犬猫のワクチンについて!!

March 31 [Sat], 2007, 23:33
先日、 MikanLamuneさんのブログの中で、
猫用ワクチンについて投稿がありました。

 皆さん、自身の飼い猫に接種していたワクチンで

  副作用が報告されていたら!どう思いますか?

 詳しくはMikanLamuneさんのブログで↓
http://mikanlamu.exblog.jp/i5 
  農水の副作用報告ページにもリンクされています。


僕は鶏の獣医師ですが、これだけ犬猫多頭飼育していますし、犬猫獣医ではない第3者獣医として、また、イチ飼い主として客観的に考えることが出来ます。鶏と比較したりして変な角度からいつも見ています。結論から言うと「ワクチンの毎年接種」には疑問を持っています。今思っていることをダラダラと書いてみます。


 ワクチンには大きく分けて、生ワクチンと不活化ワクチンがあります、いわば生=ウイルス(または細菌)が生きている、不活化=死んでいる(殺してある)ということです(ウイルスは生死と言いません)。犬猫用として使われているものは現在不活化が主流のようです。文中ではいわゆる3種とか5種、猫白血病ワクチンなどの「不活化ワクチン」を題材にします、生ワクチンや狂犬病ワクチンについてはまた今度。

 不活化ワクチンの副作用で重要なファクターは「アジュバント」というものです。これは不活化した抗原(ウイルスや細菌)に添加されています。なぜ添加されるのか?@免疫増強作用:抗原を保護する状態で血中に入り、長い時間、たくさんの免疫細胞と逢わせる。これによってたくさんの「抗体」を動物の体に作る。Aスローリリース:同じようなことですが、接種した部位から徐々に血中に放出してやる。 為のものです。

 使われるアジュバントの主流は「オイル」(鉱物油)または「水酸化アルミニウムゲル」です、犬猫用の場合水酸化アルミは無いと思います、ワクチン接種を見たことのある方は、注射器の中白くなかったですか?あれがオイルアジュバントの色です。僕の本業の鶏では両方ともかなり種類があり、水酸化アルミ=昔からあるアジュバントで、接種ストレスが少ないが、高い抗体価を得るには犬猫と同じように2回接種が必要。オイル=接種位置によってかなりの接種反応が出るが、鶏の場合1回接種、水酸化アルミに比べて格段に抗体価は上がるという位置づけです。

 
 なぜアジュバントで副作用が起こるのか?

 皆さんはインフルエンザの予防接種(生ワクチンですが)などで注射した部位が赤くなったり、腫れたり、体の調子が悪くなったことはありませんか?ワクチンは生でも不活化でも完全に安全というものはありません。ワクチンに限らず、物理的に皮膚を貫通させて異物を打ち込むのですから大なり小なり炎症が起こります。アジュバントはこの局所の炎症を強く起こします、要は高い抗体を得る為の代償です。
 鶏に関わっていると、常に「どうしたら、どのワクチンをどの経路から投与すれば一番ストレスが少ないか」を考えます、採卵の為の鶏は弱く、また感染症の数も半端じゃないのでそれも理由のひとつですが、犬猫の臨床でも年1回という短絡的なワクチンプログラムから脱却するべきではないかと思います。

 犬猫に毎年のワクチン接種が必要か?

 僕は自分の犬猫達、特にリスクのある場所での飼育の場合以外では、最初の1回のみで終わりです。逆にワクチンの頻回接種による副作用を気にします。

(詳しくはhttp://mikanlamu.exblog.jp/i5 で。猫の線維肉腫はアジュバントによる副作用を多くの獣医師に気付かせたきっかけと言われています。)

 


子犬、子猫の時期だけはあらゆる感染症に感受性が高いので、ワクチンの必要性はあると思います、逆にその時期を乗り越えれば、あとは無接種か3種などの最小限のワクチンを2〜3年毎で充分では?鶏では毎月数種類の感染症に対して抗体価を検査して、それに応じてワクチンプログラムを決めていきます。犬猫ではそこまでしませんが、例えば、状態が不明な犬猫と生活場所、行動範囲、散歩範囲を同じくする場合でも1年では再接種する必要は無いと考えます。データ的にも裏づけがあるようです。
なぜなら、大人になった動物にとってすべての感染症が致命的といえるでしょうか?一部の感染症を除いてNoです、飼い主が適切な治療、ストレスの緩和をしてあげることでそれを乗り越えて新たな自然抵抗力を手に入れます、そのための飼い主の愛情、日々の食事や運動の管理、サプリメントなどの免疫補助なのではないでしょうか?さらに、ワクチンを接種したからといってその感染症のリスクはゼロでしょうか?これもNoです、生ワクチンでは特に「病原性復帰」と言い、ワクチンに含まれる抗原自体が病気を引き起こす可能性もあります、人間の話ですが、去年もインフルエンザ予防接種を受けてそれが元でインフルエンザになって寝込んだ知り合いがいます。猫でも以前「猫白血病ワクチン」で多くの猫が猫白血病ウイルスの犠牲になりました。ワクチンによっては、接種によって一時的に白血球数が下がり免疫抑制状態になる物があったことが知られています。

 長くなりすぎました、こんなところまで根気よく読んでくれた方いますか?
細かいことを書き出すと、まだ3倍くらい書けそうで怖いのでやめときます(^∀^)
無責任ですが、僕は犬猫獣医ではありませんので・・・あと地域的にリスクの高い(ある病気がよく起こっている)所もあるようです。地元の獣医さんと雑談がてらその先生がどんな考えか聞いてみて接種期間やワクチンの種類を考えてみてください。

 日本はまだ、犬猫のワクチン接種率低いです。
3年毎くらいにして、接種頭数が増えればちょうど良いんじゃナイかなあ(^∀^)
  • URL:http://yaplog.jp/choiwaru101/archive/95
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでコメントは表示されません。
November 05 [Tue], 2013, 11:22
うにわささん
不安がらせてゴメンなさい、別に怖がらせる為に書いたわけではないですよ(^∀^)ただ、中にはワクチンで障害が起きる子がいる!ということを言いたいだけです。今日、鶏用のオイルワクチン接種後2週間くらいのロットの鶏で死んだ鶏が1羽おり、解剖してみると激しい接種反応を出していました。最善の接種方法を指導しているはず・・でも「中には」ワクチンとの相性?が悪い個体がある。そういうことがペットや人間にも言えるんです。
 ほとんどの動物病院、美容院がそうですよね。特に獣医さんが、接種してあればチョ〜安心(゜∀゜)、ゼロか百か決め付けるようでしたらお笑いです。実際には院内感染のリスクが高いか低いかの違いだけですので、それよりも院内の消毒の徹底、他の動物との仕切りがきちんとされているか?が重要だと考えます。
April 01 [Sun], 2007, 12:31
こんにちは。
私もいまからワクチンの事で記事書こうと思ってるんですけど、うにわささんの言うように、獣医さんで入院する時とかワクチン接種が条件みたいなところ多いですよ。
犬だって、ワクチン打ってないと、セミナーに参加できないとか、ドックラン使えないとか、ドッグカフェは入れないとか・・・。
う〜ん、こりゃ〜大問題っすよ
April 01 [Sun], 2007, 12:21
なごみんさん
チンチラは鼻が低いので目ヤニが宿命の場合があります。その結膜炎が何からきているものなのか、獣医さんと相談してみてください。ミイちゃん、今からワクチン接種は逆にリスクがあります。家の中でストレスのない生活をさせてあげてください。

 yamumamaさん
はじめまして。やっぱりおられましたか(´;ω;`)失明とは・・とても残念です。自分も「子猫の時の接種は大事」とか言ってますが、ホントはこの時(と高齢)が一番怖いです。犬は近所の犬との接触などの状況によっては、(やっぱり1年はおかしいと僕は思うのですが)接種しておきたいお気持ち理解しているつもりです。

 ちびんたさん
そうなんですよ!問題を抱える子にはワクチン接種しないでしょう!人間でも問診表で問題があれば接種ひかえるでしょ。少しでも異常があると副作用の確立がグンと上がるからですよね。ノビバックもフェロセルも他のワクチンも、性能としては高いレベルのものですし、逆にどんぐりの背比べ状態で、銘柄にこだわることは無いと思います。
April 01 [Sun], 2007, 12:14
うちの辺りにある動物病院は、毎年一回のワクチン接種をしてないと、治療はおろか入院もできないところが主流なんです。なんで、ワクチンをしとかないと何かあったときに困ると思って毎年摂取してました。
みなさんの地域ではそんなことないんですかね?病院の策略ですかね?すごい不安になってきた・・・
April 01 [Sun], 2007, 11:03
今晩はお客さんで今やっとPCに向かって、choiwaruさんとこきたら怖すぎる〜。
だって、どこでも獣医さん行くと『ワクチンは摂取してありますか?』って聞きますよ〜。
だし、うち、リンパ腫のくろくん以外、み〜んな毎年打ってた。さらに、今月からのきなみ16匹ワクチンなんですけど・・・。
choiwaruさん、ど〜しよ〜
以前行ってた獣医さんは3種でノビバックTRICATで、今行ってる獣医さんはフェロセルCVRです。詳しい事はchoiwaruさんにお任せして、”動物獣医師のための臨床テクニック”って本持ってるから、読んでみます〜。
それと、私のブログでchoiwaruさんとこにみんなにこれ読んでもらうように今から急遽記事入れます
April 01 [Sun], 2007, 1:16
はじめまして
勉強鵜不足で良い悪いはっきりいえませんが
以前といっても20年ぐらい前ですが 仔猫にワクチン接種をしたら2.3日過ぎた頃だったと思うのですがひきつけを起こしました 
1週間ほど止まらず入院してひきつけが止まったら目が見えなくなってしまいました 
このことがあって依頼 ワクチン接種をする時はひじょーに心配しています
でも 毎年飼っている犬にはしています  
April 01 [Sun], 2007, 0:38
なごみん
あら〜〜!ウチのチロは目ヤニ・結膜炎となりやすいので、年に一度接種してました。。。
でも、ミイは、何もしてない、でも元気です。。。

ちょっと、考えよう。。。
掛かりつけの獣医さんに機会があったら相談してみよう。。
怖いですね。
April 01 [Sun], 2007, 0:25
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:choiwaru101
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
08年9月より pescetarian

2010年1月分〜

FC2へ引越ししました

姫路市より
最新コメント