ディナゲスト224日間服用後の診察結果

November 06 [Thu], 2014, 16:43
前回の更新からかなり時間が経ってしまいましたが、

相変わらずディナゲスト服用中です。

すでに224日間飲み続けているわけですが、

副作用である不正出血は、

ディナゲストを飲み始めて3ヶ月を過ぎたあたりから、

ピタリとなくなりとても快適な毎日を送っています。

最初の3ヶ月も、茶色いオリモノが続いたり、

生理の終わりかけのような少量の出血があったりしましたが、

大量に出血することはなく、

そんなにストレスになることはありませんでした。


今の気になる症状といえば、

1、時々生理痛のような下腹痛が起きる。

2、卵巣のあたりがチクチクと痛むことがある。

3、2〜3ヶ月に1度、生理みたいな出血が5日間ほどある。

とこんなところですが、

下腹部痛や卵巣痛は、気にしなければ忘れてしまうくらいの痛さだし、

生理みたいな出血のときも、痛み止めはいらないくらいの痛さ。

日常生活は、ディナゲストを飲み始めてからとても楽になりました!


気になる卵巣の大きさの変化ですが、


224日間服用して、やっと小さくなってきましたー!!




わっしょいわっしょい


私の場合、ディナゲストを飲み始めてもすぐには小さくならず、

チョコ卵巣は大きさそのまんまを保っていました。

前回の診察では、むしろちょっと大きくなってた!

日常生活は楽になったけど、卵巣が小さくならないので落ち込んでたの。

でもここへきて、ちょっと小さくなってたので嬉しかった〜。


今回も56日分のディナゲストを出してもらいました。

また報告します☆










ディナゲスト56日間服用後の診察結果

May 10 [Sat], 2014, 20:03
さて、ディナゲストを56日間飲んで、

いよいよ診察の日がやってきました。

自分の感覚では、多分卵巣が小さくなってると予想していました。

今まで、腫れてる側(左側)の卵巣のあたりを押すと

少し痛かったのですが、

ディナゲストを1ヶ月くらい飲んだくらいから、

痛みが減ってきていたのです。

それに、なんとなくぽっこりお腹もスッキリしてきていたので、

卵巣が小さくなったのでは・・・と期待していました。

心配していた不正出血の方は、

今のところ大量の出血もなく安心しています。

ただ、ディナゲストを飲み始めてから、

毎日茶色のおりものが続いていて、

ひどいときは生理のおわりかけみたいな血が少量でます。

どっちにしてもナプキンは必要なく、

おりもの専用シートで事足りるので、

そんなに不快だったりストレスになったりすることはありません。

むしろ、生理がないのってこんなに楽なのね!とか、

生理の日程を考えずに予定を入れられるのって、

なんて気楽なんだろう〜♪ って思ったりしてます。


診察室に入り、先生に少量の出血が続いていることを告げると、

大量に出血していないなら問題ないと言われました。

また、内診台に上がって超音波の検査を受けるわけですが、

茶色のおりものやら少量の出血やらいろいろ出てるのが気になり、

先生に一応確認しましたが、

全然大丈夫とのことだったので、安心して内診台に上がりました。


さて、私の卵巣のサイズはいかに。



「小さくなってるよ〜」



っていう言葉をかけられると思い込んでいたので、



「・・・サイズ変わってないね〜」



と言われた時には、

その言葉の意味を理解するのに少々時間がかかりました。





え?

ち、小さくなってないの?

ってことは、効いてないってこと??

私には効かないってこと???

また手術になるの??!





ショックだったし、軽くパニックでした。

左側の卵巣の4cm×2個のチョコ(あわせると8cmのチョコ)は、

前と同じサイズを保ったまま、エコー画像にうつしだされていました。

ガビーン。


落胆する私に先生は、

「でも大きくもなってないから」

と言ってくれ、

とりあえず抑制はできてるということで、治療方針の変更はナシ。

もうしばらくディナゲストを飲み続けることになりました。

この病気って、

常に手術を念頭におかないといけないから、すごく恐怖。

チョコが8cm以上(病院によって基準は違うと思う)だと手術、

ディナゲストを飲んでもチョコが小さくならないときは手術、

薬で小さくなったとしても、

40代で4cm以上のチョコがあるときは手術、

などなど、検査結果が良性であろうと出ていたとしても、

手術がベターなケースがいっぱい。

悪性になる可能性もわずかながらにある病気、

ってところがつらいんだよね〜・・・。

できれば薬で小さくなって、再手術は避けたいところ。

それにしても、お腹を押したときの痛みが減ったと思ったのは、

気のせいだったのかしら・・・?

それとも、サイズ的にはこれから効いてくるのかなぁ・・・。


たしかに大きくはなってないけど、

できれば小さくなってほしい・・・。

1ヶ月分 約8,000円もするディナゲスト。

今回は2ヶ月分投薬してもらいました。

2ヵ月後にサイズが少しでも小さくなっていることを期待します。

あと、右側の卵巣は手術後再発していないので、

このまま再発せずにいてほしい・・・。












ディナゲスト服用決定

March 19 [Wed], 2014, 13:16
子宮内膜症によるチョコレート嚢腫で腹腔鏡手術を受けるも、

1年ちょっとで再発してしまった私。

右側の卵巣は異常ナシなんだけど、

左側の卵巣に3cmほどのチョコが2個あるらしい。

2個あわせると6cmちょっとになる。

前回手術を受けたときは、

右側の卵巣が10cmほどで、左側の卵巣が3cmほどだった。

そこで、両側卵巣のチョコの部分を取ってもらったんだけど、

今回は前回の逆側が勢いづいている・・・。

本当に不思議な病気だなと思う。

エコーやMRI、血液検査の結果から、

悪いものではないけど、

大きくならないか定期的にチェックする必要があるとのことで、

3ヶ月毎に診察に行くことになりました。


3ヶ月後に良い結果が出せるようにと、

私は野牡丹を3瓶買いました。

野牡丹は、子宮内膜症や卵巣の腫れに良いとされる健康食品。

効かないかもしれないし、気休め程度かもしれないけど、

3ヶ月なにもせずにいられるほど気が穏やかではなかったので、

とにかく何かしたいという思いで、野牡丹を飲み始めました。

実は野牡丹は、過去にも飲んだことがあるのですが、

効果があったのかなかったのかよくわからなかった・・・。

でも、野牡丹しか思い浮かばず、

3ヶ月間、野牡丹にかけてみることにしました。

野牡丹以外には、お腹と足が冷えないように、

ハラマキをしたりモコモコの靴下をはいたりと、

冷えにはいつも以上に気をつけました。


そして先日、とうとう診察の日がやってきました。

緊張しながら内診台に上がり、

エコーで様子を診てもらうと・・・










・・・大きくなってる・・・










野牡丹を3ヶ月飲んでも、卵巣は小さくならなかった。

一瓶7,000円くらいだから、結構高い。

でもお金にはかえられないと思って、

3ヶ月続けてみたんだけど・・・。

健康食品というのは薬でなないし、

すぐに効果が出るとは思えない。

自分に合う合わないもあるだろうし・・・。

でも、小さくなってほしかったとまでは言わないけど、

せめて大きさをキープしてほしかった!!


そんなわけで、前回の左側卵巣3cm×2個のチョコが、

4cm×2個くらいに大きく成長していたので、

先生からディナゲストをすすめられました。

(右側の卵巣は引き続き問題ナシ)

1ヶ月間飲んで、また診察を受けることに。

副作用の出血がどれほどのものなのか少し不安ですが、

とりあえず飲んでみます。



検査結果

December 01 [Sun], 2013, 11:30
さて、不安な毎日を過ごす私、

検査結果を聞きに行ってきました。

診察室に入ると、

この間撮ったMRI画像がパソコンに映し出されていました。


結論から言うと、

右側の卵巣は正常、

左側の卵巣に3cmのチョコが2つ。

腫瘍マーカーは正常値で、MRI画像をみても良性のもので、

チョコレート嚢腫が再発したものである。


とりあえず、ホッ。

この間のMRI検査で時間がかかってたこともあり、

もしかして悪いものなんじゃ・・・と不安だったから、

悪いものではないと聞いて、とにかく安心!!

再発してしまったのはショックだけど、

とりあえず悪いものじゃなかったし、手術の話も出なかった。


今後は、ディナゲストという薬を使って治療してみるか、

それとも妊娠を希望するなら早いうちに体外受精に踏み切るか、

家に帰って相談してみて、と言われた。

ディナゲストを使うと生理が止まるので、

妊娠したい人には使えない薬なのよね。

39歳出産経験なし、どうしたら良いものか悩む。

手術後1年ちょっとで3cmのチョコを2個と考えると、

早めにディナゲストを飲むなどして、

手を打たなければならない気がする。


とりあえず経過観察となり、

3ヵ月後にまた診察に行くことになりました。







人生で2回目のMRI検査

November 29 [Fri], 2013, 11:02
MRI検査は、2回目ともなると慣れたもんです。

緊張はするものの、そんなに恐怖はありませんでした。

私の場合は、前回同様、

造影剤を使っての検査だったので、

MRIの前にまず片腕に造影剤の点滴を打ち、

逆側の腕に、腸の動きを一時的に止めるための皮下注射。

この注射がちょっぴり痛いのだけど、緊張しているためわりと平気(笑)

点滴をしたままMRIに入ります。

お腹を固定され、耳にヘッドホンをつけてもらい、MRIの中へ。

ブザーを持たせてもらえるので、

なにかあればブザーを鳴らして止めてもらうことができます。

MRIの音はガガガガとかビーッとか、とにかく大きいのだけど、

平常心でいればそんなに気にならないと思います。

不安な気持ちでいると、恐怖でパニックになる気がします。

なるべくリラックスして、寝るくらいのつもりで入ると良いかも(笑)

ヘッドホンからは音楽が流れているので、気が紛れます。


最初の20分ほどで通常のMRI撮影は終了、

後半の20分ほどは、造影剤を使っての撮影。

後半は、ヘッドホンから先生の声が聞こえてきて、

「造影剤が入るから腕がちょっと冷たく感じるよ」

「はい、息止めて」

「小さく呼吸して」

などの指示があります。


ちょっと怖かったのは、

「あと3分で終わります」

ってヘッドホンから聞こえた後、

3分くらい経って静かになり、終わるかと思いきや、

「あと1分やります」

その1分後、

「・・・あと3分やります」

また静かになって、今度こそ終わるかと思えば、

「・・・・・・・・・・・・あと3分やります」

と言われ、

なぜなかなか終われないのか、

なにか悪いものが見つかったのではないかと、

MRIの中で1人、非常に恐怖だった。


やっと終わってMRIから出て、

時計を見ると1時間くらい経ってた。

前回はこんなに時間かかったかなー・・・

なんだか不安でいっぱいになり、

検査結果を聞きに行くまで、不安で不安で怖かった。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナナ☆
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
子宮内膜症によるチョコレート嚢腫で、腹腔鏡手術を受けました。
手術から逃れたいがためにサプリや漢方に頼ったこと、手術を決めた理由、5日間の入院期間中のこと&あったら便利だと思ったものなどを、このブログに記したいと思います。

腹腔鏡手術後、1年ちょっとでチョコが再発しました。 現在、ディナゲスト服用中です。
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30