ショコラ・ド・バーン洗顔石けんが肌荒れに効くのは配合成分に秘密があった! 

December 01 [Sun], 2013, 16:04
ショコラドバーンは、原料に自然の素材だけを使うことにこだわって作られてる、オーガニック洗顔石けんよ。
ショコラドバーンの高い保湿力の裏には、自然素材のなかでも以下の8種類の自然オイルの活躍があるわ。


アーモンドオイル

アーモンドオイルっていうのは、生のアーモンドの実を絞って抽出されるオイルなのよ。
私たちがよく知ってる、お菓子とかに使われる香ばしいアーモンドは生のアーモンドをローストしたものなのよ。
ローストされて乾燥した状態のアーモンドしか知らないとイメージできないかもしれないけどね、アーモンドオイルには保湿効果があるのよ。


ホホバオイル

乾燥地帯に生息するツゲ科の植物、ホホバから抽出されたオイルがホホバオイルなのよ。
ホホバは乾燥地帯で育ってるだけあって、高い保湿力を持つ植物よ。
植物が生きてくからに鍛え上げた保湿力をちょっとお借りして石けんで発揮してもらおう、っていうわけなのね。


エクストラバージンオイリーブオイル

バージンオイルっていうのは、オリーブの実を絞った最初の抽出液だけをさすのよ。
お茶も茶葉に一番最初にお湯を注いで出した一杯がおいしいわよね。
一番最初の抽出には、多くの成分が出るものよ。
さらに、この貴重なバージンオイルの中でも選び抜かれた品質の高いオイルが、エクストラバージンオリーブオイルと呼ばれるわ。
皮膚を柔らかくする効能が、エクストラバージンオリーブオイルにはあるの。
添加物を含まず自然に抽出されたオリーブオイルは、美容・医療の用途で皮膚に直接塗るといった使い方をされることもあるらしいわよ。


月見草油

月見草油っていう名前のとおり、月見草っていう植物から抽出されるオイルなのよ。
人間が体内で作りだすことができない成分を含んでいるのが、月見草油の特徴なのよ。
この月見草油が配合された石けんで洗顔を続けるだけで、本来自分の体内じゃあ決して作り出すことからきない成分を、容易に補うことができるわ。


ココナッツオイル

ココナッツっていうのはココヤシの実のことで、ココナッツオイルはそのココヤシの実を絞って抽出したオイルなのよ。
さっき言ったアーモンドと同じく、ココナッツもローストしたものがスイーツとかによくつかわれてるわね。
また、上記のパームオイルの原料となるアブラヤシと同じく、ココヤシもヤシ科の植物なのよ。
ココナッツオイルは石けんに配合されると、泡立ちを高める性能があるわ。


ローズヒップオイル

ローズヒップオイルは、その名のとおりバラから抽出されるオイルなのよ。
原料となるバラは単純に栽培されてるバラじゃあなく、野ばらである点に注目なのよ。
野ばらには野生だからこその生命力があるわから、そんなバラから抽出されたオイルは、細胞を再生するからの強い力を発揮するわ。
石けんにローズヒップオイルを配合すると、お肌のターンオーバーを促進することができるでしょうね。


アボカドオイル

森のバターと呼ばれるほど豊富な栄養を誇るアボカドを絞って抽出されたオイルが、アボカドオイルなのよ。
栄養豊富っていうのはもちろん食品として口から取り入れた場合のお話よ。
でもさ、石けんに配合されたときにこの栄養がどう役立ってくるのかが気になるところよね。


パームオイル

「パーム」と呼ばれるアブラヤシの実を絞って抽出したオイルが、パームオイルよ。
石けんに配合されたパームオイルの役割は、石けんを固めて形を成型することなのよ。
ショコラドバーンのロゴ入りの複雑な形も、配合されたパームオイルのおかげでキープできてるっていうわけなのね。

>>ショコラ・ド・バーン、もうチェックされましたか?