては。
と思いきや、何とくじらは不在でした。厳密には、生きたくじらは不在でした。
代わりにアシカのすみれちゃんショーと、名前は忘れたシャチのショーを見ました。
そして不覚にも感激しました。シャチって 美しい!
さらにシャチ以上に、シャチがジャンプする棒を支えるお兄さんの色黒い笑顔が美しい!
ショーの間、私はシャチ同様、お兄さんの光る額とやさしい目を見つめ続けていました。
さらには、くじら博物館の展示も予想に反してかなり興味深い。
年齢別・耳垢の展示とか。あかちゃんくじらの耳垢ですら、Lサイズピザの1ピースくらいはありました。さすが、くじら。
あとは、捕鯨は文化だ、くじらは生活の中心だ、という街の主張を少し理解しました。
そしていよいよ、メイン企画のくじら料理。
くじらお刺身、くじら焼肉、くじら丼など くじらづくし。
何の変哲もない味でした。
あえて言えば、くじらはやっぱり魚類ではなく哺乳類である ということをその肉から感じ取りました。
行き帰りの車の中ではくじらに関するちょっとエッチな知識も増えました。
今回のツアーのおかげで、この先の人生、今までよりは少しくじらに興味を持って生きていくことができると思います。

かわいそうな背中 

2006年02月17日(金) 1時04分
いま 誰かにせなかを見せたい。見せたくてたまらない。
口では説明し難いが、ものすごいことになっている。
内出血のような赤黒い斑点が一面に広がる。
何というか、人間のせなかとは思えない。
そう、言うなれば蛇人間。
背中を微妙にくねらせて鏡を見ると、自分自身の気味悪さにぞぞ気が。

何でこんなことになってしまったのか。
それは 先日韓国のサウナで行った健康系エステ?のせいだ。
詳しくは語らないが、ひどすぎる。
何らかのプラス効果を期待して行ったのに、なんだこれ。
治療中は痛さに耐え切れず、友人と苦しみの叫び声をあげ続けた。
終わって互いの様子を見たとき、その痛々しさに口が塞がらなかった。
韓国人は、たくさん溜まっていた悪いものが出てきただけでノープロブレム、と何ら普通の反応。普通じゃないだろこれ。もっといたわれ。

家族に見せると、完全に哀れみのまざなしを向けられた。
「病気みたい。」「治るのそれ。」
治るんだろうか。
可哀想な自分のせなか。
触るとボコボコしている。
物に触れると少し痛む。
何だかひどくいとおしい。
せめて誰かに見せてあげたい。

うすくてつよい 

2006年01月24日(火) 23時05分
携帯が薄すぎる。
折りたたみ式ではない。10×3×0.8くらいの直方体。壊れやすそう。
しかもその薄さゆえ、手からするり、ポケットからするり、2日に1回のペースで落下している。そのうち半分は激しく地に叩きつけられ、電池パックが中から吹っ飛ぶ。
ガチャーン!パリーン! あー!!

しかし、不思議と彼は無事。何事もなかったように電源が入る。
強い。

1ヶ月ほど前の早朝。私は電車を逃すまいとダッシュを開始した。その拍子にポケットからするり。滑り落ちたはずだが、見当たらない。時間がないのに、くそ。
考えられることと言えば、足元を流れるどぶ川。やだな。まさか。
やっぱり。
幸か不幸か薄いがために、水に半分浮かんだ状態で2mほど先を流されていく。
げげー。
取りたいけど取りたくない。
けど取るしかない。
私はかなりの素早さでどぶ川沿いを先回りし、藻の生える水の中から薄い板を救い上げた。
でもさすがに、終わりだろう。
現代社会を生きる私のネットワークの全てが、どぶの水に流された。
何てあっけない。 なんで私はデータをバックアップしておかなかったのか。
この薄い板1枚に社会との関係全てが管理されていたのに。
くそう。電車も逃した。手も汚した。
泣きたい。自分のおっちょこちょいめ。

絶望的な気分で、でも一応電源を押してみる。
すると、 チャリラリラリーン。
何事もなかったように電源が入った。
画面は時計を表示している。
すすすごい。つつつよい。
しかも、電車まだ間に合うかも…!

何事もなかったようにダッシュをしたら、電車に乗れた。


今日の教え。
おっちょこちょいは持病だ。
おっちょこちょいの人、あきらめましょう。
おっちょこちょいではない人、同情して下さい。

先生と呼ばれたい 

2006年01月11日(水) 21時18分
明けましておめでとうございます。
最低月2回のペースでは更新していこうと、書き込んでみます。
もはや誰も見ていないんではないかと懸念されますが、まあいいか。

この間、小学校の授業にバイト講師をしに行った。
1日目は1年生。カタカナと足し算の練習をしていた。
みんな自分の書いたものに〇が欲しくて欲しくて、私は引っ張りだこだった。
自分の人気っぷりが物凄く、しかもちっこくてかわいい子に「先生!」と呼ばれるので、うかれた気分で帰った。
そして2日目は4年生。教室に入ると、第一声で「先生ドクシン?」と聞かれた。
そうか、私は今そういう立場なのか・・と何か納得させられる問いかけだった。
そして、10分もせぬうちに私は子供のペースにはめられていた。
〇付けをする私を囲い、「先生答え見なきゃわかんないんだね。」「先生やるの遅すぎ。自分で〇つけした方がましなんだけどー。」などと、非常に腹立たしい。
しかも、4年生の勉強って割とむずい。理科などは全くちんぷんかんぷんで、ほとんど答えをカンニングした。
4年生にもなると、私がプロじゃないことを見抜いているだけにうっとうしさ倍増だ。
そのくせ、かまって欲しい部分もあるようで、頭の上に乗られたり スリッパを脱がされたりした。
結局男の子を1人泣かせ、女の子を1人しょんぼりさせて授業は終わった。
ごめんねみんな、生意気だよ。
でも楽しかったよ。

またやろうかなー

日々の贅沢 

2005年12月16日(金) 0時31分
昨日、青春18切符を手に入れました。
明日(すでに今日)、再び旅に出ます。
西の方に行ってきます。
今回は少し長めで10日くらいの予定。
このごろ贅沢な生活です。お金はないのに。

明日に備えて早めに寝たいけど、これから準備を始めるという状況。
なのに、さっきからなかなかコタツから出られない。出なければ。うーしかし、出られない。何でこんなに極楽なんだ。
コタツと過ごす時間は人生の至福の時だ。

今日、中華料理系の飲み屋に行った。
赤白に割れた火鍋の中にナツメが煮えたぎっている。チャイナ服のおねえさんが厚めの肌色長パンをストッキングのごとくはいている。
そうだーこれだー。大陸だ。
紹興酒を飲みながら、つかの間の懐かしさを噛みしめました。
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像タイパン
» ふっとんだふとん (2006年11月14日)
アイコン画像ミミコ
» ふっとんだふとん (2006年11月11日)
アイコン画像あまんち
» ふっとんだふとん (2006年11月06日)
アイコン画像タイパン
» ふっとんだふとん (2006年11月01日)
アイコン画像ちひろ
» ビビンバを食べて思うこと (2006年10月28日)
アイコン画像バター
» ビビンバを食べて思うこと (2006年10月08日)
アイコン画像あまん
» ビビンバを食べて思うこと (2006年07月01日)
アイコン画像morimako
» ビビンバを食べて思うこと (2006年06月29日)
アイコン画像ミミコ
» ビビンバを食べて思うこと (2006年06月26日)
アイコン画像あまの
» ビビンバを食べて思うこと (2006年06月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:choonsim
読者になる
Yapme!一覧
読者になる