バレンタインに向けて生チョコの簡単レシピを写真つきで紹介します。とってもおいしい簡単生チョコレシピなのでトライしてみてね。手作りがやっぱりおいしいね

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chokoreshipi
読者になる
2008年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
    -->
チョコのレシピ / 2008年01月30日(水)
生チョコのレシピと作り方


2008年のバレンタインももうすぐですね!








生チョコは毎年分量をそのときの気分で
レシピを少しずつ変えて、作ります。

 ヴァローナが大好きで毎年
違った種類で作ってます。



材料:

 クーベルチュールチョコ   200グラム
 (去年はヴァローナ社のエクアトリアルラクテ35パーセントを使用したが
  多少甘めの味だったので2008年は思い切ってヴァローナグアナラ70%に挑戦予定)

  生クリーム         90グラム
  水あめ           25グラム
  コンデンスミルク      20グラム
  無塩バター         20グラム
  有塩バター         20グラム
  

  ブランデー         小さじ2
  ココア           適量







バターの有塩、無塩はお好きな割合でどうぞ!

バターはよつ葉リーズナブルでおいしいので
ぜひお試しを! スーパーで売ってるくらしモアの
よつ葉バターはあまりおすすめしません。



バターに含まれている塩の割合でチョコのしつこさが変わるので
あっさりが好きな人は塩少なめ、濃厚だけどちょっとしつこいのが
好きな人は塩多めがおすすめです。



*涼しいところで作りましょう。



1.10×14センチぐらいの流し缶を用意し、クッキングペーパー
  を敷く。

2.チョコをナイフで削る。けっこうたいへんだよ。手をケガしないでね。


3.鍋に生クリーム・水あめ・コンデンスミルク・無塩バター 
有塩バターを入れ、弱火にかけ、ゆっくり溶かす。

※まだチョコはいれません。4.でチョコを入れましょう。



4.溶けたら火から鍋をおろし、チョコを入れてやさしくかき混ぜながら
  溶かす。力をいれすぎないように!


*チョコが溶けなければ様子をみながら極弱火にかける。


5.チョコのあら熱がとれたら、ブランデーを加えて混ぜる。


6.流し缶に入れて自然に冷やす。(冷蔵庫へ入れないこと)
    泡が表面にあれば竹串でつぶすといいみたい。


    だけど、めんどうなので、パスしちゃった♪








7.8時間以上冷たいところ(廊下とか台所とか)に置く。

8.まな板の上にココアを広げ(チョコがやわらかいのでまな板に
  くっつくのを防ぐ)その上に、7.をうつぶせにして置き
  クッキングペーパーをゆっくりはがす。はがれにくいですが
  ナイフなどを使って落ち着いてゆっくり)


9.ココアをまぶしながら好きな大きさに切る。(といっても大きすぎると濃いですが)

 包丁を少し温めながら切るとまっすぐきれいにきれますが、割愛しちゃいました。


すると一番上の写真のように少しいびつな形になってしまいます(汗 
 
 けど手作り生チョコというかんじが出てますね(笑


10.缶や箱に詰めてできあがり!
  

エスプレッソと一緒に召し上がれ!!!




 
   
Posted at 11:55 / お菓子レシピ / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
 Powered by yaplog!