働くの( >_<)( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!人間 

2005年11月24日(木) 23時26分
5連休明け。もう10ヶ月勤めているところなのに、すべてを忘れてしまっているような気がして、昨晩はよく眠れなかった。
ま、そういうわけで、大変憂うつであったけども、とりあえずは出勤してみた。
勤務中はとにかく、5時以降の気分のいい事。
あれやね、仕事した後のこの爽快感を感じるために仕事するようなもんやね。

でも、私は基本的に働きたくないです。嫌です。兼業主婦なんて、尊敬します。
でも、兼業をやっていた頃が、いちばん人生充実してた気がするのも事実で。。。。

再婚の予定もないくせに、何を考えているのでしょうかね。

お買い物依存 

2005年05月18日(水) 17時40分
ちょこちゃん、やばいですぅ。
最近、お買い物依存バリバリ  
実は、もうあの国にいる彼のことは忘れることにしたんですがぁ。
それの反動なのかな?でもね、過食気味だったのは全然なくなっちゃったの。
その代わりにお買い物したい衝動がぁぁぁ〜
ここ数日は、本とヘアアクセをたくさん買っちゃいました・・・。お給料少ないのにぃ!!
ちょっとしばらくはおとなしく過ごそうと思っています・・・ 
買った本、ちゃんと読めよ!ってことかな。まあ、とにかくしばらくは仕事以外ではヒッキーになろうと思ってる、ちょこちゃんでしたぁ。

ちょこちゃんの憂鬱 

2005年05月01日(日) 3時57分
ちょこちゃん、GWに入ってからなんかブルーです。
お仕事休みだし、好きなだけ寝れるし、ちょこちゃんにとってはすごく幸せなはずなんですけど、なんだかリラックスできないでいます。イライラしちゃって、精神的にゆっくりできないの。彼からの電話もメールも無視続行中だし。
何しても楽しくないし、別に何食べてもあんまりおいしくないし、人と関わるのも正直しんどかったりして・・・・。

きょうはお友達とお茶してたんですが、それもなんだかいまいち楽しめなくて・・・ 今日も暑かったのと(ちょこちゃんは暑いの大嫌いなんです・・・)、気合入れて履いて行った新しい(超カワイイ)サンダルのせいで、思いっきり足にマメができて痛かった・・・ってのもブルーの要因ではあるけど、でももしスニーカーはいて行ってても、きっとダメだっただろうな。

やだぁ、ちょこちゃん、このまま憂鬱なGWを過ごして、また出勤するのぉ??
やだやだやだあ〜

とりあえずは、明後日にクラブへ踊りに行こうかって思ってるんだけど、本当に行きたいのかは微妙な感じ。トランスのイベント行くつもりなんで、あの音楽で自分の世界に入って踊っちゃえば、ちょっとは精神的に発散できるかな〜とは思うけど・・・どうかなあ。微妙だなあ・・・
っていうか、それまでに足のマメは完治するのかしら??

どうなんだろ 

2005年04月30日(土) 1時52分
ちょこちゃんは、ちょっと悩みます。

ちょこちゃん、もともと後ろ向きで悩みっぽいんだけど、日本に帰ってきたのは、その自分の性格や考え方を母国で直していこう、っていうもくろみもあったんだよね。
彼とうまくやっていくにしても、自分ひとりでやっていくにしても、どこに住むにしても、ちょこちゃんのゆがんでひねくれた心ををどうにかしないと、この先幸せにはなれないと思ったから。
だけど、どうにもこれが難しいんだよ。小さな時から身についている、生き方だから。こういう生き方を選んできたにはやっぱり訳があるんだし。
すごくすごく根深いの。

でもね、ちょこちゃんはこの状況に感謝すべきなんだよね。
きっとね、自分を変えられずに、辛い状況に甘んじて生きている人は多いと思う。別にそれが悪いとかどうだとかじゃないよ。ただ、ちょこちゃんはラッキーだって自分で思っているだけ。自分の心の問題に気づけた上に、そして回復への道を探していける、時間と気力があるから。
今、辛いけど自分を変えられる環境がある。親も元気で、離れてるけど愛してる人もいて、大好きなお友達も、辛い気持ちを分かち合える仲間もいる。おうちもごはんもきれいな服もちゃんとあって、楽しいパソコンもメールも、お仕事もある。お金はそんなにないけど、でも自分の物にはお金を払えるし、遊びにもそこそこいける。つみたて定期預金だってしてる。

なんだぁ、ちょこちゃん、けっこう幸せじゃない〜??  

超楽しいアフター5 

2005年04月30日(土) 1時49分
きょうちょこちゃんは、めちゃめちゃ友達と楽しく過ごしました。
友達といるときは、その友達に集中しちゃうちょこちゃん。
だって友達も好きなんだもん
なもんで、彼のことはあまり考えませんでした。
でもね、さっきちょっとだけメッセしたら、やっぱり嬉しかった。
日本に来ることも考えているんだ、って。
本当かどうか分かんないけど、でも、日本で一緒に住めたら、
ちょこちゃんにとってはいちばん幸せかな。
どうだろ

海外で住むってすごく難しいところ。
ちょこちゃんは彼に会えたり、英語がペラペラになったことは
(もちろんあっちへ行く前にも行ってからも猛勉強したおかげ
だけどさ…でも英語に対する度胸は日本でいるよりもついた
と思うから)、あっちに行ってよかったって思えるんだけどね、
日本に帰ってきてからの心の置き場所がどっちにも作れなく
てしんどくって…だから本当は行かない方が幸せだったのかな。
なんてたまに思うんだよね。
あっちにもあっちなりのいいところがあるし、嫌なところもし
かり。
こっちもそう。でもこっちは家族がいるからなあ。。どうして
も心はこっち向きになってしまうけどね。

だけどね、彼ももちろん愛の対象 大事な人。 
ああ、ちょこちゃんどうしよう?

東の学生街で・・・ 

2005年04月30日(土) 1時48分
あの学生街を雨に濡れながら歩いたよね。
アパートの近くの噴水でいろいろ話したよね。
あの国の初雪を見たのは、私の小さなアパートの窓から。
あなたが横にいたよ。
初めてのデートでは、ほとんど何も話してくれなかったら、嫌われたのかなって思ったんだけど、緊張してたんだってね。
それを聞いて、もっと大好きになっちゃった。
私の前では何度も泣いたよね。
私もいっぱい泣いたな。

いっぱい迷惑かけてごめんね。
お互いに大好きなのに、いっぱいいっぱい難しいことが出てきて、結局はこんな状況になっちゃったね。好きなのに、好きなのにね。

今ね、どこでもドアがあればね、絶対使ってしまう。
今頃仕事してるよね。そのオフィスへ急に現れて、抱きしめていっぱいチューしたい。髪の毛くしゃくしゃって触って、顔をぺたぺたさわって、手をぎゅうってにぎって、そのべっ甲色の目をじっと見て…もうそれだけでいい。

ちょこちゃんと彼 

2005年04月30日(土) 1時44分
ちょこちゃんは彼と海外で出会いました。
出会ったのは5年前。私が留学生としてあの国へ渡って、1ヵ月後のことです。2人は急速に近づきました。お互いに恋に落ちたのです。
そして今年私が帰国するまで、ずっと一緒に暮らしました。

私も彼も心に重い荷物を背負って生きています。
だから、一緒にいても傷つけあうことが多く、一緒にいて、辛い日々を送りました。
だから私は、一度日本に帰ってきて、心を癒すべく努力しています。
ちょこちゃんの周りの人たちは、私がまだ彼のことを愛していることをおかしいと思ったり、反対したりするでしょう。
だから、誰にもこの愛しい気持ちは言えません。だから、ここで書いているのです。これはちょこちゃんの心の叫びです。

ちょこちゃんは、今、自分と彼の中の愛が本物かどうか、その品定めをしているとも言えます。もしそうでないのなら、私は彼をあきらめるしかありません。だって、愛のない人生なんて、私は嫌だもん。
もし、時間を置いて、自分を癒し、そして物事を冷静に捉えられるようになった時、まだ彼を愛しているのなら、その時彼もまだ私を愛してるのなら、ちょこちゃんはあの人の国へ戻るでしょう。

ちょこちゃんは、思い上がりやうぬぼれではなく、彼がちょこちゃんのことを愛してくれていると感じます。きっとずっと。
どんな形であれ、お互いに愛し続けます。ただ、それが普通の形としてかどうかは分かりません。それが一番いいけれど…でも今の時点では何も分かりません。
ただ、彼は私にとって、どうしょうもないくらい、特別なんです。
きっと彼にとって、ちょこちゃんも特別なはずです。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chocochan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる