心のびたみん 

2007年05月30日(水) 8時55分
ある日自分の頭が言った。「死んでしまいたい」
その言葉に、体中が一斉に反応した。
手が言った。
「反対だ。死んだら、彼女を抱いてやる事が出来ないじゃないか!」
目も言った。
「止めろ!まだまだ見たい映画がたくさんあるんだ!」
耳も同様。
「だよね。聴きたい曲があんだよね」

口も喉も、胃も肺も心臓もみんな反対した。

最後に足の裏が、言った。
「おまえらごちゃごちゃ言うな!俺が支えないと何にも出来ないくせに!」

足の裏がぷいと、家出した。
みんなすごーく、困った。
教訓。普段見えぬ所にこそ真理がある。
死にたい人は、足の裏の声を聞くべきである。

メッセージ 

2006年10月24日(火) 13時25分
こんな状態なのに
唐突にもうひとり別の自分が、ひょっこりと、メッセージをくれました。

メッセージ

元気出しなよ。
君の心が疲れたのは、
君の頑張りが「本物」だって証拠じゃないか。
一人で抱え込む事に疲れたのなら、
全部放り出してもいいよ。いつかきっと元気になればまた抱えられるはずさ。
その日がくるまで
僕はいつも君の傍にいるよだって君は掛け替えのない僕の大切な人だから。

まだ自分には、前に向かおうとする力があるんだろう。いただいた安定剤の薬効なのか、尖んがってた気持ちに少し隙間があることに気付いています。
ただ今は強烈な肩の張りと頭痛が被さり、食欲もなく嘔吐感に支配されていて、注してくる一筋の光明をただ待つだけの時間です。
私の場合軽症なのでしょうが、鬱状態はとても辛いです。

星とビーグル犬 

2006年10月23日(月) 21時55分
何とか、生きているって感じ。

ストレス疲労から抑鬱状態となり、精神安定剤の処方を受けました。

絶えず襲い掛かる不安と離人感。

家族を抱えた中年の中間管理職にいる私

快方に向かうために、内なる宇宙へ旅にでました。

傍らには、愛おしいビーグル犬のチョコがスヤスヤ。

寄り添いで得られた癒しと共に、疲弊した心身をしばし、漂泊させていただきます。

どぞ、よろしくね!
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chocobeagle
読者になる
Yapme!一覧
読者になる