☆☆☆ミュージカル『ペインターズ・ヒーロー』を観覧・・・そしてお寿司を満喫☆☆☆

November 30 [Sun], 2014, 20:32


韓国観光公社さんからチケットをいただいて、話題のミュージカルを観て来ました
場所は鍾路にあるソウル劇場というところ。
ちょっと早めに到着して、チケットブースでチェックイン。

 



チケットは1人分だけなので、娘の分は現地で購入。
子供は半額だったので、かなりお得



入場前に1階で娘リクエストのポップコーンを購入。
普段は買ってあげないんだけどね、今回だけ特別よ
チョコ味のポップコーンはやみ付きになる味でした



公演中は写真撮影禁止なので、携帯の電源を切って待機。
韓国人よりも外国人のお客さんが多く、特に中国や東南アジアの団体様でした。


そしてミュージカルスタート




ミュージカルが始まると娘と釘付け

笑いあり、B-BOYモドキあり、でもアート中心の内容で
言葉がないノンバーバルミュージカルなので
外国人も、小さな子供も楽しめました。

韓国のミュージカルではお決まりの、一般のお客さんを交えて交流する時間もあり
突然指名されてしまった中国の男性の方でしたが、
かなり上手に披露していて、これまた笑えました

そして何といっても短時間で描く作品たちはかなりうまい

公演が終わっても興奮冷めやらぬ娘に、また絶対来たいと催促を受けました。
日本から両親が韓国に旅行に来る時には必ずミュージカルを観ているので、
この作品を強くオススメしたいと思います

もちろんソウルに住んでいる方にも一度観ていただきたい




公演後は、作品と俳優さんの自由撮影。
最後に墨で描いた絵が展示され、大きくてダイナミックな作品でした。
それぞれの方の個性が現れている絵だなぁと感じました





続いては場所を移動して俳優さんとの握手&サイン会。
何か購入するとサインを書いていただけます。

うちは大きいものは特に必要なかったので、
ノートを買ってそれに書いてもらいました。
娘も大満足


☆☆☆続いては清渓川へ☆☆☆

公演が終わる頃に主人と待ち合わせて家族3人で清渓川を散策。



ちょうどソウル灯り祭りを開催していてとってもすごい人出でした。
川沿いの道は渋滞で歩けそうもなかったので、数枚だけ写真を撮って夕食場所へ。


☆☆☆がってん寿司 鍾路店☆☆☆



今夜の夕食は久しぶりのお寿司〜

週末ともあり、こちらもかなり混雑してて40分待ちでした。

でも待った甲斐がありました



大好きなハイボールとお寿司



奮発しちゃったウニ盛り
独り占め

他にもアナゴの天ぷらや活き作りのお寿司などなど。
お店からサービスでいただいた、お頭焼きまで・・・。

どれもおいしかった

日本に行くのは来月末。
お寿司チャージであと残り1ヶ月頑張るぞ〜










『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/


2014年、私のベストスポット!

November 12 [Wed], 2014, 21:36
今年一年の締めくくり、最後のテーマをいただきました〜。
時間が経つのは本当にあっという間ですね。

 『2014年、私のベストスポット!』 

・・・ということで、
今年1年旅したことを思い返してみたいと思います。


1月  智異山温泉  (全羅南道)
2月  牙山温泉   (忠清南道)
3月  完州旅行   (全羅北道)

5月  安東旅行  (慶尚北道)  (在韓日本人ブログ記者団旅行) 
6月   北海道旅行      
7月  江華島旅行(仁川広域市) (在韓日本人ブログ記者団旅行)
7月  楊坪旅行 (京畿道) 
8月   日本の実家へ  
8月  洪川旅行  (江原道)      
9月  全州旅行 (全羅北道)   
10月 松茸狩り旅行(江原道)    
11月 釜谷温泉&水安堡温泉 (慶尚南道&忠清北道) 
11月 栄州旅行  (慶尚北道)



こうやって見てみると、毎月どこかに行ってましたね〜。
温泉大好き家族なので、韓国中の温泉をまわったまわった〜

なんだかんだ旅行代金をやりくりするのは大変で、
へそくりを提供したりもしました(笑)

韓国観光公社日本人ブログ記者団の旅としては”安東””江華島”へ行かせてもらいました
その土地のおいしいものをいただいたり、観光名所をまわったり、歴史建造物を見学したり。
盛りだくさんの内容でとっても思い出深い旅となりました。
韓国観光公社さん、どうもありがとうございました


この中からベスト オブ ベストを決めるのはかなり難しいですが〜

迷った中で最後に2014年私のベストスポットとなった場所を

これからご紹介したいと思います






それは・・・。






韓国の





食の街





・・・と、いえば




答えは、





『全羅北道・全州です。




全州はソウルから車で約3時間半ほどの場所。
ビビンバ発祥の地として有名ですが、映画の街としても知られています。


全州韓屋村はその名の通り、伝統的な韓屋が集まるエリアで、住居としてだけではなくおしゃれな食堂やカフェ、お土産屋さんなどが並んでいて最近はかなり開発されておしゃれな場所になっています。


韓国観光公社さんから宿泊券をいただいて、
ベニキアグループのホテル『全州漢城ホテル』に宿泊して
全州の魅力を満喫して来ました


〜全州漢城ホテル〜


〜全州殿洞聖堂〜


〜慶基殿〜


〜全州韓屋村のメインストリート〜


〜全州ビビンバ〜


全州は食の都だけあっておいしいものがいっぱいです
全州韓屋村ではおやつを売るお店があちこちにあって、食べ歩きにも最適でした



まだ全州に行った事がない方、ぜひオススメですョ






『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/


寒くなってきた韓国!体をあたためるオススメ韓国料理

October 30 [Thu], 2014, 21:47

今年の韓国は早い時期から寒いですね〜。
そんな時は体があったまるおいしい韓国料理をぜひ
韓国料理は寒い時期にこそ食べていただきたいんです。

탕(タン)と呼ばれるスープもいいですし、찌게(チゲ)と呼ばれる鍋類もおいしいですよね。

そんな中、私がおすすめする体を温める韓国料理はズバリ
サムゲタン

サムゲタンは韓国版『土用の丑の日』に食べる、なぜか夏のイメージが強いですが、寒い冬にだって体力をつけるのに大事な活力の元

お気に入りのサムゲタン屋さんがあるのでご紹介します
韓国のブロガーさん達の間でかなり評判のお店です。



こちらのサムゲタンはエゴマ粉入りの濃厚なスープが特徴。
もち米、人参、ナツメ、栗、ニンニクが入った特製スープに、小さめのほろほろとくずれる柔らかな鶏がベストマッチ。
サムゲタンの概念を覆すクリーミィな味にびっくりしますよ。
おなかいっぱい、心もいっぱい満たされること間違いなし

ぜひお試しあれ〜

『元祖ホスサムゲタン』
住所: 永登浦区新吉洞342−325
電話: 02−848−2440
営業時間: 11:00〜21:00
行き方: 地下鉄7号線新豊駅(シンプンヨッ)4番出口から徒歩約10分。








『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/


韓国の美しい紅葉 & おすすめ地方スポットをご紹介!

October 27 [Mon], 2014, 16:20

季節の変わり目になるといつも気になること。
それは・・・韓国の季節ってちゃんと四季があってはっきりしてるのに、どうして春と秋はとても短く感じるのかな。
そう思ってるのは私だけではないはず・・・。

紅葉の時期になって街の木々が色づいたな〜と思ってると、あっという間に落ち葉になっていたり。
私がボーっとしてるからでしょうか

でもでも、短い秋の韓国だけど、紅葉がきれいなのは間違いありません
寒暖の差が大きいからなのかな・・・、韓国の紅葉はきれいな所がいっぱい。
ソウルだと王宮があるエリアはどこもきれいだし、それから市庁から続くトルダムキルという通り。
徳寿宮の石垣と紅葉した木々がロマンチックなんですよね。
だからカップルが多いんでしょうね

そして・・・ちょっと小旅行なんかしてみたいと思ったら・・・。
ソウル郊外に足をのばしてみませんか〜

おすすめはソウルから近い京畿道。
京畿道はソウルの外側をぐるっと囲んだドーナツ型になってる見所いっぱいのエリア

電車やバスで約1時間半の旅。
冬のソナタで有名になったナミソムからも近いカピョン(加平)という所にある『アッチムコヨ樹木園』をご紹介〜

『アッチムコヨ』とは・・・朝の静寂という意味です。
そんな素敵な名前なら早朝から訪れてみたいですよね。



自然の景観を生かした樹木園で色々なテーマに分かれています。
ドラマの撮影地にもなっている所です。
秋の紅葉だけではなく、冬にはライトアップで彩られるイベントも人気だとか。
これからますます寒くなりますが、今が見ごろの紅葉狩りおすすめですよ〜



『アッチムコヨ樹木園』
行き方:東ソウルバスターミナルから清平バスターミナルへ。清平バスターミナルからアッチムコヨ樹木園行きバスに
乗って樹木園下車(約1時間半ほど)
ホームページ:http://www.morningcalm.co.kr/img/language/japanese.jpg (日本語)





『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/

芸術の秋!スポーツの秋!食欲の秋!読書の秋!

October 01 [Wed], 2014, 11:48
今日は韓国でおすすめの秋の過ごし方についてのお話〜。

芸術編、スポーツ編、食欲編、読書編です。
もしかして完全保存版かも

@芸術編

まず芸術の秋にちなんで、お気に入りの美術館をご紹介

【省谷美術館(ソンゴック ミスルグァン)】
アート関係者にも有名なこちらの美術館は、一定期間ごとに様々な展示を行っています。
2つの建物があり展示室は言うまでもなく見ごたえ十分なんですが、料金はリーズナブル
そしてなんと言っても、美術館の敷地にある彫刻庭園が隠れた穴場なんです

ソウルの中にいるとは思えないぐらい木々がうっそうとしててちょっとした癒しの空間。
特に秋の紅葉はグッド
庭園内にはカフェが併設されているので観覧後にお茶なんていかがでしょうか。

そしてソウルで紅葉と言ったら、市庁から徳寿宮へと続くトルダムキル(石垣の道)も有名。
『ソウル市立美術館』もあるので、ぜひそこまで足を延ばしてみてください。
ソウルの紅葉散策にぜひおすすめですよ








『省谷美術館』
ホームページ: http://www.sungkokmuseum.com/?page_id=4
行き方: 地下鉄5号線クァンファムン(光化門)駅7番出口から徒歩15分ほど。



Aスポーツ編

スポーツの秋ということで、スポーツを楽しめる公園をご紹介します!

【ポラメ公園(ポラメ コンウォン)】
こちらの公園には以前、空軍の施設があったそうで、
その名残で公園の一角には本物の飛行機が数機展示されています。
ポラメという名前は空軍のトレードマークである鳥の名称だそうです。

ポラメ公園は気軽にスポーツができる場所でもあります。
公園の中には広〜いグラウンドがあり、ウォーキングに最適
それ以外にも様々なスポーツが楽しめるようになっています。

・ロッククライミング 
・ローラーブレード
・バスケットコート
・バドミントンコート
・テニスコート
・運動器具
・指圧公園 

公園の一角には青少年施設があり、卓球台とビリヤードが楽しめます。
格安で利用できるのが魅力なんです






『ポラメ公園』
ホームページ: http://parks.seoul.go.kr/template/default.jsp?park_id=boramae
行き方: 地下鉄2号線シンデバン(新大方)駅4番出口から徒歩5分ほど。



B食欲編

【チョノ(コノシロ)&デハ(海老)】
私が思い浮かぶ韓国で秋の味覚といえば・・・チョノとデハ
どちらも私の大好きシーフード。

チョノは日本語でコノシロ(またはコハダ)と呼ばれているお魚
日本ではあんまりメジャーではないですが、お寿司屋さんでは置いてありますよね。
このチョノの刺身や焼き魚が韓国人は大好物

そしてデハは海老のこと。
韓国独特のデハの塩焼きが実においしいんです 


 ※ソヘ(西海)の海岸沿いにある水産市場などで食べる事ができます。

『仁川ソレポグ(蘇莱浦口)』
行き方:水仁線ソレポグ(蘇莱浦口)駅2番出口から徒歩10分ほど。



C読書編

そして最後は読書の秋

『図書館&日本国際交流基金』
毎週日曜日は”家族図書館DAY”と決めて、時間のある限り子供と一緒に近所の図書館に通っています。
こどもの本はよく読みに行ってるのですが、残念ながら自分のための読書はあまり実践できておらず・・・
でもやっぱり日本の本が読みたい

そんなときには・・・韓国の図書館へ
近所の図書館にも日本の本が置いてあったりします。
そういった本を借りて読むのはいかがでしょうか。

そして昔よくお世話になってたのが、シンチョン(新村)にある『日本国際交流基金・ソウル文化センター』。
こちらでは、日本の本や映画のDVDなどが借りられるんです
雑誌は借りられませんが、定期的に新刊が入荷するので協会の図書室でじっくり最新号を読めます

『日本国際交流基金』
ホームページ:http://www.jpf.or.kr/
行き方: 地下鉄シンンチョン(新村)駅3番出口から徒歩3分ほど。



芸術、スポーツ、食欲、読書。
秋にはより楽しめるものがいっぱいです。

少しでもみなさんのお役に立てたらうれしいなぁ。
わたしの秋の過ごし方でした





『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/

☆☆☆スマホで使える「韓国旅ガイド」をご紹介☆☆☆

August 25 [Mon], 2014, 20:12

こんにちは〜

旅行する時に必需品ともいえる一つに、
ガイドブックがありますが、

今日はスマホで簡単に使えるお薦めの韓国版ガイドブック・アプリをご紹介しまーす


その名も・・・

『韓国旅ガイド』 




スマホのアプリ検索で”韓国旅ガイド”と入力し無料でインストールOK


スマホの画面にはこんな風にアイコンが設置されます〜




テーマ別、地域別など、とっても簡単に検索ができるんです

<<テーマ別>>
巡る
観る
泊まる
食べる
買う

<<地域別>>
ソウル特別市
釜山広域市
大邱広域市
仁川広域市
光州広域市
大田広域市
蔚山広域市
京畿道
江原道
忠清北道
忠清南道
全羅北道
全羅南道
慶尚北道
慶尚南道
済州島

<<便利情報>>
画面を見せるだけで使えるお得なクーポン
空港情報
交通機関情報
観光案内(1330へ通話)
最新レート

<<その他>>

韓国について
旅行基本情報
観光警察
天気
トラベル韓国語
緊急連絡先
観光案内センター

などなど・・・


そして、私のお気に入りは、なんといってもマップ(地図)検索

速度がかなり速くて、拡大&縮小するのがとっても簡単。

ルート検索のところでは、出発と到着を入力して地下鉄かタクシーを選ぶと・・・。

ルートを分かりやすく表示してくれて、料金とおおよその時間が早わかり。


<例>
ソウル駅から明洞駅まで地下鉄のルートを検索してみました。

もちろん日本語で入力OK。
しかもカタカナ、漢字、英語表記すべて検索できます

みょんどん
ミョンドン
明洞
Myeongdong

料金、時間、距離も表示されて分かりやすい〜



(ソウル駅から明洞駅への地下鉄検索)


無料のアプリなので、是非一度試してみてくださいね〜





『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/

 『私の韓国語学習法』

July 27 [Sun], 2014, 15:03
韓国観光公社ブログ記者団からのお題第2弾!

 「私の韓国語学習法」



・・・ということですが、

韓国に住んで10年が経とうとしてますが、韓国語の能力は本当まだまだと感じている日々。

ちなみに以下が私の韓国語学習の歩みでございます(笑)

2004.1〜9 梨花女子大語学堂で韓国語を学ぶ
2005.4~  結婚して韓国在住となり生活や会社を通して韓国語を習得
2014.7   韓国語能力試験に再チャレンジ


超シンプル

基本的に私の語学学習法は、
語学は現地で現地語を学ぶのが一番だと思っています。

韓国語もしかりで、日本ではあえて勉強は何もしませんでした。
カナタラも分からない状態で、梨花女子大の語学堂に通いました。
語学堂って授業料はかなり高いですが、やはり高いだけの理由がありますね

先生は専門的に学ばれているので、教え方がとっても上手
授業中は韓国語オンリーなので最初は全く理解できなかったのですが段々音から単語としてとらえられるようになった時のあの感動は忘れられませんね。
そして、幾何学模様にしか見えなかったハングルが文字に見えた時のあの驚き
こちらも忘れられません

授業で使っていた教材も文法や必要な表現すべてが教科書に詰まっていて、9ヶ月間の語学堂でしたが韓国語能力試験4級を取れるまでのレベルになりました。その後は6級まで進む人もいましたが、私は進級せずに終了。

そして、それからの日々はと〜ても長い道のり。

結婚してからシデク(義両親)に行く事が多くなりますが、会話が苦痛で苦痛で・・・。
主人が慶尚南道出身なので、家族はサトゥリ(方言)が強くて何を言っているのか理解できず。
秋夕や旧正月にシデクで過ごすのが嫌でした。

そんなこんなで、今は少しずつですが子供関連の学校の先生やお母さん達との交流を通して、生活から韓国語を学んでいる所です。

現地の人とはやっぱり生きた会話ができるので、語学堂での勉強だけでは韓国語を話せるレベルとはいえなかったなぁと思いますね。

今は簡単な受け答えだけなら外国人と気付かれなくなりました。
長い文章を話するともちろん、ばれちゃいますが


そして今年
改めて韓国語能力試験(TOPIK)を受けることにしました
今年から試験方式が変わるとのことで、変更後最初の問題はそんなに難しくないだろうというアドバイスを受け勉強する事に。。。

韓国語を勉強するには便利な世の中になりました
現在は無料で韓国語教室や試験対策クラスがあちこちで開催されてます。

私は区の多文化センターというところで試験対策クラスを申し込みました。
ここは韓国人と結婚した人が利用できるセンターで、韓国語だけではなく料理や文化、旅行など様々なプログラムがあり、子供と一緒に参加できるものも多くて外国人にとってはありがたい存在。

今回はTOPIK中・高級レベルを週2回2ヶ月コースで受講。
先生がとっても親切&熱心で、毎回宿題も出て、なんとかこなす毎日。

試験の中・高級レベルでは、2種類の小論文的な記述問題が出るので、時間内に自分の意見をまとめて書かなくてはならずそれが大変なんです。本当に時間が足りないぐらい。

でも先生に毎回小論文を添削してもらいながら、制限時間内になんとか自分の意見をまとめて文章にすることができるようになりました。

それから久しぶりに図書館にも通って勉強もしました。
子供の学校の宿題で読書活動があるので、週末は子供図書室に通って一緒に勉強。
親の勉強する姿なんてあんまり子供に見せる機会ってないので貴重な時間だったな〜。


そして先日の7月20日に試験受けてきましたよー。
難しいながらも高級レベルで頑張りました

試験の結果発表は8月上旬とのことでもうすぐ。
5級か6級か、試験結果が待ち遠しいです。
(もし4級のままだったら、ちょっとショックですが・・・)


韓国語学習の醍醐味って、勉強すればするほど身についてる感じが分かること。
試験勉強のおかげで、高級レベルの表現力を学んだり、新しい単語を勉強できて今後も大いに役立ちそうです。


以上、私の韓国語学習法でした




『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/

『夏になると行きたくなる韓国の名所』

July 21 [Mon], 2014, 14:11

今月は韓国観光公社在韓日本人ネットワークさんから2つのお題をいただきました。


 
お題@: 「夏になると行きたくなる韓国の名所」
   (or 夏に行ってみたい韓国の名所)

お題A: 「私の韓国語学習法」



今日はお題@の「夏になると行きたくなる韓国の名所(or 夏に行ってみたい韓国の名所)」をご紹介したいと思います。





私が夏になると行きたくなるところは、なんと言っても避暑地
避暑地と言っても海や、山、湖など色々ありますが、私は海よりも山が大好きです。

暑さを感じさせないぐらい涼しい所に行きたくなっちゃうのと、
ソウルのような喧騒の中で生活していると、時々自然の中でぼーっと過ごしたくなります。

そこで私がお薦めする夏になると行きたくなる韓国の名所は・・・
ズバリ

 韓国の渓谷 



ソウル周辺には沢山の山があって自然も豊富。
山の中には渓谷や滝が流れていてマイナスイオンもたっぷり。

渓谷の水はきれいで、薬水(ヤクス)と呼ばれる湧き水もあちらこちらで見かけます。
ちなみに江原道(カンウォンド)の方まで行くと、氷水のように冷たい川もあるんですよ。

昔、主人の親戚と旅行に行った時、川の水が冷たすぎて入れなかったというエピソードがありました
そんな川で冷やして食べたスイカはサイコーにおいしかった

先々週の週末、友人家族と訪れたペンションではスイカ割りを楽しみました
韓国では珍しいようで、ペンションの宿泊者たちが興味深々で見てましたね。韓国の子供達もやりたそうでした。



さらに韓国ならではといえば、避暑地でつきものは、なぜかインスタントラーメン
こんな大自然の中で、なぜにジャンクフードのインスタントラーメンってかなり不思議だったんですがね。
韓国に10年も住んでいると、その不思議さがもう当たり前になってる自分がいます(笑)

スイカ割りを一緒に楽しんだその友人達は日本人にも関わらず、翌日の朝ご飯はみんなでカップラーメンでした
『ありえないって思ってたけど、朝ラーしちゃうなんて、私たちもう韓国人化しちゃってるね〜』と、
・・・在韓暦が長くなるにつれ、習慣って怖いものですね(笑)


毎年一度は渓谷に行ってますが、夏の終わりごろにもう一度行きたいな〜と考えているところです。
ソウルからは地下鉄1号線から中央線に乗り換えて北上すると、ヤンピョン(楊平)という地域があるので、その辺がおススメで〜す




『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/

☆☆☆鰻を食す☆☆☆

July 20 [Sun], 2014, 22:18

先日、韓国のチョボッ(初伏)=土用の丑の日第1弾があったばかり。
韓国は丑の日がなんと、3回もあるんです

こういう日は、韓国ではサムゲタンが常なんですが、私はどうしても鰻が食べたくなってずーっと考えてました。


韓国版の鰻の炭焼きにするか、日本版の鰻重にするかを・・・。


そして迷った挙句、決めました

韓国で本場の和食を味わうには鰻はかなり高級なんですが、主人が奮発してくれるそう

多分、先週海外出張に行った時に、探していた時計を免税店でゲットできたので上機嫌なのと、家族に引け目を感じてちょっと気をつかってくれたのでしょう(笑)

行ってきたのは、江南高速バスターミナルから車で5分ほどのところ。
『まる心』さん。



日本の方が調理を担当しているとのこと。
こちらは、名古屋のひつまぶしがメインなのですが、普通の鰻重もあります。

私はこの日、韓国語能力試験(TOPIK)を受けてきて、ちょっと体力的にも精神的にもお疲れ気味。
一方、主人と娘は友人家族とキッズカフェに行って軽く食事をして来たとのこと。

じゃあ、私は一人前まるごといただきます
いつもは私と娘とで半分コするんですが、主人と娘で半分コしてもらうことに。

・・・といっても、私は1匹、主人&娘は1.5匹分を注文しましたが。


(鰻重)


(ひつまぶし)

同じ鰻の蒲焼ですが、切った大きさだけが違いました。
ひつまぶしは3種類の食べ方があってお茶漬けも楽しめます。

おいしかったのですが、皮が焼きすぎていて全体的に焦げた味になってしまってました。
あ〜ちょっと残念。
でもスタミナを養えて元気になった気がします

日本では今年鰻の稚魚が豊漁で値段が少し下がったと聞いてるので、今月末からの日本帰省で絶対リベンジしまーす

☆江華島旅行☆

July 19 [Sat], 2014, 15:22

先日、韓国観光公社在韓日本人ネットワークで日帰りの旅に行ってきました。

カンファド(江華島)と仁川のソレポグ(蘇莱浦口)



■■■ 7月19日(土) 旅のコース ■■■

@江華島コインドル(支石墓群)&江華歴史博物館見学
 
Aランチ:チャムケケジャン(蟹の醤油漬け定食)@菊花ホス
 
Bチョンドゥンサ(伝燈寺)見学
 
Cソレポグ(蘇莱浦口)にて在来魚市場見学



カンファドはソウルから近い人気の観光スポットという認識は以前からあったのですが、今回の旅で、重要な歴史とともに歩んだ地域ということを初めて知りました
歴史の舞台のみならず、パワースポットとしても知られているとのことです。
私はいつもペンションに泊まって海で潮干狩りばかりしていたので、違った視点からカンファドを知る事ができ有意義な時間となりました


■8:30AM
朝8時20分に韓国観光公社本社前に集合。
今回はゆっくりとした集合時間だったので楽チン〜
手作りサンドイッチ&コンビ二で買ったコーヒーを朝食代わりにバスの中でいただきました

バスで2時間かかる予定が、1時間半ほどで最初の目的地である江華島コインドル&江華歴史博物館に到着です。

■9:30AM
現地では歴史解説をしてくれる日本人のガイドさんが引率され、日本語での説明を聞きながら見学をすることに。



これがコインドル。4000年以上も前に造られたもの。権力者のお墓とのこと。ユネスコ世界遺産に指定されています。



向こうに見える集落の辺りはすべて海だったそう。



江華島の過去と現在の地図。右側の赤い部分は現在まで埋め立てした所とのこと。島だったところが陸続きになった所も多く、大規模に埋め立てされてますね。



江華歴史博物館



当時の鐘                         



世界のコインドル(支石墓群)分布図



韓国にあるコインドル(支石墓群)分布図




当時のコインドルを運ぶ風景

日本人ガイドさんは歴史にとても詳しくて、話に引き込まれるほどでした。
韓国だけではなく、同じ時期の日本と中国の歴史と照らし合わせながらの説明は分かりやすかったです

それから、ガイドさんが「ちょっと脱線しますが・・・」と話される庶民の生活などのお話がとってもおもしろくて、聞き入ってしまいました。

■12:00PM

江華歴史博物館からバスで約20分ほどの湖のほとりにあるカンジャンケジャン(蟹の醤油漬け)で人気のお店でランチ。





ジャジャーン
カンジャンケジャン定食



こちらのケジャンはチャムケと呼ばれる、小さめのモクズガニを使用。
ちいさいながらも食べ応え十分



お店の方が親切に食べ方を指導してくれました。
カニ味噌をご飯半分ほどに混ぜて海苔に巻いて食べるといいそう。
あと半分の白いご飯は、おかずと一緒に食べたり、別の食べ方でお好きなようにとのこと。

おいしいカンジャンケジャン定食をいただいた後は、バスに乗って次の目的地へ。

■13:00PM
チョンドゥンサ(伝燈寺)へ。



松林が多かったです。
ここからお寺までの道のりが約20分ほど。
暑い中登ったのでちょっとへとへと気味



昔、フランス軍がやってきて撃退したという城壁の名残。



ここからがチョンドゥンサ(伝燈寺)。



ちょうど季節のお花が咲いていて癒されました。
韓国でアジサイを見るのは初めて



こちらの伝燈寺は、韓国で一番古いお寺と言われていて、建築技法がとにかくすばらしいです。当時の技術の高さを伺えます。



樹齢●百年の古木。

チョンドゥンサからさらに上に行く見学がありましたが、体力的にちょっと無理で数名の方と一緒に待機させてもらうことに・・・
すべての見学を終えて戻ってきた方々と合流し、記念撮影をしてバスが待機するところへと戻ります。

■16:00PM
仁川のソレポグ(蘇莱浦口)へ。



バスを降りると潮の香りがします。
入り口付近には、貝焼きのお店や干物のお店が並びます。
市場の中は水産物でいっぱい




お店のお兄さんの手以上に大きかったイカ)

ソウルの有名な水産市場ほど客引きは多くなく、気持ちよく写真を撮らせてもらいました。
お店の人がどこから来たのか話しかけてくれたり、魚を見せてくれたり、茶目っ気たっぷりの人が多かったです。

お土産にお刺身などの新鮮な魚を買いたかったですが、持ち帰ったらバスの中で匂いが気になるのと、家路までの地下鉄でも大変なことになりそうなので、また今度の機会に。



こちらの乾燥海老を購入。
小さなザルは5千ウォン
おばちゃんがおまけで多めに入れてくれました
(CDのキラキラ光る特性を生かした虫除けアイディアすばらし〜


今回の旅では、カンファド(江華島)のまた違った魅力を知る事ができてうれしいです
人気のランチをいただいた上に、仁川のソレポグ(蘇莱浦口)でお買い物までできて充実した一日でした

次はどこに行くのか、またまた楽しみです

同世代の人達と新しい出会いがあるのもこの旅の魅力ですね

韓国観光公社さん、いつもありがとうございます




『韓国観光公社・在韓日本人ネットワーク』
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/
http://www.facebook.com/japannetwork/