ブログ移転 

2011年12月27日(火) 17時13分
長者町アートアニュアルのブログは、下記に移動しました。
http://effector.co.jp/chojamachi-artannual/news
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

8月21日真夏の長者町大縁会物語 〜結婚式のまき〜  

2011年09月22日(木) 17時54分
大縁会当日の物語 第3弾。その1はこちら、その2はこちらから。

さて、お待たせしました
いよいよ、クライマックス長者町オリジナル結婚式の物語です。

開始の1時間前、外は降ったりやんだり
結婚式担当スタッフ間では、
「雨Ver.でいくか、晴れVer.でいくか」で議論



と思いきや、



「晴れVer.でいきましょう!!」

「よし、行こう!」

「行こう!」


その間2秒の即決っぷり(笑)
練りに練った結婚式、やっぱり晴れでいきたい
祈りにも近い、決定でした。

そしていよいよ、開始5分前


紅白幕を背に、発展計画の音楽人による「聖者の行進」が鳴り響く

そう、雨は止んでくれました

「結婚式」ときいて、近所からかけつけてくれる人も。参列者が増えてきました。


さぁ、いよいよ、新郎新婦の入場です









なんで台車(・・)



会場は、拍手で迎えつつもざわめきが



一足先に笑い出すのは、台車を提供してくれた八木兵さん。


子どもも興味津々の表情で見守ります。


パカッ


そうなんです。「桃から桃太郎」的に、なんと台車から新郎登場です

新郎は、あいちトリエンナーレ2010 長者町会場で作品展開された
ジェット達さんこと石田達郎さん

奥様のまりこさんも新郎の手に導かれて、台車から登場


二人がそろうやいなや、フラッシュの嵐
なぜか祈りはじめる参列者も(笑)


7月に入籍されたお二人。
媒酌人をつとめるのは長者町の呉服問屋、糸和の佐藤さん
長者町のいろんなカップルの媒酌人をつとめ、今回がなんと26組目。
しかも、その25組はみなさん今もなお、おしどり夫婦。
心強い媒酌人に幸せの太鼓判をうってもらいました。


そして「誓いのチュー

しかし、瞬間見とれてしまい、シャッターを切るのを忘れたのであえなくカット(苦笑)

そんな幸せな雰囲気ただよう二人ですが
念のため、幸せになれるという噂の「カルタ取り」も
取り手のライバル達を前に、気合の二人。


決死のダイブ


そして札ゲット


幸せが約束されたところで、この日司会をつとめたフィリップさんが衣装がえ


新郎新婦も大好きな「わらびもち体操」スタート

こうして、終始笑いに包まれた一部が終了。

二部がはじまるやいなや、なつかしいBGM
運動会のかけっこでよくきく「天国と地獄」ではありませんか。

そうです、第二部は・・・


「菓子まき」という名の戦いです


大人も子どもも。とる、とる、とる
駄菓子にまじって、当たりのわらびもちもあるということで、
あちこちで、わらびもちプリーズコールも


抱えきれないほどのお菓子を手にほくほく顔の子ども。


と、大人。


最後は記念写真みんなで祝福の笑顔


石田さん、まりこさん、どうぞお幸せに
そして、みなさん参列いただき、ありがとうございました





*舞台裏
当日菓子まきで当たり☆のわらびもちは、フィリップさんによるもの。
幸せの末広がりで「88」個、作っていただきました。ありがとうございます!


また、打ち上げではサプライズでウェディングケーキをふるまってくれたツキダテさん!
いつも粋なことしてくれます。ありがとうございます!


そのほか、さまざまな面で協力いただいた長者町界隈のみなさま。(敬称略)
八木兵株式会社
丹羽幸株式会社
吉田商事株式会社
株式会社糸和
滝一株式会社
綿常株式会社
長者町ダイニング・FUZZ
鴨らーめん・竹亭
下長者町町内会
錦二丁目の各町内会長
名古屋長者町織物協同組合
株式会社丸安
株式会社共栄美装
名鉄協商株式会社
株式会社フランジ
・・・のせきれません!みなさま感謝です。

また、アサヒビールさん、中警察署のみなさま
ご協力いただきありがとうございます。

最後に石田さん、こんなことまでしていただいて、本当に感激です。


そしてそして主催者のみなさま、お疲れ様でした。
"真夏の"「長者町大縁会」は、今後もつづきますので、お楽しみに

8月21日真夏の長者町大縁会物語 〜各主催イベントのまき〜 

2011年09月21日(水) 17時52分
大縁会当日の物語 第2弾。その1はこちらから

さて、オープニングが終わったMOBIUMバスでは、
大ナゴヤ大学長者町ゼミまちの会所hanareによる『長者町カルタとり大会』がスタート

え?長者町カルタってなに という方もいらっしゃいますよね。

「説明しよう!」(まさか古い?)

****
長者町カルタこと『色は匂えど長者町カルタ』は、
まちの人の言葉で語られる長者町の記憶や今の想い、未来への祈りを
昨年、まちの会所hanareがまとめ、カルタに表現したもの。

必殺技:遊んでいると、いつの間にか長者町通(つう)にしてしまう。
****

というわけで、この日、長者町カルタとり初挑戦の子どもたち。

終始、集中!子どもの集中力はすごい。

続いて、大人と子どもの対決

あざやかに次々と札をとられているのは、今枝さん(※しかも長者町の方です)
途中、おどしの大人の技を使いつつも(笑)、結果は子どもの勝利

こうして、12組の熱い戦いがくりひろげられ、最後の表彰式に
なんと一位に輝いたのは

この日、初参戦のゆうせいくん
プレゼントを提供いただいた長者町の旦那、佐藤さんと記念撮影
やわらかい笑顔の佐藤さんとゆうせいくんの誇らしげな顔
大縁会を開催してよかった・・・と(きっとみんなが)思った瞬間なのでした。

まちの会所hanareの当日ブログはこちら
そしてイベント「わら福」の様子もこちらをぜひごらんください

さて、途中カルタ会場をあとに向かったのは、
あいちトリエンナーレ2010 長者町会場で作品展開された縁あるアーティスト
山本高之さんによる、「長者町ティーンズコレクション」。

会場では長者町まちなかアート発展計画が特設ステージを準備中。
雨のため、やむをえず室内ですが、これまたいい雰囲気に子どもたちのキャットウォーク姿が楽しみです。


一方、主役の子どもたちは、入念なリハーサル中。始まる前は「えーやだー」と照れていたココちゃんも
すっかりモデルさん


そしてこの日はちょうど、アートラボあいちのオープンということで、
知事さん達もその様子をあたたかく見守ってくれました。


いつの間にやら、こんなに子どもたちが 年齢もさまざま。服装もさまざま。


いよいよ、本番スタート

が、見に行けずそして同じく、キリコラージュさんによるワークショップものぞけず。
主催する側の宿命ですね

当日のうきうきな様子は、ぜひ長者町まちなかアート発展計画さんのレポートをご覧ください



さて、気を取り直して、お次は私たち長者町アートアニュアル「夏のシャッターペイント」です。
こちらも山本さん同様、あいちトリエンナーレ2010 長者町会場で作品展開された縁あるアーティスト
青田真也さんによるもの。

青田さんの下絵をもとに、繊維問屋「神谷茂(株)」さんのシャッターをひたすら塗ってゆきます。
「シャッターにペイントすることがひとつの夢だった」という方も参加。とにかく無我夢中で塗ってゆきます。


「大縁会の一日、ほとんど壁を向いていた」と後日ふりかえった武藤先生、
たしかに途中のイベントも、脚立からチラ見。


イベント終了後、夜には青田さんも加わり、長者町ゼミや発展計画の方と細かい仕上げ。
遠くから眺めると、ちょっぴり怪しい人たち・・・。


完成したシャッターは夜17時以降と休日にみることができます
そして作品解説は、後日アップしますので、乞うご期待

さーーいよいよ、クライマックスの「長者町オリジナル結婚式」の様子は・・・
次のブログをお待ちください