551 

2007年05月10日(木) 16時30分
羽田空港まで豚まんを、いえいえ大阪出張帰りを迎えに行きました。

前回お土産で頂いた蓬莱の豚まん
何年か前に大阪に遊びに行った時に確か食べたような〜
食べてみても思い出さないほど薄い記憶でしたが
美味しかった。
家族で食べられるようにと6個も頂いたのに
両親もまた食べたいというほどかなりのお気に入り。

また出張に行くということでお土産のリクエストは
もちろん蓬莱の豚まんを。
先週まで池袋西武の催事場で出店されていたのですが
この日まで我慢して。
催事場をチラ見していたのですが
けっこう並んでましたよ。

今回は10個も頂いちゃった♪

神楽坂の五十番の肉まんより
この豚まんのほうが好きです。




肉まん、じゃなくて豚まん。
大阪では肉=牛肉
だから肉まんではなく豚まんと言う
なんて人もいるようです

真相は

あの味に 

2007年04月28日(土) 16時25分
先日行った新丸ビルの内覧会
最初に向かったのはもちろんチョコレートのお店。
大阪にお店があって丸の内は二号店のようですね。
『PALETD’OR』
今年1月に伊勢丹で開催されたサロン・ド・ショコラ
に初出店し、あっというまに売り切れた
フランスにあるベルナションのパレドール。
優しい友人が私の分も買っておいてくださって
一箱7000円(30個ぐらい入っているんだけど)
お値段にびっくりしたけど
私好みのチョコで♪
それ以来、チョコを見るたびベルナションのパレドール食べたいな〜と思って秋にはフランスへ行く予定まで組んでもらってますが(喜)
そのベルナションの創業者でありオーナーシェフの
巨匠のエスプリを受け継いだシェフ三枝俊介さん
のお店です。
多少のアレンジがしてあるとしても
あの味にまた会えるかと思うと行かずにはいられませんでした。
日本なんだからフランスから空輸してるわけではないし
きっとお手ごろで食べられるだろうな〜
なんて期待した行ってのですが・・・
確か350円以上だったような。
こちらのパレドオールは一粒が大きいので納得して
数あるチョコレートの中から選んだのは


・PALET D’OR
  円盤型のチョコレートに金箔がかかり
  しっとりとした口当たりとカカオの深い味わい
・GRAN COUVA
  農園限定の選ばれたカカオ豆で作られ
  グランクヴァのみ使用のガナッシュ
・CRAQUELIN
  ラム種のビターガナッシュにクラクラン

です。
基本的にビターでシンプルなガナッシュが好きなので
他の味にチャレンジできない私なのですが

冷蔵庫で保存した場合は18〜20℃の常温に戻してから
と書いてあるのに
うっかり早く食べたくて
冷蔵庫から取り出してすぐに口にいれてしまう失敗を。
口どけも良くないし 味も薄く感じ(悲)

残り2粒はちゃんと常温に戻してからいただきました。
PALET D’OR美味しいです
でもやっぱりフランスのベルナションが食べたいです。

チョコだけでなく生ケーキ・焼き菓子もあり
イートインスペースがありました。
シャンパンにチョコという大人のマリアージュも
大人な雰囲気の新丸ビルにぴったりです

新丸ビル 

2007年04月27日(金) 17時53分
今日OPENですね

一足先に内覧会に連れて行ってもらいました♪
六本木ヒルズ・丸ビル・表参道ヒルズ・ミッドタウン
にも行きましたが
新丸ビル内に入った瞬間、この空間好きだなって思いました。
何がどうかって言葉ではうまく伝えられないので
行ってみてください(笑)

・通路にソファーがたくさんあるのですぐに休める
・メンズ・レディースフロアが分かれていないので彼女と一緒とはいえレディースフロアに行くのはちょっとと思う彼も安心。
・営業時間が28時までの7階 2次会終わってもまだ飲み足りないっていう人にはいいかも。大人の社交場みたいで素敵な出会いが期待できそう♪

丸の内ということもあり来ていた女性はファッションがきっちりOL系が多くて素敵でした。
昔はきっちり系だった私も今は・・・。

F-1 

2007年04月25日(水) 15時21分
F-1 チームとかドライバー(名前と顔が一致してないし)とかあまり知らないのですが
ちょっと前からTVでは見ていました。

このドライバーが好き、ここのチームを応援している
わけではなくて(今まではそうだけど今シーズンからハミルトン♪)
ただ、生のエンジン音が聞きたいの!
と思っていました。

鈴鹿から富士に変わったことを知り、発売日を心待ちにしていました。
チケットも抽選ということもあって若干だけど念願の思いが近づいてきたかなと。

何箇所もある観戦席、見ごたえのある場所なんて全くわからないので予算とを考えて選んでもらって抽選に応募しておきました。

今日が当選発表の日。
昨日まで覚えていたのに今朝はすっかり忘れていて
メールを見て思い出し、そして驚きました。

第一希望の席で当選だ!!!

イースター 

2007年04月08日(日) 17時50分
復活祭はキリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する。「復活の主日」、あるいは「イースター」とも言われる。復活祭は基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日で2007年の復活祭は4月8日でした。

復活祭にかかわる習俗としてもっとも有名なものにイースター・エッグ(Easter egg)がある。これは復活祭に殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたゆで卵を出す習慣である。国や地域によっては、復活祭の際に庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びもおこなわれる。近年では卵だけでなく、卵をかたどったチョコレートも広く用いられている。これはもともとヒナが卵から生まれることをイエスが墓から出て復活したことを結びつけたものといわれている。

ホワイトデーの頃から気になっていた
ラ・メゾン・デュ・ショコラのイースターエッグ。
カラフルな銀紙に包まれた卵の形をした小さなプラリネの詰め合わせしかなかったのが
イースター近くになると大きな卵型やうさぎ・にわとり型
と種類が増えていました。

そのイースターエッグが欲しくって
HAPPY EASTER☆ やりました。

ビターとミルクの2種類があったようですが
もちろんビターを。

黄色い花柄のリポンで可愛らしく飾りつけされた筒型のケースに入っていました。
ふたを開けるとチョコのいい香りが〜。たまりません。
そして卵を割ってみると小さな卵型をしたプラリネとお魚の型をしたチョコが入っていました♪
メゾン・デュ・ショコラでプラリネってあまり見かけないので
狙ってました。
プラリネはもちろん美味しかったけど
外側の卵のチョコレートが私は好きでした。
口どけが良かった。

また食べたくても
次のイースターまでお預けです。

KRISPY KREME DOUGHNUTS 

2007年02月17日(土) 8時30分
ちょっと前にたまたまお店の前を通ったら
とってもいい香りが〜。
寒い夜でとても並ぶ気にはなれなくてその場は素通り。
でもあの香りが忘れられなくて

さっそく土曜の朝、早起きして行ってきました。
開店の7時だったら並ばないだろうなと考えてはみたものの
起きられなくて。
到着は8時半。若い女性が多いかと思ったら
男性一人ってのもちらほら。
家族に頼まれたのかな お父さん偉いぞ!
小さなお子さん連れの家族も。
ドーナツを手にするまで30分かかりました。
でも並んでいると 丸々1つドーナツの試食が配られるのですが、そのドーナツ できたてで温かくてやわらかくて
噂どおりでした♪
4人分を買って帰ろうと8個のつもりが
10個になってしまって あと80円追加で2つ追加できますよ
なんて言われてしまい 12個も買ってしまいました。
たくさんの種類があるので なかなか決められなかった。

・オリジナルグレーズド ×4
・チョコレートグレーズド ×2
・チョコレートカスタード ×2
・パウダーストロベリー ×1
・オールドファッションチョコレート ×1
・チョコレートグレーズドクルーラー ×1
・ダブルラズベリー ×1


試食で食べたオリジナルグレーズドを
やっぱりみんなには食べてもらいたくて。
家ではレンジで8秒ほど温めてみたけど
やっぱりお店でのできたてにはかないません。

HOT NOW のサインをみつけて
できたてを食べてみてください☆

VALENTINE 

2007年02月11日(日) 17時44分
<イベントが大好きなので
当日だけでなく週末からバレンタイン開始。

いつも美味しいものをごちそうしてくれているので
バレンタインぐらいはお返ししたいなと

料理の腕前は・・・自信すらありませんが
楽しんではいます。

イタリアで買ってきたペンネがあるというので
ペンネと言えばアラビアータ。
チキンコンソメが残っていたので
ベーコンと玉ねぎのスープ
そして、デザートはバレンタインなので
ムース・オ・ショコラ。

お菓子って一人で作ったことなかったの。
友達と一緒に作ってみたことはあったけど
私はお手伝い程度だったし。
でも、食器売り場で目にした簡単なレシピを見たとき
これなら作れそう〜。って思って当日はりきっていたのに
落とし穴が!

材料に生クリームが書いてあるのに
作り方には生クリームがでてこなかった。
赤ワインのジュレとチョコムースが二層になるはずなのに
レシピどおりの分量と手順で作っていたにもかかわらず
何時間たってもジュレが固まらずムース作りに影響がでたこと。
時間もなくて結局ムースの上には
ジュレではなく赤ワインのソース
『ムース・オ・ショコラ 赤ワインソースかけ』
になりました。
簡単すぎるレシピ、かえって解読するのが難しかった。

キレイに二層になって目の前に出して驚かせようと
料理中はキッチン出入り禁止、覗き見禁止令を
出したのに、
ジュレが固まらないので
「固まらないの〜」と扉をあけてしまうことに。
ちょっとがっかりだったけど
味は美味しかったので★★☆。

バレンタイン当日は
赤いBOXが可愛い
ラ・メゾン・デュ・ショコラのバレンタインチョコ
を用意して
溜池山王にあるロウリーズヘ。

帰りには赤いバラの花束をいただきました。

HAPPY VALENTINE♪
/色>

カヌレ 

2007年01月27日(土) 15時23分
お友達の家にあそびに行きました。
去年暮れにマイホームを購入したとのことで
お家拝見&8カ月の赤ちゃんと遊ぶため。

手土産は通過駅である保谷の『ARCACHON』
のケーキにしました。
自宅からも近いのに知ったのは最近のことだったので
こちらは今回がお初です。

たくさんのケーキから選ぶのって私にとっては難関。
だってあれもこれも食べてみたいのに1個に決めるのって
時間かかるし。
結局、大好きなモンブランに。(悩むとモンブランにしちゃうんだよね〜)
友達もモンブラン大好きなので同じにしちゃって
旦那さんはチョコがいいってことで
オペラに。

それと焼き菓子の中から『カヌレ』を。
こちらのカヌレは
ボルトーカヌレ協会会長ピエールマルケ氏より
伝授された配合・製法を忠実に再現してあるようです。

焦がしちゃった?と思わせるような
ガリっとした表面ですが中の生地はしっとりしていて
もちっとしていました。
たまごの風味?とラム酒?のいい香り。
カヌレって食べたことあるようなないような
記憶にないほどですが
おいしいなって思えました。

サロン・ド・ショコラ 

2007年01月25日(木) 16時32分
昨日1/24〜伊勢丹6階催事場で始まりました。

3年前にパリに行った時はエルメも知らず
ショコラトリーに入ったのはジャン・ポール・エヴァン
ただ1店舗だけでした←もったいない

今度はショコラトリー巡りで行きたいと思うも
昨年は夏にバリ・秋にはシンガポールにマレーシア
とインドネシア方面でした。
バリはリッツカールトンに泊まる事ができ
毎日スパ三昧で優雅な一時を過ごすことができたのですが
おいしいチョコは見つからなかった。

のでこの日を待ちわびていました。

イヴイヴ 

2006年12月23日(土) 13時10分
クリスマスイヴイヴはケーキ・シャンパン・手料理を用意して
お部屋で過ごしました。

私の担当はケーキに料理。
簡単そうで難しいケーキ選び。
かなり前からクリスマスケーキをチェックして。
・二人用の小さなサイズ
・ノエルとかチョコ系ではなく生クリームタイプ
↑なかなか見つからない。
食べたことないお店のが良いと思ったけど
もし、口に合わなかったら・・・食べたことあるお店に
しようかな〜なんてあれこれ悩んで


グランドハイアット東京『フィオレンティーナ』の
クリスマスケーキに決めました。

スポンジにはシロップが染み込まれていて
しっとりしていました。
クリームも甘すぎず、しつこくなく
食後でも食べられました。
さすがに一度に1ホールは食べられなかったけど
翌日もおいしくいただけました♪

ベシャメルソールから作ったシチューも
前回練習しておいたので美味しくできたように
思いました。←そう思うのは本人だけかもしれませんね〜。
チキンもシンプルに味付けして焼いただけですが
美味しかった。

翌日のイブはクリスマスディナーを用意してくれていて
お出かけするのとイヴまで待てないということで
イヴイヴにプレゼントをいただきました。
憧れの赤いBOXです。

本当に楽しいイヴイヴでした★
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像miki
» ハンバーガー (2006年03月20日)
アイコン画像chutatu
» ハンバーガー (2006年03月20日)
アイコン画像MIKI
» ピエール エルメ (2006年02月07日)
アイコン画像みかっち(^O^)
» ピエール エルメ (2006年02月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chocotier
読者になる
Yapme!一覧
読者になる