初仕事 

February 04 [Sat], 2006, 16:07
今日は、アトリエの初仕事でした。
現場は2回目の、某ドイツレストランとホテル。
1ヶ月空くと、緊張と不安でドキドキの1日でした。
今日は大失敗をしでかしたので、ショックで反省してる私。
会場装花以外に、演出の仕事もしているのですが、
(新郎新婦が、注ぐと青く光るシャンパンタワーを見たこと
ないですか?)
で、ドキドキの中、初めて一人で撤収作業にいきました。
お開きの時間はおしていて、45分くらい待ちぼうけ。
ホテル側のスッタッフも宴会の作業におわれているので
ちょっぴり、ぴりぴり感があるから、お邪魔しないように気をつけて・・・。
実は、光のタワーの撤収作業は始めてで、イメトレしたより
はるかに気がはりました。
特殊(ライセンスが要る)な液を使っているので、取り扱いが難しくて苦戦。
液体がととびちらないように、注意しながら、会場から撤収できたのに
最後の最後、車に積み込み作業中、ガラスの器を落としてしまって
ガー−−−−−−−ン!!
平謝りするしかなくて、すごいショックでした。
オーナーさんは優しくて、ゆるしてくれたけど、
次回からは気をつけます・・・・・。
もうすぐ、春にむけて結婚式も増えてくるので
早く一人でもきょどらない自分になりたいです。

初滑り 

January 20 [Fri], 2006, 15:43
久しぶりの合宿です。
今日は金曜の夜中から、岐阜県の北に位置するホワイトピア高鷲へ
総勢6人で、雪山合宿してきました。
何故何故?合宿かといえば体育会系メンバー地獄の3日間だったからです。
スケジュールは以下の通り
金曜夜、仮眠
明け方3時、出発
土曜朝4:50、到着
10分後、リフト上
で昼過ぎまで滑る。
午後2時、ゲレンデ出発
夕方5時、岐阜県新穂高到着
温泉入る
夕方6時、夕食(ご飯4杯食べてた人いました。)
食後、全員記憶とぶ
夜8時、知り合いの居酒屋へ
限界状態の中ワイン1.5本あける
おでん、ちじみ、ぶたきむち、からあげなど、4食目食らう。
多分、夜中宿へ帰る。
日曜朝7時半起きる
8時、朝食
温泉入る
10時、宿出発
11時ゲレンデ問到着。
現役の体育会系メンバーにはついていけず、
私とちーちゃんは本日2回目の温泉へ。
昼2時、高山市内そば屋で昼食。
     私の希望で以前から行きたかったパン屋さんへ
その後、愛知県春日井市への帰路。
自分との体力勝負の3日間でした。
スキーの感想や、温泉、宿、パン屋の感想など、ホントに満足で
楽しかったから、ブログに書きたいんだけど、
あまりにもハードな3日間で、ざっくりかかしていただきました。
新穂高、雪に囲まれた世界はとっても素敵でしたよ。
ツララが殺人事件をおかしそうなほど、するどかった!!
私たちの意識も、朦朧としていたような・・・・・・。



おめでとう!! 

January 14 [Sat], 2006, 15:20
パリから帰国して、バタバタしてます私。
現在地は関西。
新幹線パーサー時代の後輩?の
(自分が先輩だったということを、旦那様に紹介されるまで忘れてました(笑))
たなゆうの親族だけの結婚式へサプライズのため、同期4人で
式場へおしかけてきました。
結婚式となるとすぐにはりっきってしまう私、今回は花束を作り
岐阜から高速で運んできましたよ。
もちろんたなゆうには内緒です。会場、時間は私のファッションリーダーでも
あるかえちゃんが、リサーチ。
サプライズは見事に成功!!
あまりにびっくりして、放心状態のたなゆうは美しかったです。
旦那様も、ちょっぴりお酒に酔ってましたが、人の良さ全開で
私的にほっとしました。
「なんでなおちゃんが、ここにいるの?」と連発しているたなゆう、
次回は新居の千葉へおしかけまっせ!!
久しぶりの同期との再開も、感激でした。
今思うとありえないくらい厳しい職場でもあり、仕事でしたが
総勢45人の同期に恵まれたから、乗り越えられたよね!!
同期会にご無沙汰してる私ですが、次回からはちょくちょく
顔を出したいです。持つべきものは、友達ですね〜

パリ日記2 

January 03 [Tue], 2006, 18:18
1月3日 午前7時 オペラ アンバサドールホテル前
今日は念願のモンサン・ミッシェルへの小旅行です。
モンサン・ミッシェルは私が学生時代からいつかは行きたいと強く
願っていた地なので、ホントに楽しみです。
モンサンはスタジオジブリ作、天空の城ラピュタのモデルとなった
修道院で、潮の満ち引きにより(15m差)海の中に浮かんだように見える
とても神秘的な場所です。映画は空に浮かんでいますが・・・。
途中、仏国の美しい村(141あるそうです)の一つに選ばれた
小さな農村(人口220人)へ立ち寄りました。
副村長のおばあちゃまが手作りクッキーをかごに入れて、お出迎えしてくれました。
クッキーは素朴な味で、とっても美味しかったよ。
モンサンはノルマンディー地方にあるため、片道バスで5時間ほかかります。
田舎好きな私にとっては仏国の田舎の景色を見ながらの旅は、とてもうれしくて
少し、北海道を思い出してしまいました。
(北海道で暮らしていたとき、同僚のフランス人が自分の田舎に似ていると
言っていた事に納得)
長距離バスで少々疲れてきましたが
遠くにモンサンのシルエットが観えた時はゾクゾクとしてきました。
昔、エアーズロックが前方の観えた時の感覚と同じ存在感で。
修道院の中は、凄かった。よくぞこんな建造物を、道路のない時代に
神のお告げだけで作ったもんだと。
沢山のひとが、建築中に海の底なしの泥の中に命を落としていったそうです。
さて、そろそろお腹がへってきたので、名物のオムレツ(金欠の修道師が
お腹いっぱいになるために考えられた料理。普通のオムレツより
卵を沢山泡立てて作られている。)とステーキと
ノルマンディー地方で有名なシードル(りんごの発泡酒)をペロリといただきました。





</左>

パリ日記 

January 02 [Mon], 2006, 17:37
人、人、人!!
現在地中部国際空港(セントレア)。
こんなに人だらけの空港から出発するのは初めてです。
今まではどちらかというと、こんな繁忙期にはお客様の接客にあたっていた
立場なので、少々心苦しくもあり・・・・なんて(笑)
DEP JAL437 10:15 中部国際
ARR       14:15 シャルル・ド・ゴール
現在地パリ9区 ホテル ヴィラ・フェネロン
さすが直行便!速いです。ほとのどの私の旅は安く行きたいから
どこぞの国を経由して行くのですが、今回はお供のmちゃん、
初めてのアジア圏脱出とあって、長距離飛行に不安そうだったので
JAL便を選択。
6年前のパリは香絵姉さんとの珍道中でドイツ経由、空港ーホテル間も
自力でいきましたが、今回は少々ランクアップで送迎をつけてしまいました。
なので、何の苦労もなく、あっちゅうまに今宵の宿へ到着。
ヴィラ・フェネロンはとてもお値段がリーズナブル(私仕様)なうえ、
とっても広いお部屋にあたり、ラッキー、この旅の幸運が始まった感じです。
やるきのないくらい(気さくで無理ないという意味)のフロントスタッフは、
がちがちな日本のサービスよりも私には、あっていて楽珍です。
さてさて、まだ16時っだたので早速、パリの街歩に出かけました。
9区から、オペラを通り、1区のルーブールまでお散歩してきました。
自分の長所は地図が読める事でよかったわ。
(昔、ベストセラー本で地図が読めない女、話を聞かない男があったけど・・・・)
思ったほど、パリの街は寒くなくて、でもやはり、日が短くて、
1時間くらいしたら、町並みはライトアップされ、それも素敵でした。
今夜は飛行機で沢山、食べてきたから、ホテル近くのカフェ(BLUE CAFE)で
カフェ・オーレとクロックムッシュを、mちゃんはクラブハウスサンドを。





明けましておめでとうございます。 

January 01 [Sun], 2006, 14:32
明けまして、おめでとうございます。
久々に自分のブログを空けて、びっくり!!
秋で止まっておりました。
でも、私は前進しておりますので・・・・・・・。
今年もよろしくお願いします。
さっそく、明日から極寒のパリへ行ってきま〜す。
よい、お年を〜

メリクリ 

December 24 [Sat], 2005, 14:59
今日は、飲むぞ!!
職場の同僚と、その中のちーちゃんの彼の仲間(アメフトのメンバー)
で朝までコースのクリスマス会に参加してきましたよ。
私はワイン1筋で行く事をこのクリパ開催を決めた時から、決めており
、飲みましたよ!!
でも、久々のお酒は、テンション高まるし、二日酔いになるわで
ちょいと、気分・・・・・・・、悪く・・・・・・、なってしまった。
ま、Yりはんはその上をいっていたから、私はかわいいほうかな(笑)
Yりはんは、いつも髪を巻いてる美人な名古屋嬢なのに!!
あの姿だけは、恐ろしく思えました・・・・(笑)

仕事納め 

December 23 [Fri], 2005, 14:48
今年は、よく働きました。
年内最後の結婚式もなんとか、無事に終えることができましたが、
ここにくるのに、やはり徹夜で・・・・。
思いがけぬくらい今年は12月にドカ雪が降り、東海地方も金曜から
妖しい雲行きに・・・・・。
でも、雪だから結婚式の準備が間に合いませんとはいえないので、
急遽、オーナーさんの提案で夜中雪道を走り、
すんごくレトロな(ハナフェスで世話になった
Sっしーに見つけてもらい)ホテルで待機、ちゃんと完璧に会場をお花で
飾ってきましたよ。
はたして、この雪の中お客様が揃うかは疑問?????

49時間パート1 

December 13 [Tue], 2005, 20:55
昔、映画で48時間ってのがありましたな。あれの凄さを体感。私は49時間です。何がって、働きつづけたのが。(実際には金曜の朝出勤して日曜の夜まで働きつづけたから、ぷらす8時間か!)
普段は事務員の私、金曜も事務員さんだったけど急にお花のアトリエから連絡が!
軽く三時間くらいのお手伝いかなーなんて仕事かえりによったらそうは問屋がおろさないくらい恐ろしい事態!土日のウェディングの仕事にくわえて、急に祝い花6対のオーダありと!やばい、家に帰ってるロスタイムがもったいない!今回ばかりは幸せの仕事なのにオーナさんと私はメークはボロボロ髪はぼさぼさで幸薄そうな二人で式場入り(笑)とにかく時間がないから、ご飯は全て移動の車で、むさぼって食べてしまいました。この姿だけは素敵なダーリン以上に親に見せれない状態でした。
私は三時間の仮眠をさせてもらえたけど、眠さとの戦いでもありました。栄養ドリンクよ、ありがとう!
でも無事に二件の結婚式、祝い花二件、完了。よくやった、私達。そしてもう二度とパート2はありえないと思いました(笑)
どんなに苦しくてもお花のためなら、頑張れてしまうなんて、やっぱり花は素晴らしい!そしてオーナの彼女のパワフルさに脱帽!

プレゼント 

December 13 [Tue], 2005, 20:36
ちょいと忙しくてバタバタしている私で、もう一人の私が欲しい今日この頃です。でも出来る限り、私の大好きな人の為に何か出来たらいいな〜と。今までそう思ってきた事で、でもできないままになっていた事に、機会が訪れたら行動に移していきたいな。
さて、その思いの一つに、この8月にオープンした友達のレストランへのお祝いがありました。ほんとは食べに行ってあげたいし、行きたいのだけど、札幌は少し遠いかな。で、思いついたのが、レストランに飾るお花です。ただ単に祝い花を送ってもその時だけになるから、お店の役にたつお花。ちょうど私はウェディングの仕事をしているので思いついたのがテーブルに飾るお花。時期的にクリスマスだし、バレンタインなどのイベントもこれから沢山あるので、レストランのふいんき造りに使えそう!ってピンときました。さっそく、テーブル数、クロスの色をそれとなくリサーチして、決定したのはチョコ色とピンクの上品なアレンジ。資材探しに名古屋のお店にいくとあるわ、あるわ!嬉しくなってリボンなんかも大量買いしてしまった。プリザーブドもバラとアジサイとライスワラワ、アイビーの実なんか買いました。器をリボンでくるくるまいて、チョコ色に。テーブル数が6なので8個作ることにしました。早くしないと12月になるので2日で仕上げた私は凄いかも!
一番緊張したのが梱包作業。せっかく作ったのに運送でつぶれたらショック!あーでもないこーでもないと、空き箱と格闘、母親にも手伝ってもらい完了!喜んでくれるといいのにな〜
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
■バックグラウウンド■
■名前:ちょっこ■
■情熱をささげてきたこと:     クラシックバレエ/バトントワリング/お花■
■プチ趣味:                                   写真撮影/スキー/旅行/庭造り■
■生活してみた土地:      北米(スポケーン)/北海道(新得町)/カナダ(モントリオール)/沖縄(宮古島)■
最新コメント
アイコン画像まき
» パリ日記2 (2006年01月22日)
アイコン画像imustan
» パリ日記2 (2006年01月21日)
アイコン画像ちょっこ
» 明けましておめでとうございます。 (2006年01月09日)
アイコン画像育成担当大臣
» 明けましておめでとうございます。 (2006年01月02日)
アイコン画像高杉こうすけ
» 明けましておめでとうございます。 (2006年01月01日)
アイコン画像ちょっこ
» 49時間パート1 (2006年01月01日)
アイコン画像まき
» 49時間パート1 (2005年12月18日)
アイコン画像トリコロール様
» i pod (2005年11月04日)
アイコン画像musicトリコロール
» i pod (2005年11月03日)
アイコン画像のー様
» ドリカム2 (2005年10月30日)
http://yaplog.jp/chokkoman/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chokkoman
読者になる
Yapme!一覧
読者になる