行ってみたい 

March 12 [Sun], 2006, 23:01
世界遺産で見た、3000m級の山々が連なるピレネー山脈の小さな国 アンドラ公国。
フランスとスペインに挟まれた、特異な歴史を持つ国みたいだ。
画面に映る、その、空や草や水や牛や馬や家や人や土や風。
あんまり綺麗で、そして厳しく優しく、ただそこに在るその在りよう。
ああ、行ってみたいなあ。
そして私もただそこに、在ってみたい。
さいきんよく思う。
ただ自分が自分として在れたらいいなって。
ちっさいつまらない自分がものすごくイヤになる時もたくさんあるけど、
だけど実際より良く見せようとか肩ひじ張ることはないって。
自分が自分で在ることを、普通に嬉しく思えたらいい。


今日もすてきなお話をいっぱい読んだ。
くー、胸が苦しいくらい良い。
そして久しぶりにスピッツをたくさん聴いた。
昔の曲も今の曲も混ぜこぜで。
ああほんとにほんとに名曲ばっかりだ!!
大好きだー。
けもの道と、恋は夕暮れと、不死身のビーナスは、今の私にぴったりすぎてもう聴いててムギャー!となるほど良くて転げまわります。
ムギャー!(聴き中)

耳をすませば 

March 10 [Fri], 2006, 23:37
「耳をすませば」を久しぶりに見た。
すごくこそばゆい気持ちになって、むずむずして、川原で「わぁ〜!」って叫びたくなってしまう。
でもけして嫌な気持ちなんじゃなく。
あまりにも思い当たるふしがありすぎて、そうなっちゃうんだ。
純粋な気持ちや、がむしゃらな一生懸命さや、好きになったりなられたりとか、
もう色んなことがいちいちよみがえってきて、「わぁ〜!」となる。
どんなに大人になっても、気持ちの真ん中のまっすぐなところにはまだこの気持ちは忘れずにちゃんといてくれて、
ときどき恥ずかしくなるけれど、大事なことを思い出させてくれる。
そしてこの映画を見て毎回思うことは、歌う楽しさだ。
映画を見ながらも、エンドロールを見ながらも、調子っぱずれに、でも、心から楽しく「カントリーロード」を歌ってる自分がいる。
普段からよく歌ってるけど、でも、この映画を見た後は素直に歌う楽しさを感じられる。
歌うのは楽しいなあ。
そして、誰かを大好きって思う気持ちはすてきだなあと思う。
大人になって、大好きって、素直に思うことが少なくなった。
今度誰かを大好きって思えるときがきたら、私も、笑顔で大好きって言おう。
ずっとずっと、もうどうこうならなくても、ただ好きでいる人がいるから、なかなか好きな人は出来ないんだけど。
いつか、そんな人ができたら、言えたらいいなあ。


「どんな挫けそうな時だって
決して 涙は見せないで
心なしか 歩調が速くなっていく
思い出 消すため」♪

カントリーロードを歌うと、もうほんと泣きそうになるよ!
いい曲だなあ。


チョコ・チョコ・チョコ 

February 07 [Tue], 2006, 18:57
チョコレート山ほど!
伊勢丹新宿店でやってた北海道展にかよいつめて、チョコレートやお菓子をもっさり買いだめした最近の私。
いま家には、ロイズと六花亭と、北海道のお菓子がたっくさん。
ロイズの、プラフィーユショコラという、三ミリの薄いチョコの間に、キャラメルクリームがはいってるやつと、
それのコーヒークリームが入ってるバージョンと、マシュマロチョコのミルクコーヒー味と、
生チョコのマイルドカカオと、板チョコのミルクと、ポテトチップチョコと、ポテチクランチチョコと、
六花亭の、モカホワイトチョコと、イチゴチョコのホワイトとヨーグルト、マルセイバターサンド、
マルセイチーズ&ビスケット、
もりもとの、ゆきむしスフレ、ゆきむしカマン、雪鶴、ハスカップジュエリー、太陽いっぱいの真っ赤なゼリー、フロランタン、ミルフィーユ、などなど。
札幌が実家で今は東京に住んでるわたしは、地元のお菓子が大好きで、たまにしか買えないから
みるとすんごい買ってしまう。
ほんとにおいしいし!(重要)
コーヒーとお菓子と好きな音楽でまったりするのがしあわせだー。

初キス 

January 10 [Tue], 2006, 1:53
書いてるのは10日だけど、8日の深夜から9日の日記。。。

8日に仕事が終って帰宅途中、モトモトモト彼のたけしから
「親がアサミ気にいってるようだ 話に出てきた」
というメールがきた。

たけしとは別れて4年くらいたつけれど、たまーにしかメールもこないし会ったりもしないけど、不思議な感じに繋がっている。
大好きで大好きで、それでも別れることになって、凄くつらくて苦しかったあの頃は、
今こんな風にまだ繋がっていて、友達のような腐れ縁のようなこんな「今」を想像もしていなかった。
本当に毎日たくさん泣いて、苦しんで苦しんでなんとかたけしを諦めたから、だからこそそう簡単に気持ちは戻らない。
あまりにも好きだったから、それだけそれを諦めるのには時間もかかったし、自分なりに封印したから。
だからこそ、自分でも簡単にはそのフタはあけられないくらい堅い。
たけしのあとに二人の人と付き合ったけれど、やっぱり本当に好きにはなれなかった。
きっと、たけし以降は人を好きになっていない。
私にとって、たけしは少なからず特別なんだな。。。
たまにメールがきて、たまーーーーに会って、でも別にただまったり話したりしてるだけなんだけど、そんな感じが続いていて、去年、また付き合おうというようなことを言われた。
でも私はその時別の人と付き合っていたし、たけしをそういう風には見ないようにしてるから、断った。
たけしも彼女と別れたばっかりだったみたいで、なんだかその子の身代わりみたいにも思えて、それも悲しかったのも大きいし。
その後わたしはその彼と別れて、更に別の人と付き合ったけどやっぱり駄目で、そして今、だれとも付き合っていない。
なんだか付き合うとか、誰かを好きになることが、すこしわからなくなってるから、のんびり1人で過ごしたいなあと思って。
そんなこんなで、今またお互い1人に戻った私と、たけし。
だからってどうこう思ってないんだけど、たけしは、最近何故か結婚しようとか、言う。



もう10日だけど 

January 10 [Tue], 2006, 0:40

2005年の大晦日に、仕事の残業後そのまま新宿に職場の仲良しエリツィンと残っていて、
メキシコ料理屋さんでメキシコ料理を食べたり、そのあと西口のサイゼリヤでお茶しながら喋っていたら、気が付いたら0:20頃で、あけましておめでとうになっていてびっくりした。
いつのまにやら年が明けてたねー!とびっくりしたので、
びっくりついでに初詣に行こう!と急遽決まって、
二人とも行ったことがなかったので、靖国神社に行ってみることに。
携帯で行きかたを検索して、激少ない電車(&地下鉄)でAM3時頃に靖国神社に到着。
たくさんの出店が並んでいてびっくりした。
軽いお祭りみたい。あんなにたくさん出ているなんて、すごいなあ。
大きな鳥居を見て、エリツィンと二人でもの凄く興奮した。
急にくることになったから、なんだかテンションがやたら高くて、何を見てもなんだか楽しくって仕方なかった。
キャーキャー言いながら(不謹慎!)お守りを見て、家族のぶんと自分のを買った。
お守りずきな友達の分も迷ったけど、どれがかわいいか悩んで、断念。
エリツィンはテンションが上がりすぎて、お守りのほかに破魔矢まで買おうとしていて、
「でもこれ、どこに飾ればいいんですか!?飾ったあとはどうするんですか!?」と
テンパっていたので、まずは絵馬でも描いて落ち着こうよ!!ということで、
二人でそれぞれ絵馬にネガイゴトを書いた。
実は絵馬を書くのは初めてだったので、凄くドキドキして楽しかった。
エリツィンは、書き出しからすでに「家族」を「家旅」(旅って!)と書いていて、笑った!
いい・・・。
良すぎる!
今年もエリツィンのこういうところにキュンとしまくる予感がひしひしとしまくりました。

わーわーしつつも無事に絵馬を飾って、ふと見ると、aikoがいたので、その小ささにびっくりした。
小さいのは知ってたけど、あんなに小さいとは。
かわいいメガネをしていて、仲間たちと楽しそうだった。
楽しそうな人は、いい。

おみくじをひいたら、私は小吉でエリツィンは吉だった。
二人ともまあまあな感じの内容。
いいのだ。
急がないでもちゃんと前進できれば、それでいーのだ。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chocolate-100
読者になる
Yapme!一覧
読者になる