コンドロイチンには牛由来、魚由来がある?

December 14 [Wed], 2016, 15:10
コンドロイチンには、「牛由来」と「魚由来」があるはずですが、知っていましたか?

牛由来というのは、牛からコンドロイチン(関節のクッション的な役割を果たす、細胞組織の保湿性を高める効果があると考えられています)を抽出したもので、魚由来のものよりも臭いが少ないという特徴があります。

また、狂牛病の原因でもある「プリオン」対策を行っているので、安心して摂取できるでしょう。

一方、魚からコンドロイチンを抽出したものを魚由来といい、サメ軟骨を使用しているケースが多いです。

どちらの方が優れているというのはありませんが、飲みやすさでいうと牛由来のコンドロイチン(関節のクッション的な役割を果たす、細胞組織の保湿性を高める効果があると考えられています)が良いかもしれません。

ただ、魚由来のコンドロイチン(関節痛やアンチエイジングに効果の期待できる成分として、多?のサプリメントが販売されています)も段々に臭いが少なくなってきているので、わざわざ魚由来のものを避ける必要はないでしょう。

それに、イカ由来や植物由来のコンドロイチンサプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)も販売されていますから、お好きなものを使用されてください。

どれを選んでも安全性に問題はないのですが、より安全性が高いものを選ぶのであれば、やはり植物由来のコンドロイチン(関節痛やアンチエイジングに効果の期待できる成分として、多?のサプリメントが販売されています)が安心かもしれませんね。

コンドロイチンサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)などを購入される時は、何を原料としているのかを確認してみてはいかがでしょうか。

コンドロイチンの特徴

August 04 [Tue], 2015, 15:23
コンドロイチンには正式な名称があって、それはコンドロイチン、コンドロイチン硫酸というのが正式な名称です。グルコサミンと共に最近注目されている成分です。その名前の由来はギリシャ語のコンドロスからきており、軟骨という意味なのです。その名前の通り、コンドロイチンは関節の軟骨、これは加齢と共に擦り減ってしまうことが多く、関節などに痛みを感じることが増えます。このの部分に多く含まれているもので、たんぱく質やヒアルロン酸と共に存在して、軟骨の緩和剤になっています。

コンドロイチンがあるところは、脳や皮膚の結合された組織など、軟骨(ヒアルロン酸を注射することで痛みを和らげることができるそうです)以外にもいろんな組織の中にあるんですね。コンドロイチンはギリシア語で軟骨という意味だそうですが、靭帯や角膜などにも存在します。これはは腰痛や関節痛、痛みが軽いうちに、その痛みの原因を検査し、適切な治療を始めることで、痛みを軽減できたり、完治できる可能性があります、五十肩の治療、角膜の加護など、医薬品として広く運用されているのです。

コンドロイチンZS錠

December 29 [Sun], 2013, 0:05
コンドロイチンZS錠という商品です。コンドロイチンZS錠という商品名だけを見ると「具体的にどういった商品か」分かりづらいところもありますが、商品説明をみると、どうしても気になってしまう自分がいます

販売元の販売者名はゼリア新薬です。

当然かもしれませんが、しっかり販売元の販売者名は記載されていますね。この商品を活用すると、神経痛、関節痛、腰痛改善以上の効果があるかもしれません。しかし何でもかんでも簡単に行く訳はありませんので、誰もが通らなくてはならない時間という継続という壁を乗り越える必要がありますね。

今回が初めてではありませんが、今まで買ったこのジャンルの商品は買わなきゃ良かったというのもの方が多いような気がします。でも、もしかしたら、これを機に手に入れることができるかもしれません。これから、コンドロイチンZS錠が詐欺的な評価にはならない事を祈り、検証、レビューをしていきたいと考えております。

ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠は、3,270円です。今の私にとっては、簡単に購入できる費用ではありません。
3,270円は、最悪損する状況も想定し、思い切って、コンドロイチンZS錠を申し込んでみることにしました。

内容は充実しておりますがまだ結果が出ていませんので批評は微妙なところです。コンドロイチンZS錠の商品案内ページには興味が沸く箇所がいくつもあります。すぐに様々な体の悩みが解消されるような気がしてしまいます。


・・しかし、商品案内ページで書いている通りに、これで目標到達できる人は経験のある人くらいだと思います。
メリットがあるとはいえない商品です。

どう評価しても3,270円の値打ちはあると思います。仮に厳しい評価をしたとしてもこの金額なら妥当でしょう。おそらく、このコンドロイチンZS錠で、神経痛、関節痛、腰痛すべての悩みが解消される人はそんなに多くはいないかもしれませんが、なんの効果もないと切り捨てる理由ではないでしょう。目に見えないエリアではこの成分で改善が進んでいると思いますよ。

>>コンドロイチンZS錠 108錠

腰痛にコンドロイチンは必須です

April 25 [Sat], 2009, 23:53
腰痛には、椎間板ヘルニアのような脊髄神経が椎間板に圧迫されておこる神経痛と筋肉痛とがあります。過激な運動をしたり、同じ姿勢で長時間座っていたりすると大量の乳酸が生じて体内の酸性度が低下することによって筋タンパクが変成してしまい、腰の痛みや凝りを感じるのです。

このような腰痛の状態にコンドロイチンを与えることによって多量の乳酸によって生じた発痛物質を、コンドロイチンが吸着して取り除いてくれるので、痛みが楽になるのです。また、コンドロイチンは体内で生成されますが20歳を過ぎると体の老化によってコンドロイチンの生成ができなくなり、椎間板のクッション作用の低下によって生じる腰痛もコンドロイチンを摂取することによって椎間板の水分が補充され痛みも和らぎます。

一度腰痛になるとなかなか完全には治りにくいものです。その腰痛を防ぐためのコンドロイチンは食品からも摂取できます。うなぎやフカヒレ、納豆、オクラ、海藻などに多く含まれていますが、サプリメントも各社多く販売されていますので、腰痛になる前から積極的にとりいれてはいかがでしょうか。

⇒評価の高いコンドロイチン一覧はコチラ!

コンドロイチンの副作用

April 20 [Mon], 2009, 21:16
コンドロイチンというのは、ムコ多糖の一種で動植物の体内に多く存在する物質です。関節炎などの炎症を和らげるという効能があります。食品の中では、オクラや納豆、山芋、フカヒレなどのネバネバしているものに含まれており、食べて摂取できますが、一般に売られているサプリメントのコンドロイチンは、鮫の軟骨にいろんなものを加えているものが多く出回っています。

関節炎などの炎症を取り除く鎮痛剤は、飲んだらすぐに効きますが、胃が荒れたりする副作用が伴うものもあります。サプリメントのコンドロイチンは副作用がほどんどありませんが速効性がなく、飲んだらすぐに痛み治まるというものではありません。できるだけ長く飲み続けることで効果が発揮できるというものなのです。

 コンドロイチンの一日あたりの摂取量の限度は特に決められていませんが、サプリメントの場合、鮫の軟骨以外のもの、たとえばカキエキスが含まれていたりするので、その部分のアレルギーを起こす人がいるかもしれません。コンドロイチンのサプリメントも沢山販売されていますから、よく自分で成分を把握されてから購入された方が良いと思います。また、どのサプリメントにも共通に言えることは、妊娠中の妊婦さんや小さなお子さん、授乳中の方や何かの手術をされた方などは医師と相談してから摂取することをお勧めします。
http://yaplog.jp/chondroitin/index1_0.rdf